ダイヤモンドに4Cはあるけど、カラーストーンはどうなんだ?

ダイヤモンドに4Cはあるけど、カラーストーンはどうなんだ?

ダイヤモンドは4Cがあります

指輪を購入する時って品質はとても気になりますよね。同じような価格でも品質を吟味しながら選びます。結婚指輪にしてもメレダイヤモンドの品質を聞いたりしますよね。しかし・・・

正直に言おう、結婚指輪に入っている小さなメレダイヤの品質なんてあてにならない。

お店で聞いたりすると「綺麗なダイヤモンドが入っていますよ。」なんて言うけど、ルーペで見ないとハッキリ分かりませんよ。ボクのようなプロでも分かりにくいです。
こういった物はルーペで色んな品質のダイヤモンドを見まくった経験がないと見分けがつかないんです。

その点、婚約指輪に使われるダイヤモンドは4Cを目安に選べるので比較的安心出来ますよね。そうではない場合もありますが、それはまた別の機会に。

ではカラーストーンは?

ダイヤモンドと違い、エメラルド・ルビー・サファイアなどの貴石やその他のカラーストーン(半貴石と呼ばれます)は、もちろん価格によって品質は変りますが良い色なのか悪い色なのか品質はどうなのかって凄い曖昧です。たまにお店の評価で「ABC」に分けたりしているところがありますが、誰がどうやって分けているのか個人的に疑問です。多少は大人の事情があるんじゃないかと思ってます(^^;)

ボクは卸業で働いていた時にはかなりの宝石を見ました。もちろんルーペで。その中でカラーストーンの品質を見分ける時は石屋さん(宝石の石だけを売る人)が来た時に、良い色から見ていきました。石屋さんもエメラルド専門であったりルビー・サファイア専門であったりいたので、本当に品質の良い石、色の良い石の事を知っています。だから、石屋さんから買う時も高い石から色々見せてもらって勉強させてもらいました。

その中でも、一番の頼りは自分の目です。良い色の中でも自分の一番好きな色目というのがあって、それを選んでから品質をルーペで見ていました。最終的には品質より色の好みで決まるんですけど、必ず石を自分の手の甲や指と指の間に乗せて見るようにしていました。

なぜかというと、指輪に加工すると指の上で宝石を見る事になります。だから、その上での見え方が指輪での見え方になります。それが一番良さそうな石を選びます。

恐らく大多数の方はオーダーメイドでもない限り宝石を石だけの状態で見る事は少ないでしょう。だから選ぶ時は指輪であれネックレスであれ必ず指に付けたり、身に着けたりして選ぶようにしてください。その方が色目は元より一番自分にあった物が選べるはずです。

必ず信頼出来るところで

カラーストーンはダイヤモンドと同じくらい高額な物もありますし、それ以上の場合もあります。だから、色々な知識を持っている信頼出来るところで買うようにして欲しいです。

ボクもエメラルド・ルビー・サファイア、そしてアレキサンドライトの婚約指輪のオーダーを受け付けていますが、ダイヤモンド以上に緊張して選んでます。
色目の好みというのは人それぞれですし、写真は加工が簡単に出来てしまうし、見ているパソコンやスマホで見え方は違うんです。ネットで見たらメチャメチャ綺麗なのに実際に届いたら・・・・・という事はよく聞きます。

そんな訳で、よっぽど信頼して任せてくれるお客さん以外は、実際に選んだ宝石を写真に撮って無加工でお客さんに見てもらってます。結局お客さんはプロに任すしかない訳ですが、任されると嬉しい半面、責任感がハンパない訳です。

ダイヤモンドと違い、カラーストーンは気を使いますね(^^;)

一目惚れは仕方ない

今までのお客さんには満足してもらっているので嬉しいですが、全く気を抜けません。もし、うちじゃなくても他で購入する方も絶対に信頼出来るところでの購入をオススメします。

しかし、一目惚れで購入した商品に関してはそれが運命なので、品質や色など気にせず購入すべきです(^^)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

浪速で働く宝石屋にお問い合わせはこちらよりどうぞ

浪速で働く宝石屋にお問い合わせはこちらより