ダイヤモンドの「照り」って?

ダイヤモンドの「照り」って?

ダイヤモンドの「照り」って?

ダイヤモンドは凄く輝いています。よく輝く事を「照り」と言いますが、「照り」ってなんでしょうね。

ちなみにこのダイヤモンドグレードはI1でカットはグッドです。しかし、それ以上の輝きがあります。こういった石を仕入れるには場数を踏むしかありません。

ダイヤモンドはグレードに惑わされると絶対に失敗します。特に「照り」という輝きというか「艶」はグレードに関係ないんですよね。

グレードに惑わされない

お店で購入する時はグレードが重視されますが、プロである業者さんなどは決してそれだけで判断せず、実際に肉眼で見て次にルーペを使ってダイヤモンドの傷やカーボンを見て、最終的に照りがあるのかという事を見て仕入れをします。

カラーよりもクラリティで示される傷の場所や大きさも重要なのでそういった事も考えながら仕入れをします。

そうした事を重視していくと、最終的にグレードよりも照りがある方が売れるのです。

どんな宝石でも照りが大事です

これはダイヤモンドに限らずカラーストーンについても同じなのです。結局グレードに惑わされず実際の見た目で判断する事が重要なのです。

ダイヤモンドに限らず宝石の奥が深いと言われるのはこういった理由があるのですよ(^^)

艶のある宝石は太陽光で良く光りますよ

ボクが選ぶのは基本「照り」やカット重視ですが、ダイヤモンド屋さんもボクの好みを分かっていてそういったダイヤを勧めてくれます。信頼しているんで変な石は持ってきませんけどね。

他の宝石でも同じです。ルーペだけに頼らずに肉眼で色々な角度から見て決めます。いっぱいの石を見ない事には照りって事が分かりませんけど、照りがある石はだいたい他の石とは違うのでだんだんと分かってくると思います。

プロとして良い石を見ないといけないし、それが信用に繋がるので手を抜く訳にはいきませんね(^^)