ダイヤモンドのグレードはあまりアテにならない?

ダイヤモンドのグレードはあまりアテにならない?。

ダイヤモンドのグレードに左右されてはいけない

婚約指輪を選ぶ時にダイヤモンドの品質って気になりますよね。
大きさ(カラット数。正確には重さ)であったり、キズ、カラーやカットなど、→ ダイヤモンドの4Cは誰にでも気になる事だと思います。

とはいえ、注文などがあるとダイヤモンドの手配などでダイヤモンド屋さんに出掛けたり、または取り寄せたりしてダイヤモンドをよく見るんですが、そこで改めて実感するのは、

ダイヤモンドグレードはあまりアテにならない時があります。

って事ですね。ダイヤモンドはカラットの他にカラー・クラリティ・カットといったグレード付けがされています。これはみなさん結構知っていると思います。

グレードの決定は残念だけど消去法

でも、これって見本のダイヤモンドがあっての事なのです。それと比べて消去法でグレードが決定されています。もちろん各部分での基本データはありますけどね。

では、そういった時にプロはどういった方法で見極めるのか。それは、

グレードに左右されず実際に見比べて決めています。

先日もダイヤモンドを選んでいたら同じカラーとクラリティでカットだけがグッドとエクセレントといった二つの石がありました。
基本的にはエクセレントカットの方が当然綺麗です。

しかし、実際に見比べるとグッドカットの石の方が見た目が綺麗だったのです。ルーペを使わず肉眼でも分かります。おまけにグッドカットの方が当然ながら安い。

何が違っていたかというと、カットは確かにエクセレントカットなんですがこちらの石にはカーボンがありました。結構大きめ。それでもカットの判定には関係ないからエクセレントカットです。

透明のダイヤモンドに黒いカーボンがあったせいで、全体的にも暗めの石に見えた事もあって、ボクは迷う事なくグッドカットの方を購入する事にしました。この事はお客さんに説明し納得してもらいました。もちろん、その分価格が下る事も踏まえて。

結局グッドカットの石はカーボンがなく全体的にも輝きが良くグレードは落ちるけど、実際にはエクセレントカットより綺麗だったという話です。

ダイヤモンドは色々な石を見て養うしかありません

やはり実際に色々な石を見ないと分からないですよね。だからボクはダイヤモンドグレードをアテにせず、実際に見て比べて判断しているので、お得な石を見つける事が出来るのです。

これにはどうしても経験と良いダイヤモンドを安く手に入れる業者さんと方法が必要になりますし、一般のお客さんがお店でダイヤモンドをグレード別に見ても絶対に分からないものです。

またそういった石をずっと見る事で選択眼を養ってもいますから、結局グレードだけでダイヤモンドを見ると後々苦労する事になります。

卸業をしていると、ダイヤモンドのグレードは目安でしかなく実際の見た目や輝きが最重視されます。
また、そういった見た目の輝きの良い商品から売れていく事を知っているのです。

ダイヤモンドの商品というのは、婚約指輪のようなダイヤモンドのグレードにこだわった商品だけではなく、ファッションリングのようなダイヤモンドのグレードにこだわらないデザイン性を重視した商品も扱われます。

同じような商品で同じような価格を他より先に売る為には、ダイヤモンドをいかに活かすという事が重要なのです。
他の商品より同じ価格でキレイで輝くダイヤモンドを手に入れる事が大事なので、自然とそういったダイヤモンドを選ぶ眼が養われた訳です。

だから、ダイヤモンドのグレードより実際の見た目を大事にしています。

婚約指輪でダイヤモンドのグレードは確かに大事です。お店だとグレードの付いたダイヤモンドを見せてくれる事があると思います。
もし、ルーペで見る事が出来れば実際に見せてもらう事をオススメします。

ちなみにルーペというのは、下の画像の虫眼鏡のような物です。
これを使ってダイヤモンドの全てを見ます。見方も下の画像のように眼に近づけて見るんですが、初めはピントが全く合いません。使い続ける事で自然とルーペを見る時にピントが合うようになるんです。

ダイヤモンドのグレードはあまりアテにならない?

このようになるにはひたすら宝石をルーペで見続けるしかありませんし、宝石を見るべきポイントなどが自然と養われます。
そいうった経験を経て良い宝石を見分ける事が出来るようになるのです。

一般の方がルーペで見るという事は少し大変だと思いますが、一度ピントが合えば宝石を見る事が楽しくなるかも知れませんよ。

タイトルとURLをコピーしました