指輪の内側にある「Pt900」とか「K18」とかの刻印は信用できるの?

プラチナのジュエリーにもメッキはしているのか?

以前からお問い合わせがありました

これね、ボクも業界に入った時から思っていました。どこまで信用できるんやと。まぁ、ボクの家は宝石職人の家なので地金はもちろん使うのですが、当然ながら本物と思って見ていました。

でも、知らない人からすれば刻印変えて誤魔化してないか?って思われるかも知れませんよね。そう思って聞いてみた事があります。この刻印はどこまで信用できるん?と。

海外のお土産で買ってきたゴールド製品で、しばらく使っていたら何故だかシルバーみたいな地金になってきたとかよくありましたからね。

そうすると、色々と説明をしてくれました。結論から言えば、

  • うちは地金屋さんから地金を購入して物を作っている。
  • プラチナ製品とK18製品は全く別の日に作ってる
  • 下取りした地金は業者さんに出してプラチナとK18に分けて戻ってくる
  • これが本業やのに誤魔化しても損するだけ。次仕事なくなるやん

って事でした。まぁ4番めが本音。誤魔化して得する事ない。確かにそうやわ。

刻印は必ず入れます

また、リングの部分の「Pt900」や「K18」などの刻印は貴金属ジュエリーには必ず入れないといけない刻印です。それは職人さん個人個人で刻印を持っていて作る度に入れてます。それはシルバーでも同じです。これがないと製品として販売できないですし、何を信用すれば良いのか分かりません。

ウソはバレる

信用度というのは日本で製作する場合、ウソをついても「比重液」という液体に浸ければバレてしまいますし、業界の信用を失い仕事もなくなりますので、リスクが高すぎます。

この刻印というのは国から指定されたという訳ではないのであくまで信用出来るか出来ないかというだけのものですが、基本的に地金屋さんからプラチナやゴールドを購入するので、日本の場合はかなり間違いありません。

例外は海外で購入したK18などですね。シルバーに金メッキをして18金などで販売している所がかなりあります。プロの場合持った時の重さで分かりますが、一般の方では騙されて購入する人も多いですよ。

国からのお墨付きがあるという訳ではないですけど、日本で仕事をして業者間販売をしたり、消費者に販売する時にウソをついても何一つ良い事ないって事が一番の証明かもしれませんよね(^^)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

浪速で働く宝石屋にお問い合わせはこちらよりどうぞ

浪速で働く宝石屋にお問い合わせはこちらより