「 ダイヤモンド 」一覧

婚約指輪ならティファニーって本当なのか?

婚約指輪ならティファニーって本当なのか?

いきなり結果ですが「それは本当です。」としか言いようがないくらいティファニー凄いです。理由をいくつか。

  • シンプルなデザイン
  • ダイヤモンドの品質
  • ケースが良い

ティファニーのエンゲージメント リング | Tiffany & Co.

見たままですけど、こんな感じです。デザインがシンプル。長く使えるのは確実にシンプルデザインですからね。

そして、ダイヤモンドの品質です。多くのブランドジュエリーではダイヤモンドの品質を明らかにせず、ある程度の品質以上の物を使っているようです。というのもボクが聞きに行った時にそう教えてくれました。

ただ、ある程度以上としてもかなり綺麗な品質な事は間違いないです。特にカットがとても綺麗。俺も欲しいと思うくらいうっとりとした輝きです。

最後はケースです。ティファニーってケースが良くて購入する方もいるくらいですし、あの箱があるかないかで売る時の価格が大きく変わります。だから、持っていたら必ずとって置きましょう。メルカリなどではケースのみを販売している事があり、恐らく再販目的なのかなぁと思ってます(^^)

ちなみにうちのケースは上の画像の白いもの。なかなか高級感ありますけどティファニーには負けます。。。

一番の理由は単純に綺麗だからという事だと思うんですけど、どれか一つでも欠けると完璧ではないという一品なんですよね。プロでも欲しい指輪ってこういうやつかと思ってます。

うちでもオリジナルですがティファニーセッティングの指輪を作っていてちょっとずつですが改良を続けてます。我がショップのベストセラーです。

婚約指輪の定番といえばこのデザイン。6本爪ティファニーセッティングタイプの婚約指輪


18金で作ったダイヤモンド入りのタッチペン「金のタッチペン」販売開始しました。

金のタッチペンの販売を開始しました。

以前は極(きわみ)スタイラス

この「金のタッチペン」、以前は「極スタイラス」という名前で販売していました。

今度新しく売り直そうと思い直して、名前を考えてました。当時はタッチペンという名前よりスタイラスという名前が一般的でした。
タッチペンという言葉が流行ったのはNintendo DSが登場してからです。

そんな訳でもうスタイラスという言葉は使わないのでタッチペンに変更しました。あとは金のうんこにちなんで、

「金のタッチペン」もしくは「黄金のタッチペン」それか、元々の「極(きわみ)スタイラス」にちなんで「極(きわみ)タッチペン」

のどれにしようかなぁ。。。と考えていました。結局「金のうんこ」の破壊力が強すぎた事もあって、

「金のタッチペン」

に決めた訳です。

斜陽になったと思っていたタッチペン

iPhoneが登場していなかった時は、「感圧式(押して書く感じ)」ディスプレイがメインで作ったタッチペンです。感圧式ディスプレイの凄く分かりやすい例がDSですね。

iPhoneが登場してからは「静電式」のディスプレイが主流になりました。人間の微弱な電気を利用したディスプレイです。 
だからタッチペンが斜陽になったと思っていたら、まだまだDSやお店などで支払うカードのサインで使われてます。

ボクも3DSを使いますが、その時のタッチペンはこの「金のタッチペン」を使っています。

無駄に高級です!

日本ではうちしか作ってない

重量感も凄いので使いやすいんですよねぇ。裏側部分にはダイヤモンドを始めとする誕生石が入りますし、刻印も入ります。昔鉛筆後ろをカッターで削って名前書いていましたがあんな感じです(笑)

この金のタッチペンは18金製で当たり前だけどかなり高いので、そんな簡単に売れる訳ではないですが、これは未だに日本ではうちしか作ってないんです。アルミとか真鍮で作っている所はみた事ありますけどね。

それが良いじゃないかと。「日本でここだけでしか作っていない」という響きが個人的に最高に気持ち良いんです(^^)

それに、高級なお店でカード支払いのサインをする時に、安っぽいタッチペンだと嫌ですもんねぇ。。。

さて、商品紹介

さて、前置きが長くなりましたが製品についてです。長さは「S・M・L」の3種類でそれぞれ「4センチ・8センチ・12センチ」の長さになります。それから直径が「4ミリ」となってます。

そして、重量なんですけどメッチャ重いんですよ。Sサイズが約7グラム、Mサイズが約14グラム、Lサイズが22グラム程度とかなり重い・・・タッチペンにそんな品質いる?って聞かれたら「知るかそんなの!」って考えてますけど、表向きは「あまり必要ないと思いますけど、必要な人もいると思います。」って答えます。。。

ただ、重いのには理由があってペンの筒の部分が空洞ではなく全て詰まっているんです。それに18金なんです。軽い訳がありません。これが重い理由です。空洞に出来ればと思いますけど、逆に凄いお金かかるのです。

その変わり書き心地が素晴らしい。重量感だけが全てなんですけど。ただ、それだけなんです。完全に自己満足の世界です。

そんな変わった心を持ったお店の方などがいれば嬉しいです(^^)

□Sサイズ

□Mサイズ

□Lサイズ


ダイヤモンドのグレードはあまりアテにならない場合もあるので、肉眼で選ぶ場合もありますよ

ダイヤモンドのグレードはあまりアテにならない場合もあるので、肉眼で選ぶ場合もありますよ

ダイヤモンドのグレードに左右されてはいけない

お正月が明けて仕事も始まりだしたからなのか、問い合わせや注文などが多くなってきました。嬉しいねぇ(^^)

とはいえ、注文などがあるとダイヤモンドの手配などでダイヤモンド屋さんに出掛けたり、または取り寄せたりしてダイヤモンドをよく見るんですが、そこで改めて実感するのは、

「ダイヤモンドグレードはあまりアテにならない時もある」

って事ですね。ダイヤモンドはカラットの他にカラー・クラリティ・カットといったグレード付けがされています。これはみなさん結構知っていると思います。

グレードの決定は残念だけど消去法

でも、これって見本のダイヤモンドがあっての事なのです。それと比べて消去法でグレードが決定されています。もちろん各部分での基本データはありますけどね。

だから、本職はグレードに左右されず実際に見比べて決めます。

見た目重視

先日もダイヤモンドを選んでいたら同じカラーとクラリティでカットだけがグッドとエクセレントといった二つの石がありました。当然エクセレントカットの方が綺麗だと思うのです。基本的には。

しかし、実際に見比べるとグッドカットの石の方が見た目が綺麗だったのです。ルーペを使わず肉眼でも分かります。おまけにグッドカットの方が当然ながら安い。

何が違っていたかというと、カットは確かにエクセレントカットなんですがこちらの石にはカーボンがありました。結構大きめ。それでもカットの判定には関係ないからエクセレントカット。

透明のダイヤモンドに黒いカーボンがあったせいで、全体的にも暗めの石に見えた事もあって、ボクは迷う事なくグッドカットの方を購入。

結局グッドカットの石はカーボンがなく全体的にも輝きが良くグレードは落ちるけど、実際にはエクセレントカットより綺麗だったという話です。

色々な石を見て養うしかありません

やはり実際に色々な石を見ないと分からないですよね。だからボクはダイヤモンドグレードをアテにせず、実際に見て比べて判断しているので、お得な石を見つける事が出来るのです。

またそういった石をずっと見る事で選択眼を養ってもいます(^^)


ダイヤモンドのグレードの見た目をアップさせる方法

ダイヤモンドのグレードの見た目をアップさせる方法

ダイヤモンドのグレードを誤魔化す事は出来ません

ダイヤモンドのグレードって厳正なのでグレードはごまかしが効きません。

例えば上の画像のようなダイヤモンドの内包物ですが、これが傷だったり内包物だったりするとグレードは下がります。その他の項目の品質が良くてもこの部分のグレードだけ落ちてしまいます。例えるなら新古車のようなものかな・・・分かりにくいか・・・

で、書面に出る品質のごまかしは無理でも、見た目はトリックで何とかなる事もあるのです。

ダイヤモンドのグレードの見た目をアップさせる方法

こんな感じに爪で隠したりします。これはリフォームの時によく使う事があります。今のデザインは爪が小さいので使えない場合がありますが、リフォーム前の古い枠から石を外すと傷や内包物が現れる事も。

ボクにはこういった石はなかなか掘り出し物に感じるんですが、グレード主義の方には悪になるんでしょうか。

ダイヤモンドはグレードだけではないというのは一般的な意見ではないのですが、本職さんはこういった素材を上手く使って「見た目は最高で思ったより低価格!」というような物を作れるんですよね。

掘り出し物も悪くないと思いますよ

ボクもこういった素材を使ったりしますが、それでも「これはアカン。」というような事もあったりします。それについてはまた別の機会に書こうと思いますが、グレードばかりを追い求めてはいけないって事ですね(^^)

そんなに見つかる訳ではないですけど、「このキズがなければSIクラスとかVSクラスやのに・・・」と思う石はあるのです。

正確には誤魔化しではなくトリックに近いです

こうやって爪で隠すのや他の方法など色々とあるんです。リフォームの時に見つかると面白いですよねぇ。ダイヤモンドに限らずカラーストーンでもありますからね。

見つかった時にお客さんが了承済みだと助かるんですけど、そうではない場合はこちらがキズを付けたと言われかねないので焦ります。

まぁ、誤魔化すというよりはトリックに近い気もしますが、職人さんも必死に考えてやっているのですよ(^^)


0.3カラットで最高のグレードを選ぶなら、0.5カラットでそこそこのグレードを買えますよ。

0.3カラットで最高のグレードを選ぶなら、0.5カラットでそこそこのグレードを買えますよ。

ダイヤモンドのグレードに惑わされないように

ネットショップのラインナップで0.3カラットと0.5カラットの価格を同時に見てどちらかを選んで購入する事が出来るのだけど、落ち着いて見ると0.3カラットより0.5カラットで購入出来る場合もあります。

品質の問題もあるけど、大きくて安く買えるのは意外な盲点かも。だいたいイメージで大きいダイヤモンドの方が高いと思われますからね。
普通に使っていれば0.5カラットの方が輝きがあるので、お得感は思った以上にあると思いますよ(^^)

直径が大きいと輝きも倍増します

ダイヤモンドの場合、0.3カラットだと約4.5ミリで0.5カラットだと5ミリちょっとです。この場合、単純に同じグレードだけで比べると0.3カラットの方が綺麗です。そりゃそうですよね。

でも、大きさが違うので輝きがちょっと違います。単純に比べると0.3カラットが輝いているんですけど、実は0.5カラットもひけを取らない輝きなんですよね。

直径が大きいとグレードが低くても輝くんです。凄く輝くのかと言われると困りますけど「結構輝いてる」とは言えますよね。

個人的には0.5カラット

元々がグレード主義ではないので大きくてそこそこの方が良いんですよね。ボクは使い終わったあとには綺麗に磨きますし、メンテナンスもバッチリです。磨き布で磨いた後の「キラリ」と光るダイヤモンドのテーブルを見るのが好きなんです。だから大きめの方が良いなぁと思ってます。

ちょっと枠代が高くつきますけど、地金が多い分しっかりと作るので安心です。最近、多くのネットショップで見るんですけど安い物は枠代をケチっててすぐに壊れそうです。あれは、大丈夫なんでしょうか。

ダイヤモンドにこだわりがないなら、グレードにこだわらない方が良いですよ

いつも言う事ですけど、こだわりがないならグレードにこだわらずに、少し大きめのダイヤモンドを使うのも良い方法の1つです。

大きい分少しだけ幸せな気分になるかも知れません。選択肢が広がると言う感じですね(^^)


ダイヤモンドの「照り」って?

ダイヤモンドの「照り」って?

ダイヤモンドの「照り」って?

ダイヤモンドは凄く輝いています。よく輝く事を「照り」と言いますが、「照り」ってなんでしょうね。

ちなみにこのダイヤモンドグレードはI1でカットはグッドです。しかし、それ以上の輝きがあります。こういった石を仕入れるには場数を踏むしかありません。

ダイヤモンドはグレードに惑わされると絶対に失敗します。特に「照り」という輝きというか「艶」はグレードに関係ないんですよね。

グレードに惑わされない

お店で購入する時はグレードが重視されますが、プロである業者さんなどは決してそれだけで判断せず、実際に肉眼で見て次にルーペを使ってダイヤモンドの傷やカーボンを見て、最終的に照りがあるのかという事を見て仕入れをします。

カラーよりもクラリティで示される傷の場所や大きさも重要なのでそういった事も考えながら仕入れをします。

そうした事を重視していくと、最終的にグレードよりも照りがある方が売れるのです。

どんな宝石でも照りが大事です

これはダイヤモンドに限らずカラーストーンについても同じなのです。結局グレードに惑わされず実際の見た目で判断する事が重要なのです。

ダイヤモンドに限らず宝石の奥が深いと言われるのはこういった理由があるのですよ(^^)

艶のある宝石は太陽光で良く光りますよ

ボクが選ぶのは基本「照り」やカット重視ですが、ダイヤモンド屋さんもボクの好みを分かっていてそういったダイヤを勧めてくれます。信頼しているんで変な石は持ってきませんけどね。

他の宝石でも同じです。ルーペだけに頼らずに肉眼で色々な角度から見て決めます。いっぱいの石を見ない事には照りって事が分かりませんけど、照りがある石はだいたい他の石とは違うのでだんだんと分かってくると思います。

プロとして良い石を見ないといけないし、それが信用に繋がるので手を抜く訳にはいきませんね(^^)


指輪のデザインってどうやって考えるか?

指輪のデザインってどうやって考えるか?

指輪のデザインってどうやって考えるか?

あまり深くは考えていないんです

ボクはデザイナーでもないので、過去に見た指輪のデザインの部分部分を繋げて作ったりしているだけなんです。

話している時にあんなのが良いなぁとかこんな感じはどう?とか言いながら簡単に絵を書いて作っているだけで深くもないんです。

と言うのも、あまり深く考えて作っても良い物が出来る訳ではないですしね。

しかし、こだわりはありますよ

簡単に考えて作った物でも、ボクが力を入れるのは細部の部分です。磨きの質だったり石留めだったり、全体的なプロポーションだったり結構細かいんです。

どの指輪も素材は良いと思うんですけど、仕上げ次第で酷い物が出来たりしているんですが、それをしっかりと磨き上げていく事がボクの仕事だと思ってます。

次のデザインです

上の画像が次に作ろうかなぁと思っているデザインです。以前、お客さんとの話で提案していたデザインで納品したんですけど、左右非対称なデザインで格好いいです。

実際に作った物もとても良かったですし、新しい指輪としても良いんじゃないかと思ってます。

新しいデザインという訳ではないと思うんですけど、自分なりの指輪のデザインにしたいと思ってます。

来年初めくらいには登場させたいです

あまりハイペースで作る事は出来ないので、しっかりと綺麗に作ろうと思ってます。

予定は未明って感じですね(^^;)

また出来上がったら発表します(^^)


婚約指輪にはダイヤモンドじゃないとアカンの?

婚約指輪にはダイヤモンドじゃないとアカンの?

ダイヤモンドだけとは決まってませんよ

「婚約指輪 = ダイヤモンド」というのはいつ頃からなんでしょうね。ボクもあまり知りませんけど、婚約指輪自体が昭和からくらいなので、そう古くからではないと思います。

多分ですけど、ダイヤモンド屋さんとかの宣伝なんだと思います。でも、ただの宣伝だけならここまで定着しなかったと思いますし、ダイヤモンドの意味とか婚約指輪を贈る意味、そして高度成長期の時代とマッチしたんじゃないかと思ってます。

海外だと色とりどりです

日本だとさっき書いた通りですけど、婚約指輪の本場である海外ではダイヤモンドだけではなく、もっと色とりどりの宝石が婚約指輪に使われています。

代表的なのがブルーサファイアですね。これも理由があると思います。昔はダイヤモンドは研磨技術がまだまだ低くて今のようなブリリアントカットがなかったと思います。ローズカットくらいが限界でしょう。

カラーストーンは採掘量も多いですし、研磨技術もあったので、その中でもサファイアは硬度も高いし、同じ硬度のルビーより採掘量も多かったのでサファイアが多かったのだと思います。それにサファイアは綺麗ですからね。ボクもサファイア1石持ってます。安いけど(^^;)

ダイヤモンドの理由もあります

先ほどの硬度で考えるのであれば、ダイヤモンドは硬度が一番高いので結婚にあたっては「離れる事がない」という花言葉のような宝石言葉が結婚にピッタリだったんでしょうね。

それにブリリアントカットが確立されてからは、輝きという意味でもダイヤモンドは綺麗ですし、女性好みだったんでしょう。カラーストーンは色の好みもありますし、お店が勧めるのもなかなか難しい面もあったりしますからね。

ダイヤモンドのこだわらず色々見て欲しい

個人的な意見でいえば、ダイヤモンドは間違いない選択肢です。対してカラーストーンはその人のこだわりであったりとか、思い入れで選ぶものかも知れません。

まぁ、あまりこだわらず色々と見ながら選ぶのが一番良いと思いますね(^^)


1カラットの指輪の裏話

1カラットの指輪の裏話

大きくて高い1カラット

1カラットのダイヤモンド。大きくて高い。確かにそうなんです。でも、やはりダイヤモンドは奥が深くてピンからキリまでです。

カラットと言うと大きさをイメージしますが、実際は重さなんです。そして、1カラットは0.2グラムです。凄く軽いんです。

今は「キャラ量り」というダイヤモンドの体重計のような物があるんですが、全てデジタルで凄く精密なんです。風が吹くだけで重さが変わってしまうのです。

だから、頑丈な床の上で静かな所に設置したりしています。
今ではそうなんです。

では、昔の量り方は?

昔はそんな精密なデジタル量りはなかったので、天秤のような物で量っていました。ダイヤモンドを片方に乗せて反対側に分銅を乗せてダイヤモンドの重さを量るのです。

当然、静かな場所で量る事は量るのですが今のように精密ではありません。

昔の1カラットは1カラットではない?

これを書くと業界人として失格かも知れない裏話を書きますが、ボクが仕事を始めた20年前はデジタル量りなので恐らく違うと思いますが、それ以前の天秤量りの場合はもしかしたら1カラット以上かも知れませんが、1カラットに足りないかも知れません。

というのは、長年使うと分銅が錆びていたりすると実際より重くなってしまったりするのです。本来は手で触るのは禁止ですが触ってしまった場合なども含まれますね。普通は付属のピンセットなどを使ったりします。

その事は当然知っていた

恐らくそういった事は分かっていたと思うので、昔のジュエリーの刻印は「1ct」と、それ以上は細かくは書かなかったのだと思います。

今の時代はそういった表記はなく「1.XXX」といった刻印がほとんどだと思います。鑑定機関でもしっかりと量っていますし実際にダイヤモンド量りでは嘘つけませんからね。

昔はそういった事情もあって仕方ない部分もありますし、その為にそういった表記もしていたのだと思いますし、昔の人の思いやりという感じですかね(^^)


大粒ダイヤモンドを使う婚約指輪は爪留めが良いと思う理由

1カラットの婚約指輪は爪留めが良いと思う理由

爪留めか伏せ込みか

爪留めと伏せ込みはダイヤモンドの留め方ですが、1カラットの婚約指輪としては、爪留め方が良いと思います。

伏せ込みの商品も揃えていますが爪留めの方が分かりやすいですし、実は高さも地金も抑える事が出来るんです。

伏せ込みは地金を使うので重くなり、枠代がかかってきます。それにダイヤモンドの一部が地金で覆われるので、どうしても輝きが低下してしまいます。

爪留めならどれも同じくらいの枠代

ブリリアントジュエリーの1カラットの指輪はどの指輪の価格も同じような価格なんです。地金としてはどの指輪も爪留めであれば同じような価格なので、大きな差はありません。

違うのはサイドにダイヤモンドが留められていたりした場合のダイヤモンド代とかになりますね。

それに伏せ込みの場合は石が大きすぎてデザイン的にもとても難しいのです。

海外では大きな石でも上手くデザインされていて、やっぱり違うなぁと感心しています。

爪留めが優れている理由

爪留めの方が伏せ込みより輝きがあります。それはダイヤモンドが大きければ大きいほど違うのです。

大粒のダイヤモンドを使うブランドジュエリーの指輪はほとんどが爪留めだと思いませんか?

他にもあるんですが、爪留めの方がダイヤモンドを邪魔せず輝きに重きを置いているのです。

1カラットでは爪留めが良いですよ

伏せ込みもあるんですけど、本音を言えば1カラットとか大きなダイヤモンドを使うのであれば爪留めが絶対良いと思いますよ。

ダイヤモンドの本来の輝きを活かすのであれば爪留めです(^^)


1カラットダイヤの大きさってどれくらい?

1カラットダイヤの大きさってどれくらい?

大きさは6ミリ程度

1カラットのダイヤモンドは大きいのかって事をよく聞かれるんですが大きさ自体は6ミリ程度なんですよね。

大きい気もするけど、6ミリと言われるとあまり大きくない気がする・・・って感じです。

ただ、小さなものほど1ミリ違うと大きく違うので、輝きも相まって結構大きく見えますよ(^^)

寸法でもダイヤモンドを選んでいます

基本的にダイヤモンドはカラットに加えて寸法で選んだりしています。

1カラットだけど、「場が小さい」とか言うと直径が普通の1カラットより小さいという意味ですね。

カラットは重さなので純粋にカラットだけで選んでしまうと直径の小さい1カラットだったりする事があるので、それは避ける傾向にあります。

1カラットダイヤの大きさってどれくらい?

石の直径が小さいと1カラットの大きさが入る枠でも枠が大きすぎて、全体的に少し小さな枠になってしまうので、それだと響きだけ「1カラット」になるので意味がなくなりますよね。

最後はバランスで

そういったダイヤは比較的安い場合があるんですが、そこでカットがひたすら綺麗な石がたまにあったりするんです。

その場合は直径と輝きのバランスで使用する場合もあります。結局輝きがあれば多少の大きさには目をつむる事が出来るのです。

限度はあるけど、どれを優先するかで選び方は決まりますし、ブレているといつまで経っても決まりません。

ダイヤモンドは輝き

ダイヤモンドは輝きが全てであり、それ以外は何とかなっちゃうんですよね(^^)

多少大きさとかバランスで見る事はあっても、ボクの場合は輝きで決めています。これだけは絶対にブレないので、ダイヤ屋さんもそれを知っていて良い輝きのダイヤモンドを用意してくれます。

日頃からのポリシーで仕事を進めていると、思わぬ掘り出し物があるので姿勢は大事ですね(^^)


1カラットのダイヤモンドはお店で結構見るけど、本当に希少なのか?

1カラットのダイヤモンドはお店で結構見るけど、本当に希少なのか?

ダイヤモンドって何が凄いのか

1カラットダイヤモンドの婚約指輪って今も昔も凄いんですけど、いったいどう凄いのか?って疑問に思いますよね。

1カラットのダイヤモンドは巷に溢れている感じがしますけど、実際にはそう多くないんです。

希少性が高く価格的にも高額なダイヤモンドなんです。他の0.2カラットなどの比較的小さなダイヤモンドの良より圧倒的に少ないのが現状です。

もちろん品質にも関係しますが、それでも多い訳ではないのでどうしても価格が高額になります。

ダイヤモンドはずっと採掘されていますが、どんどん増えている訳ではなく、おまけに地金も増えている訳ではありません。

ちなみにダイヤモンドの採掘量のトップの国はロシアです。そしてコンゴ、ボツワナと続きます。ロシアってプラチナの採掘量も多いし良い国やなぁ。といってもロシアではダイヤモンドが安いのかというとそんな訳でもないんですよね。

国によってダイヤモンドの質が違う

実はダイヤモンドの採掘国によって品質が色々と違います。

個人的にロシア産のダイヤモンドは透明度も高くて傷けも少なく高品質な石が多いです。しかし、カーボンと呼ばれる黒点が比較的多いんですよねぇ。このカーボン厄介なんです。。。

そしてアフリカ系のダイヤモンドは透明度も傷けもキレイなんですけど採掘量が多くないです。個人的に南アフリカの石が綺麗だったと感じました。

そして、インド系の石。インドの石は全体的に綺麗じゃないんです。カットも傷けも内包物も多い。ただ、カーボンが少ないと言って利点があります。

あんまり使いたくないなぁと思ったりするんですが、そういった不利な点も圧倒的に安いので品質の見分けが付きにくい小さめのダイヤモンドをいっぱい使うジュエリーに使うんです。

使いようによっては最高の武器になるんです。

とんでもない場所で採掘されてます

採掘場所はその国によって違いますが、40どや50度を超える暑さの中で人力で採掘されたり、ロシアのような極寒の地では凍土を溶かしながら採掘を続けるという、日本では考えられない過酷な地域の劣悪な環境で採掘されています。

広さも東京ドーム何個分という物ではなく広大ですし、深さも地下何百メートルと掘り進んでいるんです。

機械も費用も莫大ですし、これだけでは原石なのでカットもしなくちゃいけません。

ちなみに1日で処理される量ですが、ある地域では1日で13000トン!も処理されます。それで取れるダイヤモンドの原石なんてビックリするくらい少ないんです。

場所にもよりますが、砂1トンあたり3〜3.5カラット!(約0.6グラム程度)しか採れないんです。恐ろしい・・・

日本だから巷に溢れていると思うんです

日本では長年に渡る景気のせいでダイヤモンドは広く行き渡っているように感じるダイヤモンドですが、本当はかなりに希少石なんです。

その上、大きさも品質もさまざまなので、1カラットのダイヤモンドなんてさっきの数倍採掘しなければ採れません。

身の回りにあるダイヤモンドは色々だと思いますけど、そういった目で見てみるとダイヤモンドの見え方も変わってくるんじゃないかなぁと思います。早速磨き布で綺麗に磨きましたよ(^^)


婚約指輪で最低限の品質の1カラットダイヤモンドはどんな物を選べば良いのか?

婚約指輪で最低限の品質の1カラットダイヤモンドはどんな物を選べば良いのか?

グレードで選ばない場合、正直言って分からない人も多いはず

ずっと書いていますけど、婚約指輪で使う1カラットダイヤモンドでの最低限の品質はどれくらいでしょうか?

かなり偏った個人的な意見にもなりますけど、

「カットさえ良ければあとは何とかなる。」

と思っています。あくまで個人的な意見です。

極端過ぎるんですがダイヤモンドの4Cではクラリティとカラーは多少抑えてもカットだけ重視していれば何とかなります。

それぞれに選ぶポイントがあります

まずはカラット。カラットはダイヤモンドの重さ(大きさではない)なので、この場合は1カラットになるので条件はクリアしていると考えます。

次にカラー。カラーは文字通りダイヤモンドの色なのですがDカラーとMカラーを比べると分かりますが、DカラーとEカラーでは肉眼では無理です。それに毎日綺麗に使って、使った後に拭いたりしないとそれだけで汚れます。それにゴールドの地金などにセットすると誰にも宝石鑑定士でも判断できません。だから多少落としてもオーケー。

そして、クラリティ。クラリティは傷や内包物を見ます。ここで注意するのはダイヤモンドのどの場所に傷や内包物があるのか。という事。

出来るだけ端にある物であれば、枠にセットする時に爪で隠すので枠にセットされた状態では傷すら分かりません。

ダイヤモンドはカット!

最後はカットです。カットはダイヤモンドを見る上で1番重要な部分で、輝きに直結する部分です。だから口を酸っぱくして言いますが、

ダイヤはカットや!

なのです。これだけはごまかしが効かないんです。

見た目で選ぶ

では、どうやって見分けるのか?これはとても簡単です。

気に入ったデザインを選んでセットされた指輪のダイヤモンドを綺麗に拭いて、ダイヤモンドを見ます。それで輝いている方を選ぶんです。見た目で十分です。素人さんでも輝きだけは肉眼で分かるんです。

あとは値段との兼ね合いで決めれば大丈夫です。素人さんだからといって自信をなくす理由はありません。カットは誰が見ても同じだからです。

だから、婚約指輪でも使用する1カラットダイヤモンドはカットを重視して選んで大丈夫なんですよ(^^)


最高級の1カラットダイヤモンドってどんなの?

最高級の1カラットダイヤモンドってどんなの?

最高級って?

最高級の1カラットダイヤモンドは品質に関して言えば「Dカラー、VVS1クラリティ、エクセレントカットでハートアンドキューピッド」が最高級ですよね。

ボクは注文で受けた事はまだないですけど、実際に何度か見た事があります。ダイヤ屋さんが見せてくれたんですけどね。

当たり前ですけどすっごい綺麗です。やっぱりダイヤモンドはカットやなぁと実感しました。全然違う!

そうしたダイヤモンドは価格的にも凄いですし、他のダイヤモンドと比べても別格です。

たまに依頼があるんですが、扱う方も気を使うのです。。。プロとはいえ、そうそう見る事も少ないですから。

ずっと見ていたい気になる

特にカットが綺麗なダイヤモンドはよく輝きますし、ダントツに綺麗なのでずっとルーペで見てしまいます(笑)

まだまだ扱う機会は少ないとはいえ、良いダイヤモンドは損得抜きで良いなぁと思いますよ。

たとえ、そのダイヤモンドの品質が少し落ちたとしてもダイヤモンドという宝石は良いですよね(^^)

ただ、普通ではこういったダイヤモンドを見る機会も購入する機会も少ないです

ボクもそうそう見れる石ではありませんし、実際の価格も恐ろしくなります。

そんな機会も少ないし、そもそも1カラットのダイヤモンドを見る時も少ないのがほとんどです。今までのボクのお客さんで購入してくれた方もここまでの品質ではありません。

個人的にダイヤモンドはカットで見るものであって、グレードでは見ないので多少グレードが下がってもカットだけ良いのがあれば十分というのか、コストパフォーマンスが良いと思うのです。

もちろん、最高級を購入出来れば良いですがそうでなくても良いダイヤモンドはいっぱいありますよ(^^)

何度も言いますがダイヤモンドは実際の見た目とカットが全て

ダイヤモンドは実際に比べる事が出来れば一番ですが、カットが良ければダイヤモンドの他のグレードの欠点を色々隠してくれます。それはまた後日に書きます。

今日は最高級のダイヤモンドとはどんなの?って事を書きましたが、是非お世話したいなぁ。。。メチャクチャ緊張すると思う(^^)


1カラットダイヤモンドで重要な事は?

1カラットダイヤモンドで重要な事は?

グレードに惑わされる

ブリリアントジュエリーではダイヤモンドはボクが選んでいると書きましたが、しかし、ダイヤモンドはグレードがあるので実際に見るとそうではない場合もあります。

ダイヤモンドはグレードに惑わされると絶対に失敗します。

お店で購入する時はグレードが重視されますが、プロである業者さんなどは決してそれだけで判断せず、実際に肉眼で見て次にルーペを使ってダイヤモンドの傷やカーボンを見て、最終的に照りがあるのかという事を見て仕入れをします。

照りというのは輝きと言っても良いと思いますが、カットが良いと照りが良いといった傾向もありますよ。

実際の見た目が大事

カラーよりもクラリティで示される傷の場所や大きさも重要なのでそういった事も考えながら仕入れをします。

そうした事を重視していくと、最終的にグレードよりも照りがある方が売れるのです。

グレードばかりで選んでも最終的に輝きが足りないと意味ないでしょ?ダイヤモンドは輝きが命なのに。

最終的には自分の目で決めるのが良い

これはダイヤモンドに限らずカラーストーンについても同じなのです。結局グレードに惑わされず実際の見た目で判断する事が重要なのです。

ダイヤモンドに限らず宝石の奥が深いと言われるのはこういった理由があるのですよ(^^)


1カラットダイヤの選び方ってあるの?

1カラットダイヤの選び方ってあるの?

輝いていると思うでしょ?

ダイヤモンドって輝いているのが普通と思いますよね。

しかし、ダイヤモンドはグレードがあるので実際に見るとそうではない場合もあります。まぁ、大概はキレイなんですけど、この前の日記のように異様に安かったりすると綺麗とは言えません。

ダイヤモンドグレードで1番輝きに関係するのがカットになるんですけど、グレードを決定する理由が単なる見た目ではなく消去法なんです。

だから、良いグッドもあればそうでもないグッドもあったりします。

他のクラリティでも綺麗なI1とそうでもないI1があったりします。決してグレード表で判断してはいけないという事ですが、輝きというのはカットだけを見てもいけないので、実際の見た目をしっかりと見ないといけません。

輝きを見るのも部屋で見た輝きと外の太陽の光で見た時もかなり違います。

これが一番騙されるんです。

照明にダマされるな!

お店の照明は綺麗に見えるんです(笑)

だから、許されるならお店の中と外の両方で見せてもらえる事が出来れば1番良いと思います。
本当に本当であれば、暗い所で見るのも良いと思います。やっすい蛍光灯とかで見るだけでもよく分かります。

それが出来なければ信頼できるお店の方に任せるのが1番です。

結局は日頃のお付き合いが重要という事もあります。ボクもずっと情報として個人的に長くメールを続けている方がいて、最終的にはお任せで構わないとおっしゃてくれた事があります。

その方とは最終的にお会いしてお届けしましたし、結婚式には電報を送ったり、今でも良いお付き合いをしています。

プロに任せるのも一つの手

話が逸れてしまいましたが、ダイヤモンドの輝きは比べれば一目瞭然とはいえ、やはりプロに任せるのも一つの手ですね(^^)

ただ、プロじゃなくても見れば結構分かります

そうは言っても、ダイヤモンドは比べれば結構分かるもんです。ルーペでなくても虫眼鏡でも良いです。それで見るだけでも勉強になりますよ(^^)

以前、ルーペを虫眼鏡のように使っている人がいてそれでも分かるくらいですからね

あとは、留める枠によって変わってきます。それによっても予算が大きく変わる場合もあるので、それはまた別の機会に(^^;)


1カラットのダイヤモンドで30万円?

1カラットのダイヤモンドで30万円?

確かに安いと思いがちだけど・・・

1カラットで30万円とは聞いた事がない訳ではなく、安売りをしているお店ではたまに見ますよね。

それって業者目線では品質が恐ろしくて到底使えませんが、それでも1カラットという響きは絶大で欲しい方はいるようです。

いわゆる「お化け」と言われる品質は二の次で大きい石が好きな方は多いです。

有名芸能人が着けている宝石って大きい事は大きいけど、品質的には一定以上なので、大きいから高いという訳ではないと思うし別物だぞ。

だから、間違っても1カラット30万円といった宝石ではない。

単なる酷い石

恐らくそのお店の目玉商品で利益的には1万円あるかないかじゃないかと思います。

ダイヤモンドの品質は様々ですがそういったダイヤモンドの場合、傷や内包物が多く、カットも悪いなど、平たく言えば「酷い石」になります。

うちは大阪なのでそういった「オバちゃん」が多く、ボクが宝石屋と分かれば、

「にいちゃん、これなんぼやと思う?」

って必ず聞かれるんですよ。ひと目見ても分かるくらい酷い石。「うわ〜・・・やっばい石やなぁ・・・どうせ安いんやろうなぁ・・・ようこんなん売りよったな。。。」

と思っても、それなりの価格を答えると、

「ブッブーー!めちゃ安かってん!◯◯万円やねん。やっすいやろ?」

ってどのオバハン(オバハン言うてもうた)もそう言うんですよ(^^;)大阪ではいかに安く購入出来たかを競う文化があります(笑)そんな場合は適当に安いですね。っていうしか選択肢はないので、そう応えるようにしています。

また以前、ダイヤモンドの石だけを持参されて婚約指輪の枠のみの製作依頼をされた事がありますが、あまりに酷い品質だった事もあり、婚約指輪に使える品質ではなくオススメ出来ませんよ。と説得した事があります。

結局分かってもらってそれなりの品質のダイヤモンドを使用して製作しました。

大きいだけでは誰も喜ばない

婚約指輪にかぎらずダイヤモンドを宝飾品として使用するには最低限の品質があると思っています。上に挙げた品質のダイヤモンドは「客寄せ」としての役目があると思いますが、自分で購入する、または、誰かに贈るという事では使用できないと思います。

1カラットの婚約指輪で30万円というのは価格的には魅力的でも、贈られた方には値段よりキラキラしたダイヤモンドリングを考えるでしょうから、一見喜んでいても品質的には、

「・・・・・。」

となるんじゃないでしょうか。やはり、最低限の品質は必要だと考えます。うちでも最低限の品質で用意する価格は、大体が60万円くらいからになるので、依頼されても断りますね。

信頼出来る所で聞くのが一番

その為にも信頼できるお店や信頼できそうなネットショップに問い合わせをする事から始めないと本当に良い物を購入する事は出来ません。

それが1番難しい事は確かなんですが、一生の物を一生の伴侶に贈るのであれば、それくらいは必要ですよね(^^)

せっかく高額の買い物なのであれば、時間かけて調べまくったり聞きまくったりして自分の知識と希望を固めてから、実際に買いに走っても遅くないと思いますよ。

ボク自身も高額な宝石を買ったり見たりする時は、同じように調べて聞いてから購入するかどうか決めますし、そういった経緯を経て購入した物は愛着が湧きますからいい体験が出来ると思いますよ(^^)


1カラットダイヤモンドの価値ってどれくらい?

1カラットダイヤモンドの価値とは?

1カラットって高いのか安いのか?

さて、今日のタイトルは「1カラットダイヤの価値」についてです。ちなみに上の画像は1カラットじゃないですけど。。。

基本的に購入した価格で売れる事はなく、質屋さんなどでは買い叩かれてしまいます。品質によるので高いか安いかも変りますが、基本的に同じです。

これはビックリしますよね。。。でも、冷静に考えれば購入した車をいきなり打っても8割どころか半額になってしまう事と同じ事なんです。

ダイヤモンドの産出量自体はここしばらくは横ばいで安定しています。採掘技術の向上でシャン出漁は増加傾向にありますが、1カラット以上のダイヤモンドの産出量は基本的にあまり多くないので価格的にも安定しているようです。

ダイヤモンドは世界で求められてます

さらに、中国など新興国の所得が多くなるにつれてダイヤモンドを求める層は増加傾向にあります。

それでも価格的には安定しているのは産出量の総量がアップしているからだと思います。

そこで1カラット以上のダイヤモンドの価値になりますが、財産価値としてはそれ以下のダイヤモンドより確実に上です。先程も書きましたがダイヤモンドの産出量が増加傾向にあるのは1カラット以下のダイヤモンドです。

買うなら絶対に1カラットがオススメ

以前、ヤフー知恵袋などで 「1カラットか0.8カラットで迷っています(婚約指輪)」という質問がありましたが、個人的にはグレードにかかわらず1カラットの方が最終的に評価されると思っています。

誰が聞いても1カラットのダイヤモンドと聞いた方が「大きなダイヤモンド」という印象が強く、「高価」というイメージも強いですからね。

それにグレードが0.8カラットより多少落ちても、宝石磨き布で綺麗にしていれば、輝き自体は負けないくらいですし。

1カラットの使い勝手は絶妙

業者目線で話すと、0.8カラットだとデザインは別として入れる枠に困るんですよね。あと、卸業で販売する時にも同じ価格でも1カラットの方が売れるので1カラット以下のダイヤモンドはパンチに欠けるというのが本音です。

実際に0.8カラットと1カラットでは1カラットの方が売れるスピードが早いです。体感では倍以上早いですねぇ。それこそが1カラットダイヤモンドの価値なんです。

だから、1カラットにはグレードに関わらずそれ以下のダイヤモンドと比べても価値があると言えますね(^^)


ブランドジュエリーの1カラットのブライダルジュエリーってどんなのがあるの?

ブランドジュエリーの1カラットのブライダルジュエリーってどんなのがあるの?

海外では一粒で1カラットは小さめ

1カラットの婚約指輪を購入するにあたって検討するのがブランドジュエリーだと思います。ティファニーとかブルガリとか色々ありますよね。

そういったブランドジュエリーも色々ありますが、ボクが思い出深いブランドというとハリー・ウィンストンになります。有名な芸能人で結婚する時に披露する指輪で有名ですけど、個人的にハリー・ウィンストンの指輪を選ぶ人は「品がいいなぁ」と思ってしまいます。

ハリー・ウィンストンに行く

実は海外で過去にハリー・ウィンストンのお店に行った事があります。これはボクが悪かったのですが旅行中で小汚い格好でお店に入ったんですよね。

海外では身なりが重要で汚い格好をしているとお金がないとみなされ相手にしてくれません。

そこで、1カラットの指輪が見たいと話すと軽く笑われ一応机には案内されましたが、その時の一言が、

「1カラット?それはこの店で1番小さい石だね。」

と言われました。嫌な気持ちになるというより「凄いなぁ」と思ってしまいました。1カラットが1番小さい石なんて。

確かにブランドジュエリーでは1カラットはそう大きい石ではありませんが、価格的にはビックリするくらいの価格でさすがに買えそうにありませんでしたが、品質はとても綺麗でずっと見ていたいくらいの品質でした。

1カラットより大きなダイヤモンドが主体で見せてもらいましたが、どれも恐ろしく綺麗でよくこんなに集まるなぁと感心しました。メレダイヤの品質も石留めもかなり綺麗。小バカにはされましたがメチャクチャべんきょうになりました。いつか1カラットより大きい2カラットや3カラットの指輪のデザインも考えたいなぁ。。。

ブランドジュエリーはダイヤモンドのグレードを表記していません

実はダイヤモンドのグレードは聞かなかったのですが、表記もされていないのです。お店の照明にも左右されるのですがとても綺麗でした。恐らくVVSクラスになると思います。カットも綺麗でブランドは違うなぁと実感した事を覚えています。一応聞いたら教えてくれますけどだいたいでしか教えてくれません。恐らく低品質なダイヤモンドは初めから選ばないのでしょう。

1カラットのダイヤモンドは品質によりますし価格にもよりますが、ブランドジュエリーの品質はとても高いしそれに準じた価格にもなっています。

ブランドジュエリーはライバルではない

ボクとしてはブランドジュエリーをライバル視している訳ではなく敬意を払っています。一番尊敬するというか憧れているのは、デザイン重視であってダイヤモンド重視ではないという事ですね。ダイヤモンドはデザインを彩る物として扱っているのが憧れるのです。

ボクはデザイン重視で作るんですが、売値であったりダイヤモンドの事を考えたりしているので、こういう姿勢は憧れます。

それでもブランドジュエリーに負けないサービスや信頼を目指してこれからもアドバイスを続けていくつもりですよ(^^)

よく考えればあまりブランドジュエリーのブライダルについて語ってないなぁ・・・別の機会にまた書きます。


婚約指輪には品質か大きさのどっちが良いの?

婚約指輪には品質か大きさのどっちが良いの?

結構悩むところ

例えば60万円から80万円くらいの婚約指輪に使うダイヤモンドで同じ予算であれば、品質の良い0.5カラットや0.7カラットか、品質の落ちる1カラットのどちらが良いのかって事です。

これは誰でも悩むんじゃないでしょうか。他の買い物でもこのパターンはありますもんね。ダイヤモンドであったとしても考えてしまいます。

純粋に品質と輝きだけだとこの場合では0.5カラットでしょうね。1カラットだと同じ価格の場合は負けてしまいます。1カラットがこの時点では大きさだけ勝ってますね。

品質重視でも落とし穴が

ただ、ダイヤモンドは購入して終わりという訳ではなく、タンスの中に入っていても常に身に着けていても汚れていくものです。

もし、最高品質の0.5カラットを常に身に着けクリーニングをしなかった場合は、常に手入れをしている1カラットのダイヤモンドの方が綺麗に輝きます。

どんな物でも常に手入れをしていないといけませんし、ダイヤモンドは1日使っただけでも結構汚れてしまいます。

自分で手入れは必要です

使い終わったら油分を取る為にティッシュやセームクロスなどで綺麗に拭き取りケースに入れるのがベストです。

手入れをする事で愛着も湧いて、こっちを買って良かったなぁと思えますからね。

結局はどちらも正解と思いますけど、それは人によってバラバラなので悩みに悩んで決めて欲しいですよね(^^)

個人的な意見ですが

ボクが相談を受けている時は、指に合うか合わないかという事があるとは言え、最終的には1カラットの方が良いと思っていて、実際に勧めています。

というのも、いくら手入れをしていても、絶対的にダイヤモンドは大きさなんです。

品質は及ばなくても、たった1ミリ程度の大きさでダイヤモンドが反射する光は何倍も違うのです。宝石磨き布で毎日のように綺麗に磨いていれば、品質が多少落ちるダイヤモンドでも輝きが保たれている訳で、やはり大きさが全てなんです。

ダイヤモンドはカットが全てなのは間違いないですが、大きさに関して言えば品質を多少落としつつ、カットのグレードを少し上げれば輝きは保たれるのです。

まぁ、0.2カラットや0.3カラットであれば、そうは言えませんが0.5カラットから上の大きさでは大きさを優先する方をオススメします。


ダイヤを買うと貧乏に?

1カラットダイヤは高いの?

ダイヤモンドは高いから

新婚の知り合いが旦那さんに1カラットのダイヤモンドなんて高いからやめておこう。その分他に使おうと言われたそうです。

ちなみに旦那さんの年収は1千万円を超えているそうです。凄いなぁ。

だから貧乏暇なし

堅実だから年収がそうなのか、単純にダイヤモンドに価値を見出だせないのか。

それは分かりませんが、個人的には販売しているからではなく性格的に、

「買える時に買っておこう!」

と考えてしまいます。だから貧乏暇なしなのだと思います(^^;)

通常では1カラットの指輪なんて結婚するときか、よっぽど欲しいか、何かのタイミングじゃないと購入を考える時ではないですから、チャンスの時じゃないと買えないと思うんです。

嬉しい相談

色々と話し合った結果、彼女はどうしても欲しいという事でボクに相談してくれたのでした。ありがとう(^^)

今回はこういった結果になりましたが、色々な意見があって当たり前なのです。

もし、1カラットのダイヤモンドに限らず、高額商品の購入機会があったらしっかり話し合って結果を出して欲しいですね(^^)


指輪の石留めは爪留めと伏せ込みどっちが良いの?

指輪の石留めは爪留めと伏せ込みどっちが良いの?

爪留めと伏せ込みはダイヤモンドの留め方です。

爪留めは普通一般の留め方でダイヤモンドの輝きを引き出す留め方ですね。通常留める爪は6本をイメージしますが、実際には2、3,4,5本と言った本数があります。8本もあったりと意外とバリエーションが多いです。

そして、伏せ込みです。地金にダイヤモンドを埋め込んだ留め方で爪留めでは安心できないといった方に需要が多いです。地金を使ったデザインを活かす事が出来る留め方です。

呼び方もそれぞれ

実は伏せ込みの留め方の呼び名は伏せ込みの他に「ふくりん留め」「殺し留め」といった名前があります。普通では伏せ込みといった方が通じやすいのかなと思います。

どちらが婚約指輪に向いているというのはなかなか難しいと思います。人によって希望は様々ですからね。

受注は半々くらい・・・

ブリリアントジュエリーでの受注だと、ちょうど半分半分といった感じです。やっぱり難しいですね(^^;)

ボクがお客さんにオススメしているのはどちらかと言うと爪留めの方がデザイン的にもシンプルですし、婚約指輪と分かりやすいので爪留めの方が多い気がします。

どちらにしてもお客さんの希望をいろいろと聞いてアドバイスしているので、お手伝いに徹する感じですね(^^)


失くしたピアスの片方だけって作れるの?

失くしたピアスの片方だけを作れますか?

この問い合わせは物凄く多いです

ピアスって基本的に失くしやすいもので、ネジ式キャッチであったり、外れにくいキャッチであったり、とにかく失くさない為に色々な対策を講じているにも関わらず失くしてしまうもんなんです。

そういう訳でこの失くしたピアスの片方だけ作りたいって問い合わせが物凄く多いんです。実際には2日に1度くらいの勢いの時もあります。一体何があったのかと思うくらいの時も・・・(^^;)

結論から言えば、基本的に可能なんですが片方とはいえ大量生産品ではなくオーダーメイドになるので、それなりにします。

よくあるパターン

じゃあ、何でも作れるのかって聞かれると何でも作れるって答えちゃいます。ただし、お金に糸目を付けなければ(^^;)

よくあるパターンが海外のお土産もので買ったピアスの片方を失くしたから5千円で作ってください!とか日本のどこどこのお店で買ったもので、1万円以内でお願いします。って言われます。

それは絶対に無理

地金などによりますが、1グラム数千円もするというのに5千円とか1万円では食べていけません。そういった雑貨系の物は、そういったハンドメイドの作家さんに頼んだ方が作れるんじゃないかと思います。彼らは趣味で作っている方も多く、喜んでくれるなら材料費だけで作ってくれる時もあるとか。そういうのはうちは無理。

じゃあ、作れるピアスってどんな物?

うちはプラチナやゴールドを扱う為、ブランドジュエリーのようなデザインや品質の物を作ってます。ピアス屋さんではスタッドピアスを中心に扱ってますが、それはボクがシンプルデザインが好きだし一番綺麗だと思っているからで、それ以外作れないという事ではありません。

ブランドジュエリーのピアスの片方であれば作ります。しかし、ブランドジュエリーの価格の半分以下とかで作るのは無理と考えた方が良いって思います。ブランドはその製法や品質が飛び抜けているのでそれを求めると似たような価格になるのは避けられないと思うんです。

スタッドピアスであれば、あれはダイヤモンドの価格がほとんどを占めているので、枠のみだと2万円もいかずに作れるのがほとんどです。シンプルですし地金の重量も重くありませんからね。

だから、スタッドピアスをベースに考えると安く出来ると思います。反対に地金重量が価格と直結しているので、地金ピアスの方が高くつく場合が多いです。

大量生産品が多くを占める時代なので、安く作る事を求められますけど実際に作るとなると日本ではあまり安くは作れませんねぇ(^^;)

良い物は高い

この言葉は映画「シンドラーのリスト」の劇中のセリフですが、これはどの業界でも適用されると思ってます。消費者は安くて良い物を求められがちで、実際それを可能にしている所もあると思いますが、ほとんどは良い物って高いですよね。。。

ボクもそうしたいです。ただ、分かってもらいたいのは儲け重視でお客さんを騙して儲けたるって思う訳はなく、出来るだけ良い物を提供したいって事は思いますね(^^)

ピアス屋さんで一番売れる6本爪のスタッドピアスに関しては、「片方のみ」のピアスも用意する予定なので、失くしたピアスや男性で片方の格好いいピアスが欲しい人には向いていますよ(^^)


サイズ直しは上下なん番まで可能なの?

サイズ直しは上下なん番まで可能なのか?

サイズ直しを希望の方に聞かれます

指輪のサイズ直しってよく希望されるんですけど、稀に「5号大きくしてください。」とか「6号小さくしてください。」とか言われるんです。。。一体何があったというのか?と思うんですけど、違う指に着けたいとかの理由がほとんどなんです。

うちの場合、どんなブランドでも普通の指輪でも修理や加工も引き受けるんですが、実際は指輪を見てみない事には分からないというのが本音です。

そこである程度の目安が付くデザインがあります。例えば下の画像が普通の指輪だとします。上の部分にはダイヤが留まっていたりしたと仮定します。

サイズ直しは上下なん番まで可能なのか?

ダイヤモンドも宝石も何も入っていない指輪であれば、上下なん番までもサイズ直しが可能です。問題はダイヤモンドや宝石が留まっている場合です。

その場合の目安は、指輪の下半分に何も留まっていなければ可能です。

サイズ直しは上下なん番まで可能なのか?

こんな感じです。下半分にダイヤモンドが留まっている場合は、あとに書きます。リングの上に1個だけ宝石が留まっている場合も同じように上下なん番までもサイズ直しは可能です。

それでは上にいっぱい宝石が留まっている場合はどうすれば?

簡単にいえば、ダイヤモンドが一周留められているフルエタニティリングだと作り直し以外サイズ直しは出来ないんです。

問題は下半分は何も留まっていなくても、上にいっぱい宝石が留まっている場合のサイズ直しです。この場合上の部分は触る事が出来ません。大きくしたり小さくしたりすると地金がダイヤモンドを圧迫し、押し出されたり割れたりしてしまいます。だとすればどうすれば良いのか?

そんな場合は指輪の下半分だけを触ります。上はそのままの円のシルエットを維持し、下半分だけを大きくしたり小さくしたりします。

サイズ直しは上下なん番まで可能なのか?

サイズ直しは上下なん番まで可能なのか?

シルエットはおにぎり型だったり卵型だったりします。それでサイズ直しになるのか?って聞かれるんですが物理的に無理をしないでサイズ直しをするとこれしかありません。

真円じゃないと指が入らないのでは?

そう思う人も多いと思います。ボクも初めはそう思っていました。指輪のリングサイズを測るサイズ棒(下の画像)に指輪を入れても、指定したサイズのところには入らないのですから。

でも、指の構造を考えれば分かるんですが、指って「骨の上に肉が付き、皮が覆っている」って構造です。骨は硬く、肉と皮は柔らかい。

そう考えると、指輪の形がどうであれ指に入れると指の肉が広い部分に広がりしっかりと入るのです。サイズ棒や指輪の形と違い指自体は多少縮んだり広がったりするので、真円でなくても入るのです。

こうやってサイズ直しをしています。実は指輪のほとんどはどんな物を作るのしてもサイズ直しを前提にデザインされていて、下半分は何も留めないようにしているんですね。

大量生産品の安いエタニティーリングも地金部分が少しだけ残されていて、サイズ直しが出来るようになってます。その方がお客さんに売れやすいからという理由です。

さて、サイズ直しは上下なん番まで可能なのか

やっと本題。サイズ直しはどれくらいなら可能なのか?地金だけのシンプルな指輪の場合、なん番までも可能です。しかし、上に宝石が留まっている場合は下の部分しか触れないので大きくしても小さくしても上下3号くらいと考えた方が無難ですね。それ以上すると危険がつきまといますし、早かれ遅かれ問題が出てきます。

指輪の下部分に宝石が留まっている場合も基本は同じです。

指輪のサイズは1号あたり1ミリなので3ミリなら大丈夫なのでは?と思われがちですが、3ミリでも小さな指輪からするととても大きな物です。

ただ、どんな物にも例外があります。それ以上大きくしたり小さくしたりしたい場合でも職人さんと相談して大丈夫かどうかを相談したりしています。お客さんはあまりお金をかけたくないという希望がある限り、5号小さくしたいなどの希望にそって無理やりする事もあるんです。ボク達も人間なので出来れば安くしたいんですから。

うちで購入してくれた場合は最悪作り直しをしています。時間はかかりますが綺麗にしたいですし最後まで責任持ちたいですからね。

それでも出来る限り安く早く出来る事を考えます。思わぬ方法で出来る場合もあるし、そんな場合は凄く面白い(^^)

そんな訳で最終的には相談ですが、一応建前の上では宝石が留まっている場合は上下3号程度と考えていた方が良いかもしれませんね(^^)


ダイヤモンドに4Cはあるけど、カラーストーンはどうなんだ?

ダイヤモンドに4Cはあるけど、カラーストーンはどうなんだ?

ダイヤモンドは4Cがあります

指輪を購入する時って品質はとても気になりますよね。同じような価格でも品質を吟味しながら選びます。結婚指輪にしてもメレダイヤモンドの品質を聞いたりしますよね。しかし・・・

正直に言おう、結婚指輪に入っている小さなメレダイヤの品質なんてあてにならない。

お店で聞いたりすると「綺麗なダイヤモンドが入っていますよ。」なんて言うけど、ルーペで見ないとハッキリ分かりませんよ。ボクのようなプロでも分かりにくいです。
こういった物はルーペで色んな品質のダイヤモンドを見まくった経験がないと見分けがつかないんです。

その点、婚約指輪に使われるダイヤモンドは4Cを目安に選べるので比較的安心出来ますよね。そうではない場合もありますが、それはまた別の機会に。

ではカラーストーンは?

ダイヤモンドと違い、エメラルド・ルビー・サファイアなどの貴石やその他のカラーストーン(半貴石と呼ばれます)は、もちろん価格によって品質は変りますが良い色なのか悪い色なのか品質はどうなのかって凄い曖昧です。たまにお店の評価で「ABC」に分けたりしているところがありますが、誰がどうやって分けているのか個人的に疑問です。多少は大人の事情があるんじゃないかと思ってます(^^;)

ボクは卸業で働いていた時にはかなりの宝石を見ました。もちろんルーペで。その中でカラーストーンの品質を見分ける時は石屋さん(宝石の石だけを売る人)が来た時に、良い色から見ていきました。石屋さんもエメラルド専門であったりルビー・サファイア専門であったりいたので、本当に品質の良い石、色の良い石の事を知っています。だから、石屋さんから買う時も高い石から色々見せてもらって勉強させてもらいました。

その中でも、一番の頼りは自分の目です。良い色の中でも自分の一番好きな色目というのがあって、それを選んでから品質をルーペで見ていました。最終的には品質より色の好みで決まるんですけど、必ず石を自分の手の甲や指と指の間に乗せて見るようにしていました。

なぜかというと、指輪に加工すると指の上で宝石を見る事になります。だから、その上での見え方が指輪での見え方になります。それが一番良さそうな石を選びます。

恐らく大多数の方はオーダーメイドでもない限り宝石を石だけの状態で見る事は少ないでしょう。だから選ぶ時は指輪であれネックレスであれ必ず指に付けたり、身に着けたりして選ぶようにしてください。その方が色目は元より一番自分にあった物が選べるはずです。

必ず信頼出来るところで

カラーストーンはダイヤモンドと同じくらい高額な物もありますし、それ以上の場合もあります。だから、色々な知識を持っている信頼出来るところで買うようにして欲しいです。

ボクもエメラルド・ルビー・サファイア、そしてアレキサンドライトの婚約指輪のオーダーを受け付けていますが、ダイヤモンド以上に緊張して選んでます。
色目の好みというのは人それぞれですし、写真は加工が簡単に出来てしまうし、見ているパソコンやスマホで見え方は違うんです。ネットで見たらメチャメチャ綺麗なのに実際に届いたら・・・・・という事はよく聞きます。

そんな訳で、よっぽど信頼して任せてくれるお客さん以外は、実際に選んだ宝石を写真に撮って無加工でお客さんに見てもらってます。結局お客さんはプロに任すしかない訳ですが、任されると嬉しい半面、責任感がハンパない訳です。

ダイヤモンドと違い、カラーストーンは気を使いますね(^^;)

一目惚れは仕方ない

今までのお客さんには満足してもらっているので嬉しいですが、全く気を抜けません。もし、うちじゃなくても他で購入する方も絶対に信頼出来るところでの購入をオススメします。

しかし、一目惚れで購入した商品に関してはそれが運命なので、品質や色など気にせず購入すべきです(^^)


指輪を着けて海に入る時の注意

指輪を着けて海に入る時の注意

海やプールに行った時の疑問

この前プールに行った時にふと思った事があったんです。仕事柄、人が着けている指輪やネックレスなどのジュエリーをどうしても見てしまうんです。職業病というやつです。そこで、思った事は

「プールや海に指輪やジュエリーを着けてても大丈夫なのかな?」

って事でした。結婚指輪に代表されるような指輪は基本的に着けっぱなしが当たり前だと思うんですけど、指輪は大丈夫なのか考えてしまいました。

ちなみにボクは、あまり着けていませんが・・・プールや海に入る時は必ず外します。それは綺麗な状態にしておきたいから。という理由です。ジュエリーは綺麗な物なので綺麗にしておきたいからですね。

プールや海に行くのであれば外した方が良いのは当然です。

入った後の対策

まぁ、基本は外した方が良いんですが、長らく着けていると指から外れない方もいますし、外したくない方もいます。その場合はもう仕方ありません。家に帰った時に中性洗剤などで手を洗うくらいしか出来ません。それでもしないよりマシです。小さなキズなどは当然付きますが最終的に新品仕上げをすれば良いと思います。

塩素の入ったプールの水と塩水である海水だとやっぱり貴金属に言い訳ではありません。指から外せるという事であれば外して入るのはもちろん、家に帰ってから出来る事は中性洗剤などで綺麗にしてからティッシュで水分を拭き取るだけで完了です。簡単でしょ?宝石磨き布ならもっとベストです。

地金に対してより、本当に注意したい事

もし、地金の指輪であれば先ほどの対策で十分なんですが、本当に注意したいのは宝石が入った場合が一番恐いんです。いくら石留めをしていたとしても外れたりしますし、海で外れるとまず見つかりません。その方が恐いです。それに水に長い間浸かっていると指も細くなるので最悪落としてしまう場合もあります。

だから、外した方が良いという事なんです。ダイヤモンドが外れたりしたら泣きそうになりますよね。落としてしまったなんて誰にも言えませんよね。その場合は作り直ししか出来ませんから、旅行費用がぐんとアップします。。。そうならない為に外しましょう。

洗ってはいけない宝石もあります

海やプールに着けていく以前に、絶対に着けてはいけない宝石もあります。それは「エメラルド」「オパール」です。エメラルドは輝きを出す為にオイル処理を施していて水気に付けてはいけないし、洗剤で洗うなんて絶対にいけません。オパールに関しても水気が多いので洗剤で洗うのはご法度です。だから、ケースに入れて家で留守番をしてもらっていてください。


W-6000 クロコ調時計コレクションボックス

そういった予備知識を頭に入れて、大切なジュエリーを大事に使って欲しいですね(^^)


オーダーメイドで最高級のピアスをお届けしました

オーダーメイドで最高級のピアスをお届けしました

ピアスのオーダーメイドのお問い合わせ

オーダーメイドのピアスは結構あります。でも、実際に作るとなると10件中1〜2件くらいじゃないでしょうかね。理由としてはオーダーメイドはかなり高いんですけど、ピアスという比較的単価が低い商品なので、海外で1万円くらいで買ったピアスの片方を失くしたので作って欲しいとか、雑貨屋さんで買ったピアスの片方を・・・・・といった感じで、このパターンはすご〜く多いんです。

繰り返しますけど、オーダーメイドは高いんです。たった1つとは言え多くの職人さんが動くんですから。そういった理由で見積価格が想定より凄く高くてビックリされる事がほとんどなんです。もちろん成約には繋がりません。

どんな物を作るとしても数万円なんて軽くかかるし、それを作る為に神経すり減らしながら作るんです。だからオーダーメイドは高いんです。指輪と違いピアスのオーダーメイドは安く感じられがちなのです。

そんな中でのオーダーメイド例

そんな中3月にオーダーメイドの問い合わせを頂いた方なんですが、製作したいピアスの元の写真を頂き数回の打ち合わせの後に見積価格を出しました。その際に色々な希望を聞きながら見積もりを出しました。

  • プラチナで製作
  • ダイヤモンドを留める
  • 留める個数や留め方は左右別々
  • その他諸々

といった複数の希望を加味しながら出来るだけ要望に応えるように見積もりと一緒にデザイン画の提案をしました。

オーダーメイドで最高級のピアスをお届けしました

ある程度の提案をしながらの画像です。右と左ではダイヤモンドの爪や留める量など少しづつ変えてデザインしてみました。

当初想定していたピアスの重量やダイヤモンドの量など結構変わってしまったりしましたが、基本デザインは良さそうです。

その他にも価格を下げるために幅を補足したりダイヤモンドの量を変えたりしましたが、デザイン以外はしっくりきません。

最終的な見積もりは左右別々の価格を出す事にして、了承をもらい製作を開始。

まさかの失敗!!!

