「 エンゲージリング 」一覧

ここまで高級で豪華な婚約指輪はなかなか作れない。。。作りました!

ここまで高級で豪華な指輪はなかなか作れない。。。作りました!

遂に作りました。先日ゴージャスな指輪を作っていきたいと考えていた時から作り始めた指輪です。

単純に「いかつい」だけと言われましたけど、そんな単純な指輪ではありませんよ。

埋め込まれたダイヤは「ダイヤモンドの石畳」のように留められていますし、「キラキラ」「ギラギラ」だけではなくて「品」がありますから(^^)

価格は100万円ですが、この指輪を作るためにどれだけの職人さんの仕事や手が込んでいるのかという価値をどれだけ感じる事が出来るかが分かれ目ですね。個人的にサンプルを作りましたが、誰が付けても格好いいです(^^)

  • ここまで高級で豪華な指輪はなかなか作れない。。。作りました!


新型エンゲージリングの登場

新型エンゲージリングの登場

新しい婚約指輪「どの指輪のデザインとも違う、6本爪ティファニーセッティングタイプの婚約指輪」

しばらく作っていた新しい婚約指輪が出来ました。→ 「どの指輪のデザインとも違う、6本爪ティファニーセッティングタイプの婚約指輪」

詳しくは商品説明を見て頂くとして、一番悩んだのは実は・・・「指輪の名前」でした。

名前って簡単にした方が良いと思うんですけど、品番だけだと味気がなさ過ぎるし余計に考えるのが難しいんです。だからいつもは見たままのデザインの名前を付けているんですけど、今回はアームデザインが違うというだけで、悪く言えば大きな特徴がなかった事が原因です。だからといってありきたりな指輪という訳じゃないんですけどね。

指輪としてはシンプルなデザインですから好きな指輪です。毎日眺めていますが定番の「6本爪ティファニーセッティングタイプの婚約指輪」より好きかも知れません。

デザインがよく分かるのは1カラット版の方だと思うんですけど、0.3カラットでも良いと思います。


新型のデザインの婚約指輪が出来ました。

新型の婚約指輪が出来ました。

これメチャクチャ格好良い。少し太くてシャープなアームデザインとティファニーセッティングの6本爪といったデザインです。

今までの定番のリングとデザインの素晴らしさは双璧を成すな(^^)

婚約指輪といえばこのデザインと言われるほど有名なティファニーセッティングの指輪です。6本爪と言えばティファニーセッティングであり、婚約指輪として初めにイメージするのがこのティファニーセッティングです。…

値付けは別として久しぶりにシンプルデザインの凄さを見せつけられたなぁ。商品アップが楽しみな指輪(^^)


婚約指輪ならティファニーって本当なのか?

婚約指輪ならティファニーって本当なのか?

いきなり結果ですが「それは本当です。」としか言いようがないくらいティファニー凄いです。理由をいくつか。

  • シンプルなデザイン
  • ダイヤモンドの品質
  • ケースが良い

ティファニーのエンゲージメント リング | Tiffany & Co.

見たままですけど、こんな感じです。デザインがシンプル。長く使えるのは確実にシンプルデザインですからね。

そして、ダイヤモンドの品質です。多くのブランドジュエリーではダイヤモンドの品質を明らかにせず、ある程度の品質以上の物を使っているようです。というのもボクが聞きに行った時にそう教えてくれました。

ただ、ある程度以上としてもかなり綺麗な品質な事は間違いないです。特にカットがとても綺麗。俺も欲しいと思うくらいうっとりとした輝きです。

最後はケースです。ティファニーってケースが良くて購入する方もいるくらいですし、あの箱があるかないかで売る時の価格が大きく変わります。だから、持っていたら必ずとって置きましょう。メルカリなどではケースのみを販売している事があり、恐らく再販目的なのかなぁと思ってます(^^)

ちなみにうちのケースは上の画像の白いもの。なかなか高級感ありますけどティファニーには負けます。。。

一番の理由は単純に綺麗だからという事だと思うんですけど、どれか一つでも欠けると完璧ではないという一品なんですよね。プロでも欲しい指輪ってこういうやつかと思ってます。

うちでもオリジナルですがティファニーセッティングの指輪を作っていてちょっとずつですが改良を続けてます。我がショップのベストセラーです。

婚約指輪の定番といえばこのデザイン。6本爪ティファニーセッティングタイプの婚約指輪


選べる楽しさを提供する為、プロポーズ用婚約指輪の追加を計画しています。

プロポーズ用リングの追加

選べる楽しさを提供

楽天市場店でよく出ている「プロポーズ用婚約指輪」ですけど、種類が6種類なのです。シンプルな一粒タイプでバリエーションが少ないのです。

少ないから選びやすいのか、多いと選びにくいのかという問題は昔からあるのですが、本店と違って楽天市場店では「選べる楽しさ」が重要だと。

何も選べる楽しさは楽天市場店だけではないと思うのですが、選べるという行為は気軽に買える楽しさでもあるのだそうです。

そんな訳でもう少し種類を増やす計画を

個人的にも少ないかなと思っていたので、増やすとしても何を増やすのかという事を考えなければいけませんでした。

同じような価格帯や、同じようなデザインは今用意すべき理由もありません。となるとサイドストーンがある少し豪華な指輪が良いよなぁと自分の指輪を見ながら考えました。それが上の画像のデザインかと。出来れば3種類くらいあればと考えてます。

価格についてはさすがに同じとはいきません。単純に石代や石留め代金も増えますしね。価格に見合った内容にしないといけないので色々考えています。

選ぶ楽しみと同時に簡単に選べるという事も重視したい

他のデザインも考えたりしていますし、考える事がいっぱいなんですがボクがモットーとしているのはシンプル。選べる楽しさと同時に、「簡単に選べる」という事を考えているのです。

買う時に長く悩むのは嫌だと思いますし、悩みすぎると「やめた!」となりますからね(^^)

追記:少しづつですが全体的なリニューアルも兼ねて商品の追加を始めました

まだ1点しか始めていませんが、カテゴリー全体のリニューアルも兼ねて商品の追加を始めました。価格も少しだけ買えていきながらやっています。

こちらのページからプロポーズリングを見ることが出来ますよ(^^)


婚約指輪の1カラットダイヤモンドのお問い合わせでビックリした事

婚約指輪の1カラットダイヤモンドのお問い合わせでビックリした事

3つの特徴

1カラットの指輪というのは高額だしそんなにバンバン売れる訳ではないんです。しかし、うちの店の雰囲気なのか何なのか分かんないですけど、凄いこだわり派な方からのお問い合わせで「そうきたか!!!」ってお話です。

いつもながら、こだわりを持っている方の特徴として次の3つが挙げられます。

  • お問い合わせは電話で
  • 実際に会う
  • 即決!

といった感じなのです。この方は電話では伝わらないと思っていて、まずは電話である程度の希望(これも結構ビックリな内容)を聞きました。

その時の内容は、前提として1カラットのダイヤモンドを作りたいので、デザインを伝えたいけど電話では伝わらないからお会いしたい。という事でした。

1カラットとしては特に問題はないんです。やっぱり一番はデザインなのです。この方はイラストレーターらしくデザイン画があるから見て欲しい。だから大阪の梅田まで来てくれないかって事なので、日程を決めてお会いする事に。

いざ、対面

で、梅田で会う日がやってきました。指定された場所はとても奥まった路地の「こんな所に店あんの?」って所で風俗街といった趣だったのです。生まれは西成区なので飛田新地などの風俗街には慣れていましたが、ただでさえ梅田は行かないので迷いながら不安になりながら向かいました。

やっと辿り着いてホッとしてお店のドアを開けるとその方がいらっしゃいました。

その方は電話では男性だったのですが女性だったのです!?ゲイというのかオカマというのか分かりませんが、つまりそういう事なんです。

そうきたか!!!

個人的にそういった知り合いもいますし小さい時は場所柄周りに多かったのです。理解は深くありませんが事実としてあるとの認識なので、一応微動だにしないという表情で挨拶をしました。

さぁ、仕事の話です

案内された席について、お話をさせて頂いたのですが電話の通り1カラットのダイヤモンドを使うという事。そしてデザインはオリジナルの完全オーダーメイドという事。

早速デザインを拝見させてもらいました。スケッチブックに大きくデザインが書いてありとても細かいデザインでした。イラストで十分食べていけるという事でお金は問題ない。だから、ダイヤモンドは超が付くほどの最高級な物を使いたい。デザインも当然ながら100%再現したいという事でした。

確かにデザインはとても難しく再現出来るかと聞かれれば、出来ますと言いますが制限があるとの話をしました。実際の大きさはスケッチブックに大きく書いた物ではなく、ダイヤモンドを入れても大人の親指くらいかその一回りくらいの大きさにしかならない事を伝え、お店の中にあったコピー機で実際の大きさに近くなるくらいまで縮小コピーをしてお見せしました。

どんな方でもそうなんですが、そこで本当の現実的なデザインを見て知る訳です。これが現実なのだと。

それで諦めるという事はなく、今度はこちらが話す番なのです。

「このデザインをこうすれば指輪になる時に成り立つデザインになり、実際の大きさはこれくらいなので留める宝石の大きさはこれくらいになり、こうなると地金が光っているのか宝石が光っているのか分からないし、どんなに品質が良くても小さくて宝石の色が分からない。その為にこの宝石はこちらの宝石に変更した方が良い。」

などこの他にも色々とアドバイスをする訳です。そうすると縮小コピーをした時のガッカリな表情から本業のイラストを書く時のようなイマジネーション溢れる表情に。そうなると話も弾み、お互いに新しいアイディアもどんどん出てきます。こうなると面白いですよね(^^)

そして、即決

ほとんどの打ち合わせを終え、後はこちらで立体的な3DCGを用いた決定デザインと見積もりを出します。と伝えます。

この時には、ほとんどの場合「是非お願いします!」と言われるのですが、こちらとしてはこの興奮状態で決めるのは危険なので、それは実際のデザイン画を見て見積もりを見てから決めて欲しいと伝えます。見積もりまでの数日間まで心変わりせず同じ気持ちであれば本当に作る価値があると思うのです。

今回の場合は、枠作りの価格よりダイヤモンドの占める割合が多かったので、立体的なデザインを見てもすぐに話が成立しました。見積価格もちょっとしたサラリーマンの年収ほどだったのですが、快く受け入れて頂きました。羨ましいと思うでしょ?でも実際はプレッシャーに押しつぶされそうになります。

もし、上手くいかなかった場合に通常の路面店や百貨店だと下請けや職人さんのせいにされる事が多いんです。しかし、こちらはそういう訳ではなく色々な職人さんに頼んだり作ったりと実際に作っている所なので、そういう言い訳は絶対に出来ないんです。謝罪をしてもう一度時間を貰って作り直すしかありませんが、そうなると利益どころじゃなくなりますからね。

それにこういう商品は、いつまでも大事に使ってもらえるようにアフターサービスなどもするので、喜べる瞬間なんてそうはないんです。

だから、納品までドキドキしまくりで汗だくです。。。

2ヶ月後に納品

枠作りに相当時間がかかったので2ヶ月という期間だったのですが、途中にお会いしたり電話したりお客さんが不安にならないように努めましたし、他のお仕事も頂いたりと信頼関係も出来ました。持ち逃げされると思われたくないですし、本当のプロだと思ってもらいたいですからね(^^;)

ある程度途中経過をお見せしていたので、だいたいは分かっていたんですが実際に出来上がった商品を納品した時の喜び方は半端ではありませんでした。凄く喜んでもらって肩の荷が下りました。一気に気が楽になりました(^^)

そして、お相手なんですがお相手も同じ業界との事で、2人の写真が送られてきたのですが何とも微笑ましいものでした。

異性との場合でも同性の場合でも、とても美しい

こういったお客さんは数年に一回の事なのでそうそうないと思うんですが、作り手としても凄く楽しい時間でした。まだまだこれからもお付き合いが続きますが、そう思うと嬉しいですよね(^^)


隠れた人気商品(やっぱり買いやすい価格だからかな・・・)

隠れた人気商品(やっぱり買いやすい価格だからかな・・・)

なんだかんだ言っても値段は重要なのかも

ちょっと弱気な発言ですが、ブリリアントジュエリーで扱う商品の中で隠れた人気商品なのが上の画像の指輪なのです。婚約指輪としてだけではなくファッションリングとしても購入されています。

本来は結婚指輪とのセット商品なのですが・・・

そうなんです。本来は結婚指輪とのセット商品なんですがダイヤ入りの指輪単体で販売して欲しいと言われる事が多く、隠れて販売してました。。。すいません。。。

販売価格は¥50,000-なので買いやすいと言えば買いやすい価格だからなのか、デザイン的に定番だからなのか分かりませんが気に入って買ってくれるのであれば嬉しい事なのです。

うちが取り扱う商品は基本的に安い価格ではありませんからね(^^;)

近いうちに商品ページを作ります

現在は楽天ショップにだけ出しているんですが、本店とヤフーショッピングにも登場させる予定ですよ。

売れる売れないに関わらず毎日のようにメールだったり電話だったりとお問い合わせがあるだけで嬉しいので、そうなれるように頑張りたいですね(^^)

追記:商品ページを作りました

価格は¥50,000-ですがかなり綺麗な指輪になってますよ。おまけに宝石磨きも付けます(^^)