最近金が高いから金の指輪の人気が上がっていますが・・・

金の指輪

金相場の高騰

ここ数年の話ですが金の相場が高騰していて、価格設定に難儀しております・・・

ボクが仕事を初めた20数年ほど前は1グラム1,000円くらいだったのに・・・政情が不安になると貨幣価値が下がるので、金という資産に置き換える事が多いんです。現金で金を購入するという感じです。コマーシャルも多いですからね。

金の指輪の人気

そんな訳で金の指輪の人気が上がっています。よく「金は資産になるから」といって指輪を購入してくれる方も多いんですけど、実はこれ「大きな間違い」です。

資産という事を考えなければ金の指輪を買うという行為を歓迎しています。単純に金の色が好きという事ですね。あと、アレルギーとかの理由もあります。

金の価値というのは純金で評価され、宝飾品の金は18金です

あまり知られていないと思うんですが、相場での金の価格は「純金」です。「24金」とも言いますね。対して宝飾品の金は「18金」で、よく勘違いされるんですが1グラム当たりの価格は「純金」の方が高いんです。18金は純度75%の金で純金は100%ですからね。

だから、金の宝飾品を資産として購入するのは間違いで、純金を購入するのが正しいと思います。

金の指輪は加工賃も含むので1グラム当たりで考えると高い買い物です

金の指輪などの金の宝飾品を買うと、その宝飾品を作る手間賃や加工賃なども含まれるので結構高い買い物になります。おまけに売る時は純粋に地金価格で買い取られるので想像以上に安いと思います。

じゃあ、純金で作れば良いじゃないかと言われそうですが、実は純金は柔らかいので宝飾品の素材には向かず、ピカピカした光沢もありません。よく黄金の宝物はキラキラしたイメージですけど、実はそうじゃないんですよね。

18金は他の地金と組み合わせて加工しやすい地金に加工した合金なのです。ピカピカした光沢もありますしそういった技術の積み重ねもあります。

では、純金の指輪は作らないのか?と聞かれれば・・・

それはもちろん可能なんです。もちろん、シンプルなデザインでピカピカした光沢もなく、鈍い輝き(半ツヤ)といった感じです。それに凄く柔らかいのですぐにヘコミます。これさえご了承頂ければ作りますし、今まで作ってきました。昔は結構あったようですし、そういった物も作りたいなぁと思ってます。

ただ、価格的には普通に純金の延べ棒を買うよりは加工賃も含む為やっぱり高いです。これが1番微妙なポイント。いつでもお問い合わせください。

まぁ、延べ棒作るのも悪くないですけどね(^^)


パナソニックの食洗機「NP-TA1」が届いて約3ヶ月の感想

パナソニックの食洗機「NP-TA1」が届いて約3ヶ月の感想

早速結論

早速結論から書いてしまいますが、我が家に食洗機がやってきて約3ヶ月。既になくてはならない存在になりました。
今まででは手洗いしていたであろう時間にお出かけできるというのは贅沢というのか格別というのか(^^)

よく聞かれる事

よく聞かれるのが、本当に汚れが取れるのか?って事です。

これに関して、手で洗うより完璧に取れます。いや、本当に。ただ、グラタンとかのこびりつきは完全に取れません。そして、海苔とかの細かい物も取れにくいですかね。
しかし、どちらに関してもそんなに毎日食べる物でもないので、実際にはそんなに問題はありません。

軽く水を流すだけの予洗いしてます

まぁ、うちでは、本来しなくても良い予洗いをしています。正確には水に流してるくらい。理由は細かい食物が溜まってしまうし、庫内も汚れてきますから。
じゃあ手洗いしろよと言われそうですけど、いつもご飯後にフルで手洗いすると家族全員の食器でで30分くらいかかるのが、軽く流す行為だと5分くらいで終わるので精神的にも軽い気持ちで家事が済むのです。

この精神的に楽になると言うのが重要で、いつもなら洗い物が大小合わせて30から50ほどある洗わないといけない食器が、入りきらないフライパンや大きい食器の5個くらいに減って残りは食洗機が洗ってくれると言う事。これが凄く楽なんです。おまけに自分で洗うより綺麗で油が付いた食器も綺麗なので気持ちが良い。

もっと前から買っておけば良かった

朝とか食器の少ない時は手で洗うけど、何でもっと前から買わなかったのかと。

次は衣類乾燥機。洗濯乾燥機でも良いけど、洗濯機はまだまだ使えるし、うちは量が多いので、別々に運用した方が効率的なのです(^^)
ルンバや食洗機を始め、家事の自動化と時短はこれからも推し進める予定なのです。(^^)


複数割引を検討

複数割引を検討

去年発売した「金のうんこ」は一時的なものだと思いきや、毎月数個ずつだけど注文が途切れる事がなくて自分でもビックリしてます。

これはバリエーションを増やした成果なのかも知れないなぁと思ってますけど本当は分かりません。。。

一気に何個か購入する方もいるので、複数割引を検討しようかなぁと考えています。まぁ、多くても3個か5個くらいだけど割引されて嫌な人はいないのでね(^^)

といっても普通の金のうんこだけで考えていますけど、いっぱい購入してくれたら嬉しいですね(^^)

売れる売れないは別にして、作りたいという気持ちだけで18金のうんこをジュエリーとして製作して販売しています。

購入して頂いた婚約指輪や結婚指輪の新品仕上げ依頼時に、実はリングケースまで新品に交換しています

購入して頂いた婚約指輪や結婚指輪の新品仕上げ依頼時に、実はケースまで新品に交換しています

もう10年以上になります

ネットショップを作って10年ほど経つけど、婚約指輪や結婚指輪を始めて購入してもらって、もうそんなに経つのかぁと思う事があります。感無量ですね。
年々お客さんが増えてきて、購入してもらった指輪の新品仕上げを頼まれる件数も増えてきたって事も実感しています。

写真は去年購入してくれたお客さんで、たった1年でもこんなに汚れてしまう。そんな訳で年に1回の新品仕上げを推奨していて、ちょうど1年経ったタイミングでの依頼。
写真を撮った時のタイミングや角度が違うので多少は違うけど、綺麗になったのは分かると思います。刻印なども消えかかっていれば当然ながら入れ直してます。

実はもう1つ変わっている物があります

そして実はもう1つ変わった事があって、それはケースも新品に交換しているんです。

これはわざわざお客さんには言ってなかったけど、ケースも年数が経つと黄ばんできたり汚れてしまったりするので、ボクにはそれが許せない(笑)
だから、新品仕上げをした後は必ず新品のケースに入れ直して届けてる。その方がお客さんも気づけば嬉しいし、ボクとしても「一仕事終えたな。」という気分にもなります(^^)

お客さんの気持ちもあるけど、ボクの精神安定にも繋がる仕事です(笑)

料金について

料金は初めの1回目はどんなに時間が経過しようが無料で、ケース交換なんてもちろん無料。2回目からは1本あたり3千円だけど結婚指輪は2本なので、それは5千円でお願いしてる。送料も貰ってないけど、この仕上げは繋がり重視って事で当たり前と言えば当たり前ですよね。指輪高いのにって思いますし。

1年に1回でも話が聞ければ嬉しいし、大事に使ってくれてるなぁってまた嬉しくなりますよ(^^)


現在手持ちの原付きが壊れそうな為、小型バイク(原付二種)を検討しています

現在手持ちの原付きが壊れそうな為、小型バイク(原付二種)を検討しています

手持ちの原付バイクが限界近い

仕事でバイクを使う事が多いんですが、今持っている原付きの限界が近づいているようなのです。オイルは漏れているし加速も落ちているし、排気ガスも少し白いし。20年位前のバイクなので仕方がないと言えば仕方がないかも知れません。

原付きは30キロ規制が面倒

そもそも、原付きでアクセル全開で走っても60キロな訳で、気分は最速でも排ガスが真っ白な煙状態の老人が乗っている軽自動車にも簡単に抜かされてしまう。
それに速度制限30キロである原付きだといつ捕まるかドキドキしなければならない。この規制が撤廃されればと思うけど無理なんでしょうね。。。

そんな訳で、125cc以下のバイクを検討中

そこで、今年中には原付き二種という50cc以上125cc以下のバイクを検討中。
もう早いバイクは必要ない。希望は普通に60キロが出れば十分なのだ。

そこで、調べてみると125ccは価格的にも予算外で110ccだと手が届きそうな物が結構ある。

デザインはソックリでも調べてみると面白いし、それが選ぶ楽しみです

調べてみると面白いもので、ホンダ、スズキ、ヤマハでメーカーは違えどデザインはソックリで並べてみるとどれがどれだか分からない。
じゃあ、価格で選べば良いじゃないかと思うけど、それでは選ぶ楽しさが減ってしまうので、価格や試乗記、それぞれのレビューを見ながら楽しむのだ。

実際に現車を見に行って試乗してくれば1番分かるので、そのうち行こうと思う(^^)


師匠と呼べる人がいるなら

ダイヤモンドのグレードはあまりアテにならない。

生まれた時から宝石や貴金属(ほとんどはプラチナと18金の地金)に囲まれて、20歳になってからは宝石卸の会社で修行を積んだりしたけど、ここ10数年は1人で仕事をしてきた。

仕事に行き詰まる事は当然ある。何をやっても上手くいかない事もあるし、資金がショートしそうな時は何度もある。不思議な事に悪い事は何故か重なるのだ。もちろん良い事も重なる時がある。

そんな時に考えるのは卸業の時の社長の言葉。

「物が売れない時にする事は、

・売り物を変える
・売り方を変える
・売り先を変える

この3つしかないんだぞ。」

と事あるごとに言っていた。ボクには見せなかったが恐らく社長も、そういった局面がいっぱいあったのだと思う。

その言葉をずっと考えながら仕事をやっている。ボクは商売人の家に生まれて周りや親戚も商売人ばっかりだったけど、師匠と呼べる人がいるならその時の社長だと思う。

なかなか四苦八苦ばかりで芽が出ないボクをどう思っているのか考える時もあるけど、商売は面白い。PDCAなんて上手な言葉では言えないような事の繰り返しで今までやってきたので、また頑張ってみよう(^^)


ペンダント作りより指輪作りの方が楽しい理由

ペンダント作りより指輪作りの方が楽しい理由

アレキサンドライトの人気のデザイン

このアレキサンドライトの指輪のデザインはいつまでも人気が高いんです。おまけに大きくはないけど、このカットはアレキサンドライトがかなり綺麗に見えます。

と言うのも、大きくて楕円の石を四角にカットする訳なので、当然ながら歩留まりが悪く、キズも内包物もない高品質な石しかカットできないからなんです。

そんな訳でこんな感じのシンプルなデザインに落とし込みます。左右のダイヤモンドがないと寂しいし、センターの石が活きてこないですからね。

このデザインでのバリエーションがあります

このデザインとこのカットの指輪は他に、エメラルド、ルビー、ブルーサファイアがあるので、そのうち作ろうかなぁ・・・

指輪ってデザインが同じでも石が違うだけで全然違うので、多分ビックリすると思います。

指輪の方が楽しい

ペンダント作りより指輪作りの方が楽しい理由

それから、新しくイニシャルリングを作ろうと思って昔作った指輪の仕上げなどリニューアルしてみたけど、正直な所なんだかイマイチ。

やっぱり新規に作って納得出来る指輪を作った方が良いなぁ・・・デザインに拘る事が出来るし、ペンダントより指輪の方が作っていて楽しい(^^)


アマゾンプライムで「ワイルド・スピード」を観ようと思って見ていたら・・・

アマゾンプライムで「ワイルド・スピード」を観ようと思って見ていたら・・・

ワイルドスピードは最新作しか見ていないので、長男が

「第一作目を見たい!」

という訳で視聴。用事をしながら見ていたので、何だか皆若くて痩せてるなぁ・・・って感じで何も不思議に思わなかった。特に分かりやすいヴィン・ディーゼルでさえ顔も微妙に違うのに、痩せてると人相違うのかぁ。それか整形でもしたのかなぁ?

くらいにしか思ってなかった。しかし、あまりに違和感が拭えない。頭の隅で何かが閃いてタイトルを確認。「ワイルド・スピード」を見ていたつもりのはずが、

「ワイルドなスピード・アホミッション」

ってパロディー映画やないか!ビックリした。全然興味がない映画なので本当に何にも気付かなかった(^^)

長男よ、ちゃんとタイトルを確認して視聴しましょう。。。


Kindle Fire7をまとめ買いで2台購入し、我が家のタブレットは6台体制に!

Kindle Fire7をまとめ買いで2台購入し、我が家のタブレットは6台体制に!

Kindle Fire 7をまとめ買い

長男が欲しいという事で購入。まとめ買いだと合計2千円割引という事で、

「どこで、何に」

使うのか不明ながら合計2台まとめ買いしてしまいました(^^)

タブレット6台体制!

Kindle Fire7をまとめ買いで2台購入し、我が家のタブレットは6台体制に!

そして、この間届いた、Amazon Kindle Fire 7。実は既にKindle Fire HD 10を持っていたのに、先日激安でiPad Air 2を購入したのに購入してしまいました。

我が家には初代iPad、iPad 2にiPad Air 2、そしてKindle Fire HD 10 に加えてKindle Fire 7が2台という、全部で6台体制という家族より多い事に。。。

変態セットアップ

Kindle Fire7をまとめ買いで2台購入し、我が家のタブレットは6台体制に!

今日の夜にケースとガラスフィルムが届く予定なのでまだビニール袋の中(^^)セットアップは完了済みです。

Kindle Fire HD 10は大きくて家の中では最高でしたが、外では取り回しが不便でした。今回は小さいので外に持ち運ぶ事が多いと思うのです。

全体的な動作は少しもっさり気味だけど、iPhoneからのテザリングでインターネットも出来るんです。実際に使ってみると違和感なく使えて便利です。
本も読めるしダウンロードした映画も観れるので、重宝しています(^^)

ケースとガラスフィルムも装着

Kindle FireKindle Fire7をまとめ買いで2台購入し、我が家のタブレットは6台体制に!7をまとめ買いで2台購入し、我が家のタブレットは6台体制に!

それから、遅れてKindle Fire 7 のケースが無事に到着。安いガラスフィルムも買ったので両方とも装着しました。
まとめ買いという事で本体が3,980円なのに、安っぽく見えなくなってガラスフィルムのお陰で指感触もツルツルです。急に高級感が出てきた雰囲気になりました。

Kindle Fire7をまとめ買いで2台購入し、我が家のタブレットは6台体制に!

小さいのになかなか使えそうな相棒になってくれれば嬉しい(^^)安いので壊れたら買い換えるというスタイルで良いでしょう。後ろに写る部屋が汚すぎるのはご愛嬌(^^)

これからも大切に使いますよ(^^)


1カラットの婚約指輪の紹介動画を作りました

婚約指輪の1カラットダイヤモンドのお問い合わせでビックリした事

簡単な動画を作りました

すごい簡単な動画を作ろうと思って編集ソフトで作りました。実は色々とやっている中で動画も必要かなぁと思いながら、何を作ろうと考えていてひとまず今ある1カラットの指輪を簡単に載せた動画を作りました。

商品の写真だけを載せているので特にどうという訳でもないんですけど、音楽がついているだけで面白いですよね(^^)

まぁ、動画を楽しんでもらって、こんなデザインの指輪があるんやと思ってくれれば良いんです(^^)

また違う動画も作ってみたい

少しづつ学びながら新しい動画を作ろうと思います。もちろん、ユーチューバーではありませんけどね(^^)


新商品のお話

新商品のお話

新しい商品を作っています

以前の日記で新しい商品の事を書きましたが、なかなか進んでいませんでした。。。すんません。。。

やっと取り組み始めたんですけど、今回は3DCADを使って作る事にしました。新しいもの好きなので(^^)

実は3DCADを使う事は前からやっていたんですけど、今回は全面的に導入します。やっぱり新しい物を使って作るのってワクワクしますからね。

ワックスで出来上がってきます

今回は金属から作るんではなくて、ワックスと言ってロウソクのロウで形作られた指輪が出来上がってきます。それを鋳造して最終的にはプラチナで作り、ダイヤモンドなどを石留めするんです。

一応サンプルとして作るのでシルバーで作るんですけど、重量感以外はプラチナとほとんど同じなんです。もちろん、偽物のダイヤモンドを留めるので輝き方は違いますけどね。

出来上がりが楽しみです

まだ今からデータを流して作るので、まだまだかかるんですけど新しい商品は常に楽しみなんです。売れる売れないは別として新しい商品が出来上がってくる事自体が楽しみ(^^)

それが出来上がってくれば次の指輪という感じで定期的に作りたいと思ってます。ここ数年は少ししか作れませんでしたから再び新しい指輪を作る時だと思うんです。

待っている人がいると思うし、まず自分が一番楽しみにしているんですからね(^^)


シルバーの梵字ネックレスも追加しています

梵字屋

梵字屋の新しいファミリー

現在、梵字屋の新しい商品を製作中ですけど、従来の梵字ネックレスも新しくシルバー製品も追加しています。

これはシルバーでドッグタグのSサイズのネックレスです。価格的にはそれなりですが、メッキもしっかりしていて見た目は通常のプラチナと何にも変わりません。チェーンも付いているので届いたらすぐに着ける事が出来ますよ。

そして、シルバーを追加した本当の目的はこの「金メッキ」をした物を出した事ですね。正確には24金メッキといって、色目は純金と同じメッキになるので、18金の色目とは違って見えますよ。格好良いのです(^^)

価格も通常のシルバーと同じなので、個人的には金メッキの方が良いなぁと思ってます。チェーンも金のチェーンが付いてきます。

指輪などもシルバー製品登場予定

まだまだ時間がかかりますけど、他の製品もシルバー製品が登場します。指輪も追加します。価格も今までより低くなります。あとはオーダーメイドでもシルバーを扱いたいなあと思うんですけど、シルバーでも結局いい価格になるんでそれを許容できるかどうかって事なんですよね。

まだ時間がかかりますけど、じっくり育てたいです(^^)


片耳ピアスも作っています。

片耳ピアスも作ってます

片方のピアスの需要も多いのです

片耳ピアスって初めは作った事がなかったんですけど、意外と需要が多いんですよねぇ。オーダーメイドの場合は片耳ピアスの製作希望が7割くらいです。

そんなこんなで準備だけして出していないんですけど、出来るだけ早くに登場させようかと考えています。梵字屋もそんな事言いながら全然進んでないけど・・・

ちょっと割高です

片耳ピアスって両耳ピアスの半分の価格と思われがちですけど、実際はそんな事はありません。と言うのも加工賃自体は両耳と同じですからね。ダイヤモンドの品質は同じでも意外と手がかかるんですよね。

まぁ、そこらへんはご了承頂ければと思いますけど、片耳ピアスは高額な物ほど依頼が多いんです。上の画像のような大粒で18金という物が多いですね。上の画像は1カラットで50万円くらいするんですけど、買う買わないは別として欲しいと思うんじゃないですかね。

そんな事より早く登場させますね(^^)


ここ最近は「金(ゴールド)」の人気が上がってきています

18金の手入れはどうするの?

金の売れ方は去年から変わってきました

うちは去年まで全体的にプラチナが中心で売れていました。今でも確かにプラチナの比率が高いんですけど、「金のうんこ」以来、普通の指輪でもゴールドのお問合わせが増えてきたんです。

確かに金の相場は高くなっているんですけど、世界的に金の需要が上がっている事に加えて長らく白い地金が好まれてきた流れが多少変わってきたのかも。と思っています。

まぁ、日本の場合の宝飾品は18金がメインで純金ではないのですが、相場が上がっているので指輪の価格も上がってしまいます。

という訳で、いつでもお問合わせは受け付けますので金での製作を希望の方はいつでもどうぞ(^^)


梵字屋大規模リニューアル

梵字屋

大掛かりなリニューアルになってます

ピアス屋に続いて梵字屋も手直し中なんです。

思ったよりやる事多くて大規模な手直し。正確に言えばリニューアルに近い。ラインナップも整理するし、価格も改定。地金の種類も増やし新商品も登場予定。

地金の種類と言ってもシルバーが登場すします。シルバーでも宝石職人が作ると当たり前だけどジュエリー品質になって高級感が物凄い。そこそこ高いけど。。。

何故か面白いらしいです

この梵字屋はショップのラインナップの中で異色だけど、知り合いからは一番良いと言われる。理由は分からないけど面白いらしい。

最近ではチョコチョコ見る事も増えましたけど、宝石屋が手がけるという感じではないしアクセサリーとしての扱いは多いと思います。でも、さっきも書いたようにジュエリーとして作ってるので、綺麗さ豪華さでは他と比べ物にならないと思いますよ。

しっかり作っていきます

ピアス屋もそうですけど、梵字屋もかなりしっかり作っていきます(^^)


ピアス屋さんの手直し

ピアス屋さんの手直し

ピアス屋さんのサイトをレスポンシブ化

運営しているピアス屋さんなんですけど、パソコンでもスマホからでも簡単に見る事が出来るようにリニューアルをしました。レスポンシブ化とも言いますが、簡単に言えばボクが管理しやすくなったという事だけなんですけどね(^^;)

お客さんからすれば、今までパソコンとスマホでは違う画面で構成されてましたけど、これからはかなり似ていて見やすくなってるという感じですかね。

これから他のサイトもリニューアル

あくまで予定ですけど、甲丸屋平打ち屋梵字屋もリニューアルをする予定ですが甲丸屋平打ち屋はほとんど同じ構成なのでそんなに苦労しないと思いますけど、梵字屋に関しては手直しと値段改定や商品構成の一部変更など多岐に渡るので時間がかかりそうです。。。

ダイヤモンドの品質も表示しています

ダイヤモンドの品質に関しては凄い問い合わせがあって、どうしようかと思ってたんですけど、

ダイヤモンドの品質もカラーがGHカラー、クラリティがSIクラス、そして一番重要なカットは輝きが綺麗なGoodカットを基本に選んでいます。

といった感じです。実際には鑑別書も鑑定書も付けていません(希望があれば別料金ですが付けます)が、カットを重視して選んでいるので実際の見た目は綺麗ですよ(^^)

まだまだリニューアルしていきますよ

計画上はまだやりたい事ややらなければいけない事などいっぱいあるので、地道にリニューアルやアップデートを繰り返して作っていこうと思ってます(^^)


ダイヤモンドのグレードはあまりアテにならない場合もあるので、肉眼で選ぶ場合もありますよ

ダイヤモンドのグレードはあまりアテにならない場合もあるので、肉眼で選ぶ場合もありますよ

ダイヤモンドのグレードに左右されてはいけない

お正月が明けて仕事も始まりだしたからなのか、問い合わせや注文などが多くなってきました。嬉しいねぇ(^^)

とはいえ、注文などがあるとダイヤモンドの手配などでダイヤモンド屋さんに出掛けたり、または取り寄せたりしてダイヤモンドをよく見るんですが、そこで改めて実感するのは、

「ダイヤモンドグレードはあまりアテにならない時もある」

って事ですね。ダイヤモンドはカラットの他にカラー・クラリティ・カットといったグレード付けがされています。これはみなさん結構知っていると思います。

グレードの決定は残念だけど消去法

でも、これって見本のダイヤモンドがあっての事なのです。それと比べて消去法でグレードが決定されています。もちろん各部分での基本データはありますけどね。

だから、本職はグレードに左右されず実際に見比べて決めます。

見た目重視

先日もダイヤモンドを選んでいたら同じカラーとクラリティでカットだけがグッドとエクセレントといった二つの石がありました。当然エクセレントカットの方が綺麗だと思うのです。基本的には。

しかし、実際に見比べるとグッドカットの石の方が見た目が綺麗だったのです。ルーペを使わず肉眼でも分かります。おまけにグッドカットの方が当然ながら安い。

何が違っていたかというと、カットは確かにエクセレントカットなんですがこちらの石にはカーボンがありました。結構大きめ。それでもカットの判定には関係ないからエクセレントカット。

透明のダイヤモンドに黒いカーボンがあったせいで、全体的にも暗めの石に見えた事もあって、ボクは迷う事なくグッドカットの方を購入。

結局グッドカットの石はカーボンがなく全体的にも輝きが良くグレードは落ちるけど、実際にはエクセレントカットより綺麗だったという話です。

色々な石を見て養うしかありません

やはり実際に色々な石を見ないと分からないですよね。だからボクはダイヤモンドグレードをアテにせず、実際に見て比べて判断しているので、お得な石を見つける事が出来るのです。

またそういった石をずっと見る事で選択眼を養ってもいます(^^)


ダイヤモンドのグレードの見た目をアップさせる方法

ダイヤモンドのグレードの見た目をアップさせる方法

ダイヤモンドのグレードを誤魔化す事は出来ません

ダイヤモンドのグレードって厳正なのでグレードはごまかしが効きません。

例えば上の画像のようなダイヤモンドの内包物ですが、これが傷だったり内包物だったりするとグレードは下がります。その他の項目の品質が良くてもこの部分のグレードだけ落ちてしまいます。例えるなら新古車のようなものかな・・・分かりにくいか・・・

で、書面に出る品質のごまかしは無理でも、見た目はトリックで何とかなる事もあるのです。

ダイヤモンドのグレードの見た目をアップさせる方法

こんな感じに爪で隠したりします。これはリフォームの時によく使う事があります。今のデザインは爪が小さいので使えない場合がありますが、リフォーム前の古い枠から石を外すと傷や内包物が現れる事も。

ボクにはこういった石はなかなか掘り出し物に感じるんですが、グレード主義の方には悪になるんでしょうか。

ダイヤモンドはグレードだけではないというのは一般的な意見ではないのですが、本職さんはこういった素材を上手く使って「見た目は最高で思ったより低価格!」というような物を作れるんですよね。

掘り出し物も悪くないと思いますよ

ボクもこういった素材を使ったりしますが、それでも「これはアカン。」というような事もあったりします。それについてはまた別の機会に書こうと思いますが、グレードばかりを追い求めてはいけないって事ですね(^^)

そんなに見つかる訳ではないですけど、「このキズがなければSIクラスとかVSクラスやのに・・・」と思う石はあるのです。

正確には誤魔化しではなくトリックに近いです

こうやって爪で隠すのや他の方法など色々とあるんです。リフォームの時に見つかると面白いですよねぇ。ダイヤモンドに限らずカラーストーンでもありますからね。

見つかった時にお客さんが了承済みだと助かるんですけど、そうではない場合はこちらがキズを付けたと言われかねないので焦ります。

まぁ、誤魔化すというよりはトリックに近い気もしますが、職人さんも必死に考えてやっているのですよ(^^)


0.3カラットで最高のグレードを選ぶなら、0.5カラットでそこそこのグレードを買えますよ。

0.3カラットで最高のグレードを選ぶなら、0.5カラットでそこそこのグレードを買えますよ。

ダイヤモンドのグレードに惑わされないように

ネットショップのラインナップで0.3カラットと0.5カラットの価格を同時に見てどちらかを選んで購入する事が出来るのだけど、落ち着いて見ると0.3カラットより0.5カラットで購入出来る場合もあります。

品質の問題もあるけど、大きくて安く買えるのは意外な盲点かも。だいたいイメージで大きいダイヤモンドの方が高いと思われますからね。
普通に使っていれば0.5カラットの方が輝きがあるので、お得感は思った以上にあると思いますよ(^^)

直径が大きいと輝きも倍増します

ダイヤモンドの場合、0.3カラットだと約4.5ミリで0.5カラットだと5ミリちょっとです。この場合、単純に同じグレードだけで比べると0.3カラットの方が綺麗です。そりゃそうですよね。

でも、大きさが違うので輝きがちょっと違います。単純に比べると0.3カラットが輝いているんですけど、実は0.5カラットもひけを取らない輝きなんですよね。

直径が大きいとグレードが低くても輝くんです。凄く輝くのかと言われると困りますけど「結構輝いてる」とは言えますよね。

個人的には0.5カラット

元々がグレード主義ではないので大きくてそこそこの方が良いんですよね。ボクは使い終わったあとには綺麗に磨きますし、メンテナンスもバッチリです。磨き布で磨いた後の「キラリ」と光るダイヤモンドのテーブルを見るのが好きなんです。だから大きめの方が良いなぁと思ってます。

ちょっと枠代が高くつきますけど、地金が多い分しっかりと作るので安心です。最近、多くのネットショップで見るんですけど安い物は枠代をケチっててすぐに壊れそうです。あれは、大丈夫なんでしょうか。

ダイヤモンドにこだわりがないなら、グレードにこだわらない方が良いですよ

いつも言う事ですけど、こだわりがないならグレードにこだわらずに、少し大きめのダイヤモンドを使うのも良い方法の1つです。

大きい分少しだけ幸せな気分になるかも知れません。選択肢が広がると言う感じですね(^^)


年末年始と言っても仕事をしていない訳ではないですよ。

年末年始と言っても仕事をしていない訳ではないですよ

年末年始は忙しい訳でもなく、暇でもなくいつも通りなんです

そんな訳で明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします(^^)

そうなんです。タイトルの通り、毎年なんですが忙しくもなく暇な訳でもなく同じ年末年始です。今年の目標も同じで「いつも真剣勝負」です。

去年は「金のうんこ」が恐ろしい事になったりとネットの一部をザワザワさせる事に成功し、面白かったなぁと思ってます。仕事は真面目にやってますけど出て来る商品はふざけたりしてます。今年も面白いと言われるような商品を作っていきたいと思ってます(^^)

まだまだ距離が広い

先日、業者の人と話していたんですが、卸業はやっぱり大変だそうです。うちは全て小売りですけどそれはそれで大変なんですけど、業者間の商売は業者同士だけに厳しいし利益率なんて度返しでやってるんですよね。ユーザーさんなんて誰も見ていないし精一杯な感じです。それに対して小売りはユーザーさんをターゲットに商品を作るんですが、露出がないと厳しいのです。持ち家なら簡単な店舗を作るのも良いと思いますけど集客は大変です。

そう考えると、まだまだユーザーさんとの距離は広いなぁと感じてしまいます。

金のうんこの展開で少し分かり始めました

それでも「金のうんこ」のお陰でユーザーさんが求めている物が少しだけ分かってきたと思いますし、凄く面白かったです。

今年も多くはなくても面白くて楽しめるような商品を作って喜んでもらえたらなぁと思ってます。

もちろん、本業のジュエリー製作も少しづつ進めますよ

構想だけは何点かあるし、ダイヤモンドのジュエリーやカラーストーン、そして梵字の新モデルなど実際に着手するかは別として計画は進んでいます。相変わらずそんな事を無視して、「あれ作りたい!」とか出てくると思いますけど、ボクは宝石屋なんでちゃんとオーダーメイドや通常の婚約指輪の商品などはしっかりやっていきます。

儲かるかどうかはともかくとして、みんなが面白く感じて楽しい商品を届けていきたいと考えてます(^^)

そんな訳で今年もよろしくお願いします(^^)


宝石やパワーストーンとかには詳しくないんですが。。。

宝石やパワーストーンとかには詳しくないんですが。。。

宝石の基礎知識はありますが・・・

実はタイトルの通り、宝石やパワーストーンとかには詳しくないんです。。。

宝石の基礎知識は一通り頭に入ってますよ。でも、それ以上詳しい事はそんなに知りませんし、いわゆる「宝石マニア」の方が遥かに詳しいですよ。

それに加えてパワーストーンなんて全然知りません。。。

実地に強いんです

それでも、仕事で宝石を使う時にどう扱えば良いか、どんな品質が良いのかなどなど、実地で使用する時に知識は満載です。

それと、製作に関する事ですね。宝石職人の息子ですから自然と知識は身につきましたし、職人さんの腕の見分け方など普通の人には分からない事は多いんです。

マニアの方が詳しいけど・・・

だから、宝石やパワーストーンの知識はマニアには負けますが、他の事なら誰にも負けません(^^)まだまだ勉強していきます(^^)


ダイヤモンドの「照り」って?

ダイヤモンドの「照り」って?

ダイヤモンドの「照り」って?

