どうして宝石屋は胡散臭いのか?

どうして宝石屋は胡散臭いのか?

胡散臭いですか?

この話題、昔から言われていてどうしてそう思われるのかずっと考えています。
しっかりと仕事をしているつもりなんですが、詐欺とか騙されると疑われる事もあるのです。

まぁ、うちの場合は宝石職人を家族に持ったり、ボク自身も卸業に勤めていた事もあってそこまで思われる事も少ないのですが、基本的に宝石屋はどこを信用して良いのか分からないのかも知れませんね。

良心的なお店と悪徳業者が混在

そうなんです。これがあるから胡散臭いイメージがあるんですよね。
実際卸業に勤めていた時の取引先でキャッチセールスをしていた会社と取引した事がありました。

現在ではそういった所との取引はありませんが、そういった所の勢いは凄まじいものがありました。
売り方は分かりませんが、売れ方はもの凄く同じ宝石卸業が苦戦する中、同じ商品を何本も何十本も売ってくるのです。

仕事を始めた頃だったので、「なんやここは?どうなってんねん。」と思った事があります。

反対に良心的なお店との取引もあり、お客さんにとても真摯に対応している所もあって同じ商品ではなく、お客さんの要望に沿った商品をしっかりとした対応で販売していました。

もちろん、価格も予算に合いその中でベストな商品を勧めていましたし、強引に買わせる事もありませんでした。

ただ、良いお店のお話は口コミでは広まってもニュースにはならないんですよね。
だから、悪徳業者の方がニュースになり宝石業界のイメージが落ちて胡散臭く感じてしまうのではないかと思います。

商品の価値が分からない

結局、これが1番と思うんです。車などだと原価を計算して・・・という事があるんですけど、宝石って難しいんですよね。平たくいうと「ただの石」ですから原価ってタダやないかって思うんです。

でも、宝石ってただの石とはいえ、多くの人の手がかかっています。宝石の採掘場って例えばダイヤモンドであれば物凄いすり鉢状に地中深く地面を掘って掘って彫りまくっても、手の平にほんの少しだけしかダイヤモンドとして成り立たないほどの物なんです。だから思っている以上にお金がかかっているんです。

それがただの石である宝石の価値なんです。だからこそロマンがあるのだと思います。

ただ、宝石の販売価格というのが分かるという訳ではないんですよね。これが1番難しい。
基本的にそれが曖昧なので原価計算が難しいんです。

自分でも思うんですが原価があってないような物なんです。
ダイヤモンドは品質によって基本的な価格が導き出されるんですが、カラーストーンに関しては本当に分からない。

そういう事が重なって商品の価値分かりにくくなっているのだと思います。

実際に詐欺まがいで販売しているお店もあります。

最近では少なくなったとはいえ、あまり大きな声では言えませんが、この商品にこんな値段付けるのかと驚く場合があります。

実はその逆は少ないです。

そういったお店の常套句が「この価格は今しかありません。掘り出し物ですよ!」って感じで言われる事ですね。
これ言われると他の買い物でもそうですが断りにくいじゃないですか。

そんな殺し文句がとても多いというのが胡散臭さに繋がるんでしょうね。

他にも同じような常套句で売っているお店もあります。

宝石業界の胡散臭さはなくならない

どこの業界もそうだと思うんですが、胡散臭さがある所はなかなかなくならないと思います。どこか儲けの匂いがするんでしょうね。

個人的に宝石業界は儲かりそうで儲からない。それなのに大金が動くという難しい業界だと思っています。

だからボクは胡散臭さをなくした普通のお店というイメージでネットショップを作っています。
出来るだけ本音で業界裏話を書いていこうと思ってます(^^)

タイトルとURLをコピーしました