「 仕事の事 」一覧

純金のジュエリー加工は出来るのか?

純金の加工

純金の加工は出来ない事はありません

先日お問い合わせ頂いたメールの中に「純金の指輪への加工は出来るのか?」がありました。

実は宝飾品で使われている地金は通常「純金」ではなく「18金」です。純金は地金自体が柔らかく宝飾品の加工には向いていないとされています。

金といえばピカピカ光り輝くイメージがありますが、それは18金の事であり、純金はピカピカというよりマットな質感です。例えば金閣寺の色といえば分かりやすいかも知れません。

ただ、アジアでは純金のジュエリーがメインとなっていて加工技術は基本的に変わるものではないのです。では、何が違うのかというと絶対数が少ないので価格が高いって事ですね。

宝石職人さんは地金ごとにまとめて仕事をするので、今週はプラチナ、来週は18金といった感じで仕事をする場合が多いです。理由は地金同士が混ざってしまうからなんですが、純金は仕事が少なすぎて割に合わないという事です。

加工も違うし、磨いても艶が出にくいし地金も柔らかい。

そんな理由もあって、加工賃が高いんです。こちらとしても期待通りの仕事が出来ないと悔いが残るものですし、純金も扱えるけど高くなるし品質もまぁまぁとなるとあまり扱いたい地金ではなさそうですね。

それでも、純金でなにか作れればと思うので、また勉強していかないといけませんね(^^)


新しいプリンターを検討中。今度はレーザープリンタが欲しい!

新しいプリンターを検討中。今度はレーザープリンタが欲しい!

実はコンビニで印刷しています

仕事で使うプリンター、実は毎回コンビニで印刷してました(コンビニが家の前なのです)。そんなに印刷する事もないし家の前がコンビニというのは便利なのです。
しかし、ここ最近になって楽天やヤフーで比較的低価格の商品も展開するようになり、印刷する機会が段々と増えてきました。

その度にコンビニへ印刷をしに行くのが面倒になってきた(ついでに余計な物も買っちゃうし)。

モノクロ印刷が99%なのでレーザープリンタにしようかと

そんな訳でプリンターを検討中なのです。インクジェットかレーザーか迷うけど、レーザーって意外と安いし最近はコンパクトなモデルも多いのでどうするか検討中です。
ちなみに、検討しているインクジェットは印刷時の大きさが検討しているレーザープリンタより場所を取るんです。これが1番ビックリ。インクジェットプリンタって排紙トレーを広げたりすると結構場所を取るんですよね。

基本的にモノクロしか印刷しないし、印刷も多くなってきたとはいえ、そんなに多くないから微妙に迷ってしまうんですが、今のところレーザーに気持ちが傾いています。
無線LAN対応なので別の部屋に置いて使えるし、給紙トレーも引き出し式で200枚くらい入ります。

納品書以外にも印刷したいものも増えてきていますし、あれば便利と思うのは確かと思うんです。

そんなこんなで近いうちに購入しようと思ってます(^^)


iPhoneの買い替えでiPhoneSE2を心待ちにしています。

iPhoneの買い替えでiPhoneSE2を心待ちにしています。

奥さんのiPhone5cが限界に

まぁ、正確には限界という訳ではありませんが何だか不安定な動きが多く、先日は着信音がどれを選んでも雑音という訳が分からない事態に陥ったらしく、LINEで助けを求められました。再起動したらサッパリ直ったようです。

そうは言っても不安定な事には変わりなく、新しいiPhoneを物色し始めました。奥さんはiPhoneであれば特にこだわりはないようで、今のiPhone5cの中古でも安定してたら大丈夫だそうです。

ただ、ボクとしてはアップデートの事に関してセキュリティなど、古い端末は心配な面も多くなるので比較的新しい方が良いかなと思ってます。

そこでiPhoneSE

どれにしようかなと思っていましたが、iPhone6からの画面が大きくなったデザインは好きではないらしく、今の5cの大きさが良いそうです。

なので同じサイズで5Sも検討したけど、それならSEの方が良いのではないかと思っている訳です。

カラーもローズゴールドがお気に入りで大きさもベストなので気持ちは傾いています。

ただ、今年後継機種が登場するという噂を聞き情報を調べてみると大きさはそのままで、画面がiPhoneXの用が全画面になるようなのです。欲しいじゃないか。

iPhoneSE2が格好良いし大きさも同じで画面が大きい

そう思って奥さんに話してみると、そこまで求めていない模様。電話とLINEとネットできれば何でも良いという姿勢で本当に何でも言いそうです(笑)

そうなるとボクが買い換えようかとまた悪い虫が騒ぎ出す訳ですが、それは話が違ってくるので奥さんにはiPhoneSEにしようかと考えています。

まぁ、買う買わないは別にしてボクはSE2を心待ちにしています。

そう考えると、iPhone5Sのデザインと大きさって秀逸やなぁと感じるし、指輪のデザインを考える時にも参考になりますよねぇ(^^)

そのiPhone5SやSEのデザインモチーフを参考にした指輪ですが評判は上々です。

→ 商品ページはこちらより


多忙を極め、プレッシャーも凄い!

多忙を極め、プレッシャーも凄い!

