1カラットの指輪の裏話

1カラットの指輪の裏話

大きくて高い1カラット

1カラットのダイヤモンド。大きくて高い。確かにそうなんです。でも、やはりダイヤモンドは奥が深くてピンからキリまでです。

カラットと言うと大きさをイメージしますが、実際は重さなんです。そして、1カラットは0.2グラムです。凄く軽いんです。

今は「キャラ量り」というダイヤモンドの体重計のような物があるんですが、全てデジタルで凄く精密なんです。風が吹くだけで重さが変わってしまうのです。

だから、頑丈な床の上で静かな所に設置したりしています。
今ではそうなんです。

では、昔の量り方は?

昔はそんな精密なデジタル量りはなかったので、天秤のような物で量っていました。ダイヤモンドを片方に乗せて反対側に分銅を乗せてダイヤモンドの重さを量るのです。

当然、静かな場所で量る事は量るのですが今のように精密ではありません。

昔の1カラットは1カラットではない?

これを書くと業界人として失格かも知れない裏話を書きますが、ボクが仕事を始めた20年前はデジタル量りなので恐らく違うと思いますが、それ以前の天秤量りの場合はもしかしたら1カラット以上かも知れませんが、1カラットに足りないかも知れません。

というのは、長年使うと分銅が錆びていたりすると実際より重くなってしまったりするのです。本来は手で触るのは禁止ですが触ってしまった場合なども含まれますね。普通は付属のピンセットなどを使ったりします。

その事は当然知っていた

恐らくそういった事は分かっていたと思うので、昔のジュエリーの刻印は「1ct」と、それ以上は細かくは書かなかったのだと思います。

今の時代はそういった表記はなく「1.XXX」といった刻印がほとんどだと思います。鑑定機関でもしっかりと量っていますし実際にダイヤモンド量りでは嘘つけませんからね。

昔はそういった事情もあって仕方ない部分もありますし、その為にそういった表記もしていたのだと思いますし、昔の人の思いやりという感じですかね(^^)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

浪速で働く宝石屋にお問い合わせはこちらよりどうぞ

浪速で働く宝石屋にお問い合わせはこちらより