プジョー208

プジョー208

仏プジョーは、Bセグメント(コンパクトクラス)のハッチバック、新型「208」の概要を発表した。新型208のパワートレインは、トレンドの変化や燃料の多様化に応え、電気、ガソリン、ディーゼルの3種類を用意する。スタイリングは、プジョーブランドの掲げる上級志向化に基...

プジョー208という名前は209とかに変わらないのかと思うんですがどうなんでしょう?

それはいいとして新しい208、デザインはだんだんドイツ的な硬質なものに変わってきています。フランスらしいフワっとしたデザインはクラス的に難しいのか、それともそういったデザインはシトロエンに任せているのでしょうか?

エンジンは3種類あるようで、電気、ガソリン、ディーゼルの3種類を用意するそうです。

肝心なスリーサイズが不明なんですが、横幅は日本だと1700mmを越した3ナンバーサイズになるんだと思いますが、もしかしたら小さいのかも。

注目の電気は340kmの航続距離だそうで、世界的に電気自動車がメインになりつつありますね。

個人的には、ホンダが発表した電気自動車に注目しています。

それはともかくあまり冒険できないクラスで特徴は出せるのかと思いますが、比較的無難なデザインで安心したというべきか、売れ行きが楽しみなのです(^^)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする