梵字屋のドッグタグネックレス

梵字屋のドッグタグネックレス

うちが運営している梵字屋なんですが、ネットショップを始めた初期から運営していて根強い人気なんです。というのも当時は梵字アクセサリーって少なかったですからねぇ。今は梵字シールやその他アクセサリーが凄く多く登場していてバラエティーに富んでますよね。

しかし、不思議な事に文字のみのようなデザインのネックレスって未だに多くはないんですよね。

□子(ねずみ)年生まれの方は千手観音菩薩(せんじゅかんのんぼさつ)です。千の手と、千の慈眼をもち、千の目で人々を見守り、危機に際してはその千の手を差し伸べ、一切の衆生を救う大慈大悲の菩薩です。□戌(い…

こういった商品はありそうでまだなかったりしています。購入してくれるお客さんは小さなサイズだと女性が多くって恐らくお守りとかにしているんでしょうね。また、別の面では神社仏閣に納めているのでそういった意味でも女性的なデザインなんでしょうね。ちなみにうちの商品は卸売りもしているので興味があればどうぞ(^^)

さて、ここで本題ですがうちの梵字ネックレスは女性ユーザーが多いと書きました。しかし、男性ユーザーは男性ユーザーで少ない訳ではなくそれはそれで別のデザインでの売れ筋があります。それがドッグタグなんです。

ドッグタグは男性的なデザインという事で平らな板に文字をくり抜いて作っています。シンプルなデザインなんですがそれがかえって良いのかも知れません。シルバーアクセサリーっぽいですし、実際にシルバーでの注文が多かったりします。上の写真のドッグタグはまだ登場していませんが、大きさもそこそこあって、

約30mm(縦)・約20mm(横)

という大きさがありますから押し出しは強いですよね。自己主張したデザインですし。そういったデザインが人気の一因なんだと思っています。また1番大きなネックレス・ペンダントも登場予定なので準備していきたいと思ってますよ(^^)


ピアス屋さんのスタッドピアス

ピアス屋さんのスタッドピアス

うちで運営しているティファニーセッティングの6本爪のスタッドピアスは残念ながらティファニーのピアスではありません。これ結構間違われるんですけどティファニーセッティングってティファニーに代表されるダイヤの爪や枠のデザインの事なんですよね。
だから、たまにティファニーなんですか?って聞かれるんですけどそういう訳ではないんですよ(^^;)

で、うちが作っているピアスは、

シンプルな一粒ダイヤのピアスは人気が高い定番の一品。シンプルなデザインこそ一番難しいとされています。ダイヤモンドを爪で留める理由は、それがダイヤモンドを最も美しく輝かせる事が可能なデザインだからです。…

こんな感じでいたって普通のピアスなんですが、かなり綺麗。というのはダイヤモンドの品質が肝でカット重視なんです。よくダイヤモンドの4Cって聞くと思うんですけど、輝きに関して言えばカット重視が1番ダイヤモンドが輝いて見えるんです。
そんな感じで作られているピアスってありそうでないんです。色々なところで見る限り、価格重視といった感じで枠はともかくダイヤモンドが輝いてない!って事はよく感じます。枠の地金代は削る事が出来ないから価格を下げるにはダイヤモンドの品質を下げるしかないんですよね。

うちは価格競争が嫌いですし、価格より品質重視で作るので他よりは高いんじゃないかと思うんです。しかし、ダイヤモンドの品質を見極めるって事をしっかりしてます。これはうちで運営している他のネットショップも同じですけどね。

それに、他ではないポイントとしてはピアスの針の太さと細さを変更して注文出来るって事です。ファーストピアスの時のピアス針の太さや細さは違ったりするんですよね。初めは小さい穴だけど、慣れて広がってきたとかの場合には違うピアス針が必要になったり。
だから、そこを変更し自分にあったピアス針で注文出来るって事で喜ばれてます。

こういった形で注文出来たら長く使いたいって思うし、大切にしようって思うでしょ?うちはそういった所を重視して商品を作ってます(^^)

スタッドピアス・一粒ピアスなどのファーストピアス・セカンドピアスなどの専門店です。

プロポーズリングの宣伝動画。

婚約指輪で最低限の品質の1カラットダイヤモンドはどんな物を選べば良いのか?

楽天市場店では主力製品となっているプロポーズリング

商品登録しただけでほとんど何もしていなかったので、動画くらい作ろうかと思いiMovieで製作。これくらいなら5分くらいで作れるようになりました。

もっと時間をかければ違った物も作れそうだけど、ある程度のイメージだけで作ってしまうのでこんな物しか作れないんです。。。


金のサイコロ屋さんと金のカボチャショップが新店舗としてオープン!

金のサイコロ屋さん

非常に簡単なんですが新しくネットショップ店オープンしました。まず1店舗目が18金で作ったサイコロを販売するネットショップ「金のサイコロ屋さん」です。

□金のサイコロ屋さんについて 初めまして、18金でとても小さくて可愛いサイコロを作っている宝石屋「金のサイコロ屋さん」です。 サイコロとして本当に使う事も置物としても大活躍し、カジノで使ってくれたら注目度抜群なのになぁと思ってますが、日本にはカジノがないので、個人的にネタとして使ってくれたら面白いのにと思ってます(^...

文字通り18金で作ったサイコロを作っています。かなり小さくて4ミリくらいの大きさしかありません。1の目にだけダイヤモンドを留めています。もちろん誕生石にも変更可能ですし、全ての目に宝石を入れる事だって可能なんです。宝石屋ですからね(^^)

金のカボチャショップ

もう1店舗が同じく18金で作ったカボチャを販売する「金のカボチャショップ」です。

□金のサイコロ屋さんについて 初めまして、18金でとても小さくて可愛いカボチャを作っている宝石屋「金のサイコロ屋さん」です。 日本でもハロウィンの時はカボチャが人気なんですが、これを4ミリというかなりの小ささで目の部分にダイヤモンドを留めて作ってみました。(^^) 本来は宝石屋としてやっていますので、とても満足出来...

これはハロウィン需要をアテにしています(笑)まぁ、それは理由の1つですけど、共通する事は両方ともかなり小さいって事です。

金のカボチャ

写真を見てもらえば分かりますが、これはレゴです。そのレゴの手に乗るくらい小さくって可愛いです。小さいですけど、細かい仕上げまで宝石屋としてジュエリー品質で作っています。宝石だって本物です仕上げの品質も一流ですよ。

何でこんなん作ったん?って聞かれますが、そんな大きな理由ってのはなくって金のうんこを作った後に、「なんか作るん?」って聞かれたりしたんですが特に思いつかなかったし、金のうんこの需要が多くってバリエーションを増やそうかと考えていたので余裕がなかったんですね。

で、時は流れて去年のハロウィンシーズンに子供が「これ作ったら?カボチャ。」と言われたんですが「今から作ってももう遅いやん。」と生返事をしていました。そして、今年の初めくらいに子供がサイコロを作って欲しいと。とは言っても大きいのは面白くないし小さめのサイコロなら良いんじゃないかと言われたのでまずサイコロ。そして、それならカボチャとサイコロ一緒に作ろうかと話して作り始めました。

宝石屋として適当に作るのは嫌だったし徹底的にジュエリーとして作りたかったんです。その時は子供の意見なんて無視です。やるならジュエリー(^^;)そうやって作ったのがこのカボチャとサイコロ。どちらも宝石入りですし単純に面白い。それに子供たちも笑ってました(^^)

まぁ、売れると言うより子供が笑えばそれでオッケーですよね(^^)

そんな軽い感じで作った金のカボチャと金のサイコロ。一度覗いてくださいね(^^)


甲丸屋と平打ち屋の価格設定。

甲丸屋と平打ち屋のリニューアルも控えています。

甲丸屋平打ち屋なんですが、ボチボチお問い合わせや注文などを頂いています。それは良い事なんですが結構言われるのは「安い」って事なんです。

まぁ、消費税の件で多少上がるんですが、なぜ安いのか聞かれます。恐らくたいしたブランドでもないし、全然値段調整をしていなかったからだと思います。
よくあるパターンが仲介業者を介していなくて直売だからと説明があると思います。

でも、それって安いのかどうか分からないんですよね。うちは原価をしっかり出して利益を乗せて販売しているだけで安くしている訳でも高くしている訳でもないのです。
よくある説明で直売だからとありますがボクの考えでは直売だから安いってありえません。だって普通より少し安くして利益は普通より上と思いますからね。

うちは普通の価格設定なので、高くしているとか安くしているとか考えた事ないです。比べた事もありませんからね。消費税もありますし、ちょっと検討しないと(^^;)


ここ最近仕事で聞いている音楽。

仕事をしながらとか映画を流したり音楽を流したりしていますが、ここ最近は上の人の音楽をよく聞いています。ノエル・ギャラガーって方です。元オアシスってバンドの方ですね。インタビューとかのキャラクターが面白いのと音楽が好みにあったのでプレイリストを流しています。

それから、本当に集中したい時にや音楽が邪魔になる時には音楽とか消しますが、それ以外にはジブリのピアノ音楽を流したりしています。ジブリの音楽の良い所は邪魔をしないって事です。集中もしやすいし、なにしろ音楽が静かに流れるのが良いんだと思います。

そんな感じで新しい事を考えたり更新作業をしたりしています。今の所は新しいネットショップに向けての準備とか楽天市場店の更新作業がメインですが、注文をさばいたりの作業が多いですね。今はちょうど楽天市場のスーパーセールなので結構忙しいのです。

どの作業にしてもお客さんが喜んでくれたり驚いてくれたりするのが嬉しかったりします(^^)


エタニティリングがベストな婚約指輪であり、結婚指輪である。

エタニティリングがベストな婚約指輪であり、結婚指輪である。

と、どこかで聞きました。本当なのかなとちょっと考えました。まぁ、結論から言えばエタニティリングのデザインにもよると思いますが考えようによってはベストではありますね。

エタニティリングは全集ダイヤモンドで留められているので、サイズ直しに困るとか普段使いにどうなのかとか思いますが、基本的に綺麗ですし常に輝いているという点では良いと思います。
特にダイヤモンドが半周のハーフエタニティリングに関しては普段使いに問題ありませんし、サイズ直しも問題ありません。特に良いのが価格も抑える事が出来るという事ですね。

女性に関しては、エタニティリングは婚約指輪としても良いですし、もし婚約指輪を別に用意していても結婚指輪として重ね着けすると豪華さマックスになります。重ね着けはプロの仕業かというほど良い感じになりますしね。
そう考えると婚約指輪としても結婚指輪としてベストかも知れません。

そうはいってもデメリットはないのかと言えばないとは言い切れませんよね。エタニティリングは見て分かる通りダイヤモンドがいっぱい留まっています。だから、ダイヤモンドが外れたりするという事ですかね。
ダイヤモンドは爪で留まっていますが、その爪も金属疲労で折れたり外れたりします。そうなるとダイヤモンドは落ちたりしますからそういった所がデメリットですね。

うちは長年エタニティリングを扱っていますが、そういった事に出来るだけ対応しています。実際に形が歪になったりダイヤモンドが外れたりしていても、9割作り直しでも対応しています。
そういった物を預かって修理すると完全に新品に生まれ変わります。よくここまで使ってくれたなぁと感動してしまいます。

修理代金もほとんど材料費だけにして出来るだけ負担がかからないようにしています。というのも、修理代が高いから修理できずにお蔵入りなんて悲しいですし誰の得にもならないですから、修理代金を抑えてでも使って欲しいと思っているからです。
うちで作った商品に限らず他で作った商品も修理していますからね。

石外れなどでちょっと心配になってしまうエタニティリングもアフターサービスを重視する事で安心して購入して欲しいと思ってますよ(^^)

浪速で働く宝石屋が運営する婚約指輪(エンゲージリング)、結婚指輪(マリッジリング)のインターネットで製造販売をしているお店「ブリリアントジュエリー」

9月の誕生石であるサファイアは青いのか?

9月の誕生石であるサファイアは青いのか?