順調に製作は進んだものの、どちらにしても時間はかかります。そして加工は進んである程度区切りが付きそうな時に失敗・・・

ピアスの金具の加工で失敗・・・結構難しいんですよね・・・この時点で製作納期が過ぎそうだったので、お客さんに正直に連絡し新たに製作。

出来るだけ急いだものの、お客さんにも途中経過を連絡しつつ品質の低下は許せないのでしっかりと作りました。

これが途中経過なんですけど、これってお客さんが見たらどう思うんやろうって思うんですよね。全然綺麗じゃないし、これじゃ出来上がりが想像出来ないし心配の方が増えるんじゃないかと。。。本当であればあまり出したくないです。。。

とは言え、仕事が遅くなれば誠意を示すのが一番ですし、本当に作っているのかと疑われるのも嫌なのです。

とにかく出せる情報は出す!という気持ちで対応です。お客さんからは時間がかかっても良い物を作ってくれという言葉を頂いてホッとしました。

うちは最高の仕事をするしか生き残る道はないのです。

順調に製作が進み遂に完成

苦労の末に出来上がったのがこの星型ピアス!

オーダーメイドで最高級のピアスをお届けしました

出来上がりはピカピカでギラギラです。左右の石留めが違うというのがこのピアスの特徴です。基本デザインは同じなのにダイヤモンドの留め方でこんなに違うなんて、いつでも不思議な気持ちになります。

オーダーメイドで最高級のピアスをお届けしました

実はこのピアスの一番の特徴はピアスのデザインでもなく、このポストを留める金具部分です。ポストをキャッチに留める時に「カチッ」っとした感触と音がしっかりピアスを留めたと分かるんです。好きな人ならピアスを留めた時の感触と音を一日中楽しめます。その部分もしっかりとした地金を使いました。目指すのは高級車のドアのようなしっかりさです。

オーダーメイドで最高級のピアスをお届けしました

ケースに入れてみました。実際には反対に留める事になるんですけど雰囲気いいですね。これならどんなブランド物のジュエリーにも負けません。多少いかつさありますけどね(^^;)

オーダーメイドで最高級のピアスをお届けしました

ボクが知っている限りこのピアスをこんな風にカスタマイズして製作した方は初めてです。一度失敗をしましたが良いピアスを作った実感があります。

もちろん、納品まではビクビクのドキドキですが、この日記にこういった事を書いているという事は、お客さんからの感想も良かったという事です(^^)

しかし、これで終わりじゃありません。商品は届いて終わりじゃなくて後々のメンテナンスも受けるし、最後まで面倒見ます。これが始まりなんです。商品を一から製作し、最後まで作りお届けまでやってるという所は日本でもかなり少ない。だからうちで作ったら最後まで面倒見るようにしています。

今回は一度失敗し、作り直しはしましたが一度目よりはスムーズに作りましたし、良いピアスになりました。

遅れたのは本当に申し訳ないと思いますが、このピアスで取り戻せたんじゃないかと思います。本当に久しぶりに最高のピアスです。長い間着けて貰いたいですね(^^)


色んな石留めで個性が出る

1万円で婚約指輪!

全ては職人さん次第

ダイヤモンドの指輪には当然ながらダイヤモンドが石留めされているんですけど、この石留めって留める職人さんによって微妙に違います。

ダイヤモンドの爪が丸かったり鋭角だったりするんです。それだけで結構印象が違ったりするんですよね。

なかなか面白い

ずっと見ていると、これは誰々、あれは誰々とかあの流れを汲んだ留め方とか分かってきます。もちろん、指定した留め方も出来ますがそうじゃない場合は個性があって面白いんです(^^)

石留めだけでも楽しめます

ボクは基本的にどんなデザインでも良いんですが、留め方はこだわったりしています。量産が前提ならもう少し指定しますけど1つ1つの場合は個性を優先しています。

職人さんも楽しめるように

ずっと同じ物を作っていると飽きがくるかと思って、ある程度個性を楽しめるようにしたりしています。

作る側も楽しめないといけませんから、そういった所も見て下さい(^^)


iPhoneアクセサリーの開発

iPhoneアクセサリー

iPhone好きなので作ります

前々から書いていたんですがiPhoneアクセサリーを作りたいので検討段階とは言え作る方向で進めています。ひとまずバンパーであったりしますけど、上の写真のようなLightning端子のカバーであったり作ろうかと。。。

必ず作ります

そんな事言いながら次のiPhoneが出ちゃうじゃないか。と思うんですけどね。。。それでもiPhone好きなので自分用としても作ろうと思うのです。もちろんダイヤ入りで。ダイヤモンドに限らず他の宝石でも良いと思うんですよね。

作りながら楽しみたい

自分で考えながら作るのですけど、楽しみながら作っていきたいですし、仕事と言いつつ趣味の延長で細々とやっていこうと思ってます(^^)


指輪のサイズ直しやってます

指輪のサイズ直しやってます

何故か出来ないと思われてるけど出来ます

この前知り合いと話していて指輪のサイズ直しの事になったんですけどその会話の中で、

「え、サイズ直し出来るんですか?」

って聞かれました。そんな事を聞かれた事なかったんですけど、実はこう思っている人って多いそうなんです。

サイズ直しなんて出来るに決まってるじゃないですか!

どうして出来ると思わなかったのかが分からないんですけど、人が作ったんだから修正も当たり前に出来ます。正直めちゃくちゃビックリしました。

物理的にどうしても出来ない物もありますけど、ほとんどサイズ直しが可能な商品です。というより、サイズ直しをする事が前提に作られてます

そう、基本的にサイズ直しをする前提で作っている指輪がほとんどなんです。

ただ、1つだけ思い当たる節があるんですけど・・・

もしかして、路面店とかで断られたりするんじゃないか?

って事なんです。よくあるのは他社で作った指輪のサイズ直しなどの修理や加工は断られたりするってやつです。

これは凄く多いです。地金の問題とかは確かにあるんですけど、あまり他社の指輪は扱いたくないというのが本音じゃないのかと思います。そして、それに付随するもう1つの理由が、

苦労の割にはあまり儲からない

だと思いますよ。サイズ直しって基本的な仕事という事で料金が安くて3千円とか5千円とかになるんです。普段何十万円の商品を販売していると安くて嫌なんだと思います。個人的には間違っていると思うんですけどね・・・

で、うちなんですが宝石屋なのでサイズ直しは当然ながらやってます。しかし、運営しているネットショップでそれを紹介しているページがないんです。

という訳で、このページでもサイズ直しを受け付けます

多少条件があるので書いておきます。

  • 扱う地金は「プラチナ・ゴールド・ホワイトゴールド・ピンクゴールド」のみ
  • ちょっと高くなる時もあります。
  • どうしても無理な場合もあります。

そんな感じになります。宝石屋という事もあってシルバーは扱っていません。通常は3千円から5千円(税抜き)で出来る事がほとんどなんで、高くなる時はあまりありません。作り変えだったりすると高くなる場合もあったりします。

物理的な問題があったりして本当にまれに断る時があります。全周ダイヤモンドの指輪だと難しい場合があったり、著しく大きくしたり小さくしたりとデザインが変わっちゃう事もあるのです。

こんな感じですが、絶対に誤魔化したりしませんし、最高の仕事しますよ

仕事の価格がジュエリーとしては儲からないかも知れませんが、メチャメチャ綺麗に出来るのです。このピカピカになるのがボクは好きなので手抜きなんてしませんよ(^^)

凄く簡単ですけど下記が指輪のサイズ直しの申し込みフォームです。当然見積もり無料

[contact-form-7 404 "Not Found"]

無理かなって思う物でもシルバーであっても軽い気持ちで申し込んでみて下さい。驚くほど綺麗に出来ますよ(^^)