商売を始めた頃

仕事の事

アレキサンドライトの思い出

高級で希少な宝石 先日、キャッチセールスで扱うアレキサンドライトの事を書いたので、それについての思い出を書こうと思う。 ボクがアレキサンドライトを初めて知ったのは先日の日記の通りキャッチセールスがキッカケだ。それ以来、仕...
仕事の事

新しい得意先「商売を始めた頃」その2

新規得意先へ 指定された日に新規の社長へ会いに行くと、休日なのに出社して相手をしてくれた。休みなのに申し訳ないと言うと「いえいえ、仕事好きですから。」と答えた相手の社長。 早速名刺交換をし、仕事の話へ。 少しだけ仕...
仕事の事

新しい得意先「商売を始めた頃」その1

得意先の開拓 久しぶりの商売を始めた頃の話。 卸業の商売というのは基本的に知り合いから始まるし、得意先も以前のお客さんの所から始まる。信用の問題もあって新しいお客さんより既存のお客さんから声を掛ける方が売上の目処も立ちや...
仕事の事

商売が面白くなってきた頃

商売を覚えた頃の話を先月くらいに書いたけどそれの続きの話。 仕事を始めた20歳の頃は仕事が嫌だった。今の若者と全く同じく。それに父親と同じ業界で働く事も嫌だったし。 その意識が変わったのは3年くらい経った時だったと思う。...
仕事の事

カバン持ちから商売へ

仕事を始めてカバン持ちをしていた頃のお話です 以前、仕事を初めてカバン持ちをやったという事を書いたけど、今日はその当時の話の別の話題を書こうと思う。 大阪にある宝石の街 カバン持ちをしていて辛かったという事...
仕事の事

仕事を始めた頃

何もわからず宝石業界へ ボクが仕事を初めたのは20歳で専門学校を卒業した年だった。 今の仕事がどう決まったかというと、知らない間に父親が決めていた。 親戚とかほぼ全員が商売人ばかりだったので、商売をするのかと漠然と思っていたけ...
仕事の事

ピンクダイヤモンドで失敗して年収が吹き飛んだお話。

若い頃は失敗します。 もう20年ほど仕事をしていると色々と失敗しているもんなんです。今でも失敗しますし若い頃も失敗します。その中で失敗した中の1つ、ピンクダイヤの指輪の失敗談です。 実は宝石業界も委託販売が盛んです。 ...
タイトルとURLをコピーしました