「 ツタンカーメン 」一覧

どうすれば1万4千円の婚約指輪を作れるのか? ←出来ました!(シルバー製だけど)

どうすれば1万4千円の婚約指輪を作れるのか?

この前、こんなニュースがありました。

1万4千円の婚約指輪を店員に笑われ……花嫁の返答が話題にというニュースでしたが、店員の言葉は絶対にダメ。ボク個人的にはそう思った事は一度もない。そして、そういった店員に返した言葉が、

「重要なのは指輪そのものじゃない。それを買う、という愛こそが大切なのよ」

これ最高。地金や宝石、デザインなんて超越してます。恐らくこういう方の旦那さんは、また密かにお金を貯めて新しい指輪を買ってくれるんじゃないかな。と思います。

ボクも結婚15年目に渡しましたけど、凄く喜んでくれました(^^)

うちの商品の場合、1万4千円の指輪はないんですけど相談されれば(特に電話で)、出来る限りの事はしたいと思いますよ。

ここからが本題で、どうすれば1万4千円の婚約指輪を作れるのか?

って事です。さっきも書きましたがうちにはその価格帯の指輪はありません。でも、敢えて作るとしたらどうすれば良いか考えてみました。

先に結論を書くと「作れます!」

まぁ、作ろうと思うと無理ではないですが、当然ながら色々と条件が付きます。それをまず書いていきましょう。

  • 地金はシルバーもしくはK18
  • ダイヤモンドは0.05カラット
  • 送料は別でお願いしたい!

といった3つの条件が必要ですね。おまけに・・・

18本以上作らないと赤字!

そう、赤字になります。そんなリスクは負いたくないとは思いますが試算ですからひとまず・・・

地金はシルバーもしくはK18で

本当はプラチナ900で作りたいです。でも、地金価格だけで1グラム5千円くらいするので今度は宝石が入らない。ダイヤモンド以外であれば要検討と言った次第。

シルバーであればもう少しデザインも出来るし重量はあまり関係ありません。だから、プラチナより比較的地金価格が安いK18。要するにゴールドかホワイトゴールドであれば1.5グラム程度は使えるのでまだマシかな。。。でも、期待は出来ないです。。。

今回作るとすると3DCADを使うとして初めの1本を作るとしてデザインと造形代金を含めると3万円はかかりますね。場合によってはそれ以上かかる時があります。

1本1本作る訳にはいかないので、鋳造といって型を使って作るんですが、その為には「ゴム型」を取ります。これで3千円から5千円ですね。

ダイヤモンドは0.05カラットくらいしか使えない

この指輪にダイヤモンドを使うという前提であれば0.1カラットは絶対に使えないです。直径3ミリくらいのダイヤモンドですが、普通の品質でも1万円くらいは軽くします。5千円とかでもなくはないけど、内包物とかカーボンとかあって全く綺麗じゃないです。それに3ミリの石を留めるにはそれ相応の地金が必要でそうなるとK18でも無理。

ただ、他の半貴石という宝石でダイヤモンド以外の誕生石であれば使えない事もないですが、アクアマリンとかの石の場合はある程度の大きさがないと色が本当であればスカイブルーなのに「透明」にしか見えないという事もあります。

もう1つオススメできない理由は、ダイヤモンド以外の宝石の場合は「厚みがあるので、その分地金を使ってしまう」って事です。1万4千円で販売しようとしたら地金が全てなんですよね。

送料別でお願いしたい!

これは本当にお願いしたい。

全国一律送料500円で良いからお願いしたい

大阪から北海道や沖縄に送ったら送料千円超すからそれだけで赤字になっちゃう・・・

平たく原価を出してみるとこんな感じ

  • 地金代:8,000円
  • ダイヤモンド代:4,000円
  • 原型代その他:36,000円

くらいの価格がかかります。かなり概算なので多少前後するんですけどね。初めの1本を作るだけで合計で4万8千円くらいです。2本めからは地金代とダイヤモンド代だけなので1万2千円で作る事が可能になります。これでは原型代の3万6千円は赤字のままなので19本目から利益が出始めます。ココらへんがオーダーメイドが高いという理由でもあります。

19本売れても利益2千円!

今の時代は商品や宝石の品質は別として、ビックリするほど安い指輪がありますけど大きな資本力を持つ会社じゃないと、1万4千円で販売するのは難しいのです。

うちのような家族だけとか1人だけでやっているような所が安く販売するとしても、売っても売ってもまだ赤字という所がほとんどなんですよね。大きな所が1つ商品を作って20店以上の販売先やチェーン店にばら撒けば黒字になるという感じです。

宝石屋さんて実は全然儲からないんです

それが、ボクの宝石の卸業をしない理由です。そんなに多く得意先もないし支払いも良くない(^^;)

それなら、「しっかりと1つ1つ商品を作って、本当に指輪を求めている人にお届けしている方が楽しい」

これがネットショップで宝石屋をしている理由ですね。色んなお客さんもいますし、利益は多くないけどやってて楽しい(^^)

結果、1万4千円で婚約指輪は作れるけど、利益は約20本売ってから・・・

やって出来ない事はない。でも、チェーン店とかじゃないと難しいですね。

今回の計算はかなり強引にしましたけど、元々あるデザインや在庫処分品などであれば用意できるかも知れないといったところが本音です(^^)

しかしながら1万円で作っちゃいました!

プロポーズ用婚約指輪・プロポーズリング

そうなんです。この記事を書いてから色々考えて試してみたんですが1万4千円を大きく下回る1万円で出来ました!

→1万円で作れる婚約指輪「プロポーズリング」です。地金はシルバー、石はキュービックジルコニアですが本当に1万円です!

基本的にはいつもの婚約指輪と同じなんですが、本当にこの指輪でプロポーズをする方がいらっしゃいます。初めは半信半疑だったんですがじっくりと売れ始め、今では多い時で20本から30本くらい売れています!メチャクチャびっくりしています。時代は変わりました。

結果、1万4千円で婚約指輪は作れます!

→ プロポーズ用婚約指輪・プロポーズリング

という事が判明していました。しかも胸張ってプロポーズしています(^^)

うちは指輪を作り続け、末代までお世話したいので値段は関係ないのです(^^)

本当に1万円ですよ(^^)


ツタンカーメンリング、売っちゃいます

ツタンカーメンの指輪を作ってみたら凄かった!

なかなか出せなかった理由

この前作ったツタンカーメンの指輪ですけど、作った物は凄く良かったんですけど、値段設定が難しかったんです。目の部分に入れる事が出来る宝石の設定とかですね。他にも考える事があったのでそういった諸々の事情もありました。

特に地金相場の問題が大きかった

指輪を作る上での1番の問題は「地金相場」なんです。相場だけにいきなり上がったり下がったりするし、世界情勢が変わると一気に変わっちゃいます。

例えば、金相場で言うとボクが宝石の仕事を始めた20年前は約1,000円前後でした。プラチナで1,800円くらいです。

それが911のテロを境に急に上がり始め、イラク戦争で再び上がり今では、20年前の4倍以上になってしまいました。プラチナも同じように高騰し、3,500円前後をウロウロしています。

話がちょっと逸れましたが、そういった地金価格の先を考えながら値段の設定をしたりしています。

目に入れる宝石はどれでも同じ価格です。

簡単なのは目に留める宝石なのです。基本的に全然大きくないのでどの石を使っても同じ価格に出来ます。指輪の価格における宝石の比率は実は大粒のダイヤモンド以外は大きくありません。

現在のところ、宝石の選択肢は「ダイヤモンド・エメラルド・ルビー・ブルーサファイア」くらいが適当なんじゃないかと思ってます。

個人的にはエメラルドが1番ですけど、ルビーも良いんじゃないかって思ってます。

ツタンカーメンの指輪はもうすぐ登場予定です

現在ページ作成中なので1週間くらいで公開予定です。クリスマスまでに納品する受注もある程度落ち着いてきたので、次に向けて頑張りますよ。

うちのような小さな宝石屋は、チョコマカ動いてなんぼですし、誰もが手がけていないような商品を作る事が仕事だと思ってます(^^)


ツタンカーメンの指輪を作ってみたら凄かった!

ツタンカーメンの指輪を作ってみたら凄かった!

趣味とは言え凄い指輪を作ってしまいました(^^;)

以前、「次に作る指輪はこれだ!」という日記を書きました。その時の指輪が出来ました!

ツタンカーメンの指輪を作ってみたら凄かった!

これがゴム型から取り出したワックスというもの。商品を作るのは仕事なんですけど、趣味も兼ねているんです。何かを作るのが大好きなので儲け度返しで作っちゃうんですよね(^^;)

そんな訳で出来上がってきた指輪がツタンカーメンリング!

ツタンカーメンの指輪を作ってみたら凄かった!

出来上がった指輪がこれ!神秘的な雰囲気のツタンカーメンリング。ワックスの時点ではイメージが沸かなかったけど出来上がってきたら良い感じに出来ました。

それを黒背景で撮ったところ、物凄くミステリアスな指輪に撮れてしまいました(^^;) 正直真正面から撮る時はエメラルドが留まったツタンカーメンの目と目が合うんですけど、これが何というか不思議な感覚になってしまいました。

1人で撮ってたし、ちょっと恐かったかも知れない。。。

撮った写真を見ながら黒背景は雰囲気が出過ぎたので、いつもの木目背景で撮ってみたら、これも良い感じにとれました。

ツタンカーメンの指輪を作ってみたら凄かった!

まぁ、いつもの感じです。カメラの写り込み以外は良く撮れてる(^^) 全然恐さは感じず至って普通に撮れました。こっちの気持ち次第なんですね(^^)

30年前に作った指輪が現代に蘇りました(^^)

実は30年前に作った指輪で、久しぶりにゴム型を見た時に思い出して面白そうやなぁと思って作ったんですが、すっごい良い指輪になりました。

ゴム型があればこういった事も可能なので、良い使い方ですよね。まだまだ実家にはこういったゴム型が多いのでまた作りたいと思ってます(^^)

価格はまだ未定だけど・・・

まだ値段は決めてないんですよね。目に留める宝石はどれでも大差ないのでエメラルドでもルビーでもダイヤモンドでも同じになると思うんですけど、18金で20万円は超えちゃうかなぁと。詳しい事は後から考えます(^^)

今のところ興味があれば問い合わせ下さい(^^)