アップルアーケードを体験してみたら結構楽しめた。

アップルアーケードを体験してみたら結構楽しめた。

アップルアーケードを申し込む

先日よりMacでもサービスが始まったAppleアーケード。どんなサービスかと言うと月600円でゲームが遊び放題というもの。

Apple Arcadeは、ほかのどんなゲームサブスクリプションサービスにも似ていません。世界で最も革新的なデベロッパたちが作った、100以上の心踊る新作タイトルが登場します。

初めの1ヶ月は無料で体験出来るという事で申し込んでみた。どうやって使うのかも分からなかったけど、普通にAppStoreでゲームをダウンロードしてから立ち上げるだけ。
扱っているゲームが有料のものとどう違うのかと聞かれたら、有料ゲームをダウンロードした事がないので分からない。

でも、多くのゲームを600円で遊べるというのは結構楽しいもので、プレステ4より大人のゲームもないし、NintendoSwitchのような子供向けっぽくもないという感じ。まぁ、NintendoSwitchは大人のゲームも多くて一概には言えないけど。
ゲームのラインナップを見てみるとどちらかといえば、本格的にゲームにのめり込むというより軽い感じに仕上がっていて、あまりゲームをしないボクでも楽しめるくらいのもの。

プレステ4やXboxのコントローラーが使える

おまけにプレステ4やXboxのコントローラーが使える事が最大のポイント。ボクが嫌いなのはiPhoneやiPadでゲームをする時にコントローラーが使えないという事なのだ。
それがプレステ4やXboxのコントローラーが使えるのはどのコントローラーを買えば分からないという事もないし、公式にアナウンスされているので安心して購入出来る。

Appleといえば音楽を楽しめるAppleMusicが月額980円なのに、ゲームの方は600円という絶妙な価格が良いと思う。980円だとお得と分かっていても恐らく加入しないと思う。Appleだから高いと思っていた人にはビックリしたと思う。
で、いつもは本格的なゲームをしまくっている子供たちはどうかといえば結構面白がって遊んでいてゲームを選んでダウンロードし、色々楽しんでる。

iPhoneやiPad、そしてiMacでも遊べるしセーブデータもしっかり同期されているというのが凄いそうだ。NintendoSwitchを複数台持っていてもセーブデータは移すもので同期ではない。
簡単に言えば何も考えなくても続きを遊べるという事。

今のところ確定という訳ではないけど、iPhoneとiPadに比べてiMacで出来るゲームの本数は違うようで、デスクトップパソコンであるiMacは少し少ないみたい。
恐らく遅れて配信されるんじゃないかと思うので、そんなに心配していない。

iPhoneやiPadの容量が少ない

今のところの問題点と言えば、iPhoneやiPadの容量が少なくてダウンロード出来るゲームが少ないという事だ。価格的な事も考えたり普段ゲームをしないので32GBのiPhoneやiPadを購入していて、他のアプリでいっぱいいっぱいでゲームがダウンロード出来ない事態に陥っている。
他のみんなが128GBや256GBの端末を買っているのを見て、何にそんな使うのかと疑問に思っていた事が解明された。。。

今度iPhoneやiPadを購入する時は予算が許す限り大容量の方にしよう。

あと、我が家のiMacは2台あって1台は去年発売された27インチ。これはボクが個人的に仕事で使っているもの。そして、もう1台は21.5インチの以前仕事で使っていたモデル。
21.5インチの小さい方のiMacをリビングに置いて子供たちが普段使うパソコンにしている。そのiMacは2013年モデルで既に6年使っていて今となっては処理速度がどうしても遅い。
スリープからの復帰も遅いしアプリの立ち上げも遅い。つまりゲームをしようにも立ち上げも遅いので結構ストレスが溜まってしまうのだ。

それにも関わらずボクはiMacでやってしまう。ハードディスクは余ってるし大画面が好きだからだ。本当は27インチの方で遊びたいと思うけど、それは仕事用なので遊ばないのだ。
子供たちは処理速度が遅いとか言いながらもやはりiMacで遊んでます。これでテレビを独占される事がなくなった(笑)

子供と相談して考えよう

ひとまず1ヶ月だけ遊んでみようと思うけど、数カ月くらいは楽しんでみようかなと思う。そのあとは子供たちと相談しながら考えようと思う。

しかし、ゲームをしている所を撮ってみたけど、部屋が汚いなぁ(^^;)