「 アレキサンドライト 」一覧

アレキサンドライトで婚約指輪はありますか?

アレキサンドライトで婚約指輪はありますか?

意外と多いのがダイヤモンド以外の婚約指輪。うちでは過去にエメラルド、ルビー、サファイア、アレキサンドライトといった宝石の他に、ペリドットやガーネットなどの宝石で婚約指輪を作りました。

その中でも特に多かったのがアレキサンドライトです。大人の宝石と言われるくらいのアレキサンドライトですが、普通の色は黒っぽくてパッとしないんですが白っぽい光ではなくて、豆電球のようなオレンジの光に当たると赤く輝く石なんです。普段は綺麗とは思わないんですがそういった場所では一気に目立つ宝石になるんですよね。

それにそういった変わった宝石は一般受けするんですよね。たとえ綺麗ではない品質にしても人目を惹くんですよね。リアクションされたら嬉しいと思いますから。
それから、プロ向けの石でもあるので良い品質だとプロも一目置くと思いますからね。

ただ、ダイヤモンドと違いカラーストーンというのは色目の好みがあるので扱うのはとても難しいものなんです。どんな宝石でも本筋と言われる本当に綺麗な色というのはあるんですが、その本筋でも多少の色目の違いがあって、深い色が良いとか少し浅めが良いとか個人の好みによって変わってくるんですよね。

だから、こちらが最高級です。といってもお客さんがそう思わない場合があるのでその場合は特に難しい。ある程度見てもらってから判断を仰ぐという方が良い場合もあります。写真を撮って送ったり実際に見てもらったりして決めるので時間が非常にかかります。

そういった事がアレキサンドライトにもあるんですが、色目については95%くらいの人の意見は一致していて綺麗な色は決まっています。そして、色変わりについても色が変わった時の赤み加減も誰が見ても分かるくらいとなるので、今までトラブルになった事がないくらいです。

エメラルドやルビー、サファイアなどはそういった色の好みに左右される事がありますが、アレキサンドライトに関してはあまりなくて喜んでもらえます。
そもそもアレキサンドライトを婚約指輪の宝石に選ぶ時点でかなり調べているんでしょう。だから、本当の良さを分かってくれているのだと思います。

ボクは卸業の時にアレキサンドライトをかなり見てきたし、業者さんに関しても良い品質の物しか出してきませんしね。良い勉強をしてきたと我ながら思います。
まぁ、ダイヤモンドと比べてアレキサンドライトを選ぶ人は10人に1人いるかどうかなので、その機会も少ないんですがその時に本当の良い品質を出す事が出来るのは助かったと思う瞬間でもあります(^^)

とまぁ、こんな感じで用意していてアレキサンドライトの指輪はこれしか用意していないのにお問い合わせは多かったりします。
四角いアレキサンドライトは、オーバル(楕円)の石をもう一度カットします。品質の悪い石だとカットの最中に割れるので四角くカット出来る石はなかなかないんですよね。それに寸法も揃わないので作るのに苦労するんす。そして、石留めも職人さんが嫌がったりと基本アレキサンドライトは割れやすい石なので余計に神経を使うようです。

これに関してはうちが自信を持って作っている指輪でもありますが、別にこの四角い石に限らず他の楕円や円形などの石でも対応しています。
決してアレキサンドライトの婚約指輪は昨今では珍しい事ではなくなってきているのかなぁと思っています(^^)


ペンダント作りより指輪作りの方が楽しい理由

ペンダント作りより指輪作りの方が楽しい理由

アレキサンドライトの人気のデザイン

このアレキサンドライトの指輪のデザインはいつまでも人気が高いんです。おまけに大きくはないけど、このカットはアレキサンドライトがかなり綺麗に見えます。

と言うのも、大きくて楕円の石を四角にカットする訳なので、当然ながら歩留まりが悪く、キズも内包物もない高品質な石しかカットできないからなんです。

そんな訳でこんな感じのシンプルなデザインに落とし込みます。左右のダイヤモンドがないと寂しいし、センターの石が活きてこないですからね。

このデザインでのバリエーションがあります

このデザインとこのカットの指輪は他に、エメラルド、ルビー、ブルーサファイアがあるので、そのうち作ろうかなぁ・・・

指輪ってデザインが同じでも石が違うだけで全然違うので、多分ビックリすると思います。

指輪の方が楽しい

ペンダント作りより指輪作りの方が楽しい理由

それから、新しくイニシャルリングを作ろうと思って昔作った指輪の仕上げなどリニューアルしてみたけど、正直な所なんだかイマイチ。

やっぱり新規に作って納得出来る指輪を作った方が良いなぁ・・・デザインに拘る事が出来るし、ペンダントより指輪の方が作っていて楽しい(^^)


ダイヤモンドに4Cはあるけど、カラーストーンはどうなんだ?

ダイヤモンドに4Cはあるけど、カラーストーンはどうなんだ?

ダイヤモンドは4Cがあります

指輪を購入する時って品質はとても気になりますよね。同じような価格でも品質を吟味しながら選びます。結婚指輪にしてもメレダイヤモンドの品質を聞いたりしますよね。しかし・・・

正直に言おう、結婚指輪に入っている小さなメレダイヤの品質なんてあてにならない。

お店で聞いたりすると「綺麗なダイヤモンドが入っていますよ。」なんて言うけど、ルーペで見ないとハッキリ分かりませんよ。ボクのようなプロでも分かりにくいです。
こういった物はルーペで色んな品質のダイヤモンドを見まくった経験がないと見分けがつかないんです。

その点、婚約指輪に使われるダイヤモンドは4Cを目安に選べるので比較的安心出来ますよね。そうではない場合もありますが、それはまた別の機会に。

ではカラーストーンは?

ダイヤモンドと違い、エメラルド・ルビー・サファイアなどの貴石やその他のカラーストーン(半貴石と呼ばれます)は、もちろん価格によって品質は変りますが良い色なのか悪い色なのか品質はどうなのかって凄い曖昧です。たまにお店の評価で「ABC」に分けたりしているところがありますが、誰がどうやって分けているのか個人的に疑問です。多少は大人の事情があるんじゃないかと思ってます(^^;)

ボクは卸業で働いていた時にはかなりの宝石を見ました。もちろんルーペで。その中でカラーストーンの品質を見分ける時は石屋さん(宝石の石だけを売る人)が来た時に、良い色から見ていきました。石屋さんもエメラルド専門であったりルビー・サファイア専門であったりいたので、本当に品質の良い石、色の良い石の事を知っています。だから、石屋さんから買う時も高い石から色々見せてもらって勉強させてもらいました。

その中でも、一番の頼りは自分の目です。良い色の中でも自分の一番好きな色目というのがあって、それを選んでから品質をルーペで見ていました。最終的には品質より色の好みで決まるんですけど、必ず石を自分の手の甲や指と指の間に乗せて見るようにしていました。

なぜかというと、指輪に加工すると指の上で宝石を見る事になります。だから、その上での見え方が指輪での見え方になります。それが一番良さそうな石を選びます。

恐らく大多数の方はオーダーメイドでもない限り宝石を石だけの状態で見る事は少ないでしょう。だから選ぶ時は指輪であれネックレスであれ必ず指に付けたり、身に着けたりして選ぶようにしてください。その方が色目は元より一番自分にあった物が選べるはずです。

必ず信頼出来るところで

カラーストーンはダイヤモンドと同じくらい高額な物もありますし、それ以上の場合もあります。だから、色々な知識を持っている信頼出来るところで買うようにして欲しいです。

