ここ最近のデスクトップ

ここ最近のデスクトップ

日記を見てもらえば分かると思うけど、ここ最近デスクトップの環境が目紛しく変わってる。MacBookだったりChromebookだったり、本当のデスクトップであるiMacだったり。

そして、ここ数日はiPadにMagic Keyboardという組み合わせになってる。
iPadは古いiPad Pro10.5インチで最新型のAirであったり、11インチや12.9インチのProでもない。

ここ最近のデスクトップ

キーボードは第二世代のMagic Keyboardというだけで、別に今回の為に揃えた訳でもなく、仕事に使おうと思って断念したiPadと余っていたMagic Keyboardがあったので、それで日記でも書こうかなと思っただけ。

iPadとMagic Keyboardの組み合わせの何が良いかって言えば、画面とキーボードの距離を広げたり狭くしたり自由自在という事だと思う。ボクも年齢を重ねて老眼もあったりするし、画面が目の前にあると見にくいという事がある。ピントが合わなかったり、合いにくかったりする。

そういう時にiPadを遠くにすればキーボードの位置はそのままでピントが合う。
まぁ、すっごい老人の話かといえば40半ばのオッサンなのでそこまで老人ではないと思う(^^;)

これがボクにはとっても良い感じなのだ。キーボードは打ちやすい。iPadは多少古くても使い勝手に不足はなく、問題なく使えている。

おまけに数日前からキーボードショートカットに凝り始めて、マウスもトラックパッドも使わずに比較的快適に使い始めているので我ながら気に入っている(^^)

他に何があるって訳でもない。ただ、使っていて心地良いので使っているというだけ。流石にコピーやペースト、画像編集やHTMLタグを多用するとなればマウスやその他の物も必要になると思うけど、iPadではそこまでしようとも思わないて、テキスト中心で充分なのだ。

その気になれば他の環境で使えば良いだけで、適材適所といっても良い。
なんと言っても隣にはiMacもMacBookも Chromebookもあるのだから。

また飽きるまでこんな感じで使っていこうかと思ってる(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました