「 仕事の事 」一覧

ゴージャス路線へ

サイズ直しが出来ない指輪の製作は気を使うし時間もかかる

昨年から作っている新しい商品、これはほとんどシンプル路線なんですが、それとは別にかなり豪華な指輪も作っています。
いつ出来るかというのは分からないんですが、今年中には・・・

他と同じ商品ばかりじゃつまらないですからね。それとうちは「極ブランド」っていう独自ブランドを作っています。それを拡充しようと思ってます。ただ、そんな小さなブランドでも統一したデザインや雰囲気がボクにはあるので、それを維持しながらと考えています。

ブランドと言っても本物のブランドのようなもんでもないですけどね。

また出来たらお知らせします(^^)


もっとスマホ対応しようと。

スマホ対応

スマホがメインとなって、購入する時もパソコンよりスマホの方が圧倒的に多くなりました。9:1でスマホが9くらい。(楽天ショップでの傾向)

メインのネットショップもパソコンメインで作っていて、だましだましスマホにも対応していたけど、今やもうパソコンメインよりパソコンを捨て去ってスマホメインに順に作り変えていってます。上の画像は楽天ショップヤフーショップでは既に使用していたけど、メインのショップにはまだ使っていませんでした。

今回の変更点は、分かりやすくシンプルにタップできる事がメイン。だからスマホのアプリのような角丸四角の画像を上手く配置しようかと思っています。
そんな訳でこの画像をしっかりと配置し、商品探しが少しでも楽になれば良いなと思ってます。


謹賀新年。今年もよろしくお願いします(^^)

2019

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今年もいつも通り粛々と仕事をこなしながら、新しい商品を作っていきたいと思ってます。

そして、表に出ないくらい小さな変化が大きな変化を起こすような事をしていきたい。

仕事をしていて、納品後に喜びのメールを受ける事があります。
でも、喜んで貰おうと言うより、凄く良い物を作ろうと思ってやってきたつもりです。

確かにそれは正しい事だと思うんですけど、厳密に言えば、それは使ってくれるお客さんの事を考えている訳ではなくて、こちらの都合なんですよね。
価格に関わらず、客商売をしている者にとって良い物を作る事は当然といえば当然なんですが。

もうそんな姿勢で10年やってきて考える事があります。

そろそろ買ってくれるお客さんの事を真剣に考えながら作らなければ生き残れない。独りよがりの物を作って取り上げられるほどの才能はないという事を認識しなければいけません。
だから、理念という言葉は好きではないけど、使ってくれるお客さんが喜んでくれる指輪をつくりたいと思いました。

良い物を作れば喜んでくれるのはそうかも知れないけど、今度はお客さんを見ながら作るって事なので、少し意味が違うんです。
これをちゃんと意識してショップのページも変えていこうと思ってます(^^)

それが今後の経営方針です(^^)


新型のデザインの婚約指輪が出来ました。

新型の婚約指輪が出来ました。

これメチャクチャ格好良い。少し太くてシャープなアームデザインとティファニーセッティングの6本爪といったデザインです。

今までの定番のリングとデザインの素晴らしさは双璧を成すな(^^)

婚約指輪といえばこのデザインと言われるほど有名なティファニーセッティングの指輪です。6本爪と言えばティファニーセッティングであり、婚約指輪として初めにイメージするのがこのティファニーセッティングです。…

値付けは別として久しぶりにシンプルデザインの凄さを見せつけられたなぁ。商品アップが楽しみな指輪(^^)


新しい指輪を製作中なんです。

新しい指輪を製作中なんです。

来年に向けて新しい指輪を作ってます。来年の予定は10本くらいと考えていますが開発費と相談です(^^;)

ひとまず写真の5本の指輪。これは先日のように作り間違えた訳ではありません(^^;)
全て0.3カラットのダイヤモンド用の指輪の枠で、今からこれを元に0.1カラットのダイヤモンドを留める枠にデザインし直します。

0.1カラットは3ミリ程度の大きさのダイヤモンドで正直大きくありません。で、これを5万円で販売するように作るんです。
ブリリアントジュエリー本店を含め、10万円の婚約指輪を作ってますが、5万円の婚約指輪を作ろうという訳です。

  • 1万円のシルバーの婚約指輪
  • 3万円のシルバーの婚約指輪・結婚指輪のブライダルセット

そこにこのプラチナの5万円の婚約指輪を当てるんです。

上手く売れるかは分かりませんが用意をするという事が大事なのです。
デザインは極めてシンプル。うちではこれが5万円の限界デザイン。

まぁ、売れる売れないより作る方が面白いので色んな商品を作っていきたい(^^)


4℃は和製ティファニーになれるか

4℃は和製ティファニーになれるか

ジュエリー業界を代表する上場企業である4℃ホールディングス(ヨンドシーHD、以下4℃)の売り上げが、低迷から一向に抜け出せない。全国に200店以上ある既存店の売り上げは、足元の2018年11月も前年同月比4.5%減…

ティファニーになれるかはともかく、4℃が高級ジュエリーブランドになるにはひと目で4℃と分かるブランドデザインが必要だと思います。
ティファニーのオープンハートや、ティファニーセッティングと言われるリングデザインなど。

これ、日本の車メーカーも同じでひと目でどこの車なのか分かるという事がブランドに繋がります。だから世界での日本車評が「壊れない所が長所」と言われてしまうのです。

現在日本メーカーでマツダだけがそこから脱却し始めていると感じます。マツダの販売の6〜7割が海外販売だからそれを肌で感じていたのだと思う。

4℃。たまに店舗に行って見てるけどかなり苦労するんじゃないかと。ただ、ブランドというのは一朝一夕に築き上がる事が出来る物でもないから経営陣が長い時間をかけてどこまでブレずに出来るかが勝負。

翻ってボクのショップでは「極ブランド」として展開しています。ある程度デザインの傾向があると思うもののまだまだオリジナリティには程遠い。ほとんどボクの作りたい好みのデザインですから。
それでもこの「極ブランド」を指名買いしてくれる方も多いですし、自分の作りたいデザインで好きなようにする事はブランド作りにおいて重要なのだと感じる。

でも、それはボクがやっている間だけなので、ブランドではないかも知れないけど。
いつか4℃がティファニーなどに並ぶ高級ブランドジュエリーになれば同業としても嬉しい。



宝石の買い付けをしている人は強い

宝石の買い付けをしている人は強い

※上記の写真はダイヤモンドでパライバトルマリンではありません。。。

パライバトルマリンを買い付け

まだ卸業の会社に勤めていた時ですが、営業販売はもちろん仕入れなどもしていました。

その当時「パライバトルマリン」という石があったんですが、その人は本当に現地に買い付けに行っている人だったんです。産地はブラジルのパライバ州ですからそこで買い付けしている訳です。

Wikipediaには、

パライバ(ネオンブルー、ネオングリーン)

とあって、蛍光色があるキレイな色なんです。希少価値もあって価格も高価ですよ。色味に関してはグーグル画像検索をどうぞ。

当然日本に帰ってきたら売る為に宝石鑑別機関に持ち込んで鑑別書を作ってもらうんですが、半端ないくらいの個数を出すのです。全てパライバトルマリン。

鑑別機関の人もその人が買い付けに行っている事は知っている訳です。ナイジェリアでもパライバトルマリンが産出されますが、やはり色目が違います。

まさかの結果!

数日後に鑑別書が出来上がってくるんですが、鑑別結果が「パライバトルマリン」と表記されない石があったんです。

その方は鑑別機関に異議申し立てをしました。自分が現地に買い付けに行っているしおかしいじゃないか。その上、パライバトルマリンに関しては鑑別機関の誰よりも詳しいし、だから買い付けに行っているのだと。

しっかり抗議して最終的には「パライバトルマリン」と表記されたんです。今はそんな事があるのかどうか分かりませんが、本人から聞いたので恐らく本当なのだと思います。

今でも覆る事があるのか

昔の話なので今ではそんな事があるのか分かりません。ただ、鑑別する方も人間ですし自分よりかなり詳しい人から言われたら迷ったりする事があるのかも知れません。

その話を聞いていて笑いながら「おもろいなぁ。そんな事あるんや。」と凄く思いました。同時に「絶対ってないんやな。」と妙に納得したのを覚えています。

だから、今でも「無理です。」という返事は聞き入れませんし疑いながら聞いています。実際本当に無理な事はほとんどなかったので。

何事も交渉なのかも知れませんね。もちろん、絶対的な経験と知識が大前提ですけどね(^^)


プロポーズリング屋さん

1カラットのティファニーセッティングの婚約指輪

シルバーとキュービックジルコニアという組み合わせで作った婚約指輪を販売する「プロポーズリング屋さん」を作りました。

ブリリアントジュエリーで販売している「プロポーズリング」なんですが、これはシルバーにキュービックジルコニアという組み合わせでブリリアントジュエリーを見る方とは層が違うという事で店舗を独立して運営しようかと思って作りました。まだ製作中ですがシンプルになっています。

誰が見ても選びやすく見やすいページになっています。ブリリアントジュエリーは当初と比べて肥大化してしまいターゲットを絞れていないようになってきたので、こういう形でショッピングカートのみを利用しながら別店舗で展開しようと思ってます。「金のうんこ」であったり「宝石磨き布」であったりと言った感じですね。

ショッピングカートだけを使うというのはこんな感じですね。

かなり簡単な感じですけど、運営する側からすると展開はしやすいしシンプルで見やすいと思うんですよね。楽天市場やヤフーショッピングでも展開していますが、こういった展開も必要な時代になりました(^^;)

→ プロポーズリング屋さんへ



携帯用サイズリングを持ち歩く。

携帯用サイズリングを持ち歩く。

仕事柄カバンの中に入れています。結構便利なんです。サイズ直しの場面に出会う事が多いんですけど、その時にサッと出すんです(^^)

今着けている指輪のサイズを計り、指のサイズを計る事も出来る。

これが便利なんです。仕事が出来るように見えるでしょ(^^)
そう、そう思われたいだけの為に持ち歩いています(笑)


急ぎ対応が難しくなってきました。

急ぎ対応が難しくなってきた。

指輪のケースを仕入れ。基本的にどの指輪もこのケースを使っています。

このケースを36個仕入れてきたんですが、理由はまた納めていない指輪の注文が来ているからに他ならないんです。
だから、気持ちは分かるけど急ぎの納期の対応は難しくなっています。。。何とかしたい気持ちはやまやまなんですが。。。

プロポーズの準備は余裕を持って行ってください(^^;)


ティファニーセッティングの6本爪ピアスの売れ筋

ティファニーセッティングの6本爪ピアスの売れ筋

うちが運営するピアス屋さんではかなり多くのピアスがありますが、基本デザインは6本爪のティファニーセッティングのピアスです。地金やダイヤモンドの大きさなど多くのバリエーションに加えて、ピアス針の長さや太さの設定もあります。

それで一番売れているのはどれかというと、やっぱりダイヤモンドの大きさなども考えて一番可愛いタイプのピアスになります。下の画像のピアスがそうですね。

ピアスポストも変更出来るので、ファーストピアスやセカンドピアスにも良いみたいで、全体の6割ほどがこのピアスの注文です。こだわり派の方が多いと思うんですけど好評で最終的にはオーダーメイドに繋がっていく事が多いですね。




甲丸屋をレスポンシブ対応にしたら管理が楽になりました(^^)

甲丸屋をレスポンシブ対応にしたら管理が楽になりました(^^)

甲丸屋はパソコンサイトとスマホサイトが別で運営していたんですが、やっと合体させて運営管理が一元管理になりました。
特に大きな事はしていないんですが、検索順位は多少変わるかも知れません。知らんけど(^^)

次は兄弟サイトと言える平打ち屋に取り掛かります。

結婚指輪(マリッジリング)にも使われる甲丸リングだけを扱うお店です。宝石職人が心を込めて製作しています。

新しい指輪を作るけど、オリジナルブランドって難しいね。

0.1カラットの婚約指輪

新しく作る指輪のベースとなるデザインが出来てきました。写真はまだですがとても綺麗なデザインなんです。

婚約指輪なので、ダイヤモンドがメインなんですが、指輪のアームのデザインをどうしようかと考えています。

しかし、オリジナルデザインとしても、この指輪は「極(きわみ)ブランド」とは言えないなぁと思っています。うちの「極(きわみ)ブランド」はこういった趣旨で作るという自分の中の定義があるからオリジナルブランドは難しいんです。

基本どっしりと地金を使うので地金のみの結婚指輪は良いんですが、石を使う指輪でのオリジナルはなかなか難しいんです。

まだまだ色々なブランドメーカーを研究しなければいけませんね(^^)


リーズナブルって言われるより、貴方のお店で買いたいと思わせたい!

リーズナブルって言われるより、貴方のお店で買いたいと思わせたい!

うちのネットショップ全店に言われる事が、

「やっと見つけました。」

と言われる事が多いんです。確かに指輪やピアス、その他アクセサリーを検討の方から多くはないけど依頼がある。他のお店を見たりする事はなく、価格設定も考えた事ないけど、うちはそんなに高くないらしいのです。

そして、他を検討中の方からコスパが良いという言葉を頂くんですが、嬉しい反面、何となく喜べないんです。。。

価格競争はしたくないし、価格で選ばれたくない。

「高いけどここのお店の商品が欲しい」

そう思ってもらいたい。販売する方のワガママなんだろうけど。そう思ってもらうにはまだまだ努力は必要ですね。やるべき事をしっかりとしていけば大丈夫だと思ってます。道のりは遠いけどね(^^;)



どこにもない最高の物を作るって書くのは簡単でも恐ろしく大変。。。

結婚指輪はプラチナが良いの?

うちで購入してくれる方はかなりこだわり派。なぜ分かるかといえば、やりとりするメールの中で必ず、

「色々なショップを見たけど、どこにも納得出来る指輪がなくて、やっとたどり着いた。」

とこんな感じで書いてくれる。何故か定型文のように絶対に書いてくれてる。どこにもない最高の物を作るのは凄い気力がいるしハードル上がるなぁとか思いつつ、最高の物を作ってやろうじゃないか!と思う訳だ。今までもその期待に応えてきた自負はある。

ブランドジュエリーに負けない為に自分の商品にも「極ブランド」というブランド名を付けて用意している。そして、そのブランド商品の問い合わせが少ないながらもちゃんとある。少しは実を結んで来たと思う。

楽天やヤフーショッピングのようなモールと違い、路面店という感じの独自店舗は集客が難しいだけに受注には繋がりにくく毎日開店休業状態かと胃が痛くなる時も多いけど、

「誰かが見てくれている。」

そう感じると少しは救われる気分になる(^^)
さぁ、また頑張ろうじゃないか。


婚約指輪ならティファニーって本当なのか?

婚約指輪ならティファニーって本当なのか?

いきなり結果ですが「それは本当です。」としか言いようがないくらいティファニー凄いです。理由をいくつか。

  • シンプルなデザイン
  • ダイヤモンドの品質
  • ケースが良い

ティファニーのエンゲージメント リング | Tiffany & Co.

見たままですけど、こんな感じです。デザインがシンプル。長く使えるのは確実にシンプルデザインですからね。

そして、ダイヤモンドの品質です。多くのブランドジュエリーではダイヤモンドの品質を明らかにせず、ある程度の品質以上の物を使っているようです。というのもボクが聞きに行った時にそう教えてくれました。

ただ、ある程度以上としてもかなり綺麗な品質な事は間違いないです。特にカットがとても綺麗。俺も欲しいと思うくらいうっとりとした輝きです。

最後はケースです。ティファニーってケースが良くて購入する方もいるくらいですし、あの箱があるかないかで売る時の価格が大きく変わります。だから、持っていたら必ずとって置きましょう。メルカリなどではケースのみを販売している事があり、恐らく再販目的なのかなぁと思ってます(^^)

ちなみにうちのケースは上の画像の白いもの。なかなか高級感ありますけどティファニーには負けます。。。

一番の理由は単純に綺麗だからという事だと思うんですけど、どれか一つでも欠けると完璧ではないという一品なんですよね。プロでも欲しい指輪ってこういうやつかと思ってます。

うちでもオリジナルですがティファニーセッティングの指輪を作っていてちょっとずつですが改良を続けてます。我がショップのベストセラーです。

婚約指輪の定番といえばこのデザイン。6本爪ティファニーセッティングタイプの婚約指輪


商品選びの時のダイヤモンドグレード選択をどんどんシンプルにしたら良い感じになってる気がする。

商品選びの時のダイヤモンドグレード選択をどんどんシンプルにしたら良い感じになってる気がする。

ブリリアントジュエリー本店ですが、最近ではアクセスのほとんどがスマホからになってきているようです。時代の流れですね。そう思ってスマホからでも見れるようにしたんですが、もともとパソコンからのアクセスをベースに作ったパソコン用サイトだったのでスマホから見ると見にくい場合も多かったんです。

そんな訳で今更ですが商品を選ぶ時のダイヤモンドのグレードを選ぶ方法を考えて考えまくってシンプルにしてみました。上の画像がそうですが以前は、価格別などから選んでもらったりしていたんです。でも、それだと画面の小さいスマホでページを戻って他の価格帯を選んだりしないといけませんでした。

例えば、始めに商品を探して選びますよね。それから、ダイヤモンドのグレードを見てみる。本当なら10万円くらいが良いなぁと思っても、それは10万円の婚約指輪のカテゴリーに移動しなければならない。で、戻って10万円の婚約指輪から、さっきまで見ていた指輪を選ぶという訳です。

書くだけでも面倒だし、それなら他のショップを見に行こう。となります。ボクでもなります。通信スピードが常に早いとは限らないですし、かなり時間かかります。それではダメだと。

そんな訳で今後計画しているのは、上の画像のようにダイヤモンドのグレードを選ぶ時に、今まであったグレードに加えて価格別も一緒に選べるようにしました。それだけでもかなり負担が減ります。現在の所0.3カラットと0.5カラットに加えて10万円の価格は0.2カラットが選べます。本当なら1カラットも選べるようにしたいんですが、商品が全然別物なのでどうしようかと考えてます。

それでも、そうする事で選びやすくなっていますし分かりやすい。良い感じになってきた気がします。

情報量が少ないスマホがメインとなった今はそれに対応しないと。

でも、まだまだ改善が必要ですね(^^)


宝石業界で仕事をしていて分かったウラ側

卸し売り

宝石業界に入って20年以上経つと色々な事が分かってくる。簡単に挙げるだけでもこんな感じ。

  • 実はみんなフラフラ
  • 高齢化が進んでいて自転車操業
  • やはり胡散臭い

そうは言っても高齢者はバブル以前も以後も儲かったので良い宝石を持っている。国宝級やなと思うくらい良い物を持っている。

でも、今となれば価値は同じとしても誰もがそういった良い物を求めないのだ。もし欲しい人がいても今の価格だと赤字なので無理して売る必要もないというのが本音。

そして、その結果、仲間内での商売でお互いに売り買いしながらお金を回しているだけの状態なのだ。そうでもしないと食い扶持がなくなるからと思う。

最後はやはり胡散臭さが取れない。ボクもそうだけど、宝石屋と言うのは凄い儲かると思われてる。確かに凄い額の製作は単価の低い注文よりは利益が大きい。

それは単純に額だけであって、利益率は同じなのだ。高いからと言って大きな利益を取っている訳ではないんです。なんだか言い訳っぽくなってしまった(笑)

こう言った事を話せば話すほど胡散臭く感じてしまうけど、自分で話していても胡散臭い。

正直に言ってしまえば、単価の高い商品の依頼は嬉しいけど、その為のプレッシャーはとんでもない。知識と技術とそれに耐える精神力が必要なのだ。

時間もかかるし出来上がるまでは実物を見る事は出来ないのだから。

でも、この仕事の救いは喜んでもらい感謝される事。その時は儲かった!と思うよりホッとするだけ。作っている最中はやめたいと思う事もあるし、プレッシャーに負けそうになる事もある。

まぁ、この仕事を長い事していて、それがこの仕事なのだと思うようにしている。淡々と仕事をするしかなくて、それはどの仕事でも同じなのだ。

ここまで読んでいても胡散臭いと思われるだろうなぁと半分笑ってしまう(^^)


ボクが見た凄いブランドジュエリー凄さ。

ボクが見た凄いブランドジュエリーはこれ。

ずっと仕事をしていていつも思うのは「ブランドジュエリーってやっぱり凄いなぁ」って事ですね。自分も凄い指輪を作っているという自負はあるんですけど、比べるとやっぱり違う。

価格は別ですけど、あんな品質で量産できる事自体が脅威なんですよね。うちは最近オーダーメイドが主体なので、比べる事が間違っていると思うんですけど、石、枠、仕事の品質がどれも飛び抜けてるんです。ひと目で分かる訳ではないんですけどかなり高次元でバランスが取れてます。

うちもあれくらいを目指したいなぁと思いながらやってます。ただ、良い仕事は高いんです。当たり前ですけどね(^^)

石の品質にしたってかなり綺麗。まぁ、ダイヤモンドの場合はグレードで価格や品質が決まるとしても切り捨てるグレードの品質自体が高いので、常に高次元。
恐らくグレードだけではなくて、実際に目で見て選んでると思います。かなり厳しい検品だと思うなぁ。

そして、枠や仕事に関しても量産するとある程度の歩留まりの悪さは仕方ないと思うんですけど、職人さんも手慣れているのか思いっきり綺麗な仕事をしてます。詰めの形や角度、そして強さなどですね。どの留めかたにしても一定です。うちも多分負けてないけどあんなに大量くるとこっちも検品するのが大変。商品管理って簡単そうで難しいんですよね。

ボクなんて月に10点くらいきただけでフラフラ(笑)

にしてもあれだけの物量をあれだけの品質で管理出来ているなんてブランドには程遠いと感じている訳です。。。

ただ、うちもブランドに負けていないと思うのは注文が少ない分、細かいカスタマイズやコミュニケーションを欠かさずに物を作っている事。
ブランドでもそれは可能かと思うんですけど、電話やメールで話したりして結構細かい事もやってます。どれだけ満足度を重視するかって事だけですよ。

どちらも良い買い物をするって目的は同じだと思うんですけど、その過程が全然違う。これは見習わないといけないなぁといつも思ってます。

どちらにしてもまだまだブランドジュエリーにはほど遠いと感じるけど、目指す事が出来るのが誇りなのだと思ってます(^^)


毎日暑いです。。。

結納ケース

7月から暑い日が連発でもう参ってますけどいつまで続くんでしょうねぇ。

と思ったら豪雨だったりよく分からない日々が続いています。一体どうなるのかと思ってますが、仕事は続けているのです。

つい先日まで楽天市場店の作業に追われていましたが、今はヤフーショッピング店に取り掛かっています。

実はヤフーショッピングは楽天市場に比べて売れる訳ではないのでどうしても遅れ気味ですが、ちゃんと取り組む予定なのです。

本店に関してはもう少し考えながら取り組もうかと思ってますよ(^^)

全然関係ないですが、写真は最近希望が少なくなっている結納ケースです(^^)


選べる楽しさを提供する為、プロポーズ用婚約指輪の追加を計画しています。

プロポーズ用リングの追加

選べる楽しさを提供

楽天市場店でよく出ている「プロポーズ用婚約指輪」ですけど、種類が6種類なのです。シンプルな一粒タイプでバリエーションが少ないのです。

少ないから選びやすいのか、多いと選びにくいのかという問題は昔からあるのですが、本店と違って楽天市場店では「選べる楽しさ」が重要だと。

何も選べる楽しさは楽天市場店だけではないと思うのですが、選べるという行為は気軽に買える楽しさでもあるのだそうです。

そんな訳でもう少し種類を増やす計画を

個人的にも少ないかなと思っていたので、増やすとしても何を増やすのかという事を考えなければいけませんでした。

同じような価格帯や、同じようなデザインは今用意すべき理由もありません。となるとサイドストーンがある少し豪華な指輪が良いよなぁと自分の指輪を見ながら考えました。それが上の画像のデザインかと。出来れば3種類くらいあればと考えてます。

価格についてはさすがに同じとはいきません。単純に石代や石留め代金も増えますしね。価格に見合った内容にしないといけないので色々考えています。

選ぶ楽しみと同時に簡単に選べるという事も重視したい

他のデザインも考えたりしていますし、考える事がいっぱいなんですがボクがモットーとしているのはシンプル。選べる楽しさと同時に、「簡単に選べる」という事を考えているのです。

買う時に長く悩むのは嫌だと思いますし、悩みすぎると「やめた!」となりますからね(^^)

追記:少しづつですが全体的なリニューアルも兼ねて商品の追加を始めました

まだ1点しか始めていませんが、カテゴリー全体のリニューアルも兼ねて商品の追加を始めました。価格も少しだけ買えていきながらやっています。

こちらのページからプロポーズリングを見ることが出来ますよ(^^)


宝石磨き布(ジュエリークロス)の新色が増えて全部で11色になりました。

宝石磨き布(ジュエリークロス)の新色が増えて全部で11色になりました。

宝石磨き布のカラー展開は今まで5色だったんですが11色に増えました

今まで地味に展開していた「宝石屋さんがオススメする宝石磨きクロス」ですが、去年から販売を開始していて楽天市場店では地味に売れ続けているのです。ちなみに本店ヤフーショッピング店ではそんなに売れてません(笑)

あまりに売れ続けているので何か考えないといけないなぁと思っていて、業者の方に聞いてみたら「他の色もありますよ。」と。

では他にどんな色があるのか聞いて展開を始めました

そんな訳で他の色の展開も始めました。今までは「ブルー・ピンク・イエロー・ダークグレイ・ライトグレイ」の5色だったんですが、新たに「ブラック・レッド・オレンジ・グリーン・パープル・ドット(水玉)」という6種類を増やしたのです。

全部で11色になった訳ですが、本当は5色だけ追加のつもりだったのです。でも、業者の方がサービスでドット柄をプレゼントしてくれたので11色になりました。だからドット柄は限定になると思います。

皮肉なものでこのドット柄が周りに聞いたら一番評判が良いんですよね(^^;) いつまで続くか分からないのでお早めに。

11色なり選べる楽しさが増えました

限定商品があるとはいえ、通常は10色展開となり個人的にも選べる楽しさが増えたと思っています。見た目もカラフルで楽しいですよね(^^)

楽天市場店での反応も楽しみですが、本店でも売れれば良いなぁと思ってます(^^)


100万円以上の受注って羨ましいと思われがちだけど、プレッシャーしかない。

100万円以上の受注って羨ましいと思われがちだけど、プレッシャーしかない。

羨ましいと思うでしょ?

ここの所なぜだか分からないけど高額の受注が舞い込みました。価格的には100万円以上です。それって確かに凄い事だと思うし羨ましいと思われると思います。

でも、そんな良い事ばっかりではないんですよ。何しろそういった依頼をしてくれる方は、「凄いものが出来る」って期待をするし、こちらはその期待を一身に背負って受ける訳ですから。

そんな期待をヒシヒシと感じながら綿密な打ち合わせをこなしながら、職人さんと話をしたり物事を決めたりとする訳です。

トラブルだらけ

どんな仕事でもそうだと思うんですが、予定通りにいく訳がないのです。色々な方向からトラブルがやってきます。石留めが決まらない。デザイン通りの石がない。細部がまだ決まっていない。。。など嫌な汗をいっぱいかく体験が山積みです。

だいたい納期がどんどんどんどん厳しくなってきて、間に合わないかも知れない・・・って事ばっかりなんです。だから、大丈夫。間に合わすぞ!とか色々説得しながら作るんです。

その中でトラブル連発で無理じゃないかと思う事もあるんです。ジュエリーだから輝いているのは当たり前でも、依頼者の望むような物を作るのは死ぬかと思う事の連発。。。

そして納品

色々なトラブルを乗り越えて出来上がるんですが、その瞬間でも全然安心出来ないんです。。。だって出来上がっただけで依頼者は見ていないんですから。

最終チェックでもトラブルがあるし、それを解決して最良の形を整えての納品です。ドキドキが止まらないという事はこういう事を言うんです。十代の頃の恋のドキドキが懐かしい・・・

素晴らしいです!と言われても安心出来ない

依頼者に商品を見てもらって依頼者が「オーケー」を出してもまだまだなんです。贈る人がいる場合、その方が喜ばないと納品とは言えないのですから。

納品して数日後に依頼者から連絡があって、喜んでもらえたのを聞いて初めて「安堵」です。嬉しいとかヤッターとかの感想はありません。

そして、次のミッションへ

やっと安堵したのもつかの間、本当に喜んでもらえたら次のデザインもよろしくお願いします。と言われる訳なんです。再びプレッシャー。あの悪戦苦闘の日々が始まります。

一時はキャンセルして全額返却も考えるような案件だったりするので、喜んでもらえるのは素直に感謝しかないです。

「これが俺の仕事」

そう思って初心を取り戻し仕事を続けます。

高額なら高額ほど期待を背負っているので、それなりに大変という訳なのです(^^;)


カラーストーンは奥が深い・・・深すぎる

カラーストーンは奥が深い・・・深すぎる

色の好みなどは個人差が大きい

カラーストーンの難しさは色の好みだと思います。エメラルドやルビーやサファイアなど、代表的なカラーストーンは一番綺麗とされる色はあるのですが、これは個人差があって本筋の綺麗な色でも好みじゃないという方もいるんです。

他のカラーストーンでも同じで個人差が大きいのですよ。これが原因でカラーストーンを扱わないところも多い。だからダイヤモンドが一番売りやすいんです。

でも、うちは基本的に宝石屋なので殆どの石は扱っています。ただ、パワーストーンと呼ばれるような石は好きじゃありません。科学的な証明がない要素は嫌いなのです。

だからパワーストーン以外の石であれば大概揃える事が可能です。それでも色の傾向や好みを含んで用意するのは大変なのです。

大変だけど楽しい

確かに色の好みなどを考えながら用意するのは大変です。

でも、それを含みながら用意し製作する過程が好きなのです。なんだかみんなで作り上げる感じでしょ?

これからも、時間をかけても綺麗なカラーストーンを扱っていきたいですね(^^)


Instagramから商品を購入

Instagramから商品を購入

そんなに使ってはいませんが

つい最近にInstagramから商品を購入出来るようになったそうです。面白いなぁ。

ボクもInstagramは使うようになりましたが、ガンガンとアップする訳でもなく時間の空いた時にアップするくらいです。

ちなみに、こちらで見る事が出来ます。指輪ばっかりでしょ?

写真をタップすると購入ボタンが出て押すと商品ページに飛ぶそうです。簡単になりましたねぇ。。。

まだ使えないんですけど、使えるようにしたいですね(^^)