再婚する場合の婚約指輪の相場はどれくらい?

再婚する場合の婚約指輪の相場はどれくらい?

再婚する時も婚約指輪は用意する事があります。

うちは婚約指輪や結婚指輪といったジュエリーの他にもピアスなども扱っているので、色々なお問い合わせがあります。その中でも「ほんまやな。どんなもんやろか?」と考えてしまったお問い合わせがありました。それがタイトルにある、

「再婚する場合の婚約指輪の相場はどれくらいですか?」

という質問です。正直困ったなぁと考えてしまいました。
何人かそういった方がいらっしゃいましたが、初婚とか再婚とかを販売する方は考えた事がなくてそういった質問が初だったんです。そう思って結構調べてみました。実は離婚率の上昇と共に再婚率も上がってきていて、再婚の時でも婚約指輪を購入する事も当たり前ですがあるんです。

その場合の相場はというと、うち調べですが初めての婚約指輪より約20万円ほど高い予算を考えているみたいでした。20万っていったら普通の婚約指輪買えるやん!って思うくらいですが、初婚の時よりも高額な婚約指輪を購入する傾向にあるようです。ちなみに結婚指輪に関しては多少上がるもののほとんど同じようでしたね。

初婚の時より高めの婚約指輪を購入する理由としては、

  • 年齢が上がっていて収入が増えた
  • 純粋に再婚する時の年齢
  • 価格が全てではないが、今度こそ幸せにしたい
  • 再婚だけに経済力を試された

という理由がありました。恐らくそれぞれに理由があるのだと思いますが興味深いですね。例えば男性がバツイチで女性が初婚と考えればお互いに失敗したくないという気持ちは当然ですし、その想いが予算の高額化に繋がっているのかなと思います。

予算が上がると同時に、ダイヤモンドが大きい物が選ばれる傾向もありました。初婚の時は0.3カラットだったのが再婚時が0.5カラットや1カラットを選ばれたりしています。お互いの年齢と比例するのかも知れません。

ちなみに再婚時に選ばれる婚約指輪は少し豪華なデザインが選ばれやすかったです。
確かにそれに関しては納得できます。シンプルながらも少し豪華ですよねぇ。豪華すぎるのはよろしくないけど少し豪華で大きなダイヤモンドが良い。しかも高額だけど高すぎないという気持ちにピッタリなのかも知れません。

再婚での婚約指輪はなかなか考える理由がたくさんあると思います。予算についてもそれぞれに合う予算で作れば良いのではないかと思いますね(^^)

実は再婚の時に作る婚約指輪の違う作り方

再婚する時に作る婚約指輪は新規に購入するといった事も多いのですが、実は「買い替え」も多いのです。
買い替えというのは、以前作った婚約指輪を売ってしまって、新しい婚約指輪を購入するといった方法です。

これだとダイヤモンドは他の誰かが使うという事もありますし、売った方はその資金を元に新しい婚約指輪を購入する事が出来ます。
それともう一つの方法は、ダイヤモンドは再利用し枠のみ新しく作り直す「再利用」という方法です。

再利用だと指輪のコストとして多くの割合を占めるダイヤモンドを使用出来るという事で、かなりのコストを抑える事が出来ます。
ダイヤモンドの大きさを変える事は出来ませんが、婚約指輪のデザインは大きく変える事が出来ます。

そういった意味で、→ リフォームサービスを利用する事が大きなヒントになるのではないかと思います。

新規製作と再利用の値段の違いはどれくらいですか?

婚約指輪の新規作成の場合は、指輪をイチから作るという事で純粋に予算から選ぶ事が出来ます。婚約指輪一覧から選んだり、お店や百貨店で選んで購入するという事ですね。

もう一つの再利用という方法の場合は、先程書いたようにダイヤモンドは必要コストから外されますから、枠代のみの価格になります。
これについては、シンプルなデザインから豪華なデザインまで予算の許す限り選ぶ事が出来ます。

単純にシンプルなデザインなら5万円から10万円。そして、豪華なデザインならダイヤモンドの大きさにもよりますが、それ以上という事になりますね。

それでも、新規に婚約指輪を作るより安く作る事が可能です。

どちらが良いのかはお任せするとして、再婚時であってもなくても作る過程は楽しいものです。

初婚と比べて再婚時に婚約指輪を作る事は違った楽しさがあると思いますよ(^^)

タイトルとURLをコピーしました