ダイヤモンドは凄く輝いています。よく輝く事を「照り」と言いますが、「照り」ってなんでしょうね。

ちなみにこのダイヤモンドグレードはI1でカットはグッドです。しかし、それ以上の輝きがあります。こういった石を仕入れるには場数を踏むしかありません。

ダイヤモンドはグレードに惑わされると絶対に失敗します。特に「照り」という輝きというか「艶」はグレードに関係ないんですよね。

グレードに惑わされない

お店で購入する時はグレードが重視されますが、プロである業者さんなどは決してそれだけで判断せず、実際に肉眼で見て次にルーペを使ってダイヤモンドの傷やカーボンを見て、最終的に照りがあるのかという事を見て仕入れをします。

カラーよりもクラリティで示される傷の場所や大きさも重要なのでそういった事も考えながら仕入れをします。

そうした事を重視していくと、最終的にグレードよりも照りがある方が売れるのです。

どんな宝石でも照りが大事です

これはダイヤモンドに限らずカラーストーンについても同じなのです。結局グレードに惑わされず実際の見た目で判断する事が重要なのです。

ダイヤモンドに限らず宝石の奥が深いと言われるのはこういった理由があるのですよ(^^)

艶のある宝石は太陽光で良く光りますよ

ボクが選ぶのは基本「照り」やカット重視ですが、ダイヤモンド屋さんもボクの好みを分かっていてそういったダイヤを勧めてくれます。信頼しているんで変な石は持ってきませんけどね。

他の宝石でも同じです。ルーペだけに頼らずに肉眼で色々な角度から見て決めます。いっぱいの石を見ない事には照りって事が分かりませんけど、照りがある石はだいたい他の石とは違うのでだんだんと分かってくると思います。

プロとして良い石を見ないといけないし、それが信用に繋がるので手を抜く訳にはいきませんね(^^)


宝石屋は信頼が一番です

宝石屋は信頼が一番

問い合せが増えてます

ブリリアントジュエリーでは以前からずっと1カラットの指輪を用意しているんですが、去年くらいから急に問い合わせやご購入が増え始めてどうしたのかと思いました。同じような問合せは楽天市場店でもヤフーショッピング店でも増えてきています。

アクセス解析を見ても大して変わらなかったので、何度も何度もページを見て検討して最終的に購入してくれたんじゃないかと想像した訳です。

どこで買うのも宝石は恐い

うちのように店舗のないネットショップで実物は写真だけでは購入するのはとても恐いと思うんですよね。まして宝石屋とは言え大手企業とかではなく普通一般の一市民ですからね。

だから、ボクのネットショップを信頼してもらえるように知っている知識はどんどん出して安心してもらえるようにしているつもりですし、お届けした指輪は一生かけてお世話したいと思っています。

目指すは路面店以上の対応

実際に1年に1回新品仕上げやメンテナンスの依頼がありますし、出来るだけ町の路面店のような対応をしています。

納品の時にはドキドキ緊張するし、メンテナンスでこちらに届いた時は全部ルーペで見たりして不具合がないか、爪が薄くなっていないかなど必ずチェックして不具合があれば治しますから。

高価なものだけではなく、価格に関係なく同じ対応をしています。それがボクの責任だと思ってます。

信頼を得られるのは凄く大変ですけど、信頼が1番

正直言って誰も彼もが最高の満足を得ているのかどうかは分かりません。でも、誰もが最高に喜んで貰えるような対応と商品。それを目指しています。

信頼を得るのは本当に大変です。何通も何通もメールをして信用してもらって、先払いでお金を預かって製作に1か月かかって、やっとお届けです。その商品で喜んでもらえて初めて信用してもらうんです。本当に長い道のりなんですよね。。。

でも、それがボクの仕事なんです。やるしかないと思いますし出来る努力を常に続けていきますよ(^^)


ピンクダイヤモンドってどれが一番良い色なのか?

ピンクダイヤモンドってどれが一番良い色なのか?

ピンクダイヤモンドってどれが一番良い色なのか?

ピンクダイヤモンドってどれが一番良い色なのか?

たまに依頼があって使うピンクダイヤを使います

ピンクダイヤにも色のグレードがあり、これは最高グレードの1つ、ヴィヴィッドピンクなんです。
それも単純にヴィヴィッドではピンク色より赤っぽく見えるのでファンシーが付き、その上ピンク色に近いパープリッシュが付くというピンクダイヤ。

「ファンシーヴィヴィッドパープリッシュピンク」

というグレード。まぁ、こうなっては何が何か分からないと思うので、見た目で1番ピンク色に見えるピンクダイヤと覚えておけば大丈夫。
色々なピンクダイヤを見てきましたけど実際の見た目で一番ピンク色に見えると思います。ファンシーピンクがピンクなんですけど、プラチナの地金に入れたりすると少し薄くなるんですよね。

超高額です!

長さ4ミリ、横幅2ミリ程度と相当小さいけど、信じられないほど高額なんですよ。

デパートの売り場に登場すると200万円以上はしますね。ピンクダイヤはオーストラリアのアーガイルで採掘されるんですけど、買ってきたピンクダイヤの中から「レッドダイヤモンド」が出る場合があって、その時は石屋さんがメチャクチャ喜んでました。レッドダイヤモンドになると価格が一桁違ってくるので凄く儲かるんですよ(^^)まぁ、レッドダイヤモンドについてはまた別の機会に。

希少石ですよ

価値が分かる人じゃないと買わないし、希少価値そのものの宝石です。

ちなみに隣にある丸いダイヤもピンクダイヤです。これはサイズも小さいし、そんなに高額ではないと言いつつ婚約指輪1本は買えてしまうくらいなんです。

カラーダイヤも奥がもっと深い

無色透明のダイヤモンドも奥が深いんですけど、それよりもっと深いのがピンクダイヤなどのカラーダイヤなんです。未だに分からない事があります。と言うのも見る機会が少ないんです。。。

色々な色のダイヤを見ないといけないし、簡単に価値が分かる物でもないから、扱いには十分注意しないといけません。。。

またいっぱい扱いたいなぁ(^^)


タブレットが4台に!

タブレット4台体制

我が家も遂にタブレット4台体制になりました(^^)我ながら恐ろしい・・・ラインナップはこんな感じですね。

  • 初代iPad(YouTube用)
  • iPad2(YouTube・ゲーム用)
  • Kindle Fire HD10(インターネット・Amazonプライムビデオ等)
  • iPad Air 2(インターネット・YouTube・ゲーム等)

という感じ。実はiPad Air 2はボクが使おうかと思っていたんですけど、子供たちが使っているiPad2は遅く、古くて入らないゲームが出てきた事、そしてメモリが足りなくてネット・ゲーム共に遊んでいる最中に落ちてしまう事が理由です。。

古いタブレットは役目がYouTubeのみになってきたので、この前手に入れたiPad Air 2を子供たちに譲り、ボク個人の持ち物はKindle Fire HD10にしようかと思ってます。
実はボクはゲームをしない代わりにAmazonプライムビデオで映画をよく見ています。仕事中に流したりする事も多いんですね。音楽も良いですが仕事中にチラッチラッと見たりするには最高です。内容はあまり頭に入ってませんが音楽や雰囲気が好きなんです。

インターネットをする時はSafariではなくYahoo!ブラウザというアプリで見ています。タブレットで仕事はしないので不都合もないんです。
それに一番気に入っている所は、Kindle Fire HD10はステレオスピーカーでiPad Airよりもいい音で楽しめます。

タブレット以外に活躍しているのは、

  • iMac(完全に仕事用)
  • Chromebook(サブとしてメールや日記を書く時に使ってます。)

