「 2017年05月 」一覧

再びブリリアントジュエリー本店

再びブリリアントジュエリー本店

大忙しで全然更新出来てない・・・

ブリリアントジュエリー本店なんですけど、今年に入ってほとんど更新できていないんです。。。お問い合わせや依頼はあるので助かります(^^)

商品自体は新製品を作ろうとやってますが、それが失敗続きで進まない感じです。何回作り直したか・・・

スマホサイトのリニューアルを進めます

実はスマホサイトのリニューアルを検討していて、新しいテンプレートが出来るのを待ってました。これでじっくりと取り組めそうです。

今までは見た目にイマイチな感じだったので、もう少し垢抜けたいなぁと(^^)

リニューアルでは見やすいように作ります

今回のリニューアルではもう少し見やすくしたいと考えていて、商品説明や見たい商品やページをすぐに探せたり出来るように、そして相談しやすいように変えていきたいと思ってますよ(^^)

お客さんには悪いんですけど、値段より納得出来る商品を作ります

同じような商品は確かにあります。それはどこも同じです。でも、うちはボクたちが納得できる商品を作ります。最高の商品をお客さんが最高に喜んでくれるようにします(^^)


手作りスポーツドリンク

以前作った時はまずかった。。。

夏に向けて毎日スポーツドリンクの粉を買ってせっせと作ってるんですけど、毎日作るので高くつくんです。
いつか忘れたけど作ってみた事があったけど凄いまずくて諦めてました。色々試してみたんですけどね。

でも、この間見たレシピで作ると凄い美味しく飲みやすく、かなり安い。これで家計を圧迫せずに済むようになりました(^^)
ちなみにレシピはこんな感じ。

今度はうまいぞ(^^)

□2リットル分
塩:6グラム小さじ2
はちみつ:大さじ6
クエン酸:小さじ1

めちゃくちゃ簡単ですぐに作れますよ。よかったらどうぞ。


AppleWatchの前にMi Band2を・・・

AppleWatchの前にMi Band2を・・・

チープカシオがAppleWatchの為だった

チープカシオを使い始めて1年半ほどになりました。本来AppleWatchを購入する為の前準備として使い始めたのに、いつしか違和感なくチープカシオが普通の状態に(^^;)
お陰で腕時計を着ける週間がつきましたよ(^^)

その間にAppleWatchも2世代目に進化しており、たまに着けている人を見たりテレビで着けている芸能人も見かけるようになりました。

最近のAppleWatchはどうなのか

AppleWatchの前にMi Band2を・・・

IT系やApple関連のニュースを見ていても、一般的には忘れ去られたイメージのAppleWatchが実はシェアを増やしていると書いてあったり。
本当の事は分からないとしても、ちゃんとしたスマートウォッチを探すとAppleWatch以外のベストっぽい選択肢も思い当たらない。

しかし、世代間の違いがあまり分からない

初めは高級品として登場したAppleWatchも、実は方向転換をしてスマートフォンのようなガジェットやスポーツガジェットの方面に力を入れているように見えます。それでも高級品ですけどね。
そんなニュースを見ながら、実は結構便利に使えそうだという思いもあって、再びAppleWatchを調べ始めたものの、違いがあんまり分からないんですよね。

そもそもの懸念はバッテリーが1日持つのかどうか不安があるのに、周りに使っている人もいないので聞きようがない。

実はボクの仕事机の上はiPhoneをはじめ、iPadが2台Xperia Z Ultra、Chromebook、その他携帯などの充電ケーブルが山盛りなのだ。
出来ればあまり毎日のように充電ばっかりしたくないという事が本音なので、2〜3日は時計として充電なしにしたい。

思わぬ伏兵が登場

AppleWatchの前にMi Band2を・・・

そこで、登場したのが中国のシャオミが販売している「Mi Band2」。AppleWatchの出来る事がほとんど出来るし3千円くらいで凄く安いんです。防水仕様という事も良い。
スマートバンドという事で安っぽいんですけど、メタルバンドが用意されていたりそんなに悪くはない気がします。

AppleWatchの前のステップとしては悪くない気がするけど、これこそ「安物買いの銭失い」にならないのか心配ではあります・・・

悩む日々が続きますね・・・(^^;)


使いやすいヤットコを購入

使いやすいヤットコ

平ヤットコ

チェーンの加工などに使うヤットコ。Amazonでやっと良いのが買えました。

使いやすいヤットコ

先の掴む部分が平らなものって実は少なくて、アクセサリーショップとかで探していたんですよね。先の大きさも重要で、これは素材も含めて長く使えそうです。

凄く使いやすい

早速使ってみると、1ミリくらいの小さなパーツもしっかり掴めて地金負けしない。これが良いんです。
ペンダントにチェーンを通す時なんかに凄く便利に使いやすい。良いのが買えました。

しかし、家に仕事道具がどんどん増えてくるな(^^;)


ラッピングセット

ラッピングセット

指輪をプレゼントする方へのラッピングセット

ラッピングセットは結構言われるので用意しています。

ラッピングセット

意外と言われるので、写真はまだですけど袋の方も用意するようにしました。

やっぱりプレゼントする時に他で気に入った物をラッピングするのは良いと思うんですけど、どんなのが良いのか分かりませんもんね・・・(^^;)

シンプルにまとめてあります

セットはシンプルにまとめてありますけど、結局のところは気持ちが大事なのでシンプルを心がけています

新しい商品の準備もありますけど、ちゃんと用意するのが大事ですよね。それに昨日の指輪もそうですけど新しくプレゼント用の商品も登場させる予定なのできっちりしておかないと(^^)


指が痛くならない指輪

指が痛くならない指輪

厚みがあると着けた指の左右の指が痛い

うちのブランドとして作っている「極(きわみ)シリーズ」なんですけど、デザインはもちろん、着け心地を一番重視して作ってるんです。

でも、厚みがあると着けた指の左右の指が痛くなるんですよね。。。それでも、気に入って作ってくれる方もいるんですけど、気になったら解決したくて仕方がない性分なので、解決策をずっと考えていました。

解決策と言っても実は昔からある指輪をヒントに作った訳です。そんな訳で試作品を作ってみたんです。

解決策は簡単に見えてそうではなかった

指が痛くならない指輪

解決策は上の画像のようなデザインで、左右の指に当たる部分を削るだけです。でも、ただ削るだけではなくて内側に丸く削るようにしています。

こうやって削ってもただ削るだけという事ではなく実際の着け心地を試してみたり、リング幅も考えながら作ってもらいました。

良い着け心地です

出来た指輪は写真を今度出しますが、着け心地も着ける指にも気持ちいい着け心地で、左右の指にもぴったりフィットして同じく気持ちいいんです。

指辺りも良くて、地金の重量感とフィット感が気持ちいいので不快な事もなく凄く良い感じです。

さらにおまけ!

そして、おまけと言うか左右の指にもフィットしているので指輪が回る事もなく常に上を向いています。今までの指輪はクルクル回るのでダイヤモンドを留めていても回ってしまう事がありました。今回の指輪にそれはありません。

しばらく後に登場させるので、期待してください(^^)


開発の中断・・・

開発の中断

全然しっくりこない

3年ほど前からずっと作り続けている指輪の試作が出来てきたけど、やっぱりイメージ通りに作れてない。

もう10数回作り直しているというのに・・・写真は今まで作ってきた試作品・・・

この辺で一度開発を中断しよう。何だか悔しいんやけどなぁ・・・

また気が向いたら作ろう。


結婚指輪の新品仕上げ

結婚指輪の新品仕上げ

毎年綺麗にしています

そろそろ結婚記念日も近づいてきたので、毎年恒例の新品仕上げをしようかと思ってます。

実は結婚指輪も含めて装飾品の類は全く身に着けないので、指輪は綺麗なまま。

それでも、毎年新品仕上げをやっているのは、少しでも綺麗な状態で保ちたいという職権乱用というやつ。

もう15年以上経つので、奥さんにはもうそんな事しないで良いと言われながらも、そうしないと気持ち悪いので今年もやります(^^)

で、今週末は結婚記念日

大阪の今週末は結婚記念日なのにあいにくの雨らしいのです。そう言えば、結婚式当日も晴れてはいたが降りそうな微妙な天気だった。写真を見返してみると写真では快晴のように見えました。

いつもは結婚式を挙げたホテルでご飯を食べるけど、ここ数年はユニバーサル・スタジオに隣接するホテルのバイキングで食べる事になってるんです。

結婚式を挙げたホテルも近いと言えば近いので、まぁ良しとしてます(^^)

週末は雨という予報なので、バイキングも含めユニバーサル・スタジオに行くのをどうしようか検討中なのです。

晴れる事を祈ろう(^^)

ちなみにボクたちの結婚指輪はなかなか好評で販売してるんです

結婚指輪は実はものすごく簡単に考えたのに、作って欲しいという方が多いので製品化してます。

ダイヤモンドを留めてるんですが、他の宝石でも作っていて、ルビー・サファイア・アクアマリン・アレキサンドライト・エメラルドといった有名な宝石をオーダーで留めてるので、気軽に聞いてください(^^)

結婚指輪の新品仕上げ


プラチナで作るiPhoneケース

昨日ニュースを見ているとプラチナの希少性と採掘方法が書かれてました。

プラチナ素材の時計が高額な理由を紹介している。採掘環境は過酷で、地金になるまでには約8週間の工程と労力が費やされる。市場における稀少性は金より高く、限られたブランドが少量しか作っていない

物凄い希少性

読んでみるとかなり過酷な状況で採掘されていて、その割に採掘量が少ないといった感じですね。確かに落ち着いているとは言えプラチナはかなり高いし、ゴールドより高級感があるけど品もあって人気の地金。

1トンもの原鉱石から3グラムくらいしか採れない。3グラムと言ったらティファニーの6本爪の指輪くらいの重さかぁ。。。

婚約指輪といえばこのデザインと言われるほど有名なティファニーセッティングの指輪です。6本爪と言えばティファニーセッティングであり、婚約指輪として初めにイメージするのがこのティファニーセッティングです。…

この指輪くらいです。実際には3グラムの指輪を作ろうとすると4〜5グラムくらいの地金から作って削ったりするので2トン近くの原鉱石を使っている計算になります。

ゴールドより良いと思う

1980年台くらいだとプラチナよりゴールドの方が人気あったんですけど、それ以降はプラチナの方が日本では人気になりました。海外ではゴールドをベースとしたホワイトゴールドが主流でプラチナはあまり見ません。

プラチナはそもそも溶かす温度も高いし柔らかいので加工が難しかったりします。見た目には同じでも厳密に言えば違ってくるのです。

世界的に見て財産価値となるとゴールドの方が換金性が高いでしょうけど、プラチナの方が本来であれば高いと思うんです。

プラチナで作るもの

プラチナで作ると言えば基本的に指輪なんですけど、宝飾品では時計のバンドであったり、その他の装身具であったりするんですけどこれだけ希少性があるのであれば、やはりiPhoneケースとかを作りたいですよね。

もちろん、技術的には可能なので作りたいと思ってます。

iPhone7のメタルケース

この状態だとプラチナを250から300グラムくらい使うことになりそうなので加工賃も含めて200万円以上はすると思うんですが、バンパーのような外側だけを覆う形にすれば100万円から150万円程度には収まるんじゃないかと考えています。

面白そうな物を作りたい

技術や道具の進歩で今までかなり難しかった物を作る事も可能になってきているので、そういった面白そうな物を作っていきたいと思ってます。こうなると利益度返しでやるしかないんですけど、これが一番楽しい(^^)

俺、絶対金持ちなられへんな・・・(^^;)


色んな石留めで個性が出る

1万円で婚約指輪!

全ては職人さん次第

ダイヤモンドの指輪には当然ながらダイヤモンドが石留めされているんですけど、この石留めって留める職人さんによって微妙に違います。

ダイヤモンドの爪が丸かったり鋭角だったりするんです。それだけで結構印象が違ったりするんですよね。

なかなか面白い

ずっと見ていると、これは誰々、あれは誰々とかあの流れを汲んだ留め方とか分かってきます。もちろん、指定した留め方も出来ますがそうじゃない場合は個性があって面白いんです(^^)

石留めだけでも楽しめます

ボクは基本的にどんなデザインでも良いんですが、留め方はこだわったりしています。量産が前提ならもう少し指定しますけど1つ1つの場合は個性を優先しています。

職人さんも楽しめるように

ずっと同じ物を作っていると飽きがくるかと思って、ある程度個性を楽しめるようにしたりしています。

作る側も楽しめないといけませんから、そういった所も見て下さい(^^)


ゴールデンウィークの過ごし方

ゴールデンウィークの過ごし方

家族で過ごします

連休自体は通常通りですがメールなどの返信には出来る限り行ってます。どこも混んでいるし行く所もないですからね(^^;)

車の運転は好きですが、同乗する家族が移動中暇なようです。。。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで過ごします

実は昨日行ってきたんですが、やっぱり混んでいました。ミニオンエリアが新しくオープンしたんですけど定期的にショーがあるようで、物凄い人混みです。

それでもミニオンエリアのアトラクションに乗ったりして楽しめました。

しかし、後の休みは家がベース

基本は家で過ごしますが、映画を借りて家族で見てハラハラドキドキといった楽しみ方をして過ごそうと思ってます。後はお昼ごはんの後に近場のショッピングモールに行ったりして過ごすだけです。

家族一緒だと全部楽しい

休みを普通に家族だけで過ごすという事だけでも楽しく過ごせます。今年もいっぱい遊びに行きますよ(^^)近場ばかりだけど(^^;)


iPhone7のメタルケース

iPhone7のメタルケース

ケースかバンパーか。

前から作ろうと思っていたiPhone7のケース。バンパーを作ろうと思ってたけど、ケースを使って上手く作る事が出来ればなぁと思いながら随分と時間が経ってしまいました。。。

そんな中iPhone7ケースの3dデータを発見。試しに見積もりを出してみようと思ったのです。

ひとまずシルバーで

ひとまずシルバーで計算を出してもらいました。3dプリンターでやったら形になるまで20時間!くらいかかるという事が判明。。。

重さも100グラムを超え、値段もかなりのものに・・・作ろうと思ったら作れるもののちょっとなぁと考えてしまいました。

まぁ想像通り

実はある程度の重量や価格は想定通りだったので、必要なさそうな部分は削ってどれくらいになるかが本当に知りたい事だったんですね。

そんな訳で、背面の平らな部分を切り取って見た目はパンパーのようなデザインにするとどうなのか。という事でやってもらいました。

それでも結局大幅には値段は下がらず、まぁまぁといったところ。

しかし希望が出来た

とうのは、全体的な重量が下がった事もあってシルバー以外のゴールドやプラチナで作った場合の重量がかなり下がったので、かなり高額なのは間違いないとしても買う人が一人くらいはいるんじゃないか?ってところまで目処がついたって事でした。

プラチナにしてもゴールドにしても100万円は超えますけど、それは仕方ない。そんなゴージャスなケースを買う人が数人いたって良いじゃないかって思います。赤字にならない程度なら面白いからひとまず作ってしまいたいです(^^)

お金に余裕があったら1つ作りたいです。そんな事言ってる間にiPhone8が発表されそうだ・・・