ボクもエメラルド・ルビー・サファイア、そしてアレキサンドライトの婚約指輪のオーダーを受け付けていますが、ダイヤモンド以上に緊張して選んでます。
色目の好みというのは人それぞれですし、写真は加工が簡単に出来てしまうし、見ているパソコンやスマホで見え方は違うんです。ネットで見たらメチャメチャ綺麗なのに実際に届いたら・・・・・という事はよく聞きます。

そんな訳で、よっぽど信頼して任せてくれるお客さん以外は、実際に選んだ宝石を写真に撮って無加工でお客さんに見てもらってます。結局お客さんはプロに任すしかない訳ですが、任されると嬉しい半面、責任感がハンパない訳です。

ダイヤモンドと違い、カラーストーンは気を使いますね(^^;)

一目惚れは仕方ない

今までのお客さんには満足してもらっているので嬉しいですが、全く気を抜けません。もし、うちじゃなくても他で購入する方も絶対に信頼出来るところでの購入をオススメします。

しかし、一目惚れで購入した商品に関してはそれが運命なので、品質や色など気にせず購入すべきです(^^)


アレキサンドライトの婚約指輪

アレキサンドライトの婚約指輪

四角いアレキサンドライトを使って婚約指輪の製作

ブリリアントジュエリーにはアレキサンドライトを使った指輪の紹介もあったのですが、やっと正式にアレキサンドライトの婚約指輪の販売を始めました。

詳しい事はアレキサンドライトの指輪の商品ページにありますが、何故四角いアレキサンドライトは色変わりも良く品質も良いのでしょうか?そして、低品質の石を見ないのでしょう?そんな事も書いています。

何と言ってもカラーチェンジ効果が良い

アレキサンドライトの良いところは太陽の光の下と蛍光灯の下とでは輝く色が違うという事ですね。これがアレキサンドライトの希少価値を上げ、地味な見た目から「大人の宝石」と呼ばれる理由です。

カラーチェンジ効果があまりないアレキサンドライトは価値が半減してしまいますからね。しかし、四角いアレキサンドライトでは低品質なものをあまり見ません。それにも理由はありますが、商品ページを一度見てもらえば分かります。

待ちきれない方はこのページでも購入できます

商品価格が30万円しますが、実際に手に取りアレキサンドライトの品質とカラーチェンジ効果を見ると安いと思うんじゃないでしょうかね(^^)


結婚指輪の新品仕上げ

結婚指輪の新品仕上げ

毎年綺麗にしています

そろそろ結婚記念日も近づいてきたので、毎年恒例の新品仕上げをしようかと思ってます。

実は結婚指輪も含めて装飾品の類は全く身に着けないので、指輪は綺麗なまま。

それでも、毎年新品仕上げをやっているのは、少しでも綺麗な状態で保ちたいという職権乱用というやつ。

もう15年以上経つので、奥さんにはもうそんな事しないで良いと言われながらも、そうしないと気持ち悪いので今年もやります(^^)

で、今週末は結婚記念日

大阪の今週末は結婚記念日なのにあいにくの雨らしいのです。そう言えば、結婚式当日も晴れてはいたが降りそうな微妙な天気だった。写真を見返してみると写真では快晴のように見えました。

いつもは結婚式を挙げたホテルでご飯を食べるけど、ここ数年はユニバーサル・スタジオに隣接するホテルのバイキングで食べる事になってるんです。

結婚式を挙げたホテルも近いと言えば近いので、まぁ良しとしてます(^^)

週末は雨という予報なので、バイキングも含めユニバーサル・スタジオに行くのをどうしようか検討中なのです。

晴れる事を祈ろう(^^)

ちなみにボクたちの結婚指輪はなかなか好評で販売してるんです

結婚指輪は実はものすごく簡単に考えたのに、作って欲しいという方が多いので製品化してます。

ダイヤモンドを留めてるんですが、他の宝石でも作っていて、ルビー・サファイア・アクアマリン・アレキサンドライト・エメラルドといった有名な宝石をオーダーで留めてるので、気軽に聞いてください(^^)

結婚指輪の新品仕上げ