指輪作りで削った粉の行方・・・宝石屋の職人はチリひとつ無駄にしない

指輪作りで削った粉の行方・・・

チリも積もって

仕事で作っているジュエリーですけど、切ったり削ったり磨いたりして綺麗になる訳なんですけど、実はその時に出るプラチナや金の粉。これってどうなっているか知ってますか?

実はこの粉って凄い量になるんです。削った地金の粉は掃除機で吸いますし、仕事台の上の地金も全部毎朝掃除しています。

それを月一くらいでまとめるんですけど、本当にチリも積もればでもう数本指輪が作れます。

しかし、集めただけでは使えない地金

じゃあ、その地金はどうなるのかというと、集めてから再生成します。集めた地金はプラチナもあれば18金も、そして一緒に吸い込まれたゴミもあるからです。ゴミは燃やしてしまうので、その残りが地金という訳です。

そして、そういった再生業者に出すと全ての地金がそれぞれ別々に分類され、地金別の重量が出てくるようになっているんです。

新たな地金で指輪作り

そうして再生成された地金を新たな地金として、次のジュエリーを作るんです。うちがリフォームなどで地金を再利用するという意味は再生成してから利用するという意味なんです。刻印が入っているからと言って、本当にその地金とは限りませんからね。

宝石屋の職人はチリひとつ無駄にしない

職人さんは地金なども無駄にせず再利用していているので、汚く見えても綺麗にしています。宝の山を見逃すようなもんですからね。

それに、本当に塵も積もれば山となるという言葉そのまま実感できますからね(^^)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

浪速で働く宝石屋にお問い合わせはこちらよりどうぞ

浪速で働く宝石屋にお問い合わせはこちらより