9月の誕生石はサファイアってなっていますよね。ボクは9月生まれなので自分の誕生石でもあるのです。小さい時はあまり宝石の事は知りませんでしたがサファイアは好きでした。

なぜなら、ブルーが好きだったから。サファイアと言えばブルーサファイアというほど青い色ですよね。

しかしながら、大きくなるに連れて仕事場にいたりすると、サファイアも青色だけではなく他の色もある事を知る事になります。

ブルー以外にも、イエロー、グリーン、パープルなどかなりの色があります。また、シンハラ語で「蓮の花」を意味する色のパパラチアサファイアという色もあるんです。

そして、非常に紛らわしい色である「レッドサファイア」もあります。少し鋭い方であればこういった疑問があると思います。

「レッドサファイア?サファイアとルビーは同じ鉱石から出るはず。それなのにレッドサファイア?レッドであればルビーでは?」

と考えるでしょう。ではどうしてルビーと呼ばないのか?と思いますがそれについては、完璧な理由は分からないんです。同じコランダムから採れる石なのに・・・

でも、一説によると特に理由もなく赤い色をルビーと呼んでいたそうですが、珍しいサファイアとして「レッドサファイア」と呼ぶと希少性もあって高く売れると考えた業者があったとか。業界出身者であればありえるなぁと思います。

でも、ルビーとレッドサファイアの品質が同じであれば、ルビーの方が高く売れるのに理由としては弱いですよね。ボクも一度レッドサファイアを見た事がありますが、ルビーで良いんちゃう?といった思い出があります。

さて、話がそれましたが9月の誕生石のサファイアですが「信頼」「誠実」といった強い心の意味をもっています。それと同時に、その硬度の高さから「貞淑な愛」の象徴としてパートナーとの絆を強める石とも言われています。

基本的に9月の誕生石はブルーサファイアで考えても良いと思いますが、色々な色があると覚えておいても良いでしょうね(^^)


レースを見に行きたい。

モビリティ文化の原点、それが鈴鹿サーキット。子どもから大人までが楽しめる一大アミューズメントステージ。

ここしばらく子供の夏休みもあってゆっくり仕事していたんですが、その間もインターネットはしています。

見るニュースは大体決まっていて特にF1のニュースや車のニュースを中心に見ています。で、F1のニュースを見ていると他のカテゴリーのニュースもやっている訳です。
そんなニュースを見ながら数ヶ月経ってくると色んなカテゴリーのニュースに詳しくなるんです。

そうなってくるとレースを見に行きたいなぁと思うんです。前はF1だけ見たかったけど、今度は色々なカテゴリーのレースを見たいなぁと思い始める。
そうやって鈴鹿サーキットのサイトを見ているといっぱいやっていて、そんな遠くないし見に行こうかなぁと思ってしまった。奥さんや子供たちは全然興味ない感じだから1人でも行こうかなぁと。

恐らく去年鈴鹿サーキットに遊びに行った時に、サーキットの方ではバイクだったけどテスト走行をやっていて、そのエンジンの爆音に魅了されたのだと思う。

一度聞いてみたら分かると思うけど、ありゃ病みつきになります(^^;)

実現するかどうかは分からないけど、生涯の趣味の1つになれば良いなぁ。と思いながら考え中なのです(^^)


ジュエリーはなぜ高いという理由

良い物は高いという理由

ジュエリーってどうしてあんなに高いんだ?と思う事ってありませんか?これ、ボクもそう思うんです。いくら希少性がある地金や宝石でも高すぎやしないか?って。
じゃあ、これを地金・宝石・枠作りの3つに分けて考えたいと思います。

まず、地金。地金はプラチナでも金でも構いませんがどちらの地金も未だに採掘されていますよね。ただ、採掘量に関して言えば全世界の金の総量ってどれくらいだと思います?調べてみたところこうありました。

これまでの金の採掘量と埋蔵量 これまで人類が採掘してきた金の総量は約18万tです。 これは、オリンピック公式競技用プールの約3.8杯分の量に値します。 そして地中の埋蔵量は、約5万tと考えられています。

全世界でたったそれだけ?プールは50メートルプールだと思うんですがそれの4杯に満たない量って少なすぎませんか?そりゃ希少価値あるよなって思います。見渡す限りではなく、見渡せる量って事ですもんね。

では、プラチナ、

その埋蔵量は、なんと全世界を合わせてもわずか1万6千トンと推定され、金とは比較にならないほど希少です。 プラチナの歴史は金に比べれば非常に浅く、有史以来これまでに採掘された総量はたったの約5千トン程度と言われています。

プラチナの方がかなり少ない。金に比べて半分以下ですね。比重も1.5倍ほどあるから1グラム単位に考えてもかなり高いのは分かります。
ちなみに比重って分かりにくいんですけど、同じ形の金とプラチナがあるとすると、金が1グラムとするとプラチナは1.5グラムあるって事ですね。指輪の場合は大体5グラムほどがしっかりした造りの指輪ですが、その場合プラチナが5グラムだと金で作ったら約3.3グラムって事です。

どちらもかなり希少性という意味で間違いなさそうです。では、次の宝石の価値。宝石も宝石によって希少性は変わりますが、例えばダイヤモンドの場合こういった記事がありました。

宝石用・工業用を合わせた、天然ダイヤモンドの全世界での総生産量を見ますと、近年では毎年25トン前後ものダイヤモンドが採掘されています。ダイヤモンド1ctが、0.2gなことを考えますと、その量はとても多いように見えます。

確かに、工業用のダイヤモンドには宝石用のような、見た目の美しさに対するクオリティーは求められませんので、採掘されたものの多くが利用されていますので、希少性があるとは言い難いでしょう。

しかし、資産価値の高い貴金属「金(ゴールド)」の全世界年間産出量を見ますと、2017年だけでも3150トンあり、これは工業用を含めたダイヤモンドとの比較でも、単純計算で126倍もの量になります。

このように考えますと、宝石用としてのダイヤモンド、特にグレードの高いものに関しては、希少性があると考えた方が自然です。

とありますね。ダイヤモンドに限らず、エメラルド、ルビー、サファイア、アレキサンドライトに関してもここまでの希少性とは言わなくても希少性自体はある訳です。
まぁ、卸業時代にはコロンビアにエメラルド鉱山に買い付けに行っていた業者さんや、ルビーやサファイアの買い付けに行っていた業者さんなどの話を仕入れをしながら聞いていたのでそれはもう大変な苦労があるようです。

とくにダイヤモンドに関して言うとグレードの良い物はダイヤモンドのカッティングも含めてかなり少量なのだと思いますし、そういった希少性が価格に反映されているといって良いでしょうね。

そして最後は枠作りです。枠作りは職人さんが不足しているという話もそこまで聞きませんし、技術の発展に伴って作り方自体は広がってきています。
ただ、これが分かってもらえないんですが、昔は石に合わせて枠を作っていたんです。しかし、今は枠に合わせて石を買うという事が普通になっています。枠に合う石を探す。だから、宝石を寸法で探すんです。

よく考えれば分かるんですが、天然物って形が不揃いなんです。天然ですからね。ダイヤモンドも同じ寸法に見えて結構違うんです。コンマ数ミリとかですけど、それが全体のイメージを崩します。そういった事を考えてるとそういった石に合わせて枠を作ると言った事が出来る職人さんの数は減っています。ある種分業仕事になっています。

石留め、磨き、枠作りといった感じです。一気に出来る所もありますが昔に比べればかなり減りました。技術は衰退していると思います。父親が職人なのでこれは確かです。

ちょっと、話がそれましたが枠作りに関しては希少性という事はないとしても作れるようになるまで修行というような時間と経験の蓄積が必要で1日で出来るものではありません。だから加工賃は仕方ありません。嫌なら自分で思い通りに作るしかないですがそれは無理というものです。

そういった地金・宝石・枠作りの事を考えるとジュエリーが高いのは仕方ないのかも知れません。別に高くしたいと思って高くしている訳ではないですしね。
インターネットには多くの激安商品がありますが、安い商品には必ず理由があります。ネットの写真だけ信用したらエライ目にあったという事はよく聞きますし、そういった商品を見ると「マジか!」と驚く事もありますから。

希少性と希少性、そしてそれを扱う職人さんの加工賃を考えたら、どれかが欠けたら出来ませんからね。信用あるところで購入したり作ったりする方が納得出来るし安心できるんじゃないですかね(^^)


一粒ネックレス専門のネットショップが開店!

一粒ネックレス専門のネットショップ

楽天市場店で販売している一粒ネックレスですが、プレゼント需要として当初の予想より売れてきています。相変わらずいっぱい売れるとかではないんですけどね。。。

それでも、1万円というプレゼントには手頃な価格設定と商品の良さというコスパの良さで売れているのかなぁと思います。45センチのチェーンなのでだいたいの人にはピッタリ合いますし、指輪に比べてサイズを調べる必要もあまりありませんから。

楽天市場だけでやっていけたら良いとは思うんですが、うちは検索の隙間を縫うようにやってきたので売れてくれば独自ショップの展開を進めてしまうのです。。。これ、商売人の悲しい性なんでしょうね。。。

という訳で一粒ネックレスペンダントの専門のネットショップをオープンしました。

一粒ネックレス屋さん

「一粒ネックレス屋さん」です。まだ素っ気ないので彩りを加えようかと思っています。9月末日まで10%オフのセールをしているので良い展開になれば良いですね。

他にも独自ショップの展開を控えているので忙しいのです。そもそも楽天市場店の受注もバタバタしていますからね。。。うちは注文を受けてから作っているのでその処理だけで訳が分からなくなるんですよね(^^;)

それでも多店舗展開でじっくりゆっくりやっていきたいです(^^)


実店舗は必要なのでしょうか?

浪速で働く宝石屋

うちは全部のショップがインターネットだけで実店舗はありません。

利点はブライダルジュエリーやピアス、結婚指輪などの専門店の展開が経済的にも作りやすいからという事ですね。

でも、最近は少なくなりましたけど実際に見て指に付けたいという方も多かったりするんですよね。そんな方へのサービスとして実店舗というのは良いかと思います。

では、実店舗があると他にどんなメリットがあるんでしょう?経費的に考えて実店舗では家賃に光熱費などクリアすべき点

がたくさんありますから、その経費を超える利益が必要になります。

この利益をどう出すかを考えないといけません。よくジュエリーは利益率が高いから簡単じゃないか。と言われる事がありますが利益率だけを考えれば悪いとは思いませんが、そうそう毎日お客さんが来る訳でもないですし毎日購入してくれる訳でもないですからね。

そう考えると実店舗を出すのはハードルが高いのです。ネットショップ専売にした方がよっぽど効率が良い。

だからといって実店舗はいらないかと言えばそうでもなく、もしかしたらネットでは拾いきれないお客さんがいるかも知れないという点も捨てがたいのです。

例えば、使いたいけど古くなってしまったジュエリーを綺麗にしたいとか、リフォームしたいなどネットショップではあまりないお客さんを拾う事が出来るんじゃないかと考える事もあります。

ボクの場合、あまり実店舗には乗り気ではないものの実店舗があれば良いなぁという見栄があったりして(^^)

それよりも専門的なネットショップを作って隙間を埋めるという作業の方がやっていて楽しいので実店舗構想は頭の隅にだけ置いておこうと思います(^^)


自分の好きな指輪

自分の好きな指輪

ボクはシンプルなデザインが好きなんですが、奥さんに言わせるとバラバラだけど、イカツイデザインが好きらしいんです。。。それは恐らく色んなブランドジュエリーを見てきたからだと思うんですよねぇ。

そんな話をしたら、豪華な物も好きらしく色々と言われました。自分でもあまり分からなかったんですけど話しているうちに分かった事は、ダイヤモンドや他の宝石が留まっていてもシルエットがシンプルなら好きなのだという事でした。

写真の指輪も確かに豪華なんですけど、シルエットだけならシンプルなデザインですし左右対称ですからね。

そう話すと、業界長いから見方が違うのかと言われました。なるほどねぇ。。。もう宝石業界も25年近くになります。マンネリにならないように日々勉強をしていますが、昔の良い思い出を考えたり仕事のやり方になってしまわないように考えています。

いつか実店舗をと構えたいと思っていますから、その時に新しい実店舗をと構想を練っていますから。そんな時に自分の好きな指輪も置きたいですからね(^^)


金のうんこショップが独立!

金のうんこショップが独立!

実は前から書いていたんですがブリリアントジュエリーで扱っている「金のうんこ」を独立したネットショップとして運営したいと思っていて、この度独立したネットショップとしてオープンしたのです。

18金できらめく「金のうんこ」を本職の宝石屋が本気で作ってみました。衝撃の実物をご覧ください。

この金のうんこですが、発表以来ずっと売れ続けています。多くはないけど毎月毎月売れているんです。ブリリアントジュエリー本店でも楽天市場店でも。楽天市場では「うんこ」と検索すれば上位に表示されるくらいですから目に付きやすいのかも知れません。

それでもブリリアントジュエリー本店でも注文が来るので何かしら見つけるんでしょうね。本当に欲しい人はどんな事をしても探し出すとボクは思っているし、実際ボクもそうなので、そういった心理があるのかも知れません。

売れ筋で言えばネックレスが1番多いと思います。宝石入りもなしも同じくらいです。ネックレスは可愛いし付けやすいですもんね。

18金できらめく「金のうんこ」を本職の宝石屋が本気で作ってみました。衝撃の実物をご覧ください。

その次が何もない金のうんこ。何もないというのも変な言い方ですが、置き物の状態のものです。

18金できらめく「金のうんこ」を本職の宝石屋が本気で作ってみました。衝撃の実物をご覧ください。

これも宝石入りもなしも同じくらい。価格的にも検討しやすいのかも知れません。

その次がピアスです。ピアスはどれも同じくらいですが意外だったのはぶら下がりタイプが多かった事ですね。これを考えたのは思いつきだったんですが、ナイスな判断でした(^^)

18金できらめく「金のうんこ」を本職の宝石屋が本気で作ってみました。衝撃の実物をご覧ください。

そして、あまり人気がないのは指輪です。

18金できらめく「金のうんこ」を本職の宝石屋が本気で作ってみました。衝撃の実物をご覧ください。

指輪はサイズが分からないのと、他と比べて値が張るという事でしょうね。衝動買いするにはちょっと高いですから。何か考えて3万円前半くらいまでには落としたいです。

ちょっと、割引のフェアでもしますかね。

商品点数的には全部で15点もありませんし、今後の展開も考えてはいますがまだ取り掛かってはいないので現状維持かと。それでも面白いので続けていこうかと思ってます(^^)

作っていて改めて思ったんですが、やっぱり面白いですね(^^)


梵字屋のネックレスの元々のLサイズが再登場

梵字屋のネックレスの元々のLサイズが再登場

最近リニューアルをしている梵字屋ですが、以前あったLサイズのネックレスを先日復活させました。

元々は生産体制の問題があったりデザインの問題があったりして引き上げていたんですが、結局デザインはそのままの方が良かったし生産体制も解決したので復活させる事にしました。

梵字をモチーフとしたネックレス・ペンダントの販売。

いつもの文字7種類です。商品のページを見てもらうと分かりますが地金の種類を選べるようにしました。

シルバー
シルバー(ゴールドメッキ)
プラチナ
K18ゴールド
K18ホワイトゴールド

の5種類を選べるようにしています。特にシルバーやシルバーにゴールドメッキを施した仕様は価格的にもコスパが高い商品になっていますね。
これだと男性でも似合う大きさになってます。ちょっとイカツイけど(^^;)

今後はドッグタグペンダントのLサイズも準備中なので登場させる予定です。

大きいペンダントは敬遠されるかと思っていたんですが、オーダーメイドでの場合は大きな物を作る傾向が強いので意外と人気があるのかも知れませんね(^^)


金の平打ちリングで8mm幅が人気らしい。

金の平打ちリングで8mm幅が人気らしい。

平打ち屋に関する事ですが、色々見ていると平打ちリングは甲丸リングに比べて来客数が少ないんですが、うちの平打ちリングは2ミリ,3ミリ,4ミリ,5ミリ,6ミリ,10ミリというリング幅を用意してるんです。しかし、なぜだか金色(きんしょく)の平打ちリングで8ミリ幅のお問い合わせが多いんです。理由は分かりませんが8ミリで金色なんです。

実はうちも8ミリ幅がないので作ろうかなぁと思いながらそのままなんですが、そろそろ作ろうかなぁと思っているんです。売れれば嬉しいけど6ミリの次が10ミリという違和感もあったりしますから(^^;)

8ミリ幅ってあんまりないんでしょうかねぇ。

平打ちリング


アレキサンドライトで婚約指輪はありますか?

アレキサンドライトで婚約指輪はありますか?

意外と多いのがダイヤモンド以外の婚約指輪。うちでは過去にエメラルド、ルビー、サファイア、アレキサンドライトといった宝石の他に、ペリドットやガーネットなどの宝石で婚約指輪を作りました。

その中でも特に多かったのがアレキサンドライトです。大人の宝石と言われるくらいのアレキサンドライトですが、普通の色は黒っぽくてパッとしないんですが白っぽい光ではなくて、豆電球のようなオレンジの光に当たると赤く輝く石なんです。普段は綺麗とは思わないんですがそういった場所では一気に目立つ宝石になるんですよね。

それにそういった変わった宝石は一般受けするんですよね。たとえ綺麗ではない品質にしても人目を惹くんですよね。リアクションされたら嬉しいと思いますから。
それから、プロ向けの石でもあるので良い品質だとプロも一目置くと思いますからね。

ただ、ダイヤモンドと違いカラーストーンというのは色目の好みがあるので扱うのはとても難しいものなんです。どんな宝石でも本筋と言われる本当に綺麗な色というのはあるんですが、その本筋でも多少の色目の違いがあって、深い色が良いとか少し浅めが良いとか個人の好みによって変わってくるんですよね。

だから、こちらが最高級です。といってもお客さんがそう思わない場合があるのでその場合は特に難しい。ある程度見てもらってから判断を仰ぐという方が良い場合もあります。写真を撮って送ったり実際に見てもらったりして決めるので時間が非常にかかります。

そういった事がアレキサンドライトにもあるんですが、色目については95%くらいの人の意見は一致していて綺麗な色は決まっています。そして、色変わりについても色が変わった時の赤み加減も誰が見ても分かるくらいとなるので、今までトラブルになった事がないくらいです。

エメラルドやルビー、サファイアなどはそういった色の好みに左右される事がありますが、アレキサンドライトに関してはあまりなくて喜んでもらえます。
そもそもアレキサンドライトを婚約指輪の宝石に選ぶ時点でかなり調べているんでしょう。だから、本当の良さを分かってくれているのだと思います。

ボクは卸業の時にアレキサンドライトをかなり見てきたし、業者さんに関しても良い品質の物しか出してきませんしね。良い勉強をしてきたと我ながら思います。
まぁ、ダイヤモンドと比べてアレキサンドライトを選ぶ人は10人に1人いるかどうかなので、その機会も少ないんですがその時に本当の良い品質を出す事が出来るのは助かったと思う瞬間でもあります(^^)

とまぁ、こんな感じで用意していてアレキサンドライトの指輪はこれしか用意していないのにお問い合わせは多かったりします。
四角いアレキサンドライトは、オーバル(楕円)の石をもう一度カットします。品質の悪い石だとカットの最中に割れるので四角くカット出来る石はなかなかないんですよね。それに寸法も揃わないので作るのに苦労するんす。そして、石留めも職人さんが嫌がったりと基本アレキサンドライトは割れやすい石なので余計に神経を使うようです。

これに関してはうちが自信を持って作っている指輪でもありますが、別にこの四角い石に限らず他の楕円や円形などの石でも対応しています。
決してアレキサンドライトの婚約指輪は昨今では珍しい事ではなくなってきているのかなぁと思っています(^^)


ジュエリークロス屋さん(宝石磨き布)が充実してきました。

ジュエリークロス屋さん(宝石磨き布)が充実してきました。

先日日記で書いたジュエリークロス屋さんですが色々やってみてひとまず形になりました。

□ジュエリークロス屋さんについて 海外で企画、製作し宝石屋さんが販売している「宝石屋さんがオススメするジュエリークロス屋さん」です。 簡単に言えば宝石磨き布ですね。撫でるように軽く拭くだけでピカピカになります。 実際に店主のボクが使ってみても凄くピカピカで綺麗になります。 素材はマイクロファイバークロスなので、ジ...

少し形になりました。ランキングに関しては楽天市場店の販売実績を参考にしました。10枚入りの人気が高いんですがあまり理由は分かりません(^^;)

それでも毎日売れるほどの人気なので少々ビックリしています。それに今まであった質問を1つにまとめたページも作れたので作りました。また少しづつ増やせればと思っています。
新しいお店を作るのは面白いんですけど、購入しやすいショップを作るのはもっと面白いですね。

これからももっともっと充実させていきたいと思ってます。売れ筋は違いますが初めて作った磨き布の色はブルーで、その中で1番売れている3枚セットをこのまま購入する事が出来ますよ(^^)

3枚セット:ジュエリークロス(ブルー)


梵字のキリークはなぜ人気なのか?

梵字のキリークはなぜ人気なのか?

この文字がキリークなんですけど、どういう訳だか人気がある文字なんです。理由を知りたいと思いつつ調べてみたんですが、まず梵字の守護者は千手観世音菩薩といって、

「病気から金運、子宝、厄除けなど、あらゆる願いを叶えてくれる」

といったご利益があるとされています。なるほど、病気や金運、子宝、厄除けといった願いを叶えてくれるんであれば人気が高いのもうなずけます。で、キリークの干支が、

「ネズミ」「イヌ」「イノシシ」

の3つの干支なんです。干支に対する梵字は全部で7種類ですがそのうち3つがキリークなんですよね。だから比率的に多いという理屈も分かります。ただ、比率的にこの3つの干支で、病気や金運などの願いを叶えたいというだけで人気なのかどうかは個人的に怪しいなぁと思っているんです。

じゃあ何なのかというと、文字が格好いいからではないか?とか考えたんですが、他の文字に比べて特に格好いいという訳でもないんですよね。

千手観世音菩薩や阿弥陀如来の人気が高いかというと別にそうでもないし・・・

う〜ん・・・ちょっと考えただけでは分かりません。ただ、事実として人気があるのは確かで注文数もダントツで多かったりするんですよ。もう少し調べてみたいと思います(^^;)


金のうんこって調べるとアサヒのビルが当然ながら出てくる。

複数割引を検討

知名度の点で全然違うので当たり前なんですが「金のうんこ」って調べると、

ここが出てきます。有名なんですよねぇ。でも、全然うんこではない気もするんですけどね。

まぁ、うちは対抗している訳ではないですし違うものですけどね。それでももう少し上位に来てほしいです(^^)


甲丸リングの作り方なら甲丸屋

甲丸リングの作り方なら甲丸屋

たまに甲丸リングをどうやって作ってるんですか?って聞かれたりするんですが、それはもう甲丸屋を見てくださいって言うしかないなって感じで伝えています。

甲丸リングの作り方

メチャクチャ長いんですがこれは甲丸屋のトップページを切り取った画像です。本当は、

結婚指輪(マリッジリング)にも使われる甲丸リングだけを扱うお店です。宝石職人が心を込めて製作しています。

を見てもらったら良いんですけどね。でも、これって職人さんによって作り方が全然違ったりして面白いんですよね。うちはこうやって作ったりしています。最近ではこういった作り方も減っているんですが、作れる人にとってはこの方が早くて楽なんですって。
まぁ、こんな指輪作ってるだけの職人さんも儲からないんで他の物も作っているんですけど、こんな写真だけでも喜んで貰えるなんて不思議ですね(^^)

結婚指輪として選ばれる指輪の定番なんですけど、シンプルという事が1番なのかも知れませんね(^^)


楽天市場店は売れ方が幅広い

楽天市場店は売れ方が幅広い

うちは色々なネットショップがあるんですが、その中でも全部のネットショップの商品を1つに合わせた楽天市場店もやっています。

メチャクチャ売れているという訳ではないですが、地味に安定しながら低空飛行を続けています。楽天市場の凄いところは集客力が凄い所ですね。何でもという訳ではないですし、価格帯も低いですがずっと売れ続けます。それが凄い。楽天市場に来る時点で何かを買おうと思って探しに来ている訳ですし安さも求めていると思います。

特に今はスマホの時代ですしスマホからのアクセスが多くて色々なページが見られています。低空飛行ではなくてもっと売れれば良いのになぁと思いながらコツコツやってます(^^)


甲丸屋と平打ち屋のリニューアルも控えています。

甲丸屋と平打ち屋のリニューアルも控えています。

ピアス屋さんに始まり、梵字屋もリニューアルをしていて、ジュエリークロス屋さんも新規オープン。それが終われば甲丸屋平打ち屋のリニューアルが待っています。

他にも新規オープンと言っていいネットショップのオープンも控えている訳で、いつもバタバタしているんです。でも、甲丸屋平打ち屋は今パソコンサイトがメインなんですが、他のリニューアルと同時にスマホメインのサイトに作り変える予定です。

商品に関して特に変わる所はないので作り変えるだけなんですけどね。ここしばらく注文もあったり忙しい毎日が続きますが、シンプルに見やすく買いやすいネットショップを作っていきますよ(^^)

そう思いながらサイトを見ていたんですが、そう思うほど悪くないですしちょっとスマホ用に振り向けるだけで十分良さそうな気がしています。購入する物を探しやすいし、それまで一直線に探す事が出来て邪魔するものがないってのが良かったです。
そうやって自分で一度買い物をするんです。とても良い感じでした。

要するに売るためにする事は集客が重要なのだと感じましたね(^^)


ゼクシィは婚約指輪や結婚指輪を購入する時に役立つのか?

ゼクシィは婚約指輪や結婚指輪を購入する時に役立つのか?

結婚はしていますがたまに購入しています。色々と勉強になりますからね。で、読みながら思うのが「結婚情報誌としてはこれが1番やな。」という事。

結婚する時の手順、結婚式場、そしてブライダルジュエリーの全てが載っていますからね。ただ、指輪に関して言えば仕方ないとはいえ、ほとんど代わり映えしないって事ですかね。毎月毎月新作が出る訳ではないですし順番を変えたり、載せ方を変えたりするしかないですよね。

そうは言っても別に変な指輪を載せている訳じゃなくてそのお店のイチオシを載せている訳ですからお買い得なんじゃないかと思うんです。こうやって見るとうちもたまにはセール的な事をやった方が良いかなぁと思いますね。

他にも結婚情報誌は色々あるんですが、ボクが見る限りゼクシィがやっぱり1番かなと思います(^^)


カルティエの婚約指輪も良いと思うな。

カルティエの婚約指輪も良いと思うな。

いつも色んなブランドジュエリーを実際に見てきたり、インターネットで見るようにしているんですが、ボクはティファニーよりはカルティエの方が好みなのです。というのは、ティファニーは男が見る分にはアッサリとしすぎていて、その点ではカルティエの方がボリューミーなデザインが多く見ていて楽しいからです(^^)

今日はその中でもプロが見て良いなと思われる指輪を紹介したいので書きました。

基本的にはシンプルなんですけど、ホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドの3色の地金にダイヤモンドを留めている比較的ゴージャスなモデルです。
デザイン的にも太い4本の爪がしっかりとダイヤモンドを留めているので視覚的にも安心できますよね。

それとリング裏側を見てみると3色それぞれの地金が1本化されていて地金同士がしっかりくっついていますよね。これは色は違えど基本は18金なので同じ温度で溶けるからくっつくんです。仮にプラチナとそれぞれの色のゴールドをくっつけようと思うとプラチナの溶ける温度は18金より高いので先に18金が溶けてしまうんですよね。

表側に目を向けると3色の地金それぞれが別々に処理されていて、その処理も綺麗にしてあります。
横から見るとダイヤモンドの部分も取って付けたように見えますがしっかりと爪を立ててあるので非常に安心できますね。

同じような物が出来るのかと職人さんに聞いてみると、

「出来る。昔からそういうのあったもん。でも、地金をプラチナと18金やったけどな。」

と言ってました。プラチナと18金の処理は出来るのか聞いたところ、

「そりゃ当たり前やん。企業秘密やけどな。まぁ、職人やったらほとんど知ってるんちゃうか。」

と。確かに記憶を思い返すとそういった指輪もネックレスもあったように思います。母が着けていたような。。。もう地金として溶かして使ったとか言ってましたけどね(笑)

でもまぁ、カルティエのトリニティシリーズはデザイン性や造り的にも凄い。プロが見ても良いなぁと思います。もちろん、ダイヤモンドの品質は教えてくれないと思いますけど、良い物を使っている事は間違いありません。ボクがルーペ持っていって見たら確実に怪しいし、お店から放り出されると思うのであくまで目視ですけどね(^^;)

プロが見て良い物だけど、素人さんが見て良い物とは限らないんですが、それだとプロの出る幕がありませんからそういった物をたまに紹介したいですね(^^)


婚約指輪のブランドで安い所は?

婚約指輪のブランドで安い所は?

最近では今までと違ってプラチナや18金以外の地金でも婚約指輪を作っていますよね。特に地金がメインの結婚指輪も他の地金が増えています。
そうすると、価格も下がったりしていて凄い安いなぁと感じる事も多くなりました。ボクは貴金属屋なのでプラチナやゴールドがメインでチタンなどの他の地金の事はあまり分かりませんけど、メンテナンスはどうしてるんやろう・・・

さて、話を戻してブランドで安い所ってどこなんでしょう。安いって部類がどれくらいなのか分からないんですが、日本で最も有名な結婚雑誌「ゼクシィ」で紹介されていたので見てみましょう。

~10万円未満の婚約指輪一覧ページです。~10万円未満の婚約指輪をブランド横断で検索できます。エンゲージリングをお探しの方へ、ゼクシィなら婚約指輪(エンゲージリング)の取り扱い店の情報が満載です。

一応、婚約指輪だと安めと思われる10万円以下の婚約指輪としました。それによるとガラOKACHIMACHIさんをはじめ、ガーデンさんなどが掲載されていました。

価格的にはだいたい¥99,800-くらいが多い感じですね。もっと安い値段になると6万円から7万円という感じでした。どれもプラチナやゴールドとダイヤモンドを使った商品ですから、うちもそうですがそれくらいが限界価格なんじゃないかと思うんですよねぇ。

まぁ、ダイヤモンドの大きさこそあれ限界はどこも同じだと思います。うちも10万円の婚約指輪はありますし、

浪速で働く宝石屋が運営する婚約指輪(エンゲージリング)、結婚指輪(マリッジリング)のインターネットで製造販売をしているお店「ブリリアントジュエリー」

5万円のものと、6万8千円の物があるくらいですね。

そう、これが限界くらいなんですが、それはあくまでプラチナやゴールドとダイヤモンドの組み合わせです。他のブランドだとどうなんだろうと思いますが他のページを見ても同じようなものでした。他の素材だとどうかと次は楽天市場を見る事にしましょう。

あまりなかったりするんですけど、5万円以下もチラホラありますね。ただ、デザインが婚約指輪とは違うような気がします。
次はプロポーズリングとして検索すると一気に安くなりますよ。

これだと1万円程度であったりしますし、実際にうちもプロポーズリングを出品しています。ただ、プラチナやゴールドにダイヤモンドという組み合わせではない事が多いですね。

そう考えると安さも限界があると思いますし、他の地金や石の組み合わせも考えないといけませんよねぇ。


婚約指輪の値段ってどれくらいが適当なのか?

指輪って同じように見えるけど、何が違うの?

「そんなの予算によって違うから分からんよ!」

そう言われればそうなんですが・・・それでも妥当な金額というのはあると思うんです。婚約指輪とか結婚指輪とか何でもそうなんですが、安けりゃ良いってもんでもないですし、自分の所得から考えたらこれくらいかな。でも、婚約指輪として妥当な金額ってどれくらいだろうと考えると思うんですよね。

一般的に3ヶ月分の給料とか言われますけど、実際はそんな事はないと思います。

「婚約指輪は給料の3ヶ月分」という言葉はよく耳にしますが、ゼクシィ「ブライダル総研 結婚トレンド調査2018」によると、婚約指輪購入の平均価格は41.9万円。 また40万円以下の回答項目を選択したカップルの割合を合計すると59.3%となり、半数以上が40万円以下で婚約指輪を購入したという結果になっています。

というような結果もあります。半数くらいが40万円以上と答え、約半数が40万円以下で購入しています。記事によると40万円から50万円くらいが15%程度と多いことです。ほんまか?と思う事もあるんですけど、ここはあえてスルーして、考えたいのが40万円以下は分かりますが、どれくらいの価格なのかって事が知りたいです。

30万円から39万円が26%で20万円から29万円が約20%を締めています。10万円から19万円でも10%ありますね。10万円以下だと約5%となっています。うちの楽天市場店だとあんなに1万円のシルバーの婚約指輪が売れているのに5%だとは到底思えませんが、データではそうなってるんですね。もっと頑張らないと(^^;)

では、どれくらいが妥当かという事ですが結局のところ、納得した価格が妥当なんだと思います。一生に一度と思って購入する訳ですし納得して購入したいと思います。
それで納得して購入したのであればそこが妥当な金額なんでしょうね。全然答えになってないんですがそれしか言いようがないです。

購入する年代によって違いますし、結婚指輪も検討しつつ予算もあるからある程度の妥協も必要になってきます。そこで、決定した値段が妥当なのかも知れません。
良いか悪いかは別にしてそういった事も含めて妥当な値段という事かなと。

個人的には自分が何かを購入する時はある程度妥協を含めながら妥当と思われる値段で手を打つ事が多いですから、婚約指輪の妥当な値段と言われても答えるのが難しいですよねぇ・・・


婚約指輪と結婚指輪はセットで購入していいの?

婚約指輪と結婚指輪はセットで購入していいの?

良いんじゃないですか?婚約指輪が先で結婚指輪が後って訳でもないですし、その逆でも良いですしね。うちは結婚指輪が先でしたし。
もちろんタイトルのようにセットでも良いわけですよね。

関西の方だとセットだと安くなるやろ?と言われそうですし。実際うちはセット割引しようかと思っていますね(^^)
まぁ、安さを求めるならうちの楽天市場店のブライダルリングセットを検討する方が良いですし、ちゃんとしたジュエリーであればブリリアントジュエリーのブライダルリングセットを検討してもらえれば良いと思います。

セットだからって何か手を抜くって訳でもありませんからね(^^)
実際に楽天市場店のブライダルリングセットは購入される方が多いですし、一気に用意できるからと評判も良いですよ(^^)

婚約指輪や結婚指輪を購入する時に決まり事なんてありませんし、どれが初めに購入する物かといった決まりもありません。一人で選んでも二人で選んでも良いですし、予算も決まったものはありませんから、自由に疑問をぶつけて解決していくのが良いと思いますよ(^^)


婚約指輪のデザインはどういったデザインが良いのか?

婚約指輪のデザインはどういったデザインが良いのか?

う〜ん・・・これって結構言われるんですよね。個人的にはどんなデザインでも良いと思っているので、スカルリングなんかも用意している訳です。で、実際に購入もされています。

でも、多くの方の婚約指輪のデザインは「ティファニーセッティングの指輪」なんですよね。それについて否定するつもりはないんですけど、もう少し自由でいて欲しいなぁというのが本音なのです。

まぁ、実際に贈るとしたらボクも結構保守派なので、こんな指輪を贈っていますからね(^^;)
結論として婚約指輪のデザインは保守的なデザインが良いと思います。

その方が贈られる側も安心するでしょうしね。2人で分かっていて突飛なデザインを作っていれば別ですが、何も話していないで急にサプライズで大胆なデザインを贈られてもビックリするんじゃないかと思うんですよねぇ。当たり前ですけど。。。

何も話していないでサプライズや男性から贈る場合だとシンプルなデザインが良いんじゃないかと思われます(^^)


婚約指輪のお返しってどうしていますか?

婚約指輪のお返しってどうしていますか?

婚約指輪のお返しかぁ・・・うちはそんな余裕も何より結婚時には婚約指輪を贈っていないのでもちろんお返しはありませんでした。婚約指輪のお返しがあるって知ったのはその数年後でしたしね・・・

今でも結納や婚約指輪のお返しをしている所はあるのでしょうか?ボクは大阪市に住んでいて奥さんも近所なので周りでもあまり聞かなかったんですが、少し郊外に行くとあるようで結構聞いたりします。ちなみにその時のお返しで最もポピュラーなのが、

「腕時計」

だそうです。腕時計!会社勤めだと腕時計を使う機会は当たり前のようにありますし、腕時計がステータスという事もあるのだろうと思います。ボクは腕時計をすると汗疹が出来るので極力していません。数年前に購入したチープカシオを休日にするくらいです。

しかし、腕時計のブランドはどういったものなんでしょうかね?ネットを見てみると「タグ・ホイヤー」が多いそうですがブランドイメージの割にリーズナブルな価格が魅力なのだとか。タグ・ホイヤーはF1チームとかのスポンサーになっているくらいですから、ボクも知っていますしイメージはとても良いですね。