師匠と呼べる人がいるなら

ダイヤモンドのグレードはあまりアテにならない。

生まれた時から宝石や貴金属(ほとんどはプラチナと18金の地金)に囲まれて、20歳になってからは宝石卸の会社で修行を積んだりしたけど、ここ10数年は1人で仕事をしてきた。

仕事に行き詰まる事は当然ある。何をやっても上手くいかない事もあるし、資金がショートしそうな時は何度もある。不思議な事に悪い事は何故か重なるのだ。もちろん良い事も重なる時がある。

そんな時に考えるのは卸業の時の社長の言葉。

「物が売れない時にする事は、

・売り物を変える
・売り方を変える
・売り先を変える

この3つしかないんだぞ。」

と事あるごとに言っていた。ボクには見せなかったが恐らく社長も、そういった局面がいっぱいあったのだと思う。

その言葉をずっと考えながら仕事をやっている。ボクは商売人の家に生まれて周りや親戚も商売人ばっかりだったけど、師匠と呼べる人がいるならその時の社長だと思う。

なかなか四苦八苦ばかりで芽が出ないボクをどう思っているのか考える時もあるけど、商売は面白い。PDCAなんて上手な言葉では言えないような事の繰り返しで今までやってきたので、また頑張ってみよう(^^)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする