「 2017年12月 」一覧

宝石やパワーストーンとかには詳しくないんですが。。。

宝石やパワーストーンとかには詳しくないんですが。。。

宝石の基礎知識はありますが・・・

実はタイトルの通り、宝石やパワーストーンとかには詳しくないんです。。。

宝石の基礎知識は一通り頭に入ってますよ。でも、それ以上詳しい事はそんなに知りませんし、いわゆる「宝石マニア」の方が遥かに詳しいですよ。

それに加えてパワーストーンなんて全然知りません。。。

実地に強いんです

それでも、仕事で宝石を使う時にどう扱えば良いか、どんな品質が良いのかなどなど、実地で使用する時に知識は満載です。

それと、製作に関する事ですね。宝石職人の息子ですから自然と知識は身につきましたし、職人さんの腕の見分け方など普通の人には分からない事は多いんです。

マニアの方が詳しいけど・・・

だから、宝石やパワーストーンの知識はマニアには負けますが、他の事なら誰にも負けません(^^)まだまだ勉強していきます(^^)


ダイヤモンドの「照り」って?

ダイヤモンドの「照り」って?

ダイヤモンドの「照り」って?

ダイヤモンドは凄く輝いています。よく輝く事を「照り」と言いますが、「照り」ってなんでしょうね。

ちなみにこのダイヤモンドグレードはI1でカットはグッドです。しかし、それ以上の輝きがあります。こういった石を仕入れるには場数を踏むしかありません。

ダイヤモンドはグレードに惑わされると絶対に失敗します。特に「照り」という輝きというか「艶」はグレードに関係ないんですよね。

グレードに惑わされない

お店で購入する時はグレードが重視されますが、プロである業者さんなどは決してそれだけで判断せず、実際に肉眼で見て次にルーペを使ってダイヤモンドの傷やカーボンを見て、最終的に照りがあるのかという事を見て仕入れをします。

カラーよりもクラリティで示される傷の場所や大きさも重要なのでそういった事も考えながら仕入れをします。

そうした事を重視していくと、最終的にグレードよりも照りがある方が売れるのです。

どんな宝石でも照りが大事です

これはダイヤモンドに限らずカラーストーンについても同じなのです。結局グレードに惑わされず実際の見た目で判断する事が重要なのです。

ダイヤモンドに限らず宝石の奥が深いと言われるのはこういった理由があるのですよ(^^)

艶のある宝石は太陽光で良く光りますよ

ボクが選ぶのは基本「照り」やカット重視ですが、ダイヤモンド屋さんもボクの好みを分かっていてそういったダイヤを勧めてくれます。信頼しているんで変な石は持ってきませんけどね。

他の宝石でも同じです。ルーペだけに頼らずに肉眼で色々な角度から見て決めます。いっぱいの石を見ない事には照りって事が分かりませんけど、照りがある石はだいたい他の石とは違うのでだんだんと分かってくると思います。

プロとして良い石を見ないといけないし、それが信用に繋がるので手を抜く訳にはいきませんね(^^)


宝石屋は信頼が一番です

宝石屋は信頼が一番

問い合せが増えてます

ブリリアントジュエリーでは以前からずっと1カラットの指輪を用意しているんですが、去年くらいから急に問い合わせやご購入が増え始めてどうしたのかと思いました。同じような問合せは楽天市場店でもヤフーショッピング店でも増えてきています。

アクセス解析を見ても大して変わらなかったので、何度も何度もページを見て検討して最終的に購入してくれたんじゃないかと想像した訳です。

どこで買うのも宝石は恐い

うちのように店舗のないネットショップで実物は写真だけでは購入するのはとても恐いと思うんですよね。まして宝石屋とは言え大手企業とかではなく普通一般の一市民ですからね。

だから、ボクのネットショップを信頼してもらえるように知っている知識はどんどん出して安心してもらえるようにしているつもりですし、お届けした指輪は一生かけてお世話したいと思っています。

目指すは路面店以上の対応

実際に1年に1回新品仕上げやメンテナンスの依頼がありますし、出来るだけ町の路面店のような対応をしています。

納品の時にはドキドキ緊張するし、メンテナンスでこちらに届いた時は全部ルーペで見たりして不具合がないか、爪が薄くなっていないかなど必ずチェックして不具合があれば治しますから。

高価なものだけではなく、価格に関係なく同じ対応をしています。それがボクの責任だと思ってます。

信頼を得られるのは凄く大変ですけど、信頼が1番

正直言って誰も彼もが最高の満足を得ているのかどうかは分かりません。でも、誰もが最高に喜んで貰えるような対応と商品。それを目指しています。

信頼を得るのは本当に大変です。何通も何通もメールをして信用してもらって、先払いでお金を預かって製作に1か月かかって、やっとお届けです。その商品で喜んでもらえて初めて信用してもらうんです。本当に長い道のりなんですよね。。。

でも、それがボクの仕事なんです。やるしかないと思いますし出来る努力を常に続けていきますよ(^^)


ピンクダイヤモンドってどれが一番良い色なのか?

ピンクダイヤモンドってどれが一番良い色なのか?

ピンクダイヤモンドってどれが一番良い色なのか?

ピンクダイヤモンドってどれが一番良い色なのか?

たまに依頼があって使うピンクダイヤを使います

ピンクダイヤにも色のグレードがあり、これは最高グレードの1つ、ヴィヴィッドピンクなんです。
それも単純にヴィヴィッドではピンク色より赤っぽく見えるのでファンシーが付き、その上ピンク色に近いパープリッシュが付くというピンクダイヤ。

「ファンシーヴィヴィッドパープリッシュピンク」

というグレード。まぁ、こうなっては何が何か分からないと思うので、見た目で1番ピンク色に見えるピンクダイヤと覚えておけば大丈夫。
色々なピンクダイヤを見てきましたけど実際の見た目で一番ピンク色に見えると思います。ファンシーピンクがピンクなんですけど、プラチナの地金に入れたりすると少し薄くなるんですよね。

超高額です!

長さ4ミリ、横幅2ミリ程度と相当小さいけど、信じられないほど高額なんですよ。

デパートの売り場に登場すると200万円以上はしますね。ピンクダイヤはオーストラリアのアーガイルで採掘されるんですけど、買ってきたピンクダイヤの中から「レッドダイヤモンド」が出る場合があって、その時は石屋さんがメチャクチャ喜んでました。レッドダイヤモンドになると価格が一桁違ってくるので凄く儲かるんですよ(^^)まぁ、レッドダイヤモンドについてはまた別の機会に。

希少石ですよ

価値が分かる人じゃないと買わないし、希少価値そのものの宝石です。

ちなみに隣にある丸いダイヤもピンクダイヤです。これはサイズも小さいし、そんなに高額ではないと言いつつ婚約指輪1本は買えてしまうくらいなんです。

カラーダイヤも奥がもっと深い

無色透明のダイヤモンドも奥が深いんですけど、それよりもっと深いのがピンクダイヤなどのカラーダイヤなんです。未だに分からない事があります。と言うのも見る機会が少ないんです。。。

色々な色のダイヤを見ないといけないし、簡単に価値が分かる物でもないから、扱いには十分注意しないといけません。。。

またいっぱい扱いたいなぁ(^^)


タブレットが4台に!

タブレット4台体制

我が家も遂にタブレット4台体制になりました(^^)我ながら恐ろしい・・・ラインナップはこんな感じですね。

  • 初代iPad(YouTube用)
  • iPad2(YouTube・ゲーム用)
  • Kindle Fire HD10(インターネット・Amazonプライムビデオ等)
  • iPad Air 2(インターネット・YouTube・ゲーム等)

という感じ。実はiPad Air 2はボクが使おうかと思っていたんですけど、子供たちが使っているiPad2は遅く、古くて入らないゲームが出てきた事、そしてメモリが足りなくてネット・ゲーム共に遊んでいる最中に落ちてしまう事が理由です。。

古いタブレットは役目がYouTubeのみになってきたので、この前手に入れたiPad Air 2を子供たちに譲り、ボク個人の持ち物はKindle Fire HD10にしようかと思ってます。
実はボクはゲームをしない代わりにAmazonプライムビデオで映画をよく見ています。仕事中に流したりする事も多いんですね。音楽も良いですが仕事中にチラッチラッと見たりするには最高です。内容はあまり頭に入ってませんが音楽や雰囲気が好きなんです。

インターネットをする時はSafariではなくYahoo!ブラウザというアプリで見ています。タブレットで仕事はしないので不都合もないんです。
それに一番気に入っている所は、Kindle Fire HD10はステレオスピーカーでiPad Airよりもいい音で楽しめます。

タブレット以外に活躍しているのは、

  • iMac(完全に仕事用)
  • Chromebook(サブとしてメールや日記を書く時に使ってます。)

という感じ。パソコンよりタブレットの方が気軽なんですが、ボクにはまだiMacが必要だしタブレットでは仕事が出来ないんですよ・・・(古い親父になってきたと感じる。)。
そんな訳でまだまだ仕事ではキーボードとマウスが必要なのです。来年はiMacの買い替えを考えています。

まぁ、1人1台までもう少しという所だけど、それぞれに役目があるなという事ですよね(^^)


楽天市場に梵字アクセサリー

楽天市場に梵字アクセサリー

梵字屋の商品を

うちは梵字屋という梵字に関する商品を販売しているネットショップを運営してますが、そろそろ楽天市場店でも販売しようかと計画しています。

通常の宝飾品の地金であるプラチナ・ゴールド・ホワイトゴールドに加えてシルバーも出そうと計画中です。と言うのも、ここ数年の地金の高騰で小さく薄い地金でも結構高く感じる価格になってきているんですよね。。。だからという訳でもないですけどシルバーやシルバーに金メッキをしたアクセサリー感覚で身につけれるような物として販売しようかと思ってます。

格好良いアクセサリー

通常の梵字ペンダントや上の写真にあるような梵字のドッグタグ、そして指輪やピアスなど梵字アクセサリーは面白いんです。本当なら新しい商品も作りたいんですけど、それはまた売れ始めれば作ろうかと思ってます。絶対に格好良いですからね。

年明けくらいから少しづつ登録していこうと思ってます。もちろん、品質はジュエリー品質です。ケースやラッピング袋などプレゼント需要も含むのできっと面白くなります。

梵字屋本店にも、ヤフーショッピングにも

梵字屋本店はもちろん、ブリリアントジュエリーヤフーショッピング店にも展開をしていきます。宝石屋として面白いと思う事と、面白い商品を扱っているなぁと思ってもらえるようなネットショップにしていきたいんです。

最高に面白い宝石屋を目指すんですよ(^^)


婚約指輪や結婚指輪などブライダルジュエリーの急ぎの製作について

婚約指輪や結婚指輪などブライダルジュエリーの急ぎの製作について

年末になると必ずある大急ぎ要件

毎年クリスマスと年末になると必ずある出来事でボクが非常に頭を悩ます事があります。それが急ぎの製作。

「納期について」のページで、ブリリアントジュエリーでは急ぎ対応も行っていると書きましたが、補足も書いておきたいと思います。

宝飾品って宝石職人さんが毎日魂を込めて作っているイメージがあるでしょ?確かにそうなんですが、毎日毎日ガチガチに集中して作りまくっているかというと必ずしもそうではなくて、数時間に一度休憩したりしながら作ってます。

人間ですから

それは集中力の持続時間の問題と目の問題があります。普通の人でも集中力が続く時間は限られているので宝石職人さんも同じなんですね。凄まじい集中力がずっと続いている訳はない。人間ですから。

もう1つの目の問題というのは、凄く細かい物を見続けながら仕事をしているので、目の体力も休ませながら作ってます。ボクの父親は数時間に一度目を休める為に休憩していたにも関わらず充血だらけでした。

だから、一気に集中して作っているんですけどそれでも限界があります。だから、ゆっくり確実に商品を作っています。だから製作も一度に1つ作る訳ではなく少しづつ少しづつ作っているんですね。

出来るだけ余裕を持ってください

だから、出来るだけ余裕を持って依頼して頂きたいのです。プロであっても急ぎの場合は間違いもしますし、思わぬ自体に陥る事だってあるんです。それでも急ぎの約束をしている訳ですから遅れる訳にもいかないので、必死な訳です。

そんな訳で出来ればゆっくりと落ち着いて作る環境を整えたいという事があります。だからといって急ぎに対応しないという訳ではないんですよ。

まぁ、「納期について」のページではあんな事を書いていたのにどっちやねん!と思われるとは思いますけど、そんな状況はお客さんにとってもボク達にとっても良くないのでなるべく改善しておきたいなぁと思って書きました(^^)

それでも対応しますよ

しかし、結納やプロポーズの日程をずらす訳にはいかないので、最悪の場合はサイズ直しや刻印変更は後日に対応したりしています。
ボクとしては喜んで貰えば、たとえ大忙しになったとしても嬉しいので気軽にお問い合わせをいただければと思います(^^)


プロポーズ用の指輪とネックレス、あります。

プロポーズ用の指輪とネックレス、あります。

プロポーズ用の指輪とネックレス

ブリリアントジュエリーは婚約指輪や結婚指輪のブライダルジュエリーの販売をメインにしています。楽天市場店で展開を始めたんですが、つい最近ブリリアントジュエリー本店でも販売を開始しました。ついでにヤフーショッピング店でも販売を開始したんです。

実はこのプロポーズ用の指輪ですが楽天市場店では結構売れ始めていてビックリしているくらいです。シルバーを地金に人工ダイヤモンドを使ってます。この日記にも書きましたが売れ筋になってきています。売れるんかなぁと思っていたんですが少しづつ売れているので時代は変わったなぁと実感しています。

時代は変わったと思うもう1つの理由にネックレスも婚約時に贈る物にもなってきています。これは仕事柄指輪に着ける事が出来ないなどの理由があるようです。女性もしっかり働く時代になったという事ですね。

そして、そのプロポーズ用のネックレスというのも販売を始めたら数は少ないものの売れ始めました。インターネットはひとまずやってみるという事がすぐに出来るので面白いです。反応もダイレクトですしやりがいあります。

種類は各5種類

用意した種類は指輪もネックレスも5種類です。3種類は少ないし10種類は多すぎるという事で5種類として、通常でもよく売れている無難でシンプルなデザインという事にしました。

シンプルなデザインの方が誰にでも似合いますし長持ちしますからね。あまり突飛なデザインは拒否されそうですから(^^;)

価格は全部1万円にしています。購入しやすく気軽に使えるという事を考えました。あくまでプロポーズのみで使用するという前提ですからね。

そのプロポーズが成功すると2人で指輪を選ぶというのが最近の指輪選びだそうです。時代は確実に変わってますね(^^;)

本物を購入すれば5%引き!

しかも、指輪もネックレスもこのプロポーズ用を購入後に、本物のジュエリーを購入して頂いたら購入代金の5%を割引するという試みを行ってます。トータルではかなり安くなりますよね。プロポーズ用ジュエリーの元も取れちゃいます。

プロポーズ用の指輪とネックレス、あります。

こんな感じですね。ネックレスも同様です。なかなか好評なんですよね。それくらいお得感出さないとボクなら買わないですから(^^)

少しは面白い事しないと

まぁ、本来であれば本物のダイヤモンドとかを使った物がメインですけど、ずっとやってるとルーティンワークになって面白みに欠ける事があるんですよ。だからこんな試みをして新しい楽しさを作りたいですよ。売れる売れないは分からないけどチャレンジは無料なんでね(^^)

下にそれぞれ一番売れている指輪とネックレスを載せておきます。ちなみに指輪のページはこちらで、ネックレスのページはこちらです。


ホワイトゴールドってプラチナとどう違うの?

