「 2019年07月25日 」一覧

シルバーリングを身に着けると青い型が付いてしまう。

シルバーリングを身に着けると青い型が付いてしまう。

先日楽天市場店で売れているシルバーリングなんですが、指に着けていると指に青い跡が付いてしまうというお問い合わせがありました。

シルバーリングは「メッキ」をしています。このメッキが曲者でシルバーリングにしっかりと付いてくれると良いんですが、薄く乗ってしまったりすると身につけると剥がれてしまう事があります。

そんな場合は磨き直してもう一度メッキをやり直す事になるんですが、これが問題でメッキの工程は、

地金に付いている皮脂を落とす
メッキ液に浸ける

という工程で皮脂を落とす工程が大切なんです。そうしてメッキ液に浸してメッキが出来るんです。それがメッキの工程なんですよね。
それでもメッキが剥がれる原因はもう一つあって、それはその指輪を着ける方の体質だったりします。

結構あるんですが、シルバー製品で肌のトラブルが多いのは夏なんです。なぜ夏なんでしょうか?それは汗の性質なんです。
汗は「酸性」でその酸性の汗がメッキを溶かす場合があるんです。

個人の体質の場合が多いので一概には言えませんが酸性が強い方の場合は、丸い真珠が楕円になるほどです。
そんな場合はコマ目な手入れが必要になります。

これはシルバーや金製品だと起こりやすいトラブルで、プラチナの場合は起こりにくい問題ではありますね。プラチナは低刺激というのは本当なんですよね。
個人的にはプラチナをおすすめしているんですが、シルバーの方が価格的にも良いと思うんでしょうね。。。