100万円の婚約指輪のお問合わせでビックリした事

100万円の婚約指輪のお問合わせでビックリした事

0.3カラットのダイヤモンドを使って100万円ですか!?

ずっとネットショップをやっていると、ビックリする事もあるんです。例えば、急ぎに急いで1週間で納品して欲しいだとか、電話口で振り込まれた事とか、とんでもなく高額な商品を注文してその場でカード決済とか。。。こっちが引いてしまうくらいな事もあるんです。

ちなみに最近で1番びっくりしたのは、

0.3カラットのダイヤモンドを使って100万円の指輪を作って欲しい

といったものでした。。。100万円の指輪って色々あると思うんですけど、ブリリアントジュエリーの場合は0.5カラット1カラットの場合だけなんです。

でも、この方はダイヤモンドは何が何でも0.3カラットでデザインもこの指輪限定で!

って事で100万円で作って欲しいとお問合わせを頂いたんです。しかし、この指輪は1番高額のダイヤモンドを使っても40万円もしないくらいなのです。だから、その上のクラスのダイヤモンドを用意したらどうかと思い、見積もりをしたんですがどうやっても100万円にはならないんです。

その方は他の大きさも他のデザインもダメと言って譲りませんでした。ボクとしてはどんなに良いダイヤモンドを使って最高に綺麗に作り変えても100万円には届かないので、一体どうして、その指輪で100万円にこだわっているのか聞いてみました。その答えは・・・

彼女の指は小さく短いので大きいダイヤモンドは似合わず、デザインは彼女の一目惚れ。100万円というのは自分のこだわりであり、婚約指輪は100万円と決めている!

という理由なのでした。納得です。返す言葉がない・・・

それでもこの設定で100万円は難しい。。。

だからこの方に電話をして色々とお話をしてみました。やはりこの設定で100万円は無理がありますと。値段を誤魔化せば出来ますがそうすると一体何が目的なのか分からなくなると。

こちらがこの設定で100万円ですとはいえますが、これは道に反する事なので絶対に嫌です。という事を話すとある程度納得してもらいました。それから色々解決策を考えました。

そして導き出した解決策とは!

もともとこの解決策は浮かんでいたんですが0.3カラットという事にこだわっているのかなと思い話さなかったんです。でも、話していると解決できそうな理由があり話してみました。その解決策とは?

直径が0.3カラットに近い0.5カラットのダイヤモンドを使う

という事でした。実はこれって結構知らない方が多いんですが、ダイヤモンドのカラットとは「大きさではなく重さ」なんです。だから重さが0.5カラットであっても直径が0.3カラット並みの0.5カラットもあるんです。

簡単に言うと、直径が小さく深さのある石を使うという事です。ダイヤモンドは立体なので縦×横×高さで重さ(カラット)が決まります。だから少し高さがあると直径は狭くなるのです。業界用語では「ゴロ石」といってあまり良い響きではないんですが、これが今回の解決策でした。

下の画像は全て同じカラット数です。見た目は違うけど同じなんです。今回はこの「背高」という石を使いました。

同じカラット数のダイヤモンド

このダイヤモンドを使い、ダイヤモンドのグレードも100万円に価格を合わせて作ったのです。お客さんは納得して頂きましたし、後ほど結婚指輪のオーダーメイドの依頼もありました。

こういった石を使う方法とかは、あまり出てこないですし、プロしか分からない、知り得ない事です。だから気軽に問い合わせをしてもらうと色んな解決策があったりしますよ。悩まず相談してくださいね(^^)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

浪速で働く宝石屋にお問い合わせはこちらよりどうぞ

浪速で働く宝石屋にお問い合わせはこちらより