ジュエリーがコロナウィルス感染拡大を広げる可能性はある?

ジュエリーがコロナウィルス感染拡大を広げる可能性はある?

ジュエリーがコロナウィルスを媒介?

この記事によると「看護師や介護スタッフは、仕事中はジュエリーを身に着けないように指示されている。」とありました。

この記事は「服やジュエリーからウィルス感染は広がる?誤報の多い噂に専門家がアンサー」という記事で、衣服がウィルスを媒介する可能性について書いてありました。

詳しくは記事を読んで貰えれば良いと思いますが、最後の方にジュエリーも感染拡大を広げる可能性についてかいてあります。
指輪に関して言えば、→ ジュエリーを綺麗にする方法という日記を書いたので読んで頂ければと思いますが、水洗いに関しては書いていないんです。

ジュエリーを水洗いする事については、問題ありませんよ。

基本的に洗剤で洗う事だって問題ありません。どんなジュエリーでも綺麗にする事は良い事です。それでウィルスを洗い流すという事が出来れば良い訳ですから。

ダイヤモンドジュエリーに関しては特に問題ありませんし、推奨するくらいです。
また、ダイヤモンドジュエリーに関して言えば、アルコールで拭き取ったりする事も良いと思います。でも、普通に石鹸などで洗い流すだけで十分かと。

一緒に手も洗える訳ですから一石二鳥ですしね。

エメラルド・オパール」に代表されるような水分を含む宝石だけは洗剤で洗わないでください。

ダイヤモンドやルビー・サファイアなどの宝石の場合は石鹸で洗っても問題ありません。エメラルド・オパールに関しては水洗いでもオススメ出来ません。

エメラルドはオイル処理をしていて石鹸などで洗うと、オイルが溶け出して変色の恐れがあります。オパールに関しても水分を多く含むため色抜けや遊色効果がなくなる恐れがあります。

また、真珠、べっ甲等は水洗いを行わないでください。オパール。真珠、べっ甲、琥珀、サンゴ等の有機質の宝石には熱での変形の恐れもありますから、ドライヤーを使用しないでくださいね。

地金によっても変わってきますが、基本的に水洗いは可能ですよ。

プラチナはプラチナ、ゴールドはゴールドで水洗いをする方法も少し違います。

プラチナの場合の水洗い方法

プラチナの場合は特に気にする事なく汚れを洗い落とすくらいで十分です。基本的にプラチナは何も考えず食器用洗剤で洗うだけで綺麗になりますし、変色もありませんから水洗いをして下さい。

ゴールドの場合の水洗い方法

ゴールドは地金が酸化しやすく、少し黒ずむ事が多いんです。これは経年劣化に近くて身に着けていても着けていなくても同じなので、それ自体は気にする必要はありません。

ですが、水洗いする時はプラチナより少し多く食器用洗剤を入れて下さい。そして、ジュエリーを浸して浸け置くのがオススメです。
1時間程度でも浸けるだけで意外に綺麗になるんですが、その後に指で軽くこするだけで十分です。

プラチナよりキレイになったという感覚は多いと思いますよ。

水洗いや石鹸、アルコール消毒をした後は、磨き布で綺麗にしてください。

ジュエリーはデリケートな物なので、それだけ大切に扱って欲しいんです。
だから、水洗いなどをした後はタオルの上に置いてドライヤーなどで乾かすという方法が1番良いと思います。簡単な洗い方の動画を作りました。

その後で、宝石磨きやメガネ拭きでしっかりと拭き取ってください。
専門家ではないですが、ここまですればウィルスは消滅しているんじゃないでしょうか。

正しく洗えば問題ありませんよ。

綺麗にするだけであれば→ 新品仕上げが1番なんですが、ウィルスを消去する為にも有効です。

ジュエリーからウィルス感染拡大を防ぐには上に書いたような、お家で水洗いや洗剤などで洗うという事も良いと思います。
記事にもありましたが、ウィルスの感染拡大を遅らせるには、家にいる事が何より効果的なんです。

プロとしてもジュエリーも正しく扱いたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました