「 2018年08月 」一覧

宝石業界で仕事をしていて分かったウラ側

卸し売り

宝石業界に入って20年以上経つと色々な事が分かってくる。簡単に挙げるだけでもこんな感じ。

  • 実はみんなフラフラ
  • 高齢化が進んでいて自転車操業
  • やはり胡散臭い

そうは言っても高齢者はバブル以前も以後も儲かったので良い宝石を持っている。国宝級やなと思うくらい良い物を持っている。

でも、今となれば価値は同じとしても誰もがそういった良い物を求めないのだ。もし欲しい人がいても今の価格だと赤字なので無理して売る必要もないというのが本音。

そして、その結果、仲間内での商売でお互いに売り買いしながらお金を回しているだけの状態なのだ。そうでもしないと食い扶持がなくなるからと思う。

最後はやはり胡散臭さが取れない。ボクもそうだけど、宝石屋と言うのは凄い儲かると思われてる。確かに凄い額の製作は単価の低い注文よりは利益が大きい。

それは単純に額だけであって、利益率は同じなのだ。高いからと言って大きな利益を取っている訳ではないんです。なんだか言い訳っぽくなってしまった(笑)

こう言った事を話せば話すほど胡散臭く感じてしまうけど、自分で話していても胡散臭い。

正直に言ってしまえば、単価の高い商品の依頼は嬉しいけど、その為のプレッシャーはとんでもない。知識と技術とそれに耐える精神力が必要なのだ。

時間もかかるし出来上がるまでは実物を見る事は出来ないのだから。

でも、この仕事の救いは喜んでもらい感謝される事。その時は儲かった!と思うよりホッとするだけ。作っている最中はやめたいと思う事もあるし、プレッシャーに負けそうになる事もある。

まぁ、この仕事を長い事していて、それがこの仕事なのだと思うようにしている。淡々と仕事をするしかなくて、それはどの仕事でも同じなのだ。

ここまで読んでいても胡散臭いと思われるだろうなぁと半分笑ってしまう(^^)


新型メルセデスベンツAクラス

新型メルセデスベンツAクラス

ベンツAクラス。今度はこんなデザインになるそうです。今となれば普通です。
初代Aクラスは革新性に満ちていて、デザインこそ日本の軽自動車みたいでしたけど、中身は未来を見据えた意欲的なものだったんですよね。
あるテストで見事に横に倒れてしまって迷走してしまいました。

まぁ、実際のパッケージはやたらと狭くて、デカいドイツ人はちゃんと座れるのかって思ってしまいました。

そんな訳で2代目からはある程度普通のハッチバックなデザインに戻ってしまいました。意欲的なのは相変わらずで格好良かったです。
売れたのかどうなのかと考えると売れたみたいです。ベンツ的にはオーケーだったのでしょう。ライバルのBMWも同じようなデザインで登場しましたし。BMWははるかに格好悪かったけど。。。

そう考えるとある程度デザインをキープしながら新型にチェンジ。セダンも用意されているので売れるでしょうね。
もうすこし攻めたデザインだと嬉しいですけど、先代が売れただけに乗り換え需要を考えると狭まくる訳にはいけませんよね。

分かります。

まぁ、新型Aクラスは格好良いですしセダンは格好良い。日本で格好良いセダンとなるとマツダくらいしか思い浮かびませんし、世界で格好良いセダンが増えれば嬉しいですね。
という訳で今度のAクラスも期待しながら待ちたいです(^^)


ボクが見た凄いブランドジュエリー凄さ。

ボクが見た凄いブランドジュエリーはこれ。

ずっと仕事をしていていつも思うのは「ブランドジュエリーってやっぱり凄いなぁ」って事ですね。自分も凄い指輪を作っているという自負はあるんですけど、比べるとやっぱり違う。

価格は別ですけど、あんな品質で量産できる事自体が脅威なんですよね。うちは最近オーダーメイドが主体なので、比べる事が間違っていると思うんですけど、石、枠、仕事の品質がどれも飛び抜けてるんです。ひと目で分かる訳ではないんですけどかなり高次元でバランスが取れてます。

うちもあれくらいを目指したいなぁと思いながらやってます。ただ、良い仕事は高いんです。当たり前ですけどね(^^)

石の品質にしたってかなり綺麗。まぁ、ダイヤモンドの場合はグレードで価格や品質が決まるとしても切り捨てるグレードの品質自体が高いので、常に高次元。
恐らくグレードだけではなくて、実際に目で見て選んでると思います。かなり厳しい検品だと思うなぁ。

そして、枠や仕事に関しても量産するとある程度の歩留まりの悪さは仕方ないと思うんですけど、職人さんも手慣れているのか思いっきり綺麗な仕事をしてます。詰めの形や角度、そして強さなどですね。どの留めかたにしても一定です。うちも多分負けてないけどあんなに大量くるとこっちも検品するのが大変。商品管理って簡単そうで難しいんですよね。

ボクなんて月に10点くらいきただけでフラフラ(笑)

にしてもあれだけの物量をあれだけの品質で管理出来ているなんてブランドには程遠いと感じている訳です。。。

ただ、うちもブランドに負けていないと思うのは注文が少ない分、細かいカスタマイズやコミュニケーションを欠かさずに物を作っている事。
ブランドでもそれは可能かと思うんですけど、電話やメールで話したりして結構細かい事もやってます。どれだけ満足度を重視するかって事だけですよ。

どちらも良い買い物をするって目的は同じだと思うんですけど、その過程が全然違う。これは見習わないといけないなぁといつも思ってます。

どちらにしてもまだまだブランドジュエリーにはほど遠いと感じるけど、目指す事が出来るのが誇りなのだと思ってます(^^)


ホンダ・CR-V(2018)

ホンダ・CR-V(2018)

ブルドックフェイス

初代CR-Vが登場した時はデザインもシンプルでクリーンだったので物凄く欲しかった事を覚えている。今でも良いデザインだと思う。

で、今年再デビューらしい。という事は知らないうちに販売を終了していたらしい。記事を見ると2016年に日本での販売を終了していたみたい。アメリカではレクサスのライバルとなって大きく豪華になっていたけど、日本ではそう受け取る事は出来なかったと思う。

この新型CR-Vは最近のホンダデザインであり、このデザインはあまり良くもなく悪くもないと思うけど、個人的にはなんだかブルドックフェイスやなぁと思って見てます(^^)
エンジンは1500ccのターボエンジンで通常走る分には問題ないけど、ホンダらしさを求めると物足りない。しかし、ボクは問題ないと思うな。

日本で売れるか?

あとはこの記事を見てもらえばと思うけど、日本では売れるのかどうかという事だけどあまり売れないけど一定のお客さんはいると思う。

ライバルとしてはトヨタではRAV4があり、日産はエクストレイル、マツダはCX-8があったりとかなり強力。しかも同じホンダにはヴェゼルもあるし相当苦戦すると思う。あとは価格だけどどれくらいなのか。

先代は250万円から300万円だったので、デザインや内容を見る限り200万円前半じゃないと厳しいかな。

厳しいけど敢えてCR-Vを選ぶ理由を見つけ出すのが難しいし、なぜ日本で発売するのかなぁと思ったりする。

個人的にはあまり選ばないと思う

このクラスで欲しいと思う車種で考えればCX-8くらいになるけど、もうそんな大きいのは必要ないからCX-3くらいがベストと考えてしまうなぁ。デザイン重視なので(^^)


あまりにも車のタイヤのヘリが早いのでタイヤを交換した!

あまりにも車のタイヤのヘリが早いのでタイヤを交換した!

前輪のタイヤの減りが半端なかった!

去年の5月にタイヤを交換したのです。その時は安いタイヤで試してみようと思って交換したんです。ちょうどお金なかったので。。。

それから1年数ヶ月。パッと見たら物凄くツルツル!こんなに早くすり減るのかとかなりビックリしました。安すぎるタイヤは良くないですね。

という訳で用事も兼ねてオートバックスへ。以前は韓国のクムホというタイヤがあったけど今回はどうしようかなぁと店員さんに相談してみました。
車の乗り方によって前輪の減り方が早いのでRV用のタイヤはどうかという提案。それか以前のクムホもあり。

店員さんもビックリな減り方

そんな話をしながら実際にタイヤを見てもらうと、これほどすり減るのであれば前輪だけでクムホの安いタイヤですり減ったらこまめに交換を繰り返した方が良い。という結論だったので、即交換をお願いしたのです。

お盆でお客さんがかなり来るので、今なら待ち時間は1時間半ほどと言われたから待つようにしたら30分程で交換が完了。その時にタイヤの空気圧を標準より高めにすると良いとか他にもアドバイスをもらいました。

新しいタイヤの乗り心地は快適

帰りの車の中で新しいタイヤはどうかと思いながら走ったけど、新しくて空気圧も高めだと何かと軽やかだったので、ニンマリしながら帰宅しました(^^)

お盆休みはあまり出かけないけど、長距離ドライブもこれで安心。お値段はタイヤ2本工賃込みで約1万5千円。国産の良いタイヤだと1本分だからかなりお得。
騒音は良いタイヤに比べれば大きいけど、古いタイヤよりだいぶ小さいしグリップや制動力も新しい方が良いのであまり気にしない事にしてます。

長期休暇でお出かけする人も車の点検お忘れなく(^^)


毎日暑いです。。。

結納ケース

7月から暑い日が連発でもう参ってますけどいつまで続くんでしょうねぇ。

と思ったら豪雨だったりよく分からない日々が続いています。一体どうなるのかと思ってますが、仕事は続けているのです。

つい先日まで楽天市場店の作業に追われていましたが、今はヤフーショッピング店に取り掛かっています。

実はヤフーショッピングは楽天市場に比べて売れる訳ではないのでどうしても遅れ気味ですが、ちゃんと取り組む予定なのです。

本店に関してはもう少し考えながら取り組もうかと思ってますよ(^^)

全然関係ないですが、写真は最近希望が少なくなっている結納ケースです(^^)