ダイヤモンドより金がオススメな理由

ダイヤモンドより金がオススメな理由

憧れのダイヤモンド

日本ではダイヤモンドが婚約指輪の宝石として扱われ、どちらかというとシンプルな見た目と輝きが重視されていますが、日本以外で考えると宝石はダイヤモンド以外も婚約指輪に使われる事が多いんです。
主な宝石はダイヤモンド以外で「エメラルド・ルビー・サファイヤ」がメインどころではあります。

さて、この前知人と話していて「今ならダイヤモンドを持った方が良いかなぁ」と言われたので咄嗟に「ダイヤモンド持つのであれば1カラット以上じゃないと価値的に難しいと思うし、それなら金の方が換金率は高いと思うなぁ」と返事をしました。
金の価値ってちゃんと相場が出ていて、日本だけじゃなく世界共通で使える物です。使える物と言う言い方は正しくないと思いますが、ダイヤモンドを質屋さんに持っていっても評価って二束三文とはいかなくても、想像以上に低く感じる見積もりになるんです。

ただ、金の場合は相場価格がちゃんと出ているので金の方がダイヤモンドより価値的には安定しているんですよね。
質屋さんに行っても多くの指輪のダイヤモンドの価値はほとんど評価されずに、地金の重さがメインとして評価されていると感じます。重量計と比重計で測ってしまえばどんな地金なのか一発で分かりますし、その時の地金価格で取引されるので非常に分かりやすいんです。

ここに書いたのはあくまで一例ですが、個人的にも業界の人間の言葉としてもダイヤモンドより金の方が良いなと思っています。もちろん、本当に価値のあるダイヤモンドや宝石があるのは分かっていますが、普通に考えれば金の方がどこでも同じ評価をしてもらえると言う事が大事だと思うんですよね。

婚約指輪とかジュエリーを売っている者としてダイヤモンドは評価しないのかと言われるのですが、小売価格で考えていれば金の方が良いかなと思います。ただ、ボクの場合は宝石屋なのに資産価値としての地金ではなく商品を作るために使っているのであって、手元に持っている金は6グラム程度しかありません。。。
引取価格としては、今の相場だとだいたい3万円程度しかありません。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました