9月の誕生石であるサファイアは青いのか?

9月の誕生石であるサファイアは青いのか?

9月の誕生石はサファイアってなっていますよね。ボクは9月生まれなので自分の誕生石でもあるのです。小さい時はあまり宝石の事は知りませんでしたがサファイアは好きでした。

なぜなら、ブルーが好きだったから。サファイアと言えばブルーサファイアというほど青い色ですよね。

しかしながら、大きくなるに連れて仕事場にいたりすると、サファイアも青色だけではなく他の色もある事を知る事になります。

ブルー以外にも、イエロー、グリーン、パープルなどかなりの色があります。また、シンハラ語で「蓮の花」を意味する色のパパラチアサファイアという色もあるんです。

そして、非常に紛らわしい色である「レッドサファイア」もあります。少し鋭い方であればこういった疑問があると思います。

「レッドサファイア?サファイアとルビーは同じ鉱石から出るはず。それなのにレッドサファイア?レッドであればルビーでは?」

と考えるでしょう。ではどうしてルビーと呼ばないのか?と思いますがそれについては、完璧な理由は分からないんです。同じコランダムから採れる石なのに・・・

でも、一説によると特に理由もなく赤い色をルビーと呼んでいたそうですが、珍しいサファイアとして「レッドサファイア」と呼ぶと希少性もあって高く売れると考えた業者があったとか。業界出身者であればありえるなぁと思います。

でも、ルビーとレッドサファイアの品質が同じであれば、ルビーの方が高く売れるのに理由としては弱いですよね。ボクも一度レッドサファイアを見た事がありますが、ルビーで良いんちゃう?といった思い出があります。

さて、話がそれましたが9月の誕生石のサファイアですが「信頼」「誠実」といった強い心の意味をもっています。それと同時に、その硬度の高さから「貞淑な愛」の象徴としてパートナーとの絆を強める石とも言われています。

基本的に9月の誕生石はブルーサファイアで考えても良いと思いますが、色々な色があると覚えておいても良いでしょうね(^^)