という感じ。パソコンよりタブレットの方が気軽なんですが、ボクにはまだiMacが必要だしタブレットでは仕事が出来ないんですよ・・・(古い親父になってきたと感じる。)。
そんな訳でまだまだ仕事ではキーボードとマウスが必要なのです。来年はiMacの買い替えを考えています。

まぁ、1人1台までもう少しという所だけど、それぞれに役目があるなという事ですよね(^^)


楽天市場に梵字アクセサリー

楽天市場に梵字アクセサリー

梵字屋の商品を

うちは梵字屋という梵字に関する商品を販売しているネットショップを運営してますが、そろそろ楽天市場店でも販売しようかと計画しています。

通常の宝飾品の地金であるプラチナ・ゴールド・ホワイトゴールドに加えてシルバーも出そうと計画中です。と言うのも、ここ数年の地金の高騰で小さく薄い地金でも結構高く感じる価格になってきているんですよね。。。だからという訳でもないですけどシルバーやシルバーに金メッキをしたアクセサリー感覚で身につけれるような物として販売しようかと思ってます。

格好良いアクセサリー

通常の梵字ペンダントや上の写真にあるような梵字のドッグタグ、そして指輪やピアスなど梵字アクセサリーは面白いんです。本当なら新しい商品も作りたいんですけど、それはまた売れ始めれば作ろうかと思ってます。絶対に格好良いですからね。

年明けくらいから少しづつ登録していこうと思ってます。もちろん、品質はジュエリー品質です。ケースやラッピング袋などプレゼント需要も含むのできっと面白くなります。

梵字屋本店にも、ヤフーショッピングにも

梵字屋本店はもちろん、ブリリアントジュエリーヤフーショッピング店にも展開をしていきます。宝石屋として面白いと思う事と、面白い商品を扱っているなぁと思ってもらえるようなネットショップにしていきたいんです。

最高に面白い宝石屋を目指すんですよ(^^)


婚約指輪や結婚指輪などブライダルジュエリーの急ぎの製作について

婚約指輪や結婚指輪などブライダルジュエリーの急ぎの製作について

年末になると必ずある大急ぎ要件

毎年クリスマスと年末になると必ずある出来事でボクが非常に頭を悩ます事があります。それが急ぎの製作。

「納期について」のページで、ブリリアントジュエリーでは急ぎ対応も行っていると書きましたが、補足も書いておきたいと思います。

宝飾品って宝石職人さんが毎日魂を込めて作っているイメージがあるでしょ?確かにそうなんですが、毎日毎日ガチガチに集中して作りまくっているかというと必ずしもそうではなくて、数時間に一度休憩したりしながら作ってます。

人間ですから

それは集中力の持続時間の問題と目の問題があります。普通の人でも集中力が続く時間は限られているので宝石職人さんも同じなんですね。凄まじい集中力がずっと続いている訳はない。人間ですから。

もう1つの目の問題というのは、凄く細かい物を見続けながら仕事をしているので、目の体力も休ませながら作ってます。ボクの父親は数時間に一度目を休める為に休憩していたにも関わらず充血だらけでした。

だから、一気に集中して作っているんですけどそれでも限界があります。だから、ゆっくり確実に商品を作っています。だから製作も一度に1つ作る訳ではなく少しづつ少しづつ作っているんですね。

出来るだけ余裕を持ってください

だから、出来るだけ余裕を持って依頼して頂きたいのです。プロであっても急ぎの場合は間違いもしますし、思わぬ自体に陥る事だってあるんです。それでも急ぎの約束をしている訳ですから遅れる訳にもいかないので、必死な訳です。

そんな訳で出来ればゆっくりと落ち着いて作る環境を整えたいという事があります。だからといって急ぎに対応しないという訳ではないんですよ。

まぁ、「納期について」のページではあんな事を書いていたのにどっちやねん!と思われるとは思いますけど、そんな状況はお客さんにとってもボク達にとっても良くないのでなるべく改善しておきたいなぁと思って書きました(^^)

それでも対応しますよ

しかし、結納やプロポーズの日程をずらす訳にはいかないので、最悪の場合はサイズ直しや刻印変更は後日に対応したりしています。
ボクとしては喜んで貰えば、たとえ大忙しになったとしても嬉しいので気軽にお問い合わせをいただければと思います(^^)


プロポーズ用の指輪とネックレス、あります。

プロポーズ用の指輪とネックレス、あります。

プロポーズ用の指輪とネックレス

ブリリアントジュエリーは婚約指輪や結婚指輪のブライダルジュエリーの販売をメインにしています。楽天市場店で展開を始めたんですが、つい最近ブリリアントジュエリー本店でも販売を開始しました。ついでにヤフーショッピング店でも販売を開始したんです。

実はこのプロポーズ用の指輪ですが楽天市場店では結構売れ始めていてビックリしているくらいです。シルバーを地金に人工ダイヤモンドを使ってます。この日記にも書きましたが売れ筋になってきています。売れるんかなぁと思っていたんですが少しづつ売れているので時代は変わったなぁと実感しています。

時代は変わったと思うもう1つの理由にネックレスも婚約時に贈る物にもなってきています。これは仕事柄指輪に着ける事が出来ないなどの理由があるようです。女性もしっかり働く時代になったという事ですね。

そして、そのプロポーズ用のネックレスというのも販売を始めたら数は少ないものの売れ始めました。インターネットはひとまずやってみるという事がすぐに出来るので面白いです。反応もダイレクトですしやりがいあります。

種類は各5種類

用意した種類は指輪もネックレスも5種類です。3種類は少ないし10種類は多すぎるという事で5種類として、通常でもよく売れている無難でシンプルなデザインという事にしました。

シンプルなデザインの方が誰にでも似合いますし長持ちしますからね。あまり突飛なデザインは拒否されそうですから(^^;)

価格は全部1万円にしています。購入しやすく気軽に使えるという事を考えました。あくまでプロポーズのみで使用するという前提ですからね。

そのプロポーズが成功すると2人で指輪を選ぶというのが最近の指輪選びだそうです。時代は確実に変わってますね(^^;)

本物を購入すれば5%引き!

しかも、指輪もネックレスもこのプロポーズ用を購入後に、本物のジュエリーを購入して頂いたら購入代金の5%を割引するという試みを行ってます。トータルではかなり安くなりますよね。プロポーズ用ジュエリーの元も取れちゃいます。

プロポーズ用の指輪とネックレス、あります。

こんな感じですね。ネックレスも同様です。なかなか好評なんですよね。それくらいお得感出さないとボクなら買わないですから(^^)

少しは面白い事しないと

まぁ、本来であれば本物のダイヤモンドとかを使った物がメインですけど、ずっとやってるとルーティンワークになって面白みに欠ける事があるんですよ。だからこんな試みをして新しい楽しさを作りたいですよ。売れる売れないは分からないけどチャレンジは無料なんでね(^^)

下にそれぞれ一番売れている指輪とネックレスを載せておきます。ちなみに指輪のページはこちらで、ネックレスのページはこちらです。


ホワイトゴールドってプラチナとどう違うの?

ジェットブラックリングその後

全然違うのに同じと思っている人が思った以上に多い

ジュエリーの素材に使われる地金で日本では18金であったりプラチナであったりとありますけど、今日はホワイトゴールドとプラチナの違いに触れないといけません。

実は同じ色の地金としても成り立ちは全然違います。それに比重も違うし価格も違う。といった理由は後でしっかり書くとはいえ、どういう訳だか一緒のような地金だと誤解を招きやすいこの2つの地金に書こうと思います。これを説明してもなかなか理解が難しいけど、ひとまず書いてみましょう。

ホワイトゴールドの基本はゴールド

これだけで既に混乱するんですけど、それを説明するにはゴールドの事について説明しないといけません。通常宝飾品に使われるゴールドってのは18金と呼ばれます。これを「純金」と考えるのは間違ってます。純金というのは「24金」なんです。

日本だと宝飾品に入れる金属の刻印は「K18」なんですけど、海外ではよく「750」って入ってます。これだと説明しやすいんですけど、純金が「1000」とすると、750は純度75%という事。

これに当てはめると、純金は24金です。で、24の75%が18なのです。だから18金と750は同じ金属なんですよね。書いてて訳が分からない感じになってますけど、そうなんです。。。

じゃあ、なぜ純金が24金と呼ばれているかというと、良い説明が「ヤフー知恵袋」にかかれてました。

割愛しますけど、だから18金は純金じゃないんですよ。それをベースにホワイトゴールドを作ってるんです。

ホワイトゴールドは白くないです

純度75%の金という事で75%が純金で残りの25%が違う金属です。これがなかなか理解してもらえない。。。一般的に25%のうち銀が15%と銅が10%とされてます。本当はもう少しすずとかを入れたりするんですけど、だいたいそんな感じです。

そして、ホワイトゴールドを作る為にはこれに「パラジウム」という地金を混ぜます。この地金が少し高い。これを入れると多少白っぽくなるけど実際は全然白くない。

例えば・・・これで分かれば嬉しいですけど、75mlのコーヒーに25mlの牛乳を入れても牛乳のような白いコーヒーにはなりませんよね。出来るのはカフェオレくらいですかね。実際には他の銅なども入る訳で、プラチナのような白い輝きではないんですよねぇ。

これを説明しても説明が下手なのか、全然伝わらないんですよ。。。その地金にメッキをしてプラチナと同じような地金に見せてるんです。

じゃあ、なぜそこまでしてプラチナのような白い地金にしたいのかという事ですけど、海外ではプラチナジュエリーというものはほとんど存在せずホワイトゴールドが主流です。だからゴールドをベースにしてるんです。

プラチナは日本がほとんどなんです。プラチナがどうして持てはやされるというのはあまり分かりませんねけど、重量感のような気がします。

実はプラチナとゴールドでは比重が違って全く同じ大きさであってもプラチナの方がゴールドより1.6倍くらい重いんです。これってかなり違います。プラチナを触った後に全く同じホワイトゴールドの指輪を持ったら、

えっ?!かるっ!!!

って思うと同時に、

安っぽ!

って思うと思います。それくらい重量感が違う。全然違う。以前、プラチナが高騰しすぎて物が売れない時に、ホワイトゴールドに切り替えた事があったんですけど、偽物かと思うくらい軽くてビックリしました。

それにかなり安いんです。地金価格を考えると当時、プラチナよりゴールドの倍くらい高かったんです。プラチナが5千円で18金が2千5百円としましょうか。全く同じ指輪でプラチナで16グラムの指輪でも、ゴールドとなると比重の違いで10グラムの指輪になるんですね。

これを地金価格で換算すると「プラチナ:8万円」で「18金:2万5千円」という地金価格だけで歴然の差となります。数字にすると恐ろしく違うな。。。

おまけにプラチナと比べて重量感も違うとなるとお客さんは安く感じるけど、実際にも安っぽく感じるんです。だから、全然売れなかった。。。

そんな訳で見た目が全く同じプラチナとホワイトゴールドでもビックリするくらい別物になっちゃうんですよね。だから、ボクは全然使いたくない地金です。プラチナが絶対にいい理由は他にもあります。

プラチナは低刺激なので、金属アレルギーの発生率が少なかったり、ホワイトゴールドは元々白い地金じゃないのでメッキをしても剥がれてくると、元々の地金である金色っぽくなってしまうんです。

これのクレームが恐かったです。一度お店まで呼び出されてユーザーさんに怒られた事があります。「ティファニーとかのブランドでもそんな事あんのか!」ってね。「そうなんです。金色っぽくなります。」と、落ち着いた頃に説明してビックリされた事があります。プラチナと同じ地金色で値段が半分以下となれば魅力的に感じる人も多い事は多いんですが、そのメリットとデメリットをしっかり説明している店員さんはいなかったと思います。

そんな事言うとプラチナは高くて買えないし、お客さんは買わなくなるし、お店のスタッフは売上を考えている上司に怒られると思います。それにそんな事をしっている宝飾品のスタッフはいなかったんじゃないかと思うくらいです。デパートや百貨店のスタッフでも一部じゃないかな。

日本人にはプラチナが良いと思います

日本人の肌は比較的デリケートなので金属アレルギーを考えたらホワイトゴールドよりはプラチナが良いと思います。まぁ、シルバーアクセサリーの件もありますけど、それはまた別に機会に書きましょう。

こんな感じでプラチナとホワイトゴールドは全然違うものですし、18金がベースになっているって事ですね。金属アレルギーの事も考えながらじっくりとジュエリーを選ぶのも良いと思いますよ(^^)

ボクが見ても良いなぁと思う他のお店の事も今度書いたりしようと思いますよ(^^)


今年の年末はバタバタ。

浪速で働く宝石屋

思った以上に忙しい

あまり日記が書けませんでした。。。といっても、貧乏ヒマなしといった具合でただ忙しいだけです。もう少し儲かれば良いのにと思う毎日です。

本当はもう少し落ち着いて仕事がしたいんですけど、年末になってくると急ぎの納期の商品があるので、それの段取りなどでバタつくのです。休みの日も仕事をすりゃ良いんですけど、職人さんたちは休みなので何ともねぇ。。。

もちろん、問合せの対応などは問題なくやっているので、いつでもお問い合わせ待っています(^^)

それではまた早めに更新します(^^)