ジェットブラックリングその後

全然違うのに同じと思っている人が思った以上に多い

ジュエリーの素材に使われる地金で日本では18金であったりプラチナであったりとありますけど、今日はホワイトゴールドとプラチナの違いに触れないといけません。

実は同じ色の地金としても成り立ちは全然違います。それに比重も違うし価格も違う。といった理由は後でしっかり書くとはいえ、どういう訳だか一緒のような地金だと誤解を招きやすいこの2つの地金に書こうと思います。これを説明してもなかなか理解が難しいけど、ひとまず書いてみましょう。

ホワイトゴールドの基本はゴールド

これだけで既に混乱するんですけど、それを説明するにはゴールドの事について説明しないといけません。通常宝飾品に使われるゴールドってのは18金と呼ばれます。これを「純金」と考えるのは間違ってます。純金というのは「24金」なんです。

日本だと宝飾品に入れる金属の刻印は「K18」なんですけど、海外ではよく「750」って入ってます。これだと説明しやすいんですけど、純金が「1000」とすると、750は純度75%という事。

これに当てはめると、純金は24金です。で、24の75%が18なのです。だから18金と750は同じ金属なんですよね。書いてて訳が分からない感じになってますけど、そうなんです。。。

じゃあ、なぜ純金が24金と呼ばれているかというと、良い説明が「ヤフー知恵袋」にかかれてました。

割愛しますけど、だから18金は純金じゃないんですよ。それをベースにホワイトゴールドを作ってるんです。

ホワイトゴールドは白くないです

純度75%の金という事で75%が純金で残りの25%が違う金属です。これがなかなか理解してもらえない。。。一般的に25%のうち銀が15%と銅が10%とされてます。本当はもう少しすずとかを入れたりするんですけど、だいたいそんな感じです。

そして、ホワイトゴールドを作る為にはこれに「パラジウム」という地金を混ぜます。この地金が少し高い。これを入れると多少白っぽくなるけど実際は全然白くない。

例えば・・・これで分かれば嬉しいですけど、75mlのコーヒーに25mlの牛乳を入れても牛乳のような白いコーヒーにはなりませんよね。出来るのはカフェオレくらいですかね。実際には他の銅なども入る訳で、プラチナのような白い輝きではないんですよねぇ。

これを説明しても説明が下手なのか、全然伝わらないんですよ。。。その地金にメッキをしてプラチナと同じような地金に見せてるんです。

じゃあ、なぜそこまでしてプラチナのような白い地金にしたいのかという事ですけど、海外ではプラチナジュエリーというものはほとんど存在せずホワイトゴールドが主流です。だからゴールドをベースにしてるんです。

プラチナは日本がほとんどなんです。プラチナがどうして持てはやされるというのはあまり分かりませんねけど、重量感のような気がします。

実はプラチナとゴールドでは比重が違って全く同じ大きさであってもプラチナの方がゴールドより1.6倍くらい重いんです。これってかなり違います。プラチナを触った後に全く同じホワイトゴールドの指輪を持ったら、

えっ?!かるっ!!!

って思うと同時に、

安っぽ!

