古くなった車の買い替えを検討中

古くなった車の買い替えを検討中

我が家の愛車マツダ・プレマシーはもう12年目を迎え、来年の車検で13年目を迎えます。自動車税も高くなるタイミングもあるし、そろそろ色々な箇所の破損や老朽化の心配もあります。
そして、最大の点は長男が車の免許を取ったという事。ボクの子供という事もあるのか、免許を取って以来ボクが車を使う機会がほとんど失くなってしまいました。。。というのは、ほとんど長男が使っているんです。。。

先日から京都や淡路島、そして和歌山へ友達たちと一泊旅行までするくらい毎日乗っていて、完全にボクが乗る機会がなくなりつつあります。。。
それはボクもそうだったし運転の練習をするのにプレマシーはとても良い車だと思います。大きさも適度だし速く、よく止まり、よく曲がる。それにプレマシーには申し訳ないけど古いから当てても多少気持ちの落ち込みは少ない。。。この前初めてボクも同乗したけどなかなか丁寧な運転で安全でした。

古くなった車の買い替えを検討中

そんな事もあって次の車選びは子供達も交えた検討になってきてしまいました。。。ボク個人ではもう小さな車に乗る予定でいたのに、子供達は大きな車を運転したがるんですよ。

初めはフリードくらいの7人乗りを考えていたのだ。それはあまり乗らないけどいざという時に必要だからという理由。それは分かります。
そして、今度はローンを組む事になるので、毎月の支払額を計算していると意外と大きな車、いわゆる高額な車もイケるんじゃないか?という罠にハマってしまいました。。。

古くなった車の買い替えを検討中

そして、それを考えながら改めて7人乗りくらいの車を検討したのだが、そういった車はノア・ボクシーなどに代表されるワンボックスが主流なんです。
正直その類はもうあまり考えたくないけど、他に選択肢も多くない。

古くなった車の買い替えを検討中

他に考えるとまともの乗れそうな車は上の車格しかない。フリードはノアやボクシーより小さいんです。個人的にはとても良いと思い夫婦で試乗しましたけど、ハイブリッドを含むエンジンが今より良くなくて走りも楽しくなかった。元々そういった車ではないけれど。息子も友達とレンタカーで同格のシエンタを運転したが全然楽しくなかったようだ。

となると、プレマシーと同じようなミニバンを考えたがこれは各社揃って選択肢どころか車がない。。。もうブームは過ぎ去ってしまったのだと思う。
マツダはプレマシー・ビアンテ・MPVといった車種を「選択と集中」という理由で廃盤にしてしまった・・・トヨタも日産もホンダも三菱もミニバンはどんどん廃止にしてしまい、SUVというカテゴリーの車に開発し始めているようです。

そこで、SUVで7人乗りとして候補に上がったのがプレマシーと同じMAZDA CX-8である。この車にはCX-5という5人乗りの売れ筋車種がある。これはこれで素晴らしい車だけど、我が家は5人乗りでは小さいのです。という事でCX-8になるんですが、よく間違われるのだけれどCX-8はCX-5の大きい版ではなく、アメリカで販売されるCX-9という車の小型版という位置づけらしい。

古くなった車の買い替えを検討中

家族で話した結果、いつもお世話になっているディーラーにお願いして試乗してみようという事になり、先日CX-8とCX-5の試乗をさせてもらってきました。
初め、ボクはCX-8で良いと思っていたけど、奥さんと子供は全長が4900ミリもありプレマシーより30センチも長い車は運転が大変ではないかとあまり乗り気ではなかった。

ボク自身は長さも幅も問題なかった。アクセルを踏めば前に進むしハンドルを回せば左右に曲がるのだから後は慣れの問題で走り込めば大きな問題ではないと思っているからだ。
その話をしても通じなかったが、実際にCX-8に試乗してもらいボクはCX-5に試乗してみた。CX-8は試乗しないのかと聞かれたけど、ボク自体は乗りこなせると思っていたので、運転間隔だけを確かめにCX-5に乗ったのだ。

大事なのは今のプレマシーと変わらないという事をCX-8で分かってもらう方がメインだったのですよ(^^)

エンジンは共に2200ccのクリーンディーゼル。トルクが恐ろしくアクセルを踏めばすぐに加速し60km。恐ろしくトルクフルでガソリンエンジンより燃費がよく一般道で12〜14キロ。高速道路では16〜18キロという燃費も凄い。運が良ければ20キロも伸びるらしい。

完全にプレマシーより良い。おまけに軽油はガソリンよりだいたい20円も安いので維持費という意味では今より安い。。。時の流れは恐ろしく残酷。。。

ディーゼルエンジンの心配はススが溜まるという事と、エンジン音がとても心配でした。
ススに関しては今は定期的に燃焼させるようだったし、エンジン音については車外だと多少分かるものの、車内に入れば正直全然分からない。
普通に車に興味のない人を乗せても分からないと思うくらいしずかで滑らかなエンジンだった。ちなみに高速道路で100キロのエンジン回転数は約2千回転くらいらしい。

車格も含めて全然疲れないと思うし、レーダークルーズコントロールとレーンキープアシストシステムのおかげで疲労からは開放されそうです。
ボクがいつもうるさく言うシートに関してはサポートもしっかりして肉厚でヨーロッパ車とまでは言わないけど腰の疲れもなさそうな包まれ感のあるシートが3列目まで付いているのはとても魅力的だった。

案の定、奥さんと子供達は試乗してプレマシーとあまり変わらない事が分かり、「これやな。」と言っていた(^^)
7人乗りと言いつつ、普段はそこまで乗る事もないので2列めを3人ではなく2人で乗るキャプテンシートを選ぶ予定。その方がこの車らしいし快適だろうというみんなの意見。

さて、何事も購入するまでが一番楽しい物欲ではあるが、CX-8にも他に検討する車がある。それは先程考えたくはないと書いたワンボックスカーである新型ステップワゴンである。

ノアとボクシーも含め、頑なに守ってきた5ナンバーサイズから3ナンバーサイズの横幅1700ミリを超えて登場してきた。ちなみにステップワゴンの横幅は1750ミリとプレマシーと同じで20センチ長い。それにも関わらず最小回転半径は5.4メートルとこれもプレマシーと同じなんですよね。
扱いやすいという事に関してはステップワゴンにも分がある。エンジンは1500ccのターボである。毎年の自動車税も少し安い。車検に関しては重量があるので微妙ではある。

ただ、7人もしくは6人が広々乗れるのは魅力的で安全装備や先進装備も含めると一気に候補になる。走りの楽しさは劣る気はするけれど。
ボクが心配するのは海外の車と違って、日本車の作るワンボックスは年に一度か二度しか使わないようなフルフラットシートを前提としたシートなのだ。
平坦でシートバックが低い畳めるシートである。輸入車だと外せるものなら外してみろ!と言わんばかりのクソ重いシートで乗り心地もかなりいいのに、なぜだかフルフラットシートを重視するのだ。

古くなった車の買い替えを検討中

心配といえばこれくらいだけど、乗る時に満足感を味わえるのはCX-8に間違いないと思うし、駐車している自分の車を見てニヤニヤするのもCX-8だ。
では迷う必要がないじゃないかと言われるが、金持ちと違い貧乏人は価格で悩むのだ。

約30〜50万円の違いが出てくるし、維持費の違いもある。タイヤの大きさやサイズ、車検の価格や定期的なオイル交換を含むメンテナンス費用も考えないといけない。
そう考えるとフリードは良いなぁと思うけど、だれも満足しそうにない。既に上を向いてしまっている購買意欲をどうすれば良いのやら。

これも物欲という楽しみである(^^)

MAZDA CX-8|クロスオーバー SUV|マツダ
新クリーンディーゼル&MAZDA新世代デザイン。何も妥協しない、最上のSUVスタイル。クロスオーバー SUV「マツダ CX-8」。

コメント

タイトルとURLをコピーしました