0.3カラットで最高のグレードを選ぶなら、0.5カラットでそこそこのグレードを買えますよ。

0.3カラットで最高のグレードを選ぶなら、0.5カラットでそこそこのグレードを買えますよ。

ダイヤモンドのグレードに惑わされないように

ネットショップのラインナップで0.3カラットと0.5カラットの価格を同時に見てどちらかを選んで購入する事が出来るのだけど、落ち着いて見ると0.3カラットより0.5カラットで購入出来る場合もあります。

品質の問題もあるけど、大きくて安く買えるのは意外な盲点かも。だいたいイメージで大きいダイヤモンドの方が高いと思われますからね。
普通に使っていれば0.5カラットの方が輝きがあるので、お得感は思った以上にあると思いますよ(^^)

直径が大きいと輝きも倍増します

ダイヤモンドの場合、0.3カラットだと約4.5ミリで0.5カラットだと5ミリちょっとです。この場合、単純に同じグレードだけで比べると0.3カラットの方が綺麗です。そりゃそうですよね。

でも、大きさが違うので輝きがちょっと違います。単純に比べると0.3カラットが輝いているんですけど、実は0.5カラットもひけを取らない輝きなんですよね。

直径が大きいとグレードが低くても輝くんです。凄く輝くのかと言われると困りますけど「結構輝いてる」とは言えますよね。

個人的には0.5カラット

元々がグレード主義ではないので大きくてそこそこの方が良いんですよね。ボクは使い終わったあとには綺麗に磨きますし、メンテナンスもバッチリです。磨き布で磨いた後の「キラリ」と光るダイヤモンドのテーブルを見るのが好きなんです。だから大きめの方が良いなぁと思ってます。

ちょっと枠代が高くつきますけど、地金が多い分しっかりと作るので安心です。最近、多くのネットショップで見るんですけど安い物は枠代をケチっててすぐに壊れそうです。あれは、大丈夫なんでしょうか。

ダイヤモンドにこだわりがないなら、グレードにこだわらない方が良いですよ

いつも言う事ですけど、こだわりがないならグレードにこだわらずに、少し大きめのダイヤモンドを使うのも良い方法の1つです。

大きい分少しだけ幸せな気分になるかも知れません。選択肢が広がると言う感じですね(^^)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

浪速で働く宝石屋にお問い合わせはこちらよりどうぞ

浪速で働く宝石屋にお問い合わせはこちらより