映画「七つの会議」を観てきました。

七つの会議

本来なら日本映画だし、大画面で見るアクション映画でもないし、レンタルが出るまで待つかなと考えるところでしたが、ここ最近、池井戸潤ばかり読んでいるのでタイミングもあって観に行ってきました。

池井戸潤のドラマに登場していた人ばっかり出てるので既視感はありましたが、ドラマも見ている身としてはここでこの人が登場か!など楽しめる内容でした。
肝心の中身は小説版の役割をうまく割り振って再構成されていて面白かったです。

野村萬斎さんのなんだか硬い演技も含めて、前編演技派と言われる役者さん達の顔芸映画としても楽しめます。
映画館は映画に集中出来るので、映画館ならではの楽しさもあって充実した2時間を過ごせました。

さて、タイトルの7つの会議。
小説なら7つのエピソードがあり、クライマックスの1つのエピソードの8つの章に分かれてるんですが、映画だとそうはいかないので、見終わった後にタイトルの意味が分からないと言った声もあるようです。

楽しめる映画だし、あまり考えずに見る方が良いと思いますね(^^)

正義を、語れ。原作:池井戸潤×主演:野村萬斎。2019年9月11日(水)Blu-ray&DVD発売!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする