村上春樹の本

村上春樹の本

挑戦

この連休も仕事をしようかとか思いつつ、みんな休みなんだからと適当に流しつつ、せっかくの休みなんだから久しぶりに本を買うかと思って、1度くらい村上春樹に挑戦してみようと考えたのです。

挑戦と書いた理由は、村上春樹は難解だとか難しそうとか、読む人にとっては意味が分からないなど、強烈に読み手を選ぶイメージがあって今まで読まなかったんです。

でも、少し興味が湧いたんだからこの機会に何か読んでみようかとAmazonで探し始めたのだけど、長編だと挫折した時にもったいない。メジャーなやつはちょっとなぁと天の邪鬼な考えが働き、短編は短編でこんなタイトル全然知らないという理由だけで読む気にならないなど一向に進みませんでした。。。

なかなか面白い

結局、数年前にネット限定の企画で、村上春樹に質問をして、村上春樹がその質問に対して答える企画をまとめたのがあったので買ってみたのです。

質問に全く答えなかったり、微妙に答えたり全然違う話をしたりと、企画が成功失敗云々より村上春樹の語り口というのか、それが結構面白い。
これを読む事で多少の親近感が湧く訳で、次の本選びの方向性が決まりそうかなと思ってます。

と言いながら、何を買うのかはまだ決まってないんですよね(^^;)

ちなみにこの本を読んで分かった事は、村上春樹の崇拝者の事をハルキストと呼ぶそうだけど、本人は村上主義者と呼んで欲しいそうです(^^)

Amazon.co.jp: 村上さんのところ コンプリート版 eBook : 村上 春樹, フジモト マサル: 本
Amazon.co.jp: 村上さんのところ コンプリート版 eBook : 村上 春樹, フジモト マサル: 本

コメント

タイトルとURLをコピーしました