「村上さんのところ」2ヶ月がかりで読み終えました。

「村上さんのところ」2ヶ月がかりで読み終えました。

長かったけど楽しく読めた

村上春樹の本
挑戦 この連休も仕事をしようかとか思いつつ、みんな休みなんだからと適当に流しつつ、せっかくの休みなんだから久しぶりに本を買うかと思って、1度くらい村上春樹に挑戦してみようと考えたのです。 挑戦と書いた理由は、村上春樹は難...

以前村上春樹の本を読み始めた日記を書きました。毎日寝る前に10分から15分ほどですが、Kindle Paperwhiteで読み続けました。

Amazon.co.jp : ペーパーホワイト

とても便利で寝る前にくらいベッドで読むと眠くなるんですが、それでもスマホで読むのと違いますし、暗い場所で見るにはバックライトがついているので読書に集中出来るのでオススメですよ。

さて、村上さんのところの話です。

実は未だに村上春樹の本を読んでいません。友人からのオススメで別の本を読んでいました。

Amazon.co.jp : ドクター伊良部

それは別の話ですが村上春樹というのはやはり難解で難しいと言われているので躊躇しているんですが、この村上さんのところという本はとても面白い。

村上春樹さん(さん付けにします。失礼ですからね。)が読者の質問に答えた事をまとめている本なんですが、その質問の数が半端ないのです。説明は下記。

春樹さん、こんなことも聞いていいですか?世界中から集まった質問は何と3万7465通。恋愛・人間関係・仕事など悩ましい人生のモンダイから小説の書き方、音楽や映画、社会問題、猫やスワローズまで、怒涛のメール問答は119日間、閲覧数1億PVに及んだ。可愛くてちょっとシュールなフジモトマサルのイラストマンガを多数加え、笑って泣いて励まされる選りすぐりの473通を収録する!

とあります。電子書籍になって質問数はもっとあるように思うのですが、とにかく長い。そして、村上春樹さんは読者の質問に真摯に答える事もありますが、全然答えてない時もあるし果てはシカトに近い答え方をしています。

それが読んでいてとてもおもしろいんです(^^)
確かにその質問にどう答えて良いのか分からない場合もありますし、なぜそれをこの場所で聞いたのか?と疑問に思う事もありますからね。

本当に本人が答えている

驚く事に読者の質問に対して村上春樹さん本人が答えているんです。Twitterが当たり前の今なら普通なのかも知れませんが当時はそこまでではなかったですし、ここまでの質問量はTwitterでも無理でしょうね。

それを村上春樹さん本人が全て答えている事がまず凄い。それが本になっている事も凄い。それを読む事が出来るって幸せですよ。って村上主義者は言っています。

ちなみに村上春樹さんは「ハルキスト」と呼ばれる事を嫌い、「村上主義者」と呼ばれる方を好んでいるそうです。ボクはまだ村上主義者ではありません。

そして、この本を買って毎晩ずっと読んでいるんです。全然終わらない!

読み終わるまで2ヶ月かかりました

色々な質問があるもんやな。と村上春樹さん本人も書いてますが、ボクも同意見です。しかし、内容は否定する訳でもなくとても真摯に答えていたりユーモアを交えながら、しかも、村上春樹さん本人を感じる文体で書かれています。

どうやら村上春樹さんはオヤジギャグが好きなようですね(^^)

そういった事を考えながら読み進めていると、毎晩の読書が楽しみになってきていました。
毎日毎日読んでいつ終わるんやろ?と考えながら読み進めて2ヶ月で読み終わりました。

終わったトキオ感想は「やっと終わった・・・」というものでした。もう初めの質問なんて全然覚えていない。流れるように答えているし多分村上春樹さん本人も覚えていないでしょう(^^;)

だからといってつまらない訳ではない

ここまで読んでくれた方は、「じゃあ、面白くないんか。」と思われそうですが面白いんですよね。かなり楽しめるというのが本音です。
多分文体が面白いし、ユーモアを交えたり真摯に答えたりスルーしたりと言った緊張と緩和が上手いのだと思います。

村上春樹さん本人も毎日毎日答える事に疲れてきているのでそういった答え方になっていったんだと思います。
ボクも毎日楽しんで読んでいましたし、実際寝る時に読むのが楽しみになっていました。

夏の読書に向いてるかも

寝る前だけに限らず、仕事の合間や休み時間にも読む事が出来るくらいの距離感で読めますし、小説のような大きな見せ場もなく淡々と答えながら面白く読める。

これってありそうでなかなかない本だと思って読んでました。

今日たまたま、子供とプールに行こうと出かけたら激混みで他のプールを調べてもコロナのおかげで休業でした。

子供はふてくされてしまいましたし、親としても面目ない気持ちでいっぱいでした。そういった時は子供はゲームでご機嫌を直し親は読書という時の気晴らしにピッタリの本だと思います。

インターネットも良いですけど夏こそ読書。それって紙の本という訳ではないけど、Kindleを使っての読書も悪くないと思いますよ(^^)

Amazon.co.jp: 村上さんのところ コンプリート版 eBook : 村上 春樹, フジモト マサル: 本
Amazon.co.jp: 村上さんのところ コンプリート版 eBook : 村上 春樹, フジモト マサル: 本

コメント

タイトルとURLをコピーしました