ここのところかなり忙しいのです。儲かりません。貧乏ヒマなしってやつです。それでも忙しいのは嬉しい。今はネットショップなのに実際にお客さんにお会いし、話を進める形の商談が多くなってます。

こういった事態って急に重なるので嬉しい半面スケジュール管理が大変なのです。職人さんへの話も多くなるし、ミスの元が増えてしまいます。

しかも、実際にお会いしてのお客さんはこだわり派が多く、高額になる事が多いのです。オーダーメイド中心だと仕方がないのかも知れません。なので、そういったお客さんの場合はプレッシャーも凄いのです。納期も忙しいし目が回るとはこの事なのです。

それでもそれで食べているので文句は言えません。嬉しい悲鳴をあげているのです(^^)


楽天やヤフーサイトより自社サイトを大事にします。

ダイヤモンドのグレードはあまりアテにならない。

厳しいご時世です

今年はネットショップを運営していてかなり経つけど1番厳しいんです。

それを考えてみたけど、楽天とヤフーのショッピングモールは売れても利益がどんどん持ってかれる。手数料ってやつです。

おまけに単価が低い。だから本数を売り上げても売上も利益も全然なのだ。

そして、ずっとやっている本店。これは独自ショップといって現実世界で言えば楽天やヤフーというデパートではく、街角の路面店のように捉えてもらえればいいと思うけど、この店は一番はじめに作ったネットショップで購入してくれた方も実は1000人を超えています。

浪速で働く宝石屋が運営する婚約指輪(エンゲージリング)、結婚指輪(マリッジリング)のインターネットで製造販売をしているお店「ブリリアントジュエリー」

これは客層が全く違って本店に来る人は楽天もヤフーも見て気に入らず必死に探している人が見つけるお店なんです。

そんな人はこだわり派が多い。しかし、信頼してくれれば全てを任せてくれる。お金の額も違うし、使い方も綺麗です。定期的に仕事をくれる常連さんも多いんです。

こだわり派が問い合わせるので細かい事が多い。それでも本職の場数には敵わないのでやっぱりボクの方が詳しい訳で、そうやって信頼してくれる。

ここ数年色々考えてなかなか答えが出せずにいたけど、やっぱり自分の好きに出来る独自ショップをもっと大事にしないといけないなって思いました(^^)

本当に頑張らないと(^^)


仕事用のバイクを新調しました。

小型バイク(原付二種)を検討中

ディオ110を購入

以前書いていたように仕事用のバイクの買い替えを検討しており、先日無事購入しました。結局ディオ110を購入し、機嫌よく乗っています。

原付きと違う所は最高速度が60キロまで出せる事ですね。原付きは今時30キロに規制されているので、60キロ出せる事は幸せです(^^)

次に大きな違いは2人乗りが出来るって事です。あまり乗せる事はないのですが、まれに子供を乗せたりするのでこういった事に子供は大喜びです(^^)

納車されてからは毎日何かしらの用事ででかけていて、ボクもバイクもご機嫌で走っています。理由もなく走りたくなるこの季節。休みにはどこかに行きたいなぁと考えています(^^)


シルバーで製作した婚約指輪と結婚指輪のセット。そして、結婚指輪(ペアリング)の販売を開始しています。

シルバーの婚約指輪と結婚指輪のセット販売

この前の日記で書いた件で、しばらく悩んだんですが販売する事にしました。やっぱり欲しい人が多いみたいです。実はこのセットは本店ではほとんど見向きもされません。楽天市場店とヤフー店での問い合わせが多いんです。

そのくせ、楽天ではまだシルバーのペアリングは間に合っていないんですけどね(^^;)

実は客層が随分違うのです

ショッピングモールで展開する楽天とヤフーは、とにかく安さを求める人が多いんです。だから1万円の婚約指輪の販売が凄く多いです。対して本店はインターネット上ではあるけどショッピングモールには入っていない路面店のような形になっているので、なかなか見付けられないけどこだわる人に好かれる事が多いです。単価も段違いです。

というように、同じ店構えでも客層がかなり違うので競合する事があまりありません。

さて本題

そんな訳でシルバーで製作した婚約指輪と結婚指輪のセット。それから結婚指輪(ペアリング)の販売を開始しました。

まずは、婚約指輪と結婚指輪のセッ

そして、結婚指輪(ペアリング)の販売ページ

という感じですね。結構楽しく作れて良かったです。注文がくると面白いなぁと思いながらゆっくり待ちます。それよりもヤフーと楽天に出すようにしないといけないですね(^^;)


婚約指輪と結婚指輪のセット販売を検討

婚約指輪と結婚指輪のセット販売

セットの販売はアリなのかどうか

婚約指輪と結婚指輪の3本をセットで販売するといった試みを考えています。

これに関しては今さらどこのお店でもやっている事なんですけど、それを今販売しているシルバーのプロポーズリングでも展開したいなって思ってるんです。

シルバーのリングで展開

実はシルバーで1本1万円の指輪を作って2本で結婚指輪とかペアリングとして販売する予定があります。これもよくある事なんですけど、プロポーズリングと組み合わせて展開している所はそんな見ないような気がします。

プラチナの指輪ではお得感を出したい

もちろん、通常のプラチナの指輪の組み合わせも考えていますし、プラチナに関しては価格的にも少しお得にしたいとも思ってます。

やっぱりプラチナはどうしても高価ですからね(^^)

今年からしばらくはちゃんとしたジュエリーを

去年はちゃんとしたジュエリー以外の展開が多かったし、今年は宝石屋としてしっかりジュエリーでの展開をしていきたいと考えているんです(^^;)

やっぱりジュエリーって面白いし、ボクは指輪が好きなんで面白いデザインの指輪があればまた作りたいなぁと思ってます(^^)


GIGAZINEさんのプレゼント企画に採用されました。

GIGAZINEさんのプレゼント企画に採用されました。

出会いと別れと新生活が始まる4月がやってきた!ということで、「この春をきっかけに、生活を充実させたい!」という人を応援すべく、レビュー品や取材先のおみやげ、編集部の奥にこっそり眠っていたアイテム、そしていろいろな所から提供してもらった製品の数々をGIGAZINEからプレゼントとして大放出します。

GIGAZINEさんのプレゼント企画

以前紹介されて物凄い事になった「金のうんこ」なんですけど、少し前にプレゼント企画をするのでどうですか?とメールを頂き、参加させてもらう事にしたのです。

紹介された時は、価格の問題もあって恐ろしく注文が殺到し、また適当に価格をつけたもんだから大赤字だった金のうんこ・・・価格を改定した後もずっと途切れる事なく注文依頼を頂いています。結局企画の勝利だったと納得しています。婚約指輪や結婚指輪はこれっぽっちも売れてないけど。。。

それでも、ページを見てくださった方は他の商品も見てくれているようで宣伝効果という意味では凄く良かったと思っています。こういった企画って面白いしね(^^)

ちなみにうちの「金のうんこ」の商品ページはこちらになってます(^^)


エンゲージリングランキングのトップ10位内に入ってるけど全然売れてねーぞ!

エンゲージリングランキングのトップ10位内に入ってるけど全然売れてねーぞ!

いつの間にかランクイン

そうなんです、うちが運営しているヤフーショッピング店の商品が、ヤフーショッピングのエンゲージリングランキングトップ19(なぜ19なのか謎)のうちに2本もランクインしているのです。全然知らなかったしビックリ。そもそもがランキングなんてあるのかぁ・・・くらいで初めて見たのです。6位7位でした。

エンゲージリングランキングのトップ10位内に入ってるけど全然売れてねーぞ!

それはそれは喜ばしい事かも知れません。数あるヤフーショッピングのお店の中で(調べてみるとヤフーショッピング全体で34万店!もある)、うちの商品が2本もランキング入りしているんだから。

でも、嬉しい驚きではなく単純にびっくりした理由は、

3本くらいしか売れていないのにランキングしてるって事!

たった3本。。。売上としては3万円。ポイント使われるともう少し額は下がってしまいます。これでランキング入りしてるってどーゆーこと?!

これで喜ばしい訳がない

うちはヤフーショッピング店の他に本店である自社サイトと楽天市場店があったりするので、各店舗合計すると10本くらいは売れているかも知れません。でも、これでは喜べませんよね。

楽天市場店はもう少し本数は出ています。しかし手数料などを考えると実際はヤフーショッピング店と同じくらいになります。本店に関しては1万円の指輪はあまり求められておらず、10万円から上のクラスが売れ筋になっています。

実は楽天市場店もランキング入りした事が何度かありました。その時はこの指輪がランキングでトップでした。その時もそうなのかぁ・・・という気持ちだった事を覚えています。

売れている事に関して全く嫌な気持ちはなく、むしろ嬉しいんです。でも、売れているといわれる楽天でさえ、通常は1万円の指輪でもランキング入りしている事があるんです。

当たり前ですけどプラチナやダイヤモンドを使った婚約指輪は高価ですからどんな物でも嬉しいんです。ただ、ランキングに入ってるって事はもっと売れているんじゃないかって思っていたので違和感があった訳なんですよね。

しっかりした物をお届けしたい

やっぱりブライダルジュエリー専門店としては、価格に関わらずしっかりとした物をお届けしたいなぁと常に思っています。(金のうんことか売ってるクセに・・・)そんな簡単なもんじゃないって事は分かっていますけど、苦労してでも良い物を作りたいですしね。

まぁ、ランキングに入っている事すら知らなかった訳なので今回は上位に入っているモデルをしっかり研究したいと思います(^^)


同じデザインの指輪を見たら

同じデザインの指輪

同じ指輪を見た事がありますか?

ボクの場合はあまりないんですけど、町中で同じデザインの指輪を見た事ありますか?それってどんな感じなんでしょうね。

ちなみに卸業をしていた時から考えても、扱っている指輪を見た事は恐らく一度もないと思います。

理由は多分、当時卸している先が百貨店メインだという事もあって、見る事がなかったと思うんです。扱っている商品価格の面も含めて変わった商品が多かったという事もありますし、そういった物を買う方と住む世界が違ったという事もあります。

一度だけ見た事がありました!

よく考えたら1回だけありました。それはテレビに出演している方がピアスを購入してくれて、それをテレビに出演した時に付けてくれてた事ですね。

それでも、普通の6本爪のスタッドピアスだったので、誰も気づかなかったと思います。ボクは前もって聞いていただけですからね。

ピアスはあるけど、指輪はまだです

いつかうちのデザインの指輪を付けている方を見てみたいという気持ちはありますよ(^^)

何処かで遭遇したら嬉しいやろうなぁ・・・是非声かけて欲しいです(^^)


久しぶりに新しいデザインの婚約指輪が出来ました。今回は製作過程など裏話も書いてます。「左右のダイヤモンドの形が違う、ちょっと珍しい婚約指輪」

左右のダイヤモンドの形が違う、ちょっと珍しい婚約指輪

久しぶりに新しい婚約指輪が出来ました。恐らく1年以上ぶり

去年の暮れから製作に着手していた婚約指輪が出来ました。そして、今回は3Dプリンターで試作をするという新しい作り方です。3Dプリンターでの製作はあったんですが積極的には使いませんでした。

ただ、凄い興味があったのでしっかりと作りたかったんですよねぇ。だから、しっかり時間をかけて作りましたよ(^^)

元々は知人の指輪のデザインから始まりました

詳しくはこの商品ページを見てもらえば分かりますが、それを元に少し変更しながら作りました。

どちらが良いという問題ではなく、良い指輪になったと思います。

左右のダイヤモンドの形が違います

見てもらえば分かりますけど、左右のダイヤモンドの形が違っていて非常に珍しいです。バランス取るのも難しいですからね。

ただ、それが1番のウリでありますし1番目立つ部分です。凄い格好良いし美しい。

価格的にも求めやすい

作って分かったんですけど、意外と価格を抑えて作れるので1番下のグレードのダイヤモンドでも¥175,000-となっています。

写真を撮り、商品ページを作ったら動画作成をしたりして手が込んでいます。ただ、面白いのが商品説明がほとんど商品について触れられる事がなく、製作工程を見せただけというところが面白いんですよね(^^)


18金で作ったダイヤモンド入りのタッチペン「金のタッチペン」販売開始しました。

金のタッチペンの販売を開始しました。

以前は極(きわみ)スタイラス

この「金のタッチペン」、以前は「極スタイラス」という名前で販売していました。

今度新しく売り直そうと思い直して、名前を考えてました。当時はタッチペンという名前よりスタイラスという名前が一般的でした。
タッチペンという言葉が流行ったのはNintendo DSが登場してからです。

そんな訳でもうスタイラスという言葉は使わないのでタッチペンに変更しました。あとは金のうんこにちなんで、

「金のタッチペン」もしくは「黄金のタッチペン」それか、元々の「極(きわみ)スタイラス」にちなんで「極(きわみ)タッチペン」

のどれにしようかなぁ。。。と考えていました。結局「金のうんこ」の破壊力が強すぎた事もあって、

「金のタッチペン」

に決めた訳です。

斜陽になったと思っていたタッチペン

iPhoneが登場していなかった時は、「感圧式(押して書く感じ)」ディスプレイがメインで作ったタッチペンです。感圧式ディスプレイの凄く分かりやすい例がDSですね。

iPhoneが登場してからは「静電式」のディスプレイが主流になりました。人間の微弱な電気を利用したディスプレイです。 
だからタッチペンが斜陽になったと思っていたら、まだまだDSやお店などで支払うカードのサインで使われてます。

ボクも3DSを使いますが、その時のタッチペンはこの「金のタッチペン」を使っています。

無駄に高級です!

日本ではうちしか作ってない

重量感も凄いので使いやすいんですよねぇ。裏側部分にはダイヤモンドを始めとする誕生石が入りますし、刻印も入ります。昔鉛筆後ろをカッターで削って名前書いていましたがあんな感じです(笑)

この金のタッチペンは18金製で当たり前だけどかなり高いので、そんな簡単に売れる訳ではないですが、これは未だに日本ではうちしか作ってないんです。アルミとか真鍮で作っている所はみた事ありますけどね。

それが良いじゃないかと。「日本でここだけでしか作っていない」という響きが個人的に最高に気持ち良いんです(^^)

それに、高級なお店でカード支払いのサインをする時に、安っぽいタッチペンだと嫌ですもんねぇ。。。

さて、商品紹介

さて、前置きが長くなりましたが製品についてです。長さは「S・M・L」の3種類でそれぞれ「4センチ・8センチ・12センチ」の長さになります。それから直径が「4ミリ」となってます。

そして、重量なんですけどメッチャ重いんですよ。Sサイズが約7グラム、Mサイズが約14グラム、Lサイズが22グラム程度とかなり重い・・・タッチペンにそんな品質いる?って聞かれたら「知るかそんなの!」って考えてますけど、表向きは「あまり必要ないと思いますけど、必要な人もいると思います。」って答えます。。。

ただ、重いのには理由があってペンの筒の部分が空洞ではなく全て詰まっているんです。それに18金なんです。軽い訳がありません。これが重い理由です。空洞に出来ればと思いますけど、逆に凄いお金かかるのです。

その変わり書き心地が素晴らしい。重量感だけが全てなんですけど。ただ、それだけなんです。完全に自己満足の世界です。

そんな変わった心を持ったお店の方などがいれば嬉しいです(^^)

□Sサイズ

□Mサイズ

□Lサイズ


Google Home Miniが届いて3ヶ月

Google Home Miniが届いて3ヶ月

正直あまり使いみちが見つかりません

GoogleHomeが届いて3ヶ月。正直なところを言えばあまり使っていないません。使う事と言えば天気を聞く事。それとアラームとタイマーくらい。
タブレットを隣に置いて映画を見るから音楽は特に聞かないし。。。

3千円で買ったからあまり大きな期待はしていなかったし、まぁ良いかというくらい。

クロームキャストを繋ぐと変わるかも

実力を発揮する為には、クロームキャストをテレビに繋ぐ事。「テレビを付けて」や「◯◯チャンネルに」など色々と使う事が出来るらしい。

本当はもっともっと色々な事が出来るそうだけど設定が面倒。もっと簡単に色々な事が出来なければ普及するのはまだ先になると思う。
こんな事を書きながらも、天気を聞いたりアラームとタイマーはかなり使っていて凄く便利。また色々調べてもう少し使いこなしたい(^^)


最近金が高いから金の指輪の人気が上がっていますが・・・

金の指輪

金相場の高騰

ここ数年の話ですが金の相場が高騰していて、価格設定に難儀しております・・・

ボクが仕事を初めた20数年ほど前は1グラム1,000円くらいだったのに・・・政情が不安になると貨幣価値が下がるので、金という資産に置き換える事が多いんです。現金で金を購入するという感じです。コマーシャルも多いですからね。

金の指輪の人気

そんな訳で金の指輪の人気が上がっています。よく「金は資産になるから」といって指輪を購入してくれる方も多いんですけど、実はこれ「大きな間違い」です。

資産という事を考えなければ金の指輪を買うという行為を歓迎しています。単純に金の色が好きという事ですね。あと、アレルギーとかの理由もあります。

金の価値というのは純金で評価され、宝飾品の金は18金です

あまり知られていないと思うんですが、相場での金の価格は「純金」です。「24金」とも言いますね。対して宝飾品の金は「18金」で、よく勘違いされるんですが1グラム当たりの価格は「純金」の方が高いんです。18金は純度75%の金で純金は100%ですからね。

だから、金の宝飾品を資産として購入するのは間違いで、純金を購入するのが正しいと思います。

金の指輪は加工賃も含むので1グラム当たりで考えると高い買い物です

金の指輪などの金の宝飾品を買うと、その宝飾品を作る手間賃や加工賃なども含まれるので結構高い買い物になります。おまけに売る時は純粋に地金価格で買い取られるので想像以上に安いと思います。

じゃあ、純金で作れば良いじゃないかと言われそうですが、実は純金は柔らかいので宝飾品の素材には向かず、ピカピカした光沢もありません。よく黄金の宝物はキラキラしたイメージですけど、実はそうじゃないんですよね。

18金は他の地金と組み合わせて加工しやすい地金に加工した合金なのです。ピカピカした光沢もありますしそういった技術の積み重ねもあります。

では、純金の指輪は作らないのか?と聞かれれば・・・

それはもちろん可能なんです。もちろん、シンプルなデザインでピカピカした光沢もなく、鈍い輝き(半ツヤ)といった感じです。それに凄く柔らかいのですぐにヘコミます。これさえご了承頂ければ作りますし、今まで作ってきました。昔は結構あったようですし、そういった物も作りたいなぁと思ってます。

ただ、価格的には普通に純金の延べ棒を買うよりは加工賃も含む為やっぱり高いです。これが1番微妙なポイント。いつでもお問い合わせください。

まぁ、延べ棒作るのも悪くないですけどね(^^)


複数割引を検討

複数割引を検討

去年発売した「金のうんこ」は一時的なものだと思いきや、毎月数個ずつだけど注文が途切れる事がなくて自分でもビックリしてます。

これはバリエーションを増やした成果なのかも知れないなぁと思ってますけど本当は分かりません。。。

一気に何個か購入する方もいるので、複数割引を検討しようかなぁと考えています。まぁ、多くても3個か5個くらいだけど割引されて嫌な人はいないのでね(^^)

といっても普通の金のうんこだけで考えていますけど、いっぱい購入してくれたら嬉しいですね(^^)

売れる売れないは別にして、作りたいという気持ちだけで18金のうんこをジュエリーとして製作して販売しています。

購入して頂いた婚約指輪や結婚指輪の新品仕上げ依頼時に、実はリングケースまで新品に交換しています

購入して頂いた婚約指輪や結婚指輪の新品仕上げ依頼時に、実はケースまで新品に交換しています

もう10年以上になります

ネットショップを作って10年ほど経つけど、婚約指輪や結婚指輪を始めて購入してもらって、もうそんなに経つのかぁと思う事があります。感無量ですね。
年々お客さんが増えてきて、購入してもらった指輪の新品仕上げを頼まれる件数も増えてきたって事も実感しています。

写真は去年購入してくれたお客さんで、たった1年でもこんなに汚れてしまう。そんな訳で年に1回の新品仕上げを推奨していて、ちょうど1年経ったタイミングでの依頼。
写真を撮った時のタイミングや角度が違うので多少は違うけど、綺麗になったのは分かると思います。刻印なども消えかかっていれば当然ながら入れ直してます。

実はもう1つ変わっている物があります

そして実はもう1つ変わった事があって、それはケースも新品に交換しているんです。

これはわざわざお客さんには言ってなかったけど、ケースも年数が経つと黄ばんできたり汚れてしまったりするので、ボクにはそれが許せない(笑)
だから、新品仕上げをした後は必ず新品のケースに入れ直して届けてる。その方がお客さんも気づけば嬉しいし、ボクとしても「一仕事終えたな。」という気分にもなります(^^)

お客さんの気持ちもあるけど、ボクの精神安定にも繋がる仕事です(笑)

料金について

料金は初めの1回目はどんなに時間が経過しようが無料で、ケース交換なんてもちろん無料。2回目からは1本あたり3千円だけど結婚指輪は2本なので、それは5千円でお願いしてる。送料も貰ってないけど、この仕上げは繋がり重視って事で当たり前と言えば当たり前ですよね。指輪高いのにって思いますし。

1年に1回でも話が聞ければ嬉しいし、大事に使ってくれてるなぁってまた嬉しくなりますよ(^^)


現在手持ちの原付きが壊れそうな為、小型バイク(原付二種)を検討しています

現在手持ちの原付きが壊れそうな為、小型バイク(原付二種)を検討しています

手持ちの原付バイクが限界近い

仕事でバイクを使う事が多いんですが、今持っている原付きの限界が近づいているようなのです。オイルは漏れているし加速も落ちているし、排気ガスも少し白いし。20年位前のバイクなので仕方がないと言えば仕方がないかも知れません。

原付きは30キロ規制が面倒

そもそも、原付きでアクセル全開で走っても60キロな訳で、気分は最速でも排ガスが真っ白な煙状態の老人が乗っている軽自動車にも簡単に抜かされてしまう。
それに速度制限30キロである原付きだといつ捕まるかドキドキしなければならない。この規制が撤廃されればと思うけど無理なんでしょうね。。。

そんな訳で、125cc以下のバイクを検討中

そこで、今年中には原付き二種という50cc以上125cc以下のバイクを検討中。
もう早いバイクは必要ない。希望は普通に60キロが出れば十分なのだ。

そこで、調べてみると125ccは価格的にも予算外で110ccだと手が届きそうな物が結構ある。

デザインはソックリでも調べてみると面白いし、それが選ぶ楽しみです

調べてみると面白いもので、ホンダ、スズキ、ヤマハでメーカーは違えどデザインはソックリで並べてみるとどれがどれだか分からない。
じゃあ、価格で選べば良いじゃないかと思うけど、それでは選ぶ楽しさが減ってしまうので、価格や試乗記、それぞれのレビューを見ながら楽しむのだ。

実際に現車を見に行って試乗してくれば1番分かるので、そのうち行こうと思う(^^)


師匠と呼べる人がいるなら

ダイヤモンドのグレードはあまりアテにならない。

生まれた時から宝石や貴金属(ほとんどはプラチナと18金の地金)に囲まれて、20歳になってからは宝石卸の会社で修行を積んだりしたけど、ここ10数年は1人で仕事をしてきた。

仕事に行き詰まる事は当然ある。何をやっても上手くいかない事もあるし、資金がショートしそうな時は何度もある。不思議な事に悪い事は何故か重なるのだ。もちろん良い事も重なる時がある。

そんな時に考えるのは卸業の時の社長の言葉。

「物が売れない時にする事は、

・売り物を変える
・売り方を変える
・売り先を変える

この3つしかないんだぞ。」

と事あるごとに言っていた。ボクには見せなかったが恐らく社長も、そういった局面がいっぱいあったのだと思う。

その言葉をずっと考えながら仕事をやっている。ボクは商売人の家に生まれて周りや親戚も商売人ばっかりだったけど、師匠と呼べる人がいるならその時の社長だと思う。

なかなか四苦八苦ばかりで芽が出ないボクをどう思っているのか考える時もあるけど、商売は面白い。PDCAなんて上手な言葉では言えないような事の繰り返しで今までやってきたので、また頑張ってみよう(^^)


ペンダント作りより指輪作りの方が楽しい理由

ペンダント作りより指輪作りの方が楽しい理由

アレキサンドライトの人気のデザイン

このアレキサンドライトの指輪のデザインはいつまでも人気が高いんです。おまけに大きくはないけど、このカットはアレキサンドライトがかなり綺麗に見えます。

と言うのも、大きくて楕円の石を四角にカットする訳なので、当然ながら歩留まりが悪く、キズも内包物もない高品質な石しかカットできないからなんです。

そんな訳でこんな感じのシンプルなデザインに落とし込みます。左右のダイヤモンドがないと寂しいし、センターの石が活きてこないですからね。

このデザインでのバリエーションがあります

このデザインとこのカットの指輪は他に、エメラルド、ルビー、ブルーサファイアがあるので、そのうち作ろうかなぁ・・・

指輪ってデザインが同じでも石が違うだけで全然違うので、多分ビックリすると思います。

指輪の方が楽しい

ペンダント作りより指輪作りの方が楽しい理由

それから、新しくイニシャルリングを作ろうと思って昔作った指輪の仕上げなどリニューアルしてみたけど、正直な所なんだかイマイチ。

やっぱり新規に作って納得出来る指輪を作った方が良いなぁ・・・デザインに拘る事が出来るし、ペンダントより指輪の方が作っていて楽しい(^^)


1カラットの婚約指輪の紹介動画を作りました

婚約指輪の1カラットダイヤモンドのお問い合わせでビックリした事

簡単な動画を作りました

すごい簡単な動画を作ろうと思って編集ソフトで作りました。実は色々とやっている中で動画も必要かなぁと思いながら、何を作ろうと考えていてひとまず今ある1カラットの指輪を簡単に載せた動画を作りました。

商品の写真だけを載せているので特にどうという訳でもないんですけど、音楽がついているだけで面白いですよね(^^)

まぁ、動画を楽しんでもらって、こんなデザインの指輪があるんやと思ってくれれば良いんです(^^)

また違う動画も作ってみたい

少しづつ学びながら新しい動画を作ろうと思います。もちろん、ユーチューバーではありませんけどね(^^)


新商品のお話

新商品のお話

新しい商品を作っています

以前の日記で新しい商品の事を書きましたが、なかなか進んでいませんでした。。。すんません。。。

やっと取り組み始めたんですけど、今回は3DCADを使って作る事にしました。新しいもの好きなので(^^)

実は3DCADを使う事は前からやっていたんですけど、今回は全面的に導入します。やっぱり新しい物を使って作るのってワクワクしますからね。

ワックスで出来上がってきます

今回は金属から作るんではなくて、ワックスと言ってロウソクのロウで形作られた指輪が出来上がってきます。それを鋳造して最終的にはプラチナで作り、ダイヤモンドなどを石留めするんです。

一応サンプルとして作るのでシルバーで作るんですけど、重量感以外はプラチナとほとんど同じなんです。もちろん、偽物のダイヤモンドを留めるので輝き方は違いますけどね。

出来上がりが楽しみです

まだ今からデータを流して作るので、まだまだかかるんですけど新しい商品は常に楽しみなんです。売れる売れないは別として新しい商品が出来上がってくる事自体が楽しみ(^^)

それが出来上がってくれば次の指輪という感じで定期的に作りたいと思ってます。ここ数年は少ししか作れませんでしたから再び新しい指輪を作る時だと思うんです。

待っている人がいると思うし、まず自分が一番楽しみにしているんですからね(^^)


シルバーの梵字ネックレスも追加しています

梵字屋

梵字屋の新しいファミリー

現在、梵字屋の新しい商品を製作中ですけど、従来の梵字ネックレスも新しくシルバー製品も追加しています。

これはシルバーでドッグタグのSサイズのネックレスです。価格的にはそれなりですが、メッキもしっかりしていて見た目は通常のプラチナと何にも変わりません。チェーンも付いているので届いたらすぐに着ける事が出来ますよ。

そして、シルバーを追加した本当の目的はこの「金メッキ」をした物を出した事ですね。正確には24金メッキといって、色目は純金と同じメッキになるので、18金の色目とは違って見えますよ。格好良いのです(^^)

価格も通常のシルバーと同じなので、個人的には金メッキの方が良いなぁと思ってます。チェーンも金のチェーンが付いてきます。

指輪などもシルバー製品登場予定

まだまだ時間がかかりますけど、他の製品もシルバー製品が登場します。指輪も追加します。価格も今までより低くなります。あとはオーダーメイドでもシルバーを扱いたいなあと思うんですけど、シルバーでも結局いい価格になるんでそれを許容できるかどうかって事なんですよね。

まだ時間がかかりますけど、じっくり育てたいです(^^)


片耳ピアスも作っています。

片耳ピアスも作ってます

片方のピアスの需要も多いのです

片耳ピアスって初めは作った事がなかったんですけど、意外と需要が多いんですよねぇ。オーダーメイドの場合は片耳ピアスの製作希望が7割くらいです。

そんなこんなで準備だけして出していないんですけど、出来るだけ早くに登場させようかと考えています。梵字屋もそんな事言いながら全然進んでないけど・・・

ちょっと割高です

片耳ピアスって両耳ピアスの半分の価格と思われがちですけど、実際はそんな事はありません。と言うのも加工賃自体は両耳と同じですからね。ダイヤモンドの品質は同じでも意外と手がかかるんですよね。

まぁ、そこらへんはご了承頂ければと思いますけど、片耳ピアスは高額な物ほど依頼が多いんです。上の画像のような大粒で18金という物が多いですね。上の画像は1カラットで50万円くらいするんですけど、買う買わないは別として欲しいと思うんじゃないですかね。

そんな事より早く登場させますね(^^)


ここ最近は「金(ゴールド)」の人気が上がってきています

18金の手入れはどうするの?

金の売れ方は去年から変わってきました

うちは去年まで全体的にプラチナが中心で売れていました。今でも確かにプラチナの比率が高いんですけど、「金のうんこ」以来、普通の指輪でもゴールドのお問合わせが増えてきたんです。

確かに金の相場は高くなっているんですけど、世界的に金の需要が上がっている事に加えて長らく白い地金が好まれてきた流れが多少変わってきたのかも。と思っています。

まぁ、日本の場合の宝飾品は18金がメインで純金ではないのですが、相場が上がっているので指輪の価格も上がってしまいます。

という訳で、いつでもお問合わせは受け付けますので金での製作を希望の方はいつでもどうぞ(^^)


梵字屋大規模リニューアル

梵字屋

大掛かりなリニューアルになってます

ピアス屋に続いて梵字屋も手直し中なんです。

思ったよりやる事多くて大規模な手直し。正確に言えばリニューアルに近い。ラインナップも整理するし、価格も改定。地金の種類も増やし新商品も登場予定。

地金の種類と言ってもシルバーが登場すします。シルバーでも宝石職人が作ると当たり前だけどジュエリー品質になって高級感が物凄い。そこそこ高いけど。。。

何故か面白いらしいです

この梵字屋はショップのラインナップの中で異色だけど、知り合いからは一番良いと言われる。理由は分からないけど面白いらしい。

最近ではチョコチョコ見る事も増えましたけど、宝石屋が手がけるという感じではないしアクセサリーとしての扱いは多いと思います。でも、さっきも書いたようにジュエリーとして作ってるので、綺麗さ豪華さでは他と比べ物にならないと思いますよ。

しっかり作っていきます

ピアス屋もそうですけど、梵字屋もかなりしっかり作っていきます(^^)


ピアス屋さんの手直し

ピアス屋さんの手直し

ピアス屋さんのサイトをレスポンシブ化

運営しているピアス屋さんなんですけど、パソコンでもスマホからでも簡単に見る事が出来るようにリニューアルをしました。レスポンシブ化とも言いますが、簡単に言えばボクが管理しやすくなったという事だけなんですけどね(^^;)

お客さんからすれば、今までパソコンとスマホでは違う画面で構成されてましたけど、これからはかなり似ていて見やすくなってるという感じですかね。

これから他のサイトもリニューアル

あくまで予定ですけど、甲丸屋平打ち屋梵字屋もリニューアルをする予定ですが甲丸屋平打ち屋はほとんど同じ構成なのでそんなに苦労しないと思いますけど、梵字屋に関しては手直しと値段改定や商品構成の一部変更など多岐に渡るので時間がかかりそうです。。。

ダイヤモンドの品質も表示しています

ダイヤモンドの品質に関しては凄い問い合わせがあって、どうしようかと思ってたんですけど、

ダイヤモンドの品質もカラーがGHカラー、クラリティがSIクラス、そして一番重要なカットは輝きが綺麗なGoodカットを基本に選んでいます。

といった感じです。実際には鑑別書も鑑定書も付けていません(希望があれば別料金ですが付けます)が、カットを重視して選んでいるので実際の見た目は綺麗ですよ(^^)

まだまだリニューアルしていきますよ

計画上はまだやりたい事ややらなければいけない事などいっぱいあるので、地道にリニューアルやアップデートを繰り返して作っていこうと思ってます(^^)


ダイヤモンドのグレードはあまりアテにならない場合もあるので、肉眼で選ぶ場合もありますよ

ダイヤモンドのグレードはあまりアテにならない場合もあるので、肉眼で選ぶ場合もありますよ

ダイヤモンドのグレードに左右されてはいけない

お正月が明けて仕事も始まりだしたからなのか、問い合わせや注文などが多くなってきました。嬉しいねぇ(^^)

とはいえ、注文などがあるとダイヤモンドの手配などでダイヤモンド屋さんに出掛けたり、または取り寄せたりしてダイヤモンドをよく見るんですが、そこで改めて実感するのは、

「ダイヤモンドグレードはあまりアテにならない時もある」

って事ですね。ダイヤモンドはカラットの他にカラー・クラリティ・カットといったグレード付けがされています。これはみなさん結構知っていると思います。

グレードの決定は残念だけど消去法

でも、これって見本のダイヤモンドがあっての事なのです。それと比べて消去法でグレードが決定されています。もちろん各部分での基本データはありますけどね。

だから、本職はグレードに左右されず実際に見比べて決めます。

見た目重視

先日もダイヤモンドを選んでいたら同じカラーとクラリティでカットだけがグッドとエクセレントといった二つの石がありました。当然エクセレントカットの方が綺麗だと思うのです。基本的には。

しかし、実際に見比べるとグッドカットの石の方が見た目が綺麗だったのです。ルーペを使わず肉眼でも分かります。おまけにグッドカットの方が当然ながら安い。

何が違っていたかというと、カットは確かにエクセレントカットなんですがこちらの石にはカーボンがありました。結構大きめ。それでもカットの判定には関係ないからエクセレントカット。

透明のダイヤモンドに黒いカーボンがあったせいで、全体的にも暗めの石に見えた事もあって、ボクは迷う事なくグッドカットの方を購入。

結局グッドカットの石はカーボンがなく全体的にも輝きが良くグレードは落ちるけど、実際にはエクセレントカットより綺麗だったという話です。

色々な石を見て養うしかありません

やはり実際に色々な石を見ないと分からないですよね。だからボクはダイヤモンドグレードをアテにせず、実際に見て比べて判断しているので、お得な石を見つける事が出来るのです。

またそういった石をずっと見る事で選択眼を養ってもいます(^^)


ダイヤモンドのグレードの見た目をアップさせる方法

ダイヤモンドのグレードの見た目をアップさせる方法

ダイヤモンドのグレードを誤魔化す事は出来ません

ダイヤモンドのグレードって厳正なのでグレードはごまかしが効きません。

例えば上の画像のようなダイヤモンドの内包物ですが、これが傷だったり内包物だったりするとグレードは下がります。その他の項目の品質が良くてもこの部分のグレードだけ落ちてしまいます。例えるなら新古車のようなものかな・・・分かりにくいか・・・

で、書面に出る品質のごまかしは無理でも、見た目はトリックで何とかなる事もあるのです。

ダイヤモンドのグレードの見た目をアップさせる方法

こんな感じに爪で隠したりします。これはリフォームの時によく使う事があります。今のデザインは爪が小さいので使えない場合がありますが、リフォーム前の古い枠から石を外すと傷や内包物が現れる事も。

ボクにはこういった石はなかなか掘り出し物に感じるんですが、グレード主義の方には悪になるんでしょうか。

ダイヤモンドはグレードだけではないというのは一般的な意見ではないのですが、本職さんはこういった素材を上手く使って「見た目は最高で思ったより低価格!」というような物を作れるんですよね。

掘り出し物も悪くないと思いますよ

ボクもこういった素材を使ったりしますが、それでも「これはアカン。」というような事もあったりします。それについてはまた別の機会に書こうと思いますが、グレードばかりを追い求めてはいけないって事ですね(^^)

そんなに見つかる訳ではないですけど、「このキズがなければSIクラスとかVSクラスやのに・・・」と思う石はあるのです。

正確には誤魔化しではなくトリックに近いです

こうやって爪で隠すのや他の方法など色々とあるんです。リフォームの時に見つかると面白いですよねぇ。ダイヤモンドに限らずカラーストーンでもありますからね。

見つかった時にお客さんが了承済みだと助かるんですけど、そうではない場合はこちらがキズを付けたと言われかねないので焦ります。

まぁ、誤魔化すというよりはトリックに近い気もしますが、職人さんも必死に考えてやっているのですよ(^^)


0.3カラットで最高のグレードを選ぶなら、0.5カラットでそこそこのグレードを買えますよ。

0.3カラットで最高のグレードを選ぶなら、0.5カラットでそこそこのグレードを買えますよ。

ダイヤモンドのグレードに惑わされないように

ネットショップのラインナップで0.3カラットと0.5カラットの価格を同時に見てどちらかを選んで購入する事が出来るのだけど、落ち着いて見ると0.3カラットより0.5カラットで購入出来る場合もあります。

品質の問題もあるけど、大きくて安く買えるのは意外な盲点かも。だいたいイメージで大きいダイヤモンドの方が高いと思われますからね。
普通に使っていれば0.5カラットの方が輝きがあるので、お得感は思った以上にあると思いますよ(^^)

直径が大きいと輝きも倍増します

ダイヤモンドの場合、0.3カラットだと約4.5ミリで0.5カラットだと5ミリちょっとです。この場合、単純に同じグレードだけで比べると0.3カラットの方が綺麗です。そりゃそうですよね。

でも、大きさが違うので輝きがちょっと違います。単純に比べると0.3カラットが輝いているんですけど、実は0.5カラットもひけを取らない輝きなんですよね。

直径が大きいとグレードが低くても輝くんです。凄く輝くのかと言われると困りますけど「結構輝いてる」とは言えますよね。

個人的には0.5カラット

元々がグレード主義ではないので大きくてそこそこの方が良いんですよね。ボクは使い終わったあとには綺麗に磨きますし、メンテナンスもバッチリです。磨き布で磨いた後の「キラリ」と光るダイヤモンドのテーブルを見るのが好きなんです。だから大きめの方が良いなぁと思ってます。

ちょっと枠代が高くつきますけど、地金が多い分しっかりと作るので安心です。最近、多くのネットショップで見るんですけど安い物は枠代をケチっててすぐに壊れそうです。あれは、大丈夫なんでしょうか。

ダイヤモンドにこだわりがないなら、グレードにこだわらない方が良いですよ

いつも言う事ですけど、こだわりがないならグレードにこだわらずに、少し大きめのダイヤモンドを使うのも良い方法の1つです。

大きい分少しだけ幸せな気分になるかも知れません。選択肢が広がると言う感じですね(^^)