iPhoneバンパー作りの続報

iPhoneバンパー作り

思った以上に大変・・・

この前書いたiPhoneバンパー作りですけど、作りたいだけでは難しいとは分かってますが、想像以上に大変です。。。予想はしていたけど。。。

比重が桁違い

1番の問題は重さです。購入したバンパーはアルミでしたが、それの重量は約6.5グラム。これだとそんなに重くないです。恐らく同じアルミのケースタイプでもそう重くない。

しかし、プラチナ900とK18ゴールドだと恐ろしい結果に。。。

比重を見てみると「1」は水となってます。アルミの比重は「約2.68」です。そしてプラチナ900だと「約19.76」で、K18ゴールドだと「約15.41」です。

それを踏まえて重量を計算すると、

  • 18金:約37.38グラム
  • プラチナ:約37.93グラム

という結果に・・・実際には地金をもう1割くらい多く使うのでK18ゴールドで40グラム、プラチナ900だと50グラムを超えてしまいますね。。。

そして、単純に地金代だけで計算すると、

  • 18金:約3,300円/g × 40グラム = 132,000円
  • プラチナ:約3,260円/g × 50グラム = 163,000円

といった感じになります。単純に地金を買いに行くだけでこんな価格になります。この地金を使って作り始める訳です。

加工賃が想像出来ない・・・

地金台だけでこんな価格になるというのに、加工賃まで必要になるんです。これがどれくらいなのか全然分かりません・・・やってみない事には何ともいえない。。。

こんな時は地金代と同じ価格を設定する時もありますけど、そんな簡単なもんじゃないと思う。地金代と同じ額でもそれだけでも30万円超えとなります。おっそろしい・・・売れる気がしない。。。

それでも作ってみたい

日本で売っても買い手が付くかどうかは分かりませんけど、スタイラスを売った時は何本か売れたので問い合わせくらいはありそうな気がします。

海外の人から問い合わせが来たら面白いのになぁ。。。

まぁ、これは挑戦なのでまだまだチャレンジしていきます(^^)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

浪速で働く宝石屋にお問い合わせはこちらよりどうぞ

浪速で働く宝石屋にお問い合わせはこちらより