「 仕事の事 」一覧

指輪の新品仕上げ時に地金は目減りするのか?

指輪の新品仕上げ時に地金は目減りするのか?

新品仕上げや仕上げ直し、リフレッシュとも呼ばれてます

指輪って使っているうちに小さなキズが付いたり、ピカピカだったのが仕立ての良くないツヤ消し仕上げをしたかのように曇ってしまいます。

こればっかりは仕方ないと思います。ずっと指に着けて当たり前になっている指輪の事に気を付けようなんて意識は少なくなりますからね。

使っていて変形や小キズを消して綺麗にする為には新品仕上げしかありません。となるとうちの出番ですね(^^)

ちなみに新品仕上げは、別の呼ばれ方として「仕上げ直し」「リフレッシュ」といった呼ばれ方がありますが、プロはただ単に「仕上げ」と言います。

どの呼び方でも意味は同じですが、新品であろうとなかろうと作業としては「仕上げ」をするという事で「仕上げ」です。

ここで問題ですが、仕上げはどうやって行っているのかという事

意外と知らない人が多いのですが、仕上げというのは写真のようなバフという機械を使って磨き上げます。一分間の回転が凄いのでちょっとするだけで綺麗になります。ちなみにこの緑色の粉は「青粉(あおこ)」といって、小キズなどを取り去った後の最後の仕上げという事で、指輪にツヤを出すために使います。

簡単そうですけど、使い方を誤ると指が飛ばされ指輪も飛んでいきます。それに高速回転なので熱くて素手で触ると危険なんです。

そうやって綺麗になった指輪は目減りするのか?

この質問、良く聞かれます。これ、ボクも気になっていたんで一度作業前と作業後に寸法とグラムを図った事があるんです。あれだけ綺麗になったんだから相当目減りしているんじゃないかって。

結果、1グラムも変わらない

写真は撮るのを忘れたんですが、実際には1グラムも目減りせず0.1から0.2グラムとかで、深いキズを取る場合で0.5グラム以内でした。全てがそうなのかと言われれば例外はありますが、平均でそんなところでした。

実際には「削る」というより「磨く」という作業なので、表面もミクロン単位で磨いているだけでした。意外に少なく感じますよね。

ただ、物によっては地金がガリッと削れてしまっている物などは地金で埋めて磨き直したりする事もありますよ。

最終的には18金以外はロジウムメッキをするので、これで作業は終了となりピカピカの新品のように戻るんですが、そう心配いらないんじゃないでしょうか(^^)

メチャクチャ綺麗になるし、うちの仕上げは日本最高だと自負してます。これは本当。だから、仕上げを希望の方は指輪の新品仕上げサービスのページからでも受け付けていますし、下記からでも申し込めます。絶対に感動するぞ!


ツタンカーメンの指輪を作ってみたら凄かった!

ツタンカーメンの指輪を作ってみたら凄かった!

趣味とは言え凄い指輪を作ってしまいました(^^;)

以前、「次に作る指輪はこれだ!」という日記を書きました。その時の指輪が出来ました!

ツタンカーメンの指輪を作ってみたら凄かった!

これがゴム型から取り出したワックスというもの。商品を作るのは仕事なんですけど、趣味も兼ねているんです。何かを作るのが大好きなので儲け度返しで作っちゃうんですよね(^^;)

そんな訳で出来上がってきた指輪がツタンカーメンリング!

ツタンカーメンの指輪を作ってみたら凄かった!

出来上がった指輪がこれ!神秘的な雰囲気のツタンカーメンリング。ワックスの時点ではイメージが沸かなかったけど出来上がってきたら良い感じに出来ました。

それを黒背景で撮ったところ、物凄くミステリアスな指輪に撮れてしまいました(^^;) 正直真正面から撮る時はエメラルドが留まったツタンカーメンの目と目が合うんですけど、これが何というか不思議な感覚になってしまいました。

1人で撮ってたし、ちょっと恐かったかも知れない。。。

撮った写真を見ながら黒背景は雰囲気が出過ぎたので、いつもの木目背景で撮ってみたら、これも良い感じにとれました。

ツタンカーメンの指輪を作ってみたら凄かった!

まぁ、いつもの感じです。カメラの写り込み以外は良く撮れてる(^^) 全然恐さは感じず至って普通に撮れました。こっちの気持ち次第なんですね(^^)

30年前に作った指輪が現代に蘇りました(^^)

実は30年前に作った指輪で、久しぶりにゴム型を見た時に思い出して面白そうやなぁと思って作ったんですが、すっごい良い指輪になりました。

ゴム型があればこういった事も可能なので、良い使い方ですよね。まだまだ実家にはこういったゴム型が多いのでまた作りたいと思ってます(^^)

価格はまだ未定だけど・・・

まだ値段は決めてないんですよね。目に留める宝石はどれでも大差ないのでエメラルドでもルビーでもダイヤモンドでも同じになると思うんですけど、18金で20万円は超えちゃうかなぁと。詳しい事は後から考えます(^^)

今のところ興味があれば問い合わせ下さい(^^)


指輪の写真撮り

極(きわみ)ブランドの指輪

写真の撮り直しを含めて、新しく指輪の写真撮りをしています

今まで黒背景がメインで写真を撮っていたんですが、格好良くて綺麗という声もありましたが、現実感が少ないという声もありました。自分でも少し感じていたんですが、どうするか決め兼ねていたんですよね。

ある程度構想が固まったので上のような写真を撮るようにしました。あまり上手いとは思わないけど実際の指輪の雰囲気が出て良いじゃないかと。

他とは違う写真を撮る努力

ジュエリーのネットショップを見ていると、真っ白の背景に綺麗に切り取られた指輪があるというのが一般的です。ボクはあれが大嫌い(そういった写真が撮れないという噂も・・・)。だから、指輪のデザインがしっかりと分かる黒い背景で撮る事が多いのです。あと、高級感もありますからね。

でも、それだけじゃ結局現実感という意味では真っ白の背景と変わらないので、木目背景で写真を撮ったりリングバーなどを使うようにして大きさや質感が分かるような写真を撮り始めました。

指輪の写真撮り

そして、撮り始めてまとめている最中のフォルダです。小さいので分かりにくいですが雰囲気は分かりますよね。明るくてダイヤモンドは輝いていますからね。

まだまだもっと良い写真が撮れるように努力する必要もありますし、もっと分かりやすい写真を撮れるようにしないといけませんね。何と言ってもうちはネットショップ専門店なので、ひと目で分かるようにしないとダメなんです。

カメラには頼ってません

実はカメラはこの10年同じカメラを使っていて、一眼レフではなく普通のデジカメなんです。設定が簡素ですぐに撮れて綺麗に撮れるので変える必要を感じません。壊れる事も考えてヤフーオークションでいつもチェックしています。本当は一眼レフで綺麗に撮りたいと思ったりするんですが、目的は綺麗というより「分かる写真」ですからね。

これから再び写真撮りです。やる事はいっぱいあるし全然終わりがないんですけど、それが仕事と考えているのであとは取り組むだけですね(^^)


サイトの模様替え

ブリリアントジュエリー

少し見やすく模様替え

ブリリアントジュエリーのパソコンサイトですが、自分で見ていてちょっと見にくいなぁと思ったので模様替えをしました。

全体的には少ししか変わってませんけど、こういった事を常にしていくとしばらく前とは全く別物になっている事が多いので、意味が無いと思ってもやっぱりやるべきなんですよ。

他のネットショップもする予定

他に運営している梵字屋、甲丸屋、平打ち屋、ピアス屋さんも順にしていく予定なのです。さすがに一気には出来ませんけど、常に変化をしていかないと置いて行かれますからね(^^)


貴金属地金の付加価値

金のプラチナ

宝石屋の扱う地金

うちは宝石屋なので扱う地金はプラチナ・K18ゴールドを中心にK18ホワイトゴールド・K18ピンクゴールドを扱ってます。そして、少しだけシルバーも扱えますが、オーダーメイドだけです。仕上がりはプラチナと何ら変わらないくらい綺麗。

イヤリングの金具にはK14が使われる事が多く、金具はパーツとして販売されておりうちもそれを使用する事が多いですね。

ちなみにアクセサリー屋さんでプラチナ仕上げとか、プラチナ100とかK10とかを扱っている所がありますが、あれを扱う会社を宝石屋とは絶対に認めない。

だって、パッと見で間違えそうですし、間違って購入する方もいるという事でこちらに修理加工依頼が来るんです。100とか言われたら純度100と思うじゃないですか。10パーセントなんですよ。

プラチナ100って純度100パーセントと思っていたのに金属アレルギーになりましたって・・・純度は10パーセントなんやから当たり前や!
18金だって純度75パーセントなのに。

修理だってやれない事はないけど、修理加工賃は購入価格より高いと言って断られる事がほとんどです。正直ほとんどの貴金属は扱えるけど、やりたくないし販売する方も最後まで面倒見れるのを扱えと思う。

それはお客様に対する裏切りだぞ。

貴金属地金は付加価値が付けにくい

というように貴金属の地金というのは種類も少なく、特別な地金はあまりないんです。

実はプラチナ1000という地金があります。販売するネットショップでは「純度100パーセントのプラチナです」なんて言ってるけど、本当は柔らかくて変形はするし使い物にならない。柔らかいから磨くとエッジがなくなってデザインも台無しだし、実際の純度は「99.9パーセント」だ!

本来指輪などに使う地金は強度の面から考えてプラチナ900がベストなのだ。

貴金属の地金として扱いにくいから、扱いやすく強度も考え他の金属を混ぜたプラチナ900を宝飾品の地金に使うのです。純度がどうだとかという言葉に騙されてはいけない。

では付加価値を着けた貴金属は?

結論から言えば、ないといった方が良いですね。付加価値を付ける事が出来ない。

プラチナ950というチェーンや一部宝飾品に使われる地金もあります。これは一般的に「ハードプラチナ」といってプラチナ900より硬い地金なんです。しかし、欠点も多く現段階ではデメリットがメリットを上回っています。

しかし、細い地金で結婚指輪を作る時にはこのハードプラチナを使う事が有利に働くかも知れません。強度が増すという事で変形に強くなりますからね。

付加価値と言って良いかどうかは分かりませんし、現時点では限定的となりますが、細い指輪にはハードプラチナという選択肢が付加価値になるかも知れません。それが「金のプラチナ」という名前の地金になるかも。

という事でブリリアントジュエリー甲丸屋平打ち屋でも導入を検討しています(^^)


スマホサイトに力を入れる

スマホサイト

今やパソコンよりアクセスが多いスマホサイト

アクセス元を調べてみると、既にパソコンからのアクセスよりスマホからのアクセスが多くなりました。ボクはパソコン派なので基本的にパソコンから見るんですが最近はパソコン持っていない人が多いですし、パソコンよりスマホの方が見るだけなら便利ですからアクセスが多くなるのは当然ですね。

スマホファーストに

今まで更新作業をしていると、どうしてもパソコンサイトから更新し、次にスマホサイトを更新するという流れでした。これを何とかスマホサイトから更新するという流れに変えたい。

それに今までスマホサイトはパソコンサイトよりかなり簡素な印象で華やかさが足りませんでした。でも最近のスマホサイトを見てみると結構変わってきている感じです。

ボクが運営しているネットショップに関して言えば、どちらかと言えば簡素な方なのでもう少し変化を付けたいと思いますし、もっと見やすく探しやすく出来そうな気がします。

スマホで見た場合の見た目

スマホから見ると、機種によって多少違うようなので、その検証も必要ですよね。ボクは4インチのiPhone5cと6.44インチのXperia Z Ultraでチェックしていますが、どちらも現在では微妙なサイズなんです。1番多い5インチ前後のスマホがないのです。iPhone7とかも視野に入れて検証用端末も必要ですよねぇ。バンパーも作りたいし(^^;)

スマホサイトの構築はなかなか面白いですが、もっともっとスマホサイトを見て研究しないといけませんね。


ブランドの指輪

極ブランドの指輪

オリジナルブランド

ブリリアントジュエリーに新しくカテゴリーを作りました。「極(きわみ)ブランド」です。

ボクが1番こだわって作った指輪です。それは品質はもちろん、仕上げや着け心地など0.1ミリ単位でしていして作ってもらいました。

その中でも1番のこだわりは着け心地です。指輪はダイヤモンドが当然重要ですけど、長く着けるにあたってもう一つ最も重要な部分「着け心地」なんです。着け心地が悪いと安っぽく感じるし、せっかくの高額な指輪が台無しに感じます。
だから着け心地を1番大事にする為に地金をしっかり使ったりしています。

何度も着けたり外したりしたくなる

良い指輪の条件って着け心地だとボクは思っていて、その中でも何度も着けたり外したりしたくなる指輪です。

地金をしっかり使って指あたりを滑らかにした指輪って、「しっとり」という言葉がピッタリなくらいの感触です。

普段の指輪でそう感じる指輪は凄く少ないはずですし、どこのブランドに行ってもなかなかないんです。

1番こだわった指輪をブランドに

ブリリアントジュエリーの指輪はどれもこだわってますけど、値段に関係なく着け心地やその他の品質に1番こだわって作った商品に「極(きわみ)」というブランド名を付けて展開する事にしました。

宝石業界を20年経験し、ネットショップをユーザーに届け始めてから10年が経ちました。そんな宝石屋が作ったブランドの指輪です。

最高の着け心地に最高の品質、そして最高の指輪体験が出来る指輪が「極(きわみ)ブランドの指輪」なんですよ(^^)

極(きわみ)ブランドリング


日記を引っ越してきました。

浪速で働く宝石屋

新しく日記を書き始めます

今までずっと書いてきた日記なんですが、2005年から2016年まで書き続けてきました。読み返すと行き当たりばったりだったり真面目だったり適当だったりと、とても宝石屋の日記とは思えない内容でした(^^;)

9月に40歳になった事もあって、ステップアップしようと考え思い切って引っ越すことにしました。

仕事とプライベートの日記です

今回の日記は仕事とプライベートを中心に書く予定です。クルマ日記ガジェット日記はこの日記に書くと趣味ばかりの日記になるので別日記にしました。

仕事は当然ながら運営するネットショップの事を書いたりします。プライベートに関しては子供たちとの出来事や遊びに関して書こうと思います。

お客さんを笑顔にする事が目標

仕事はネットショップの運営なんですが、お客さんの想像以上に良い商品を作ってビックリするほど喜んでもらう事が目標であり仕事と思ってます。

綺麗なジュエリーが大好きなので、これには絶対の自信があるしもっと綺麗なジュエリーを作り続けますよ(^^)

プライベートは子供たちと笑い合う事が目標

休みの日は子供たちと必ず遊ぶようにしています。予定が合わない時もありますが一緒にいれば一緒の事をして楽しく過ごす事。そして、その中で笑い合う事が目標です。

子供たちを笑顔に出来なくてお客さんを笑顔に出来ませんからね(^^)

これからの5年10年が勝負です

ネットショップは10年以上運営し続けていますが、まだまだ安定には程遠かったりします。ラッキーパンチはありますが続かない事も知っています。
だから、ひたすら努力し続けます。

何だか決意表明みたいですけど、少しは肩の力を抜いてやっていこうかな(^^)