「 仕事の事 」一覧

年末年始と言っても仕事をしていない訳ではないですよ。

年末年始と言っても仕事をしていない訳ではないですよ

年末年始は忙しい訳でもなく、暇でもなくいつも通りなんです

そんな訳で明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします(^^)

そうなんです。タイトルの通り、毎年なんですが忙しくもなく暇な訳でもなく同じ年末年始です。今年の目標も同じで「いつも真剣勝負」です。

去年は「金のうんこ」が恐ろしい事になったりとネットの一部をザワザワさせる事に成功し、面白かったなぁと思ってます。仕事は真面目にやってますけど出て来る商品はふざけたりしてます。今年も面白いと言われるような商品を作っていきたいと思ってます(^^)

まだまだ距離が広い

先日、業者の人と話していたんですが、卸業はやっぱり大変だそうです。うちは全て小売りですけどそれはそれで大変なんですけど、業者間の商売は業者同士だけに厳しいし利益率なんて度返しでやってるんですよね。ユーザーさんなんて誰も見ていないし精一杯な感じです。それに対して小売りはユーザーさんをターゲットに商品を作るんですが、露出がないと厳しいのです。持ち家なら簡単な店舗を作るのも良いと思いますけど集客は大変です。

そう考えると、まだまだユーザーさんとの距離は広いなぁと感じてしまいます。

金のうんこの展開で少し分かり始めました

それでも「金のうんこ」のお陰でユーザーさんが求めている物が少しだけ分かってきたと思いますし、凄く面白かったです。

今年も多くはなくても面白くて楽しめるような商品を作って喜んでもらえたらなぁと思ってます。

もちろん、本業のジュエリー製作も少しづつ進めますよ

構想だけは何点かあるし、ダイヤモンドのジュエリーやカラーストーン、そして梵字の新モデルなど実際に着手するかは別として計画は進んでいます。相変わらずそんな事を無視して、「あれ作りたい!」とか出てくると思いますけど、ボクは宝石屋なんでちゃんとオーダーメイドや通常の婚約指輪の商品などはしっかりやっていきます。

儲かるかどうかはともかくとして、みんなが面白く感じて楽しい商品を届けていきたいと考えてます(^^)

そんな訳で今年もよろしくお願いします(^^)


宝石やパワーストーンとかには詳しくないんですが。。。

宝石やパワーストーンとかには詳しくないんですが。。。

宝石の基礎知識はありますが・・・

実はタイトルの通り、宝石やパワーストーンとかには詳しくないんです。。。

宝石の基礎知識は一通り頭に入ってますよ。でも、それ以上詳しい事はそんなに知りませんし、いわゆる「宝石マニア」の方が遥かに詳しいですよ。

それに加えてパワーストーンなんて全然知りません。。。

実地に強いんです

それでも、仕事で宝石を使う時にどう扱えば良いか、どんな品質が良いのかなどなど、実地で使用する時に知識は満載です。

それと、製作に関する事ですね。宝石職人の息子ですから自然と知識は身につきましたし、職人さんの腕の見分け方など普通の人には分からない事は多いんです。

マニアの方が詳しいけど・・・

だから、宝石やパワーストーンの知識はマニアには負けますが、他の事なら誰にも負けません(^^)まだまだ勉強していきます(^^)


ダイヤモンドの「照り」って?

ダイヤモンドの「照り」って?

ダイヤモンドの「照り」って?

ダイヤモンドは凄く輝いています。よく輝く事を「照り」と言いますが、「照り」ってなんでしょうね。

ちなみにこのダイヤモンドグレードはI1でカットはグッドです。しかし、それ以上の輝きがあります。こういった石を仕入れるには場数を踏むしかありません。

ダイヤモンドはグレードに惑わされると絶対に失敗します。特に「照り」という輝きというか「艶」はグレードに関係ないんですよね。

グレードに惑わされない

お店で購入する時はグレードが重視されますが、プロである業者さんなどは決してそれだけで判断せず、実際に肉眼で見て次にルーペを使ってダイヤモンドの傷やカーボンを見て、最終的に照りがあるのかという事を見て仕入れをします。

カラーよりもクラリティで示される傷の場所や大きさも重要なのでそういった事も考えながら仕入れをします。

そうした事を重視していくと、最終的にグレードよりも照りがある方が売れるのです。

どんな宝石でも照りが大事です

これはダイヤモンドに限らずカラーストーンについても同じなのです。結局グレードに惑わされず実際の見た目で判断する事が重要なのです。

ダイヤモンドに限らず宝石の奥が深いと言われるのはこういった理由があるのですよ(^^)

艶のある宝石は太陽光で良く光りますよ

ボクが選ぶのは基本「照り」やカット重視ですが、ダイヤモンド屋さんもボクの好みを分かっていてそういったダイヤを勧めてくれます。信頼しているんで変な石は持ってきませんけどね。

他の宝石でも同じです。ルーペだけに頼らずに肉眼で色々な角度から見て決めます。いっぱいの石を見ない事には照りって事が分かりませんけど、照りがある石はだいたい他の石とは違うのでだんだんと分かってくると思います。

プロとして良い石を見ないといけないし、それが信用に繋がるので手を抜く訳にはいきませんね(^^)


宝石屋は信頼が一番です

宝石屋は信頼が一番

問い合せが増えてます

ブリリアントジュエリーでは以前からずっと1カラットの指輪を用意しているんですが、去年くらいから急に問い合わせやご購入が増え始めてどうしたのかと思いました。同じような問合せは楽天市場店でもヤフーショッピング店でも増えてきています。

アクセス解析を見ても大して変わらなかったので、何度も何度もページを見て検討して最終的に購入してくれたんじゃないかと想像した訳です。

どこで買うのも宝石は恐い

うちのように店舗のないネットショップで実物は写真だけでは購入するのはとても恐いと思うんですよね。まして宝石屋とは言え大手企業とかではなく普通一般の一市民ですからね。

だから、ボクのネットショップを信頼してもらえるように知っている知識はどんどん出して安心してもらえるようにしているつもりですし、お届けした指輪は一生かけてお世話したいと思っています。

目指すは路面店以上の対応

実際に1年に1回新品仕上げやメンテナンスの依頼がありますし、出来るだけ町の路面店のような対応をしています。

納品の時にはドキドキ緊張するし、メンテナンスでこちらに届いた時は全部ルーペで見たりして不具合がないか、爪が薄くなっていないかなど必ずチェックして不具合があれば治しますから。

高価なものだけではなく、価格に関係なく同じ対応をしています。それがボクの責任だと思ってます。

信頼を得られるのは凄く大変ですけど、信頼が1番

正直言って誰も彼もが最高の満足を得ているのかどうかは分かりません。でも、誰もが最高に喜んで貰えるような対応と商品。それを目指しています。

信頼を得るのは本当に大変です。何通も何通もメールをして信用してもらって、先払いでお金を預かって製作に1か月かかって、やっとお届けです。その商品で喜んでもらえて初めて信用してもらうんです。本当に長い道のりなんですよね。。。

でも、それがボクの仕事なんです。やるしかないと思いますし出来る努力を常に続けていきますよ(^^)


ピンクダイヤモンドってどれが一番良い色なのか?

ピンクダイヤモンドってどれが一番良い色なのか?

ピンクダイヤモンドってどれが一番良い色なのか?

ピンクダイヤモンドってどれが一番良い色なのか?

たまに依頼があって使うピンクダイヤを使います

ピンクダイヤにも色のグレードがあり、これは最高グレードの1つ、ヴィヴィッドピンクなんです。
それも単純にヴィヴィッドではピンク色より赤っぽく見えるのでファンシーが付き、その上ピンク色に近いパープリッシュが付くというピンクダイヤ。

「ファンシーヴィヴィッドパープリッシュピンク」

というグレード。まぁ、こうなっては何が何か分からないと思うので、見た目で1番ピンク色に見えるピンクダイヤと覚えておけば大丈夫。
色々なピンクダイヤを見てきましたけど実際の見た目で一番ピンク色に見えると思います。ファンシーピンクがピンクなんですけど、プラチナの地金に入れたりすると少し薄くなるんですよね。

超高額です!

長さ4ミリ、横幅2ミリ程度と相当小さいけど、信じられないほど高額なんですよ。

デパートの売り場に登場すると200万円以上はしますね。ピンクダイヤはオーストラリアのアーガイルで採掘されるんですけど、買ってきたピンクダイヤの中から「レッドダイヤモンド」が出る場合があって、その時は石屋さんがメチャクチャ喜んでました。レッドダイヤモンドになると価格が一桁違ってくるので凄く儲かるんですよ(^^)まぁ、レッドダイヤモンドについてはまた別の機会に。

希少石ですよ

価値が分かる人じゃないと買わないし、希少価値そのものの宝石です。

ちなみに隣にある丸いダイヤもピンクダイヤです。これはサイズも小さいし、そんなに高額ではないと言いつつ婚約指輪1本は買えてしまうくらいなんです。

カラーダイヤも奥がもっと深い

無色透明のダイヤモンドも奥が深いんですけど、それよりもっと深いのがピンクダイヤなどのカラーダイヤなんです。未だに分からない事があります。と言うのも見る機会が少ないんです。。。

色々な色のダイヤを見ないといけないし、簡単に価値が分かる物でもないから、扱いには十分注意しないといけません。。。

またいっぱい扱いたいなぁ(^^)


タブレットが4台に!

タブレット4台体制

我が家も遂にタブレット4台体制になりました(^^)我ながら恐ろしい・・・ラインナップはこんな感じですね。

  • 初代iPad(YouTube用)
  • iPad2(YouTube・ゲーム用)
  • Kindle Fire HD10(インターネット・Amazonプライムビデオ等)
  • iPad Air 2(インターネット・YouTube・ゲーム等)

という感じ。実はiPad Air 2はボクが使おうかと思っていたんですけど、子供たちが使っているiPad2は遅く、古くて入らないゲームが出てきた事、そしてメモリが足りなくてネット・ゲーム共に遊んでいる最中に落ちてしまう事が理由です。。

古いタブレットは役目がYouTubeのみになってきたので、この前手に入れたiPad Air 2を子供たちに譲り、ボク個人の持ち物はKindle Fire HD10にしようかと思ってます。
実はボクはゲームをしない代わりにAmazonプライムビデオで映画をよく見ています。仕事中に流したりする事も多いんですね。音楽も良いですが仕事中にチラッチラッと見たりするには最高です。内容はあまり頭に入ってませんが音楽や雰囲気が好きなんです。

インターネットをする時はSafariではなくYahoo!ブラウザというアプリで見ています。タブレットで仕事はしないので不都合もないんです。
それに一番気に入っている所は、Kindle Fire HD10はステレオスピーカーでiPad Airよりもいい音で楽しめます。

タブレット以外に活躍しているのは、

  • iMac(完全に仕事用)
  • Chromebook(サブとしてメールや日記を書く時に使ってます。)

という感じ。パソコンよりタブレットの方が気軽なんですが、ボクにはまだiMacが必要だしタブレットでは仕事が出来ないんですよ・・・(古い親父になってきたと感じる。)。
そんな訳でまだまだ仕事ではキーボードとマウスが必要なのです。来年はiMacの買い替えを考えています。

まぁ、1人1台までもう少しという所だけど、それぞれに役目があるなという事ですよね(^^)


楽天市場に梵字アクセサリー

楽天市場に梵字アクセサリー

梵字屋の商品を

うちは梵字屋という梵字に関する商品を販売しているネットショップを運営してますが、そろそろ楽天市場店でも販売しようかと計画しています。

通常の宝飾品の地金であるプラチナ・ゴールド・ホワイトゴールドに加えてシルバーも出そうと計画中です。と言うのも、ここ数年の地金の高騰で小さく薄い地金でも結構高く感じる価格になってきているんですよね。。。だからという訳でもないですけどシルバーやシルバーに金メッキをしたアクセサリー感覚で身につけれるような物として販売しようかと思ってます。

格好良いアクセサリー

通常の梵字ペンダントや上の写真にあるような梵字のドッグタグ、そして指輪やピアスなど梵字アクセサリーは面白いんです。本当なら新しい商品も作りたいんですけど、それはまた売れ始めれば作ろうかと思ってます。絶対に格好良いですからね。

年明けくらいから少しづつ登録していこうと思ってます。もちろん、品質はジュエリー品質です。ケースやラッピング袋などプレゼント需要も含むのできっと面白くなります。

梵字屋本店にも、ヤフーショッピングにも

梵字屋本店はもちろん、ブリリアントジュエリーヤフーショッピング店にも展開をしていきます。宝石屋として面白いと思う事と、面白い商品を扱っているなぁと思ってもらえるようなネットショップにしていきたいんです。

最高に面白い宝石屋を目指すんですよ(^^)


婚約指輪や結婚指輪などブライダルジュエリーの急ぎの製作について

婚約指輪や結婚指輪などブライダルジュエリーの急ぎの製作について

年末になると必ずある大急ぎ要件

毎年クリスマスと年末になると必ずある出来事でボクが非常に頭を悩ます事があります。それが急ぎの製作。

「納期について」のページで、ブリリアントジュエリーでは急ぎ対応も行っていると書きましたが、補足も書いておきたいと思います。

宝飾品って宝石職人さんが毎日魂を込めて作っているイメージがあるでしょ?確かにそうなんですが、毎日毎日ガチガチに集中して作りまくっているかというと必ずしもそうではなくて、数時間に一度休憩したりしながら作ってます。

人間ですから

それは集中力の持続時間の問題と目の問題があります。普通の人でも集中力が続く時間は限られているので宝石職人さんも同じなんですね。凄まじい集中力がずっと続いている訳はない。人間ですから。

もう1つの目の問題というのは、凄く細かい物を見続けながら仕事をしているので、目の体力も休ませながら作ってます。ボクの父親は数時間に一度目を休める為に休憩していたにも関わらず充血だらけでした。

だから、一気に集中して作っているんですけどそれでも限界があります。だから、ゆっくり確実に商品を作っています。だから製作も一度に1つ作る訳ではなく少しづつ少しづつ作っているんですね。

出来るだけ余裕を持ってください

だから、出来るだけ余裕を持って依頼して頂きたいのです。プロであっても急ぎの場合は間違いもしますし、思わぬ自体に陥る事だってあるんです。それでも急ぎの約束をしている訳ですから遅れる訳にもいかないので、必死な訳です。

そんな訳で出来ればゆっくりと落ち着いて作る環境を整えたいという事があります。だからといって急ぎに対応しないという訳ではないんですよ。

まぁ、「納期について」のページではあんな事を書いていたのにどっちやねん!と思われるとは思いますけど、そんな状況はお客さんにとってもボク達にとっても良くないのでなるべく改善しておきたいなぁと思って書きました(^^)

それでも対応しますよ

しかし、結納やプロポーズの日程をずらす訳にはいかないので、最悪の場合はサイズ直しや刻印変更は後日に対応したりしています。
ボクとしては喜んで貰えば、たとえ大忙しになったとしても嬉しいので気軽にお問い合わせをいただければと思います(^^)


プロポーズ用の指輪とネックレス、あります。

プロポーズ用の指輪とネックレス、あります。

プロポーズ用の指輪とネックレス

ブリリアントジュエリーは婚約指輪や結婚指輪のブライダルジュエリーの販売をメインにしています。楽天市場店で展開を始めたんですが、つい最近ブリリアントジュエリー本店でも販売を開始しました。ついでにヤフーショッピング店でも販売を開始したんです。