って思うと思います。それくらい重量感が違う。全然違う。以前、プラチナが高騰しすぎて物が売れない時に、ホワイトゴールドに切り替えた事があったんですけど、偽物かと思うくらい軽くてビックリしました。

それにかなり安いんです。地金価格を考えると当時、プラチナよりゴールドの倍くらい高かったんです。プラチナが5千円で18金が2千5百円としましょうか。全く同じ指輪でプラチナで16グラムの指輪でも、ゴールドとなると比重の違いで10グラムの指輪になるんですね。

これを地金価格で換算すると「プラチナ:8万円」で「18金:2万5千円」という地金価格だけで歴然の差となります。数字にすると恐ろしく違うな。。。

おまけにプラチナと比べて重量感も違うとなるとお客さんは安く感じるけど、実際にも安っぽく感じるんです。だから、全然売れなかった。。。

そんな訳で見た目が全く同じプラチナとホワイトゴールドでもビックリするくらい別物になっちゃうんですよね。だから、ボクは全然使いたくない地金です。プラチナが絶対にいい理由は他にもあります。

プラチナは低刺激なので、金属アレルギーの発生率が少なかったり、ホワイトゴールドは元々白い地金じゃないのでメッキをしても剥がれてくると、元々の地金である金色っぽくなってしまうんです。

これのクレームが恐かったです。一度お店まで呼び出されてユーザーさんに怒られた事があります。「ティファニーとかのブランドでもそんな事あんのか!」ってね。「そうなんです。金色っぽくなります。」と、落ち着いた頃に説明してビックリされた事があります。プラチナと同じ地金色で値段が半分以下となれば魅力的に感じる人も多い事は多いんですが、そのメリットとデメリットをしっかり説明している店員さんはいなかったと思います。

そんな事言うとプラチナは高くて買えないし、お客さんは買わなくなるし、お店のスタッフは売上を考えている上司に怒られると思います。それにそんな事をしっている宝飾品のスタッフはいなかったんじゃないかと思うくらいです。デパートや百貨店のスタッフでも一部じゃないかな。

日本人にはプラチナが良いと思います

日本人の肌は比較的デリケートなので金属アレルギーを考えたらホワイトゴールドよりはプラチナが良いと思います。まぁ、シルバーアクセサリーの件もありますけど、それはまた別に機会に書きましょう。

こんな感じでプラチナとホワイトゴールドは全然違うものですし、18金がベースになっているって事ですね。金属アレルギーの事も考えながらじっくりとジュエリーを選ぶのも良いと思いますよ(^^)

ボクが見ても良いなぁと思う他のお店の事も今度書いたりしようと思いますよ(^^)


今年の年末はバタバタ。

浪速で働く宝石屋

思った以上に忙しい

あまり日記が書けませんでした。。。といっても、貧乏ヒマなしといった具合でただ忙しいだけです。もう少し儲かれば良いのにと思う毎日です。

本当はもう少し落ち着いて仕事がしたいんですけど、年末になってくると急ぎの納期の商品があるので、それの段取りなどでバタつくのです。休みの日も仕事をすりゃ良いんですけど、職人さんたちは休みなので何ともねぇ。。。

もちろん、問合せの対応などは問題なくやっているので、いつでもお問い合わせ待っています(^^)

それではまた早めに更新します(^^)


雑誌(モノ・マガジン)に載りました。

雑誌(モノ・マガジン)に載りました。

久しぶりの雑誌

実は久しぶりに雑誌に載りました。「モノ・マガジン」って知っていますか?男性には結構有名だと思うんですけど、知らない方はAmazonのリンクを載せておきます。

これです。そのモノ・マガジンの1つのコーナーに登場しました。載ったのは「枝付きモデル」です。

枝付きモデルを選ぶなんて

ビックリしたのが枝付きモデルを選んだ事。確かに面白いけど(^^)

枝付きモデルは同じ年代にとっても興味をそそるモデルなんですけど、売れ方という見方ではそんな売れるモデルではないんです。。。まぁ、それはそうだと思います。使い方が分からないから(^^;)

面白い体験でした

実は雑誌に載ったのは4度目なんです。それぞれ面白い体験でした。今回はメールだけだったんで本当に載るのか考えましたけどちゃんと載っていましたね(^^)

とにかく、これからも色々と雑誌に載ったりネットで紹介されたりして広がっていけば良いなぁと思います(^^)