「 2019年07月 」一覧

金のうんこの次は?

金のうんこの次は?

未だに売れ続けている「金のうんこ」ですが、たまに「次は何作ってるんですか?」って聞かれるんですよね。そういった展開になるとは思っていなくて今でも何しようとか考えていなかったんですよね。。。

だいたい、面白かったから作っただけで深くは考えていなかったですから・・・そのうち「金のうんこ」のサイトを別で運用しようかなって思っているだけであまり考えていません。

それでもある程度の提案を受けてはいるんです。それで何か面白かったら作ってみようかなぁと思っているくらいです。そもそも「金のうんこ」だって1万円半ばくらいからの価格なので、婚約指輪とか結婚指輪を扱っているボクとしては大切ではあるんですが、メチャメチャ高額という訳ではない感じなのです。

だから、面白そうだったり自分が作ってみたいと思ったら作りますしそれ以外ならやらないと思います。
ひとまず、金のうんこシリーズで一番売れているのは宝石入りのネックレスなんですよね。

女性からの注文が多くって可愛いと言われます。その次はピアスなんです。これも同じ理由のようです。

で、次は多くはないけど少なくもなく売れているのはスタンダードな金のうんこ。

これは宝石入りもありますが宝石なしのモデルが多かったりします。ボクもわからないんですがこれをどう使っているのか不明です。単純に飾っているんでしょうかね?
そして、一番人気がないのはうちの本業の指輪です・・・かっこいいしかわいいのに・・・

良いと思っているんですけど、プレゼントするにはリングサイズで迷う指輪より誰にでもある程度合うネックレスの方が良いんでしょうねぇ。

まぁ、どれも可愛いですし人気の差はあっても全体的に注目度は高いので、なにか次に繋がれば良いなぁと思っています(^^)


指輪の新品仕上げって本当にキレイになるのか?

指輪の新品仕上げ

指輪もそうなんですけど、どんなものでも使えば汚れるものです。だからキレイにする方法があるんですが指輪とかネックレスとかどうやってキレイにするのか考えたりしないですか?単純に磨くと言ってもどうやって磨いているのかわかりませんよね。

それもこれもこのページを見ると一目瞭然です。それにどうしてこんな価格がするのかも分かりますよ。
商品をキレイにするのって簡単そうで結構大変です。入っている石を飛ばしてしまったり、メッキがうまく出来なかったり変形しそうになったり、刻印が消えそうになったり。。。

最終的に赤字でもキレイにするのがプロなんです。実際たまに赤字になってます(^^;)

まぁ、この新品仕上げはうちの広告宣伝と考えれば悪くないと思ってます。だって、明らかにキレイになるんですからね。もっと利用されるようになってほしいサービスです(^^)


話題のダンシングストーンは売りたくない。

話題のダンシングストーンは売りたくない

少し前からダイヤモンドがぶら下がって動くというダンシングストーンってやつが人気のようなんですが、うちでは扱うという事はないと思います。
なぜなら、ダイヤモンドのネックレスはそんな事しなくても動くからなんです。

うちは一粒ネックレスを多くはないけど扱っています。そのどれも動くようなギミックはありません。昔からそういった物はあったので珍しいとかではなくて、当時は良いなぁと思っていたんです。

しかし、普通に使っていると爪でしっかりと留められた一粒ネックレスでも、ダイヤモンド部分は肌にピッタリとくっついている訳でもなく浮いて動いているんです。
確かに初めての時は珍しかったので扱ってはみたんですが、逆に動きすぎてイマイチでした。それ以来扱う事はやめました。

それにギミックがある商品というのは外れたり落ちたりするんですよね。ほとんどの人は外れたりしないと思うみたいなんです。18金とかプラチナは硬い!そう思ってらっしゃるんですが、実際は鉄より柔らかいんです。だから使っていると金属疲労で外れたりする事は多いのです。

そういった事もあって扱いたくないし売りたくないなぁと思ってます。それに自信がある商品を売りたいですよねぇ。

もちろん、これもダイヤモンドは動きませんよ(^^)


夏の金製品のお手入れ

金製品のお手入れ

うちはあまり金製品の取扱がないのですが、甲丸屋と平打ち屋にはありますし、18金で別途注文を頂いたりしています。

結婚指輪(マリッジリング)にも使われる甲丸リングだけを扱うお店です。宝石職人が心を込めて製作しています。
結婚指輪(マリッジリング)の平打ちリングを、当店の宝石職人(父です)が心を込めて作っているネットショップです。

その時に聞かれるのが、

「お手入れはどうしたら良いですか?」とか、「使っていると色が変わってきているような気がします。」

って事を聞かれたり後に言われたりします。これらの事は業界では当たり前とはいえ、通常ではあまり知られてはいません。
でも、実はそんなに難しい事ではないんですよね。

簡単に言うと新品磨きに出すって事が一番なんですが、そんな面倒嫌だ!と思うんですよ。送ってキレイにならなかったらとか、パクられるんじゃないか。とかあると思うんです。ちなみにボクはパクりません(笑)

という訳で簡単にキレイになる方法ですけど、以下の物を用意してください。

  • コップ
  • 食器用の洗剤

だけ!ただし、宝石はエメラルドとオパールが付いていたら駄目です。両方共処理をしているので水に浸けるのも良くないんです。他の宝石はほとんど大丈夫です。アイオライトは駄目だったかな?

コップに食器用洗剤と水を入れて金製品を浸けるだけ。たったこれだけです。1日浸けてから水洗いをするだけで一気にキレイになりますよ。めっちゃ簡単です。
金が変色するというのは、酸化が原因です。錆びた金属みたいな感じです。だからサビ落としの為に洗剤に浸けると酸化がある程度落ちるんです。

完全とはいえないので定期的にしているとかなりキレイを保てます。あと、うちにはありませんが「金磨き」ってのが売っているのでそれで汚れなどを落としてから洗剤に浸けても良いですね。

基本的に金は手入れが簡単なんですがプラチナと比べて面倒なのでつい怠りがちなんですけど、キレイを保つのは日々の手入れからなのでしっかり手入れをして欲しいですね(^^)


本当のエタニティリングとは。

本当のエタニティリングとは。

エタニティリングって色々なデザインがありますよね。うちもそうですがバリエーションが広すぎて簡単に絞れません。

最近ではあまりスタンダードなデザインは少なくなってきて、広い意味でのエタニティリングとされるデザインが多くなってきました。
でも、やっぱりスタンダードなデザインのエタニティリングは売れ続けています。

基本的にエタニティリングは全周にダイヤモンドが留まっているデザインとなるようですが、それが大きなダイヤモンドでも小さなダイヤモンドがいっぱい留まっているパヴェセッティングでも全周に留まっていればエタニティリングのようです。

ただ、全周ダイヤモンドが埋まっているとサイズ直しがとても難しかったり、普段使いが難しかったり指が痛いといった実用性に乏しいのでリングの下の部分のみ地金にしているハーフエタニティリングが主流になっています。

うちでは両方取り扱っていて売れ筋は爪がハートのエタニティリングですね。

これです。女性はこういったデザインを可愛いと思うようで結構指名買いが多いんです。これはハーフエタニティリングなので普段使いもしやすいですし価格的にもオススメしやすいです。お客さんの要望に応えて0.5カラット版1カラット版も登場しています。価格的には幅広いですしどれも細身なので雰囲気は可愛いです。この商品についてはこの日記に書いています。

しかし、ボクが良いと思っているエタニティリングは上の写真のデザインです。「一番お気に入りのハーフエタニティリング」ですね。

これが本当にお気に入り。シルバーサンプルで作って奥さんにプレゼントしたいくらい。(プラチナであげろよ・・・)

だってダイヤモンドは大粒で合計1カラットもあるし、ダイヤモンドグレードを最高級にしたりカラーストーンを入れたりカスタマイズが自由自在なんですよね。
それにハーフタイプなので指も痛くならないし存在感バチバチですから(^^)

ボクがそう言い続けているからなのか、たまにお問い合わせがあったり実際に売れたりします。お問い合わせからの方が安心するみたいでそこから購入してくれる方がほとんどなんですけどね。個人的にはこのデザインが一番エタニティリングらしいと思っています(^^)


MacBookをモチーフとした婚約指輪も作っています。

MacBookをモチーフとした婚約指輪も作っています。

昨日はロード・オブ・ザ・リングに登場する指輪をリスペクトした指輪のことを書きましたけど、今度はAppleのノートパソコン「MacBook」をモチーフとした指輪も作っているんです。

MacBookをモチーフとした婚約指輪も作っています。

ぱっと見はかなり強引なモチーフですけど、あくまでモチーフですからね。それをモチーフとしただけでどこからか見た時にその雰囲気を感じてもらえれば良いんですよ(^^)

購入してくれたお客さんはAppleの製品が大好きで指名買いでした。納品後のメールで大興奮していましたし凄く喜んでもらえました。もちろん、普通の婚約指輪としても良いですしずっと使える指輪ですよ(^^)


指輪物語に登場するの「ひとつの指輪」もリスペクトして作っています。

18金の手入れはどうするの?

指輪物語ってご存知ですか?実は映画の「ロード・オブ・ザ・リング」なんですけど、この映画に登場する指輪を作りたくて作りたくて作っています。結局ある程度のデザインは簡単だから分かるんですけど、実際のサイズやディテールは分からないので何度も映画を見たりネットを調べたりするんです。簡単にいうと正解が分からないんです。。。

イメージ的には6ミリ幅の2.5ミリの厚みで製作しています。微妙に修正を加えながらなので完成まで時間かかります。価格もなかなかしますしね。
でも、この指輪のデザインが気に入っていて売れる度にお客さんに、

「時間がかかってもいいので、良い指輪作ってください。」

って言われるんですよね。緊張しますね。。。この指輪は映画に登場する指輪としては一番有名なんです。しかもお客さんの一番こだわりが強くて「指輪に入れる刻印」も希望が多いんです。
普通は指輪の内側に刻印を入れるんですが映画の指輪は指輪の表側に刻印が浮かび上がってくるんです。それが理由なのか指輪の表側に入れて欲しいという希望が多いです。

まぁ、どちらも問題ないんですけど文字の形であったりメッセージであったりと様々な要望があります。それを聞いていると「ロード・オブ・ザ・リング」が大好きな人がほとんどですね。

文字は映画に登場する「エルフ文字」であったり冥王サウロンが使う「フェアノール文字」で入れて欲しいと言われることもあります。これに関しても有料ではありながらインターネットで調べたりしてレーザー刻印機を駆使して刻印を入れたりしています。

かなりこだわりが強いので大変なんですけど、出来上がってお届けしてからの喜びのメールがあるので、それだけで気が楽になります。
実はこの指輪はまだ自分では着けていない指輪なので、今度作りたいなぁと思っています(^^)


自分で着けている指輪たち:その4

自分で着けている指輪たち

先日より自分で着けている指輪の商品説明を書いているんですが、今回は最近登場した指輪です。

一度リセットして作り直した指輪です。説明はページを見てもらった方が早いんですけど今しばらく着けているんです。なかなかいい感じ(^^)

ただ、使っているとどこかにぶつけそうになるのがたまに傷なんです。ちょっと高さがある指輪を身に着ける習慣がなかったからというのが理由ですが、ちょっと気になりますねぇ。普段からダイヤモンドの指輪を着けているとか大ぶりの指輪を着けていれば問題なさそうですけどね(^^)

それでも人に合うとチラチラっと見られたり、「それ、なんの指輪ですか?」って聞かれます。なかなか注目度が高いです。まだ売れていませんけど注文がくれば良いなぁと思ってます(^^)


結婚指輪のラインナップが充実!

結婚指輪の単品写真も撮りました。

うちは婚約指輪がメインなんですが結婚指輪も意外と力を入れています。先日ペアリングもラインナップとして揃えたんですが、最近ではペアではなくてバラバラのデザインで選ぶ方も多いんです。だから単品ずつで選べるようにしたかったんですよね。

そんな感じで選べるようにすると「何にしようかなぁ・・・これかなぁ・・・あれかなぁ・・・」とか2人で選んだり、1人でも選んだりして楽しいじゃないですか。ネットショップでも選べる楽しさを感じて欲しいんですよね。

ボクもシンプルに買い物が出来る方が好きなんですが、種類は多い方が良いと思うんですよね。売る方としてはシンプルなラインナップにして選んでもらいたいんですが、そうはいきませんよね(^^;)

買い物は買う前が一番楽しいと思うんです。結局購入した物は「買って良かった」と思う事がほとんどだと思うんですけど、その前段階として色々物色している時の方が楽しいんじゃないかな(^^)

まぁ、選べる楽しさと言っても今回新たに登場したのは11種類程度なんですけど、それぞれカスタマイズも可能ですし夢が広がります。うちはラインナップがそう多い方ではないと思うんですけどそれでもそういった事を考えて運営していきたいですし、気軽に問い合わせをして欲しいと考えています(^^)


婚約指輪と結婚指輪が3本セットのブライダルリングセットが正式に登場!

婚約指輪と結婚指輪が3本セットのブライダルリングセットが正式に登場!

ブリリアントジュエリーでは婚約指輪(エンゲージリング)や結婚指輪(マリッジリング)を用意していてます。
ただ問題が一つあって、プロポーズが成功して結婚する時に、今度は用意している結婚指輪(マリッジリング)も購入して頂いています。

それとは別に今度は婚約指輪(エンゲージリング)を検討している方から、

「結婚は既にしているんですけど、夫婦として形だけでも指輪を作りたいんです。婚約指輪(エンゲージリング)だけじゃなくて、結婚指輪(マリッジリング)も一緒に注文出来ませんか?」

なるほどと思いました。それでは、普通に婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)(マリッジリング)・ペアリングを別々で注文すれば良いじゃなかとも思ったんですが、自分で婚約指輪(エンゲージリング)を探してから次に結婚指輪(マリッジリング)・ペアリングを探してみました。

そうすると、とんでもなくめんどくさい。こんな面倒な事やってられないというくらい面倒。

「何が何か全然分からん!これなら誰も注文しない。一緒に注文できるようにしよう。」

という訳で、婚約指輪(エンゲージリング)と結婚指輪(マリッジリング)を一緒に注文できるページを作りました。中身は各商品ページ内容と同じです。

婚約指輪(エンゲージリング)のデザインはそれぞれ違いますが、ダイヤモンドの品質も実際の見た目を重視した非常に綺麗な物を使っていて、グレードの固定は出来ませんが概ねG,Hカラー、SI2,I1、Good,Very Goodといったグレードの組み合わせとなっています。

そして、結婚指輪(マリッジリング)に関してはシンプルな指輪である「甲丸リング」と「平打リング」です。
1本1本それぞれ「甲丸リング」と「平打リング」を注文できるようにしています。もちろんリングサイズも同様に注文出来ます。

どの指輪も宝石屋として長く愛せるジュエリーとして手掛けたいという思いも強く、製作に携わる職人さんも全て本物のジュエリーを作る宝石職人です。婚約指輪(エンゲージリング)の製造工程結婚指輪(マリッジリング)の製造工程のページを見てもらえれば分かりますが、凄い仕事をしている事が分かると思います。

ブライダルジュエリーとしては最高の指輪だと思いますし、こちらもそう思いながら製作しています。
一生の宝物になるはずです。ちなみに付属品は下記の一式になります。

  • 婚約指輪(エンゲージリング)
  • 結婚指輪(マリッジリング)(ペアリング)2本
  • それぞれのリングケース(婚約指輪(エンゲージリング)用ケース・結婚指輪(マリッジリング)用ペアリングケース)
  • 宝石磨き布
  • ラッピング手提げ袋
  • メッセージカード

となっています。もちろん送料無料でお届けしています。

結婚式の準備や新婚生活もこれだけでバッチリそろいますし、写真のように3本並べて見るとすっごいキレイです。

価格的には結構な価格に感じるかも知れませんが、本来なら18号以上では価格が上がってしまう結婚指輪(マリッジリング)も18号以下と同価格にしているので価格的にも総合的にはお得になります。

本物のジュエリーを扱う宝石屋だからこそ出来る品質で、最高に力を入れて作っているので、婚約指輪(エンゲージリング)を検討している方や、結婚指輪(マリッジリング)やペアリングとして検討している方であれば、一気に揃うブライダルリング最高のラインナップとして絶対のオススメ品です!

商品一覧です。まだ9点しかありませんが、順に増やしていくつもりですし、結婚指輪のバリエーションも増やす予定なんですよ(^^)


賛否両論らしい、アップル純正のワイヤレスキーボード

賛否両論らしい、アップル純正のワイヤレスキーボード

新しく購入したiMac。キーボードが新しくなって世間では賛否両論のキータッチらしい。

使い始めた頃は、「薄いし押しやすいなぁ。」と思っていたけど、最近思い返すとミスタイプが多くなり疲れやすくなっている気がしている。

なんと説明すれば良いのか分からないけど違和感がしている。
と言ってもこれも慣れの問題かなぁと思っているけどこの違和感は慣れる頃には治っているのかなぁ・・・

もっと日記を書いて慣れないと・・・と思いながら書いてます(^^;)

https://www.apple.com/jp/shop/product/MLA22J/A/magic-keyboard-日本語jis?fnode=56


自分で着けている指輪たち:その3

自分で着けている指輪たち

自分で着けている指輪たちって言っても正直な所をいうと毎日着けている訳ではないんです。何本かある指輪から気分に合わせて着ける程度で、実はここだけの話、シルバーサンプルを使ったりしています(内緒)もちろん、仕事の一環で(^^)

で、この指輪。iPhone5を参考にしてダイヤモンドカットをどうしても作りたかったんで何とかやりました。つや消し仕上げの部分と鏡面仕上げの部分を職人さんに説明して作ってもらいました。出来上がりは大興奮でいきなり自分用に一本作りましたよ(^^)

今の所、一番のお気に入りなんです。ほどよい重量感と気持ちいい着け心地。普通に手に触ってても良いんですよねぇ(^^)


「自分で着けている指輪たち」の商品紹介:その2

自分で着けている指輪たち

この前から書いている「自分で着けている指輪たち」の商品紹介:その2になります。急に始まった感じだけど「その2」です。その1はこちら。

次に作ったのは結婚指輪を作ってから数年後、多分10年位経った後だったと思います。ボクはiPhoneを使っていてパソコンはまだMacではなかったので、何か良いのはないかなぁと考えながらいたんですがその頃、MacBook Airというノートパソコンがありデザインだけで欲しくなった訳です。毎日毎日ホームページを見続けました。そんなので買える訳ないんですがずっと見ていました。

と、何の気なしにこんな感じのデザインだけで欲しくなる指輪作れれば良いなぁと思ったんです。で、MacBook Airの特徴である「薄さ」を重視した指輪を作ってみようと思い早速デザインに取り掛かりました。今まで地金をしっかり使って厚みを出したゴッツイ指輪ばっかり作っていたので、今度は反対にどれだけ薄く出来るか試してみたいなぁと考えたんです。

それを実現して作った指輪がこれでした。

鏡面仕上げだったものをMacBook Airの処理に似せてつや消し仕上げにした訳ですが、強度の面でも貢献してくれたしMacBook Airをイメージしましたと説明すると何となく分かってもらえるので、まさにイメージ通り出来ました。

見た目も格好良いんだけど、実際に着けてみると見た目の薄さはあまり分からないといった感じなんです。。。格好良いんだけど。。。


「自分で着けている指輪たち」って日記をこの前書いたけど商品紹介を忘れてた・・・

自分で着けている指輪たち

そう、タイトル通り「自分で着けている指輪たち」って日記をこの前書いたけど商品紹介を忘れてた・・・なんてこった。アホと違うか。商売人が商売を忘れてしまうなんて・・・

という訳で今日は何を書くかというと・・・もちろんこの前の日記に書いた自分で着けている指輪の紹介だ。もったいないから数日にかけて1本ずつ紹介しょうと思う。

早速、これは自分の結婚指輪。人には甲丸リングや平打ちリングがシンプルで飽きがこず最高だ!とか言いながら自分は似ても似つかない指輪を着けてます。しかもダイヤモンド入り。それも普通の丸いダイヤモンドではなく、四角い「プリンセスカットダイヤモンド」。最高でしょ(^^)

宝石職人である父親に直々に頼んで作ってもらった結婚指輪。指輪のデザインは奥さんから一任されていたし、若い頃だし宝石職人の息子である為、よく分からないプライドのようなもので奥さんと相談する気もなかった。

で、どうやって考えたかというと・・・普通に結婚指輪を作りたいと思う人と何ら変わらない感じで、結婚情報誌のゼクシィを見てこんな感じの指輪が良いなぁ、これも良いなぁ。でもなぁ・・・とか考えながらで。

若かりし頃の「普通のデザインは嫌だ。」「宝石屋なのに地金だけの指輪はありえない。」「ダイヤモンドも普通の丸は嫌だ。」とか、最高にめんどくさいお客さんの如く考えてました。

そして、ゼクシイのあるページにあったデザインに目がついて「このデザインのここは良いけど、ここは気に入らないからこうしよう。」などいくつか考えて決まったデザインがこの指輪でした。

ただ、製作過程は普通と違って父親に写真を見せて「こんな感じで石は四角いやつを留めて」ってくらいで寸法とか全く伝えませんでした。経過を見て「ここをこうして欲しい。」と伝えるという事を何度かしたくらいで出来上がった物を、

「格好良いやん。」

と思ったくらいで細かい部分なんて見ませんでした。ただ、リングサイズが合っているかどうかってだけでしたね。これもオーダーメイドのよくあるパターンで、作る前はあれこれ決めるのに出来上がったらそれだけで満足という面倒なのか楽なのかよく分からないお客さんです。
作る方はよろこんでくれたから良かったと胸をなでおろすだけですけどね。

という感じで普段はあまり身に付けませんが、ちょこちょこ着けているお気に入りの指輪で、出来た当初はピカピカの鏡面仕上げでしたが、今はつや消し仕上げになってます。しかも、汚れるのが嫌なのであまり身に付けないコレクター気質・・・指輪は着けてなんぼやとか言いながらね・・・

それはともかくこの結婚指輪は相変わらず最高で同じ指輪を作ってくれと言われる事も多い指輪です。もちろん、この指輪をベースにカスタマイズも可能です。その場合は高くなるけどそれはオーダーメイドに近くなるので仕方ない。いつでもお問い合わせを(^^)


自分で着けている指輪たち

自分で着けている指輪たち

結婚指輪以外に自腹で使っている指輪が写真の4本。右上はこの前出来てきた新型!

自分が欲しくなる指輪を作れるという事がこの仕事の醍醐味かも知れません。

自分が着けているとなぜだかその指輪を欲しがる人がいるという自体に遭遇していて今まで数本売ってます。

理由はいまいち分からないけど、人が着けていると良いなぁと思うのかも。分からないでもないですけどね。

今回新しく作った右上の指輪は普通に着けていても目立つから反応が楽しみです(^^)