「 2018年12月 」一覧

新型のデザインの婚約指輪が出来ました。

新型の婚約指輪が出来ました。

これメチャクチャ格好良い。少し太くてシャープなアームデザインとティファニーセッティングの6本爪といったデザインです。

今までの定番のリングとデザインの素晴らしさは双璧を成すな(^^)

婚約指輪といえばこのデザインと言われるほど有名なティファニーセッティングの指輪です。6本爪と言えばティファニーセッティングであり、婚約指輪として初めにイメージするのがこのティファニーセッティングです。…

値付けは別として久しぶりにシンプルデザインの凄さを見せつけられたなぁ。商品アップが楽しみな指輪(^^)


新しい指輪を製作中なんです。

新しい指輪を製作中なんです。

来年に向けて新しい指輪を作ってます。来年の予定は10本くらいと考えていますが開発費と相談です(^^;)

ひとまず写真の5本の指輪。これは先日のように作り間違えた訳ではありません(^^;)
全て0.3カラットのダイヤモンド用の指輪の枠で、今からこれを元に0.1カラットのダイヤモンドを留める枠にデザインし直します。

0.1カラットは3ミリ程度の大きさのダイヤモンドで正直大きくありません。で、これを5万円で販売するように作るんです。
ブリリアントジュエリー本店を含め、10万円の婚約指輪を作ってますが、5万円の婚約指輪を作ろうという訳です。

  • 1万円のシルバーの婚約指輪
  • 3万円のシルバーの婚約指輪・結婚指輪のブライダルセット

そこにこのプラチナの5万円の婚約指輪を当てるんです。

上手く売れるかは分かりませんが用意をするという事が大事なのです。
デザインは極めてシンプル。うちではこれが5万円の限界デザイン。

まぁ、売れる売れないより作る方が面白いので色んな商品を作っていきたい(^^)


4℃は和製ティファニーになれるか

4℃は和製ティファニーになれるか

ジュエリー業界を代表する上場企業である4℃ホールディングス(ヨンドシーHD、以下4℃)の売り上げが、低迷から一向に抜け出せない。全国に200店以上ある既存店の売り上げは、足元の2018年11月も前年同月比4.5%減…

ティファニーになれるかはともかく、4℃が高級ジュエリーブランドになるにはひと目で4℃と分かるブランドデザインが必要だと思います。
ティファニーのオープンハートや、ティファニーセッティングと言われるリングデザインなど。

これ、日本の車メーカーも同じでひと目でどこの車なのか分かるという事がブランドに繋がります。だから世界での日本車評が「壊れない所が長所」と言われてしまうのです。

現在日本メーカーでマツダだけがそこから脱却し始めていると感じます。マツダの販売の6〜7割が海外販売だからそれを肌で感じていたのだと思う。

4℃。たまに店舗に行って見てるけどかなり苦労するんじゃないかと。ただ、ブランドというのは一朝一夕に築き上がる事が出来る物でもないから経営陣が長い時間をかけてどこまでブレずに出来るかが勝負。

翻ってボクのショップでは「極ブランド」として展開しています。ある程度デザインの傾向があると思うもののまだまだオリジナリティには程遠い。ほとんどボクの作りたい好みのデザインですから。
それでもこの「極ブランド」を指名買いしてくれる方も多いですし、自分の作りたいデザインで好きなようにする事はブランド作りにおいて重要なのだと感じる。

でも、それはボクがやっている間だけなので、ブランドではないかも知れないけど。
いつか4℃がティファニーなどに並ぶ高級ブランドジュエリーになれば同業としても嬉しい。



アマゾンでFireStickTVを購入しました。

2018-1209

AmazonのGyaOアプリではドラマ見逃しが見れない・・・

早速届きました。便利に使えれば嬉しい。

ただ、唯一の誤算はGYAOのアプリではテレビ見逃しのドラマとかが見れないのだ。。。

それともう一つ、リモコンだらけのテーブル。。。

HDMIセレクタに接続時は注意が必要

実はゲームとかしていると電源が落ちたりするので、不具合なのかと思っていたらHDMIセレクタに繋げていると電力不足で落ちるそうなのです。

という訳でテレビの入力に直接刺すと落ちる事もなくなりました。HDMIセレクタに接続する時はACアダプタに繋げる事が出来る物を使いましょう。下の画像のようなやつですね。

それからテレビを見ている時にStickTVのリモコンのホームボタンを押すとすぐに切り替わるのでとても便利ですね。

スマホやタブレットにアプリを入れている場合は、見たい番組や映画を選んで「FireStickTVで再生する」というボタンが追加されていたので、それを押すとテレビで再生出来たり早送りや巻き戻しなどが出来るみたいで、スマホがリモコンみたいに使えるんですね。

思った以上に使える

動作も軽いし思った以上に便利に使えるようになってます。プライム会員なら必須ですね(^^)


宝石の買い付けをしている人は強い

宝石の買い付けをしている人は強い

※上記の写真はダイヤモンドでパライバトルマリンではありません。。。

パライバトルマリンを買い付け

まだ卸業の会社に勤めていた時ですが、営業販売はもちろん仕入れなどもしていました。

その当時「パライバトルマリン」という石があったんですが、その人は本当に現地に買い付けに行っている人だったんです。産地はブラジルのパライバ州ですからそこで買い付けしている訳です。

Wikipediaには、

パライバ(ネオンブルー、ネオングリーン)

とあって、蛍光色があるキレイな色なんです。希少価値もあって価格も高価ですよ。色味に関してはグーグル画像検索をどうぞ。

当然日本に帰ってきたら売る為に宝石鑑別機関に持ち込んで鑑別書を作ってもらうんですが、半端ないくらいの個数を出すのです。全てパライバトルマリン。

鑑別機関の人もその人が買い付けに行っている事は知っている訳です。ナイジェリアでもパライバトルマリンが産出されますが、やはり色目が違います。

まさかの結果!

数日後に鑑別書が出来上がってくるんですが、鑑別結果が「パライバトルマリン」と表記されない石があったんです。

その方は鑑別機関に異議申し立てをしました。自分が現地に買い付けに行っているしおかしいじゃないか。その上、パライバトルマリンに関しては鑑別機関の誰よりも詳しいし、だから買い付けに行っているのだと。

しっかり抗議して最終的には「パライバトルマリン」と表記されたんです。今はそんな事があるのかどうか分かりませんが、本人から聞いたので恐らく本当なのだと思います。

今でも覆る事があるのか

昔の話なので今ではそんな事があるのか分かりません。ただ、鑑別する方も人間ですし自分よりかなり詳しい人から言われたら迷ったりする事があるのかも知れません。

その話を聞いていて笑いながら「おもろいなぁ。そんな事あるんや。」と凄く思いました。同時に「絶対ってないんやな。」と妙に納得したのを覚えています。

だから、今でも「無理です。」という返事は聞き入れませんし疑いながら聞いています。実際本当に無理な事はほとんどなかったので。

何事も交渉なのかも知れませんね。もちろん、絶対的な経験と知識が大前提ですけどね(^^)