実はこのプロポーズ用の指輪ですが楽天市場店では結構売れ始めていてビックリしているくらいです。シルバーを地金に人工ダイヤモンドを使ってます。この日記にも書きましたが売れ筋になってきています。売れるんかなぁと思っていたんですが少しづつ売れているので時代は変わったなぁと実感しています。

時代は変わったと思うもう1つの理由にネックレスも婚約時に贈る物にもなってきています。これは仕事柄指輪に着ける事が出来ないなどの理由があるようです。女性もしっかり働く時代になったという事ですね。

そして、そのプロポーズ用のネックレスというのも販売を始めたら数は少ないものの売れ始めました。インターネットはひとまずやってみるという事がすぐに出来るので面白いです。反応もダイレクトですしやりがいあります。

種類は各5種類

用意した種類は指輪もネックレスも5種類です。3種類は少ないし10種類は多すぎるという事で5種類として、通常でもよく売れている無難でシンプルなデザインという事にしました。

シンプルなデザインの方が誰にでも似合いますし長持ちしますからね。あまり突飛なデザインは拒否されそうですから(^^;)

価格は全部1万円にしています。購入しやすく気軽に使えるという事を考えました。あくまでプロポーズのみで使用するという前提ですからね。

そのプロポーズが成功すると2人で指輪を選ぶというのが最近の指輪選びだそうです。時代は確実に変わってますね(^^;)

本物を購入すれば5%引き!

しかも、指輪もネックレスもこのプロポーズ用を購入後に、本物のジュエリーを購入して頂いたら購入代金の5%を割引するという試みを行ってます。トータルではかなり安くなりますよね。プロポーズ用ジュエリーの元も取れちゃいます。

プロポーズ用の指輪とネックレス、あります。

こんな感じですね。ネックレスも同様です。なかなか好評なんですよね。それくらいお得感出さないとボクなら買わないですから(^^)

少しは面白い事しないと

まぁ、本来であれば本物のダイヤモンドとかを使った物がメインですけど、ずっとやってるとルーティンワークになって面白みに欠ける事があるんですよ。だからこんな試みをして新しい楽しさを作りたいですよ。売れる売れないは分からないけどチャレンジは無料なんでね(^^)

下にそれぞれ一番売れている指輪とネックレスを載せておきます。ちなみに指輪のページはこちらで、ネックレスのページはこちらです。


ホワイトゴールドってプラチナとどう違うの?

ジェットブラックリングその後

全然違うのに同じと思っている人が思った以上に多い

ジュエリーの素材に使われる地金で日本では18金であったりプラチナであったりとありますけど、今日はホワイトゴールドとプラチナの違いに触れないといけません。

実は同じ色の地金としても成り立ちは全然違います。それに比重も違うし価格も違う。といった理由は後でしっかり書くとはいえ、どういう訳だか一緒のような地金だと誤解を招きやすいこの2つの地金に書こうと思います。これを説明してもなかなか理解が難しいけど、ひとまず書いてみましょう。

ホワイトゴールドの基本はゴールド

これだけで既に混乱するんですけど、それを説明するにはゴールドの事について説明しないといけません。通常宝飾品に使われるゴールドってのは18金と呼ばれます。これを「純金」と考えるのは間違ってます。純金というのは「24金」なんです。

日本だと宝飾品に入れる金属の刻印は「K18」なんですけど、海外ではよく「750」って入ってます。これだと説明しやすいんですけど、純金が「1000」とすると、750は純度75%という事。

これに当てはめると、純金は24金です。で、24の75%が18なのです。だから18金と750は同じ金属なんですよね。書いてて訳が分からない感じになってますけど、そうなんです。。。

じゃあ、なぜ純金が24金と呼ばれているかというと、良い説明が「ヤフー知恵袋」にかかれてました。

割愛しますけど、だから18金は純金じゃないんですよ。それをベースにホワイトゴールドを作ってるんです。

ホワイトゴールドは白くないです

純度75%の金という事で75%が純金で残りの25%が違う金属です。これがなかなか理解してもらえない。。。一般的に25%のうち銀が15%と銅が10%とされてます。本当はもう少しすずとかを入れたりするんですけど、だいたいそんな感じです。

そして、ホワイトゴールドを作る為にはこれに「パラジウム」という地金を混ぜます。この地金が少し高い。これを入れると多少白っぽくなるけど実際は全然白くない。

例えば・・・これで分かれば嬉しいですけど、75mlのコーヒーに25mlの牛乳を入れても牛乳のような白いコーヒーにはなりませんよね。出来るのはカフェオレくらいですかね。実際には他の銅なども入る訳で、プラチナのような白い輝きではないんですよねぇ。

これを説明しても説明が下手なのか、全然伝わらないんですよ。。。その地金にメッキをしてプラチナと同じような地金に見せてるんです。

じゃあ、なぜそこまでしてプラチナのような白い地金にしたいのかという事ですけど、海外ではプラチナジュエリーというものはほとんど存在せずホワイトゴールドが主流です。だからゴールドをベースにしてるんです。

プラチナは日本がほとんどなんです。プラチナがどうして持てはやされるというのはあまり分かりませんねけど、重量感のような気がします。

実はプラチナとゴールドでは比重が違って全く同じ大きさであってもプラチナの方がゴールドより1.6倍くらい重いんです。これってかなり違います。プラチナを触った後に全く同じホワイトゴールドの指輪を持ったら、

えっ?!かるっ!!!

って思うと同時に、

安っぽ!

って思うと思います。それくらい重量感が違う。全然違う。以前、プラチナが高騰しすぎて物が売れない時に、ホワイトゴールドに切り替えた事があったんですけど、偽物かと思うくらい軽くてビックリしました。

それにかなり安いんです。地金価格を考えると当時、プラチナよりゴールドの倍くらい高かったんです。プラチナが5千円で18金が2千5百円としましょうか。全く同じ指輪でプラチナで16グラムの指輪でも、ゴールドとなると比重の違いで10グラムの指輪になるんですね。

これを地金価格で換算すると「プラチナ:8万円」で「18金:2万5千円」という地金価格だけで歴然の差となります。数字にすると恐ろしく違うな。。。

おまけにプラチナと比べて重量感も違うとなるとお客さんは安く感じるけど、実際にも安っぽく感じるんです。だから、全然売れなかった。。。

そんな訳で見た目が全く同じプラチナとホワイトゴールドでもビックリするくらい別物になっちゃうんですよね。だから、ボクは全然使いたくない地金です。プラチナが絶対にいい理由は他にもあります。

プラチナは低刺激なので、金属アレルギーの発生率が少なかったり、ホワイトゴールドは元々白い地金じゃないのでメッキをしても剥がれてくると、元々の地金である金色っぽくなってしまうんです。

これのクレームが恐かったです。一度お店まで呼び出されてユーザーさんに怒られた事があります。「ティファニーとかのブランドでもそんな事あんのか!」ってね。「そうなんです。金色っぽくなります。」と、落ち着いた頃に説明してビックリされた事があります。プラチナと同じ地金色で値段が半分以下となれば魅力的に感じる人も多い事は多いんですが、そのメリットとデメリットをしっかり説明している店員さんはいなかったと思います。

そんな事言うとプラチナは高くて買えないし、お客さんは買わなくなるし、お店のスタッフは売上を考えている上司に怒られると思います。それにそんな事をしっている宝飾品のスタッフはいなかったんじゃないかと思うくらいです。デパートや百貨店のスタッフでも一部じゃないかな。

日本人にはプラチナが良いと思います

日本人の肌は比較的デリケートなので金属アレルギーを考えたらホワイトゴールドよりはプラチナが良いと思います。まぁ、シルバーアクセサリーの件もありますけど、それはまた別に機会に書きましょう。

こんな感じでプラチナとホワイトゴールドは全然違うものですし、18金がベースになっているって事ですね。金属アレルギーの事も考えながらじっくりとジュエリーを選ぶのも良いと思いますよ(^^)

ボクが見ても良いなぁと思う他のお店の事も今度書いたりしようと思いますよ(^^)


今年の年末はバタバタ。

浪速で働く宝石屋

思った以上に忙しい

あまり日記が書けませんでした。。。といっても、貧乏ヒマなしといった具合でただ忙しいだけです。もう少し儲かれば良いのにと思う毎日です。

本当はもう少し落ち着いて仕事がしたいんですけど、年末になってくると急ぎの納期の商品があるので、それの段取りなどでバタつくのです。休みの日も仕事をすりゃ良いんですけど、職人さんたちは休みなので何ともねぇ。。。

もちろん、問合せの対応などは問題なくやっているので、いつでもお問い合わせ待っています(^^)

それではまた早めに更新します(^^)


雑誌(モノ・マガジン)に載りました。

雑誌(モノ・マガジン)に載りました。

久しぶりの雑誌

実は久しぶりに雑誌に載りました。「モノ・マガジン」って知っていますか?男性には結構有名だと思うんですけど、知らない方はAmazonのリンクを載せておきます。

これです。そのモノ・マガジンの1つのコーナーに登場しました。載ったのは「枝付きモデル」です。

枝付きモデルを選ぶなんて

ビックリしたのが枝付きモデルを選んだ事。確かに面白いけど(^^)

枝付きモデルは同じ年代にとっても興味をそそるモデルなんですけど、売れ方という見方ではそんな売れるモデルではないんです。。。まぁ、それはそうだと思います。使い方が分からないから(^^;)

面白い体験でした

実は雑誌に載ったのは4度目なんです。それぞれ面白い体験でした。今回はメールだけだったんで本当に載るのか考えましたけどちゃんと載っていましたね(^^)

とにかく、これからも色々と雑誌に載ったりネットで紹介されたりして広がっていけば良いなぁと思います(^^)


ヤフーショッピングも攻勢をかける

ヤフーショッピング

ヤフーには力を入れる事が出来ていませんでした

実はあまり大々的に書いていませんが、ブリリアントジュエリーは独自の本店と、楽天市場店(店舗名は極(きわみ)宝石職人直売所)、そしてヤフーショッピングにも出店しているんです。。。

その理由は商品をほとんどアップせず、半ば放ったらかしにしていたからです。正直に言うと手が回りませんでした。本店も楽天もやっていて商品開発を進めているとヤフーショッピング店に力を注ぐ事が出来なかったんですよね。

しかし・・・

とはいっても、退店するのももったいないし何とかしたいと思っていました。実を言うと本店と違って楽天は商品数の多さが鍵を握る事が多く全部で1000点ほど出していたんです。これはまだまだ少ないと言われますが、一人でやってると作業は進まないのです。ボクは商品の多さより質だと思っているので良い商品を作って、結婚したいと思っている人の役に立ちたいと思ってやってます。いたずらに売上だけを目指してません。

そうはいっても、1000点ほどの商品を再びヤフーショッピングに登録するのは、一人のボクにとって途方もない作業です。いつになるか分からない・・・楽天でさえ凄い時間がかかったのに・・・

人に頼る

そんな中、「楽天の商品を一気にヤフーショッピングにコピーできます」というメールを受け取りました。この手のメールはよく来るんです。

でも、今回はそのホームページを見て1つも怪しいと思う事がなく、値段も良心的。そして、自分で試してどういった表示になるのかを見る事が出来たりしたんですよね。

知らない業者からのメールで嫌な思いをしなかったのも初めてだったので、一度お願いしてみようと思ったんです。

その結果、一気に・・・

早速申し込みをして頼んでみたんですが、少しトラブルがあってメールをしたり電話をしたりと色々あったんですが、良い人で「この人なら悪い事しなさそう」って思ったんです。

そして、トラブルも解消して「それでは始めます。」と来たのが昨日で、朝には商品コピーが済んでいたんですよ。正直物凄いと思いました。

1000点の商品コピーがものの数時間で完了なんて。。。表示が多少崩れたりするのは仕方がないと了承していたしひとまずコピーさえ済めばと思っていたので大助かりでした。あんなに感動したのは久しぶりでした。

時間をお金で買うという行為で考えると物凄いコストパフォーマンスだと思います。一人でやってたら最低3ヶ月以上かかったと思います。。。時給換算で考えても恐ろしい。。。

これでボクの仕事は商品開発や、ショップの体裁を整えるという作業に集中出来るんですよ。一石二鳥ですよね(^^)

いや〜嬉しかったなぁ。。。という訳で、ヤフーショッピングの体裁を整えたりとますます忙しくなります。良いのがどんどん売れれば良いなぁ(^^)


指輪のデザインってどうやって考えるか?

指輪のデザインってどうやって考えるか?

指輪のデザインってどうやって考えるか?

あまり深くは考えていないんです

ボクはデザイナーでもないので、過去に見た指輪のデザインの部分部分を繋げて作ったりしているだけなんです。

話している時にあんなのが良いなぁとかこんな感じはどう?とか言いながら簡単に絵を書いて作っているだけで深くもないんです。

と言うのも、あまり深く考えて作っても良い物が出来る訳ではないですしね。

しかし、こだわりはありますよ

簡単に考えて作った物でも、ボクが力を入れるのは細部の部分です。磨きの質だったり石留めだったり、全体的なプロポーションだったり結構細かいんです。

どの指輪も素材は良いと思うんですけど、仕上げ次第で酷い物が出来たりしているんですが、それをしっかりと磨き上げていく事がボクの仕事だと思ってます。

次のデザインです

上の画像が次に作ろうかなぁと思っているデザインです。以前、お客さんとの話で提案していたデザインで納品したんですけど、左右非対称なデザインで格好いいです。

実際に作った物もとても良かったですし、新しい指輪としても良いんじゃないかと思ってます。

新しいデザインという訳ではないと思うんですけど、自分なりの指輪のデザインにしたいと思ってます。

来年初めくらいには登場させたいです

あまりハイペースで作る事は出来ないので、しっかりと綺麗に作ろうと思ってます。

予定は未明って感じですね(^^;)

また出来上がったら発表します(^^)


金のうんこ軍団のフルラインナップ

金のうんこ軍団

やっとフルラインナップが完成

→ 金のうんこ軍団の販売ページはこちらです。

18金で「うんこ」を作って販売し始めたのですが、正直な所そんなに売れるとは思っていなかったのです。

運良くGIGAZINEさんに取り上げてもらって売れましたけど、本当に月に数個も売れるかなぁといったイメージでした。

単純に面白いから作ってみたいと思っただけでしたし、周りの評判がよくて販売しようと思っていたのです。

しかし、予想とは裏腹に思った以上に注文や、お問い合わせ、あんなのを作って欲しいとかこんなのを作って欲しい。そして他の依頼がありました。

凄い所見つけるな(笑)

Twitterで一番面白かったリツイートが、

「金のうんこを作っているお店の名前がブリリアントジュエリー」

って言葉です。よくそんな所見つけたなぁと思った事と、「俺、このうんこ作る為にずっと気張ってたんか・・・」という事でした。

わざと「ブリリアントジュエリー」という名前を付けたんじゃないです・・・

話は戻って一部のお客さんにはそういった依頼に対応して、数種類の物を製作しお届けしました。

実は通常の「金のうんこ」が出来た時に、これをベースに他のものを作ろうと思っていたのです。

宝石屋として1つ作ったら全身をコーディネートするような商品を作りたいと思ってしまうのです。
それにそういった物があると、コレクションとしてつい集めたくなるでしょう?(^^)

うんこ軍団の完成形

その商品とは「指輪」「ネックレス(ペンダント)」「ピアス」という主力の商品です。

指輪に関してはアーム部分をうんこへ向けて絞り込むようにして、うんこに注目がいくようなデザインにしています。

ちなみにこの「うんこリング」をお届けしたお客さんが褒めてくれた言葉が、

うんこが凄くうんこで最高!

でした(笑)こんな褒め言葉ないですよ。めっちゃ嬉しかったです(^^)

そしてピアスです。ピアスは全部で3種類。

  • 一番簡単なハーフうんこピアス
  • 無垢モデルをベースにしたフルうんこピアス
  • 無垢モデルをぶら下げた、ぶら下げうんこピアス

の3種類です。どれも面白いんですけど、一番面白かったのが、知り合いに「ピアスを作ってる」と伝えると、「うんピ?」と言われた事(笑)

「うんピ」ってそんな短縮の仕方ある?えーネーミングやん。と思って笑ってしまいました。

ハーフうんこピアスはかなりシンプルにデザインして、誰もが着けやすいように軽く作っています。
価格的にも低めですし、正面から見てもうんこがよく分かるようにしています。

大きさも6ミリという大きさですし、着けやすい。もちろん大真面目で作ってますよ(^^)

そして、無垢モデルをベースにしたフルうんこピアスです。
これはその名の通り、無垢モデルにピアス針を付けただけのモデルです。純粋に無垢モデルが好きな方へのピアスです。

ちょっと横向きなのはどうかなぁと思っていたんですけど、出来上がりを見ると「いいじゃないの(^^)」と思わせるような出来でしたね♪

最後のピアスは無垢モデルをベースに耳からぶら下げる事が出来るようにしたピアスです。
このピアスで実現したかった事は、「元々のデザインを生かしたい。」「どうしても宝石を入れたデザインを設定したい。」って事でした。

ピアスって簡単そうで難しいんですよ。デザインの成約も多いし。。。そんな訳でぶら下げタイプも作ったんです。
まぁ、どのピアスも誰も着けていませんし、話のネタにはなりますよね(^^)

最後はアクセサリーの王道である「ネックレス(ペンダント)」です。

ネックレスはフルうんことハーフうんこを用意しています。正面から見ると同じなんですが、フルうんこは宝石を入れる事が出来ます。これだけは絶対にしたかった。

だいたい「うんこ」デザインなんて、そうそう着けていないので、気付いてくれた人に、

「可愛いやろ?しかもこれ、宝石入ってんねん♪」

って会話が世界のどこかで交わされてると考えただけでも面白い。世界って平和やなぁと実感できる会話ですよね(^^)

本体が小さいのでチェーンを通す穴も小さくて、チェーンは外せないようになっているのでご了承を。

ちなみに、うんこ単体ではうんこなんですけど、チェーンを通した瞬間に完璧にジュエリー・アクセサリーになるので、ボクの奥さんは「うんこ」デザインが嫌いだったんですけど、チェーンを通して着けた瞬間に、

「なにこれ?急に可愛いなるやん。」

って悔しそうに言ってましたからね(^^)

デパートに並んでも恥ずかしくないジュエリーとして作ってます

どれも宝石職人が絶対に手を抜かず真面目に作ってます。品質は完全にジュエリーでブランドジュエリーと並んでも存在感でも負けてません。

もちろん、プラチナでも作れますし、ピンクゴールドでも製作可能です。他にも製作を検討している物がありますし、この「うんこ団」の広がりは凄く広い。

こんな話をしていたら、「うんこユニバースやな」って言われた事もあります(笑)語呂が良いだけやないかって思いましたけど、良い響きです(^^)

こんなの作って欲しいとかあれば、どんな物でも可能な限り検討するので、声を聞かせてください。考えるだけでワクワクするし、笑えますよ(^^)

→ 金のうんこ軍団の販売ページはこちらです。


2017年クリスマスに向けて

2017年クリスマスに向けて

まだ11月中盤ですが

もうすぐクリスマスです。と言いながら11月半ばなんですけど近くのショッピングモールに行くともうクリスマス一色です。

そう、クリスマスはどこのお店にとってもかき入れ時なのです。まぁ、バタバタする時がうちも多いです。

バタバタする理由

うちがバタバタする理由なんて決まってます。それは在庫を極力置かずに受注生産だからなんです。

受注生産という事は注文が入ってから作るって事です。しかも、1日や2日で出来るもんじゃないんです。だいたい20日から30日ほどかかるんです。。。

だから、クリスマスに向けて今からやっとかないと間に合わないんですよ!相当忙しくバタバタします。

婚約指輪は問題ない

ブリリアントジュエリーの婚約指輪に関しては、デザインやダイヤのグレードなどバラバラなので、ややこしくなる事もほとんどないのです。

問題は甲丸屋平打ち屋なんです。

リング幅やリングサイズが何故か近くて何が何だか分からなくなってきます。3ミリや、2ミリやリングサイズが12号、13号など。しかも、ペアリングになると同じように見えるし、最終的には甲丸と平打ちがどちらがどちらか分からなくなってくる・・・

おまけにギリギリで注文が来て、納期が数日後なんて・・・出来るかー!って思いながら、「大丈夫です。問題アリません。」なんて涼しい顔でメールを返信し、職人さんに電話で最高に急ぎの仕事をねじ込む心苦しさったらないですよ。。。

余裕を持ってご依頼ください

メールじゃ伝わらないかも知れませんけど、実は電話が飛び交いピリピリしてるんです。。。納期がクリスマス前日なんてザラだし、お客さんもボクも間違えたら一環の終わりです。

だから、受注伝票と商品をにらめっこしながら絶対に間違えないように家族総出でチェックしたり、発送した後も間違えたんじゃないかって嫌な汗かいたり、大間違えする夢見たり・・・

ギリギリになって思いたちプロポーズしようとする方の気持ちはよく分かります。でも、でも、少しだけで良いんで余裕を持って依頼してください。お願いします。お互い身体に悪いです。。。

本当の事を言えば、こんな事を毎年書いてるんですけど、あまり変わらないんです。それは分かってるんですけど、この日記は一種の心の声を吐き出す場所でもあるんです(^^;)

どんな依頼でも何でもござれと思いながらやってるんで、急ぎでも何でも待ってます(笑)


ペンダントに使うネックレスはシルバーでもアリ?

ペンダントに使うネックレスはシルバーでもアリ?

プラチナのペンダントにシルバーチェーン?

昔はこの組み合わせって絶対になかったんですけど、今では悪くないかなぁと思います。金属アレルギーがある方はネックレス自体がダメなので仕方ないかと思いますけどね。

そして、シルバーは使っているうちに黒くなるって事が弱点だったんですけど、今はプラチナなどと同じロジウムメッキをしているので、そんなに黒くなりません。

メッキをしているかどうかは聞いた方が良いですけど、メッキをしているとやはり綺麗ですね。見た目はプラチナと同じ。

あまりこだわりすぎないのがコツです

まぁ、チェーンの種類は少ないですけど、メインは宝石が留まったペンダントトップなので、控えめなくらいが良いんですよ(^^)

シルバーチェーンはとにかく安いので、着せ替えを楽しむくらいがちょうど良いですね(^^)

このチェーン持ってますけど、ずっと綺麗なままですよ(^^)


金のうんこ大赤字・・・

金のうんこは大赤字・・・

本当は期間限定価格

そろそろ「金のうんこ」がまとめて出来上がってくる頃なんです。

実は期間限定のつもりだったので、価格も買いやすい値段設定にしてた。面白いかったからね(^^;)
正直なところ、こんなに注文が来るとは思わなかった・・・

利益は数千円・・・あるかな・・・

でも、送料諸々の諸経費を入れると完全に赤字という笑えない状況で、この半月何やったんやと・・・

別注で色々なうんこを作る事になったりしたので、トータルでは数千円の黒字・・・数千円て・・・

広告と考えれば凄い黒字

しかし、広告宣伝費と考えれば恐ろしい効果があったので、仕方ないかと考えるしかない。

それに、これがキッカケで指輪を作ろうとか贈ろうとか思って依頼をくれる人がいれば良いかな(^^)

どこかのタイミングで価格改定します

期間限定を通常に戻すタイミングで価格ももう少し改定しようと思う。。。単純に倍近くになるかな。。。相場物はこれだから恐い・・・


俺の結婚指輪

俺の結婚指輪

隣の芝生は青く見える

そうなんです。自分が着けていると「その指輪のデザイン良いなぁ。。。ダイヤモンドじゃなくて他の宝石に変えたらアカン?」って聞かれる事が凄く多いんです。

これって何なんですかね。。。いや、全然オッケーでダイヤモンドでも良いですよって思ってるんですけど、そんなに良いデザインなのか、もしくは実際に着けているとよく見えるのかなぁと思ってしまいます。

俺の結婚指輪

こんな感じでブルートパーズを入れたり、ピンクの宝石を入れたり色々と作りました。

深く考えていませんでした

デザイン自体はあまり深く考えていませんでしたし、出来上がりも「ええ感じやな。」って感じで簡単でした。今思えば何考えてんねん。と言われそうですけどね。。。

まぁ、あんまり深く考えて作ったとしても身につけなければ意味ないですからね。

ちなみにボクの結婚指輪はこちらから見る事が出来ますよ(^^)


金のうんこ(枝付きモデル)販売開始

金のうんこ(枝付きモデル)販売開始

枝付きモデルを手に持って走って誰かを追いかけて欲しい

自分の想像以上に注目された「金のうんこ」ですけど、誕生石を入れる事が出来るモデルを先日追加して、今日は「枝付きモデル」も追加しました。

自分でも思いますけど、どう考えても枝付きモデルは面白いし、手に持って走って誰かを追いかけて欲しい(笑)

仕事としてはかなり真面目に作っていて、ジュエリー品質なんですけど見た目がこれじゃあねぇ・・・

今後は少し真面目になります(^^;)

ひとまず作りたかった物も出来たので落ち着きます。といっても現在の受注分をさばくので精一杯です。思った以上に多かったし一気にこんなに注文くるのは久しぶりなんです。。。(^^;)

いつまでも続く訳じゃないですし、新しい婚約指輪も作りたいと思っています。デザイン考えてる段階なのでいつになるか分かりませんけど、カラーストーンを使った正統派なデザインも作りたい。

売れてる訳じゃないですけど、自分が指輪とかデザインとか好きなのでずっとやり続けます。

どの商品も真面目にやってます

通常の指輪もうんこも全部一緒にかなり真面目に作ってます。リフォームに関してもお問い合わせを頂く事がありますし、「絶対に手を抜かない」って事がボクのポリシーなので、品質には絶対の自信があります。どれも商品というくくりでは同じですからね(^^)

ひとまず、枝付きモデルの紹介を兼ねて。ここからでもお買い物が出来ますよ(^^)

金のうんこ(枝付きモデル)販売開始


通常業務に戻ります

通常業務に戻ります

慌ただしかった週末

この前作った「金のうんこ」が色々なサイトに掲載された事で面白い事がいっぱいありました。ちょっとバタバタしましたね。。。

掲載された商品はウルトラマンに持たせていたので、うちではレゴに持たせてみました。なんだか「とったど~!」って感じですけどね(^^)

利益なしです

本音としては遊び半分で作ったし、ただ単に面白いし、価格設定も「まぁ、2〜3人くらいしか買う人おらんやろうし、こんなもんでええやろ。」って思っていたので、送料その他を含めると利益なかったという笑えない展開。

とは言え、オンラインショップの宣伝効果という意味では信じられないほど良かったので結果的に良かったって事です(^^)

ネットの反応が面白かった

インターネットでの反応は思った以上に好意的で面白がっていたのが嬉しかったですし、一番面白かったのが、

「ショップ名のブリリアントジュエリーが意味深だ」

という書き込みがあって、初めは意味が分からなかったんですけど、ショップ名の「ブリリ」って言葉と、出来上がった商品が「金のうんこ」ってのが面白いって事でした(笑)

ネットショップの店舗名は10数年前に付けていたし、まさかこんな展開になるとは思ってもなかったのでもう笑うしかないし、「おもろい事気付く人おんねんなぁ(笑)」と家族全員爆笑でした(^^)

10数年経って出した感じ

まぁ、10年ほど前から気張って気張ってやっと産声を上げた商品って事ですね(^^) そんな訳ないけどもうこれで良い(^^)

結果的には面白い体験が出来たし、貴重な体験です。もう数日経って落ち着いてきたので、そろそろご依頼を頂いた方に届ける商品を綺麗に出来るようにするだけです。

この商品に対しての問い合わせや、依頼を受けて作るからには最高に綺麗な「金のうんこ」をお届け出来るようにしますよ(^^)


金のうんこを作ってみました(^^)

金のうんこを作ってみました(^^)

18金で「うんこ」を作ってみました。

といっても何か狙いがあって作った訳ではありません。以前、「うんこ漢字ドリル」というのが販売されていましたが、それより前に企画は進んでいたんです。

そんな訳でずっと作ってみたくて、タイミングが来たのでやっと作れたのです。出来上がった物を見て、我が家の子ども達は大笑い(^^) 子供はそういうの好きですからね(^^;)

友人や知り合いには物凄く評判がよく「めっちゃ面白い!」って言われまくりました。でも、「なんで作ったの?」という事を同時に聞かれたんです。

そう言われても元々は「作って見たかったから作った。」という事が本音であって、特に他に理由があって作った訳ではないんですよね(^^;)

理由は後付け

だから、何か後付でも理由を考えないといけないと思って考えたのが、

「運(うん)が付くように財布に入れる」

って事でした。昔はお財布に「お金が帰る」って意味を込めて「カエル」を入れている人が多かったと思うんですけど、ボクも入れていてそれを思い出したんです。

お財布に入るくらい小さくて、小物になるくらいの可愛いデザイン。それを考えました。まぁ、後付にしては良い理由付けだと考えています(^^)

実際に手に取ってみると、縦横6ミリという凄い小さなデザインで、子供の小指に乗るくらい小さいんです。

参考にしたデザインはもちろん「アレ」

デザインで参考にしたのは、もう既にお察しかと思いますが、「Dr.スランプアラレちゃん」で登場するアレです(笑)アレ以外のデザインは思いつかないくらい。

色はともかく、商品としての「品」はありませんが全く下品ではなく、本物をあまり連想させない極めてアニメ的なデザイン。もうこれ以外にありませんよね(^^)

そして、これを大真面目に作るのが宝石職人さん。いつも作るより小さいからどうかなって思ったんですけど、指輪などでダイヤモンドを留める爪はこれよりもっと小さいから問題ないそうです。すげえ。。。

写真では大きさの対比の為に指輪に乗せてみました。指輪の上に乗っている写真はとてもシュールですけど、作る方は大真面目に作ったんです。

磨きもしっかりしていて、うんこなのにピカピカです(笑)販売するのはうんこ単体ですけど、希望があればこれを利用して作ります。

今まで見せた人でも一発で分かるらしく、可愛くて欲しくなると言って既に何個か購入してもらってます。一度に複数個購入してくれた方は、従業員にプレゼントするとか。社長からこれをプレゼントされると考えるだけで笑えます(^^)

他にもピアスにして欲しいとか、キーホルダーに付けたいとか色々提案してもらってます

財布に入れる為とか理由を作りましたけど、本当は何でも良くって純粋に面白い商品を作りたかっただけなんです。周りの人は確かに面白いと言ってくれますし、これが本物の18金という事が良いんだそうです。

使い方は自由自在

使い方なんて自由自在ですし、宝石屋がベースとなる物を作り、みんなの声で次の商品を作るって形は、昔に卸業をしていた頃には絶対になかった楽しさです。

価格的には18金で作ったので1万円という価格はギリギリどころか利益なしです。それでも面白いから仕方ない。面白がって喜んでもらって広がっていけば嬉しい(^^)

この「金のうんこ」をベースに色んな無理難題を突きつけて新しい商品の声を聞かせてください。絶対おもしろいですよ(^^)

金のうんこを作ってみました(^^)

金のうんこを作ってみました(^^)

金のうんこを作ってみました(^^)


ジュエリーはなぜ質屋で安く買い叩かれるのか?

ジュエリーはなぜ質屋で安く買い叩かれるのか?

購入時より相当安い

ジュエリーを売る時って最近では「金プラチナ」の専門店で売る場合が多くなったと思うんです。まぁ、今も昔も変わりませんけど基本質屋とあんまり変わりませんよね。

で、ジュエリーを売りに行くと購入時はあんなに値段がしたのにえらい安い・・・って事がありませんか?

ブランドジュエリーは別としても、それにしても安くないか?って考えると思います。

なぜ安いのか?

これに関しては、一言で言えば「卸価格並みになる」という事じゃないかなぁと思います。

実はこういった質流れの商品は業者間取引に流れる事が多くって、しかも現金取引が多くかなり安いんです。ボクも自社商品は関係ないんですが見に行った事があります。

こんなに安いんやぁ。とか凄いなって価格で取引されます。だから安く買い叩かれる。という事なのかと。

実際安いけど、実は・・・

確かに安いんですけど、実はボク達も購入する時は大人の事情も含めてですけど、売りたい値段を考えます。

その時に計算するのがダイヤモンドの値段。ダイヤモンドは有名鑑定機関の鑑定書などがあれば、だいたいの値段が分かるのでそれを目安にします。

そして、地金に関しては「地金相場 × 指輪重量」って感じです。加工賃とか気持ちとかも含めず単純に計算するだけなんです。

そこから導き出された価格よりさらに低い価格を出すんですね。

商売だから仕方ない

業者間取引はかなりシビアなので、それくらいで買わないと利益が出ないんです。例えばの話で言えば、1つ売って1,000円の利益とかざらにありますから。

これはブランドジュエリーは別なので、あくまで普通のお店で購入した物と考えて下さいね。

駆け引きも重要ですけど、質屋で安く買い叩かれるのはそういった理由も1つですね。他にもあるんでしょうけど、こんな感じなのです。

商売って恐いな(^^;)


婚約指輪にはダイヤモンドじゃないとアカンの?

婚約指輪にはダイヤモンドじゃないとアカンの?

ダイヤモンドだけとは決まってませんよ

「婚約指輪 = ダイヤモンド」というのはいつ頃からなんでしょうね。ボクもあまり知りませんけど、婚約指輪自体が昭和からくらいなので、そう古くからではないと思います。

多分ですけど、ダイヤモンド屋さんとかの宣伝なんだと思います。でも、ただの宣伝だけならここまで定着しなかったと思いますし、ダイヤモンドの意味とか婚約指輪を贈る意味、そして高度成長期の時代とマッチしたんじゃないかと思ってます。

海外だと色とりどりです

日本だとさっき書いた通りですけど、婚約指輪の本場である海外ではダイヤモンドだけではなく、もっと色とりどりの宝石が婚約指輪に使われています。

代表的なのがブルーサファイアですね。これも理由があると思います。昔はダイヤモンドは研磨技術がまだまだ低くて今のようなブリリアントカットがなかったと思います。ローズカットくらいが限界でしょう。

カラーストーンは採掘量も多いですし、研磨技術もあったので、その中でもサファイアは硬度も高いし、同じ硬度のルビーより採掘量も多かったのでサファイアが多かったのだと思います。それにサファイアは綺麗ですからね。ボクもサファイア1石持ってます。安いけど(^^;)

ダイヤモンドの理由もあります

先ほどの硬度で考えるのであれば、ダイヤモンドは硬度が一番高いので結婚にあたっては「離れる事がない」という花言葉のような宝石言葉が結婚にピッタリだったんでしょうね。

それにブリリアントカットが確立されてからは、輝きという意味でもダイヤモンドは綺麗ですし、女性好みだったんでしょう。カラーストーンは色の好みもありますし、お店が勧めるのもなかなか難しい面もあったりしますからね。

ダイヤモンドのこだわらず色々見て欲しい

個人的な意見でいえば、ダイヤモンドは間違いない選択肢です。対してカラーストーンはその人のこだわりであったりとか、思い入れで選ぶものかも知れません。

まぁ、あまりこだわらず色々と見ながら選ぶのが一番良いと思いますね(^^)


結婚指輪はプラチナが良いの?

結婚指輪はプラチナが良いの?

シルバーの結婚指輪

最近よく聞く事があります。それは、

指輪高いし興味ないからシルバーで十分やねん。

宝石屋のオッチャンとしては悲しい言葉なんです。。。しかし、シルバーではいけない理由があるんですよ。

それは、「シルバーは強度が全然ない」です。そうなんです。シルバーの地金としての強度はピッカース高度というのがあるんですが、K18はHv150から250、Pt950はHv60から130、シルバー925はHv50から65という硬さの違いがあります。

どの地金も合金なので、どれも純度の違いがありますから正式とは言えませんけど基本的にシルバーは柔らかいんです。

ゴールドやプラチナってイメージでは凄く硬そうなんですけど、実は鉄より柔らかいんですよね。だから、手すりを握っただけでヘコむ事があります。それくらい柔らかいんです。

硬さだけで考えるとゴールドが良いと思うんです。

しかし、硬さだけではないんです

ではゴールドがベストかというと、ゴールドの色目よりプラチナの方の色目が良いという方にはホワイトゴールドという物があります。

ゴールドもホワイトゴールドも良いんですけど、基本ゴールドは硬いだけで柔軟性に欠けるんです。サイズ直ししただけで割れてしまうくらい。。。結構苦労してて作り直しという場合も多いです。

それから、ホワイトゴールドはメッキをしているのでアレルギー体質の方には向いていません。先ほどのシルバーもメッキをしないと真っ黒に酸化してしまうのでアレルギーが出ますよね。

そう考えるとプラチナなのか?

じゃあ、地金はプラチナが一番なのかと聞かれれば、現時点ではベストです。と言ってしまいます。

地金としても硬いし柔軟性もあります。加工もしやすい地金で比重も高いので指輪としての重量感もありますし、結婚指輪としては最良の地金だと思います。

あと、シルバーと比べると新品仕上げをしても地金が溶けないので凄い綺麗になります。シルバーは熱で溶けてしまうのでイマイチ宝飾用の地金として向いていないんですよね。

本当は予算に応じてが一番です

さんざんプラチナがベストと言ってましたけど、実は予算に応じて購入しお金を貯めて次に進むのが一番と考えているんですよね。シルバーでも良いんです。ゴールドでもホワイトゴールドでも。

2人の価値観もあるし、贈る気持ちが一番と思うんですよね。

色々書きましたけど、参考程度までに考えれば良いと思います(^^)


指輪って同じように見えるけど、何が違うの?

指輪って同じように見えるけど、何が違うの?

同じようで全然違うんです。

いつも納品の時はドキドキすると書いた事がありますが、基本的には凄い綺麗なので大丈夫と思っています。しかしドキドキする事には変わりません。

知らない人からすれば、指輪って分からないしどれも同じで値段の違いが分からない。。。という方もいらっしゃいます。

それでもボクは自分の商品には最高に自信があります。その理由は3つ。

最高のデザイン

デザインに関しては個人差があると思いますが、このデザインというのは表向きの見た目ではなく、細部の仕上げの事です。エッジの仕上げや磨き上げや石留め。そういった細部の仕事が最高なのです。

こういった細かい部分の積み重ねで違ってくるんですよ。

最高の品質のダイヤモンド

ダイヤモンドに関してはグレードではなく実際の見た時の輝きを重視して選んでいますし、これはグレード付きの場合でも同様で、同じグレードでも実際見た時の輝きなどを重視しています。これはダイヤモンドを見た本職しか出来ません。

最高の職人

そして、これが1番重要でデザインやダイヤモンドやその他の宝石が良くても人間の仕事がダメだと全てが台無しなのです。
宝石職人に関しては、どの部門に関しても最高の仕事を求めていますし、常に最高を求めてますし、常に期待に応えてくれています。

驚きの連続

この3つの理由のお陰で自信を持って仕事が出来ています。1人で何もかも出来る訳ではありませんしね。

それから、ボクを常に驚かせてくれるくらいの仕上がりを見せてくれるんです。その卓越した仕事が最終的には、お客さんの想像を超えた商品になっています。

「お客さんを満足させるには、まずボクから」

といったところですね。ボクの思考回路には全く存在しない仕事方法、製作方法など驚きの連続です。ボクが仕事を続けているのはそういった仕事を見たいからといった事もあります。

これからも、いっぱい驚きたいですね(^^)


結納返しの商品は腕時計以外に何がオススメ?

婚約指輪のお返しって?

結納返しの商品って?

最近では少なくなってきていると思うんですが、結納のお返しの商品って何が良いと思います?

ボクは結納をしていないし、周りでは1人だけ結納をして、結納返しをしていました。

結納返しの定番商品といえば「時計」という事が多いですね。ボクの友人もそうでした。ボクは初めて聞いたので「時計かぁ。」と思った事を覚えています。

その他の結納返しの商品

じゃあ、時計以外なら?という事で挙げてみました。

  • スーツ
  • 礼服
  • アクセサリー
  • 家電

といった感じでした。スーツや礼服って必ず必要になりますもんね。値段としてはオーダーメイドで作る事が多いようで、10万円はくだらないとか。太らないようにしないといけませんね。。。

次はアクセサリーでしたが、腕時計に興味がない方への代わりのものですね。しかし、結婚指輪もするのにアクセサリーかと考えましたが最近ではピアスやネックレスも多かったりします。

家電は良いけど微妙な気がします

最後は家電です。長く使えるという事で冷蔵庫や洗濯機が選択肢に入ります。

パソコンという事もあるようですが、パソコンは数年で寿命なのであまりオススメできませんね。

個人的には長く使える物を

結納でもそうですが2人で長く使える物を選んで欲しいと思いますね。

新婦から新郎に贈る物でアクセサリーがありましたが、ちょっとバックルも良いんじゃないかなぁと考えたりしました。ずっと身に付けるしシンプルな物であれば変える必要もなくなりますもんね(^^)

どちらにしても、お互いを思いやって選んで頂きたいですね(^^)

と言いながら、本当は指輪とかピアスにして欲しいな(^^;)


最近の婚約指輪はプロポーズ後って本当?

最近の婚約指輪はプロポーズ後って本当?

時代は変わってきているのかも

この前ゼクシィで読んでびっくりしたんですけど、最近はプロポーズは簡単なシルバーなどの指輪で済ませて、後日2人で本当の婚約指輪を探しに行くんですって!

これを読んだ時の感想は「マジで?ホンマかいな?」って感じでした。何となく信用出来ないなぁと思ったりしていたんですが、実は楽天市場店で「プロポーズ用婚約指輪」を出しているんですが、これがこの9月の前半はビックリするほど売れたのです。これで、「本当かも知れない・・・」と思い直しました。

ネットショップを始めて10数年になりますが時代は変わり始めたのかも知れません。

嬉しい事

ブライダルジュエリーを販売する側としては、プロポーズ用の指輪が売れるのは嬉しい事だと感じています。気持ちが大事ですしプロポーズ用の指輪が気に入ればそれで良い訳ですからね。

その後に本当の指輪をうちで選んでくれると、もっと嬉しい事なので歓迎しています。

低価格化が進んでいる?

これ、今度書こうと思ってますけど、ブライダルジュエリーの低価格化が進んでいるのかどうか?これについてはイエスでもあり、ノーでもあると思います。

扱うお店や、各モールで凄く変わっていますし、一概にはそう言えないかなと体感してます。これを分析していくと結構面白いですよ。

指輪は別としてプロポーズは重要ですよ

指輪をプロポーズの後に買うとしても、そうなると一体何でプロポーズするのかという問題をプロポーズ用の指輪で解決するというのは面白い現象だと思いますし、時代が変わっていくのを体験出来るのはワクワクします。

どちらかと言えば、うちは高級路線だと思います。決して安い訳じゃないと思いますから、いい買い物が出来たと思われるように頑張るのみですね(^^)


婚約指輪の購入価格は二分化してるって本当?

婚約指輪の購入価格は二分化してるって本当?

婚約指輪の購入価格は二分化していると思う

ブリリアントジュエリーでは1カラットダイヤモンドの婚約指輪を取り扱っていますが、その1カラットの婚約指輪のお問合わせはとても多くなってきました。

なぜなのかはハッキリ分かりませんが、最近は1カラットで豪華に作るか、出来る限り安く済ませるか。という事が多くなったような気がします。

気持ちは分かりますが、予算の限り良い物を作って欲しいです。0.3カラットも悪くないと思いますが、結婚する人の年齢層が上がった事も多少関係あるんでしょうね。

1カラットは憧れのダイヤモンド

確かに1カラットは豪華という言葉がピッタリですからね。大きいし輝きも段違い。それがたとえ品質の良くない1カラットだとしても。

品質が多少落ちても、輝きだけはやっぱり他と全然ちがうんですよねぇ。。。

どれも高いんですよね。ボクが買うとしても高い。

でも、それが1カラットダイヤ

そう、それが1カラットなんですよ。それくらいじゃないと憧れになりませんからね。

結婚する時に1カラットを贈るためにお金を貯める方もいらっしゃいますし、結婚するなら1カラットと考えている方など色々です。

夢ある石

何だか夢がありますよね。ボクはプロでダイヤモンドをいっぱい見る機会がありますが、グレードだ、カットだ、なんて言っても結局は1カラットという響きやステータスに憧れを持つんですよね。

夢ある石。それが1カラットダイヤモンド

そんな事を書きながらいつかボクも奥さんに1カラットダイヤモンドをプレゼントしたいなぁと思いましたね。いつになるかなぁ(^^;)


1カラットの指輪の裏話

1カラットの指輪の裏話

大きくて高い1カラット

1カラットのダイヤモンド。大きくて高い。確かにそうなんです。でも、やはりダイヤモンドは奥が深くてピンからキリまでです。

カラットと言うと大きさをイメージしますが、実際は重さなんです。そして、1カラットは0.2グラムです。凄く軽いんです。

今は「キャラ量り」というダイヤモンドの体重計のような物があるんですが、全てデジタルで凄く精密なんです。風が吹くだけで重さが変わってしまうのです。

だから、頑丈な床の上で静かな所に設置したりしています。
今ではそうなんです。

では、昔の量り方は?

昔はそんな精密なデジタル量りはなかったので、天秤のような物で量っていました。ダイヤモンドを片方に乗せて反対側に分銅を乗せてダイヤモンドの重さを量るのです。

当然、静かな場所で量る事は量るのですが今のように精密ではありません。

昔の1カラットは1カラットではない?

これを書くと業界人として失格かも知れない裏話を書きますが、ボクが仕事を始めた20年前はデジタル量りなので恐らく違うと思いますが、それ以前の天秤量りの場合はもしかしたら1カラット以上かも知れませんが、1カラットに足りないかも知れません。

というのは、長年使うと分銅が錆びていたりすると実際より重くなってしまったりするのです。本来は手で触るのは禁止ですが触ってしまった場合なども含まれますね。普通は付属のピンセットなどを使ったりします。

その事は当然知っていた

恐らくそういった事は分かっていたと思うので、昔のジュエリーの刻印は「1ct」と、それ以上は細かくは書かなかったのだと思います。

今の時代はそういった表記はなく「1.XXX」といった刻印がほとんどだと思います。鑑定機関でもしっかりと量っていますし実際にダイヤモンド量りでは嘘つけませんからね。

昔はそういった事情もあって仕方ない部分もありますし、その為にそういった表記もしていたのだと思いますし、昔の人の思いやりという感じですかね(^^)