100万円でどういった婚約指輪が作れるのか?

100万円でどういった婚約指輪が作れるのか?

意外と100万円で作る事が出来る指輪のお問い合わせが多いです。

うちも1カラットの婚約指輪を扱っていて、100万円前後の価格帯も扱っているんですが、一番多い質問というと何だと思いますか?実は、

「100万円だとどれくらいの石が入りますか?」

という質問なんです。ブリリアントジュエリーでは一応100万円で作れる婚約指輪があるにはあるのですが、ダイヤモンドは奥深いので組み合わせは簡単そうで簡単ではありません。

ダイヤモンドのグレードはとても奥が深くてカラーを重視するか、クラリティなのかカットなのか。しかし、1カラットのダイヤモンドの場合は少しグレードを変えただけで、目まぐるしく価格が変わってしまうのです。

実は1カラットのダイヤモンドだけではなく、0.5カラットであれば100万円以内の予算で可能ですが、本当のオススメは1カラットです。

1カラットだけではなく、0.5カラットのダイヤモンドでも100万円以内の指輪が作れます。0.5カラットの場合はかなり綺麗なグレードで作る事が出来ます。

100万円の予算があれば0.5カラットでも良いんじゃないかなって思います。でも、やはり1カラットと比べると豪華さが違いますし、なにより輝きが全然違うので本当のオススメは1カラットなんですよね。

確かに0.5カラットのダイヤモンドも綺麗なんですけど、1カラットの輝きにはかないません。

1カラットのダイヤモンドで作る100万円の婚約指輪のダイヤモンドグレード

100万円で作れる1カラットのダイヤモンドグレードはこの限りではありませんが、だいたいこんな感じとなっています。

  • カラー:F
  • クラリティ:VS1
  • カット:なし

もしくは

  • カラー:G
  • クラリティ:VS1
  • カット:Good

となりますね。

1カラットくらいの大きさだとかなり綺麗な部類に入ります。もちろん、シンプルなデザインなのか豪華なデザインなのかによっても違いますが、これ以上綺麗なグレードにしたとしても恐らく肉眼で判断は出来ないでしょう。

同じ1カラットでもカラクリがあったりします。

お店によっても違いますし、デザインによっても違います。単純に「1カラット」といっても1つのダイヤモンドで1カラットの場合もありますし、数多くのダイヤモンドを使って「合計1カラット」という場合もあるんです。

これ結構勘違いされる人も多いんですけど、「1カラット!」という響きだけで価格が安いと「安いじゃないの!」ってなってしまいます。ただ、1つ石の場合と数を使った場合だと石の希少性が全く違うので価格も全く違うんですよね。

詳しくは→ 婚約指輪に使う1カラットダイヤモンドについてのページに書きましたが、1カラットのダイヤモンドは希少価値がかなり高いんです。

そういった事を考えながら100万円の予算を有効に使って欲しいですね。

タイトルとURLをコピーしました