「 デザイン 」一覧

婚約指輪のデザインはどういったデザインが良いのか?

婚約指輪のデザインはどういったデザインが良いのか?

う〜ん・・・これって結構言われるんですよね。個人的にはどんなデザインでも良いと思っているので、スカルリングなんかも用意している訳です。で、実際に購入もされています。

でも、多くの方の婚約指輪のデザインは「ティファニーセッティングの指輪」なんですよね。それについて否定するつもりはないんですけど、もう少し自由でいて欲しいなぁというのが本音なのです。

まぁ、実際に贈るとしたらボクも結構保守派なので、こんな指輪を贈っていますからね(^^;)
結論として婚約指輪のデザインは保守的なデザインが良いと思います。

その方が贈られる側も安心するでしょうしね。2人で分かっていて突飛なデザインを作っていれば別ですが、何も話していないで急にサプライズで大胆なデザインを贈られてもビックリするんじゃないかと思うんですよねぇ。当たり前ですけど。。。

何も話していないでサプライズや男性から贈る場合だとシンプルなデザインが良いんじゃないかと思われます(^^)


1カラットダイヤモンドにはどんなデザインが良いの?

1カラットダイヤモンドにはどんなデザインが良いの?

基本的にはお好みで

1カラットダイヤモンドリングに似合うデザインってどんなデザインなんでしょう。基本的にお好みで良いと思うんですが指輪単体で見ると言うよりは指に着けた方が良いと思うんですよね。

それに指輪のデザインって色々あって選ぶのに苦労するんですよ。。。お店に行くと物凄い数があるでしょう?あれで悩まない人はいないと思いますよ。

何でもそうなんですけど、買う前って色々考える事が出来て楽しいんですよ(^^)

実はデザインってあまり変わらない

でも、裏話を言うと宝石業界に20年いると分かるんですが、実はデザインってブランドジュエリーもそうなんですが、基本的にはあまり変わってないんです。

しかも、売れ筋のデザインはここ数十年同じだったりします。ティファニーもブルガリも4℃新作は登場していますが、基本はほとんど変わりません。

ここから分かる事は、基本デザインは何も変わっておらず、指に似合うデザインもそう変わらないって事ですよね。デザインは進歩しても人間の指の方は進歩しないんですよ。

その中でもシンプルな指輪のデザインは基本が6本爪のティファニーセッティングで、あとはアームのデザインを変えたりしているだけなんですよね。

6本爪をベースに

これさえ分かればダイヤモンドに似合うデザインも分かったと同然です。

一言で言えば6本爪で大丈夫です!思いっきり強く言ってしまいましたけど、誰が着けても似合うし誰が見ても似合うと思うデザインなんです。

書いていて思いましたが、ここに書いた事は別に1カラットに限定した事ではなかったですよね(^^;)それでも指輪選びの基本ではあります。まぁ、あまり気にせず読んでください(^^)

絶対に指に着ける事がオススメ

色々悩む事があると思うんです。でも絶対に指に着けた方が良いと思うし、そうすべきです。うちではサンプルレンタルサービスがありますが、買う買わないはどっちでも良いので試してみると面白いと思いますよ(^^)


問題を解決する為のデザイン

問題を解決する為のデザイン

やっと手直しが出来ました

少し前の日記に書きましたが、新しい甲丸リングと平打ちリングの新作の調整が終了し現在写真撮りです。

「デザインは見た目だけじゃなく、問題を解決する手段」

という言葉を聞いた事があります。その言葉通り、この指輪は問題を解決する為にデザインしました。
着けた指の左右の指にもぴったりフィットする実際の指輪の着け心地はやっぱり良いんです。

機能性を考えた指輪は久しぶり

ブリリアントジュエリーの中でも「極ブランドシリーズ」はデザインだけではなく着け心地も含めて機能性を考えた指輪なので、色々悩んでも「この中から選んだら間違いない」という絶対的な自信を持ってます。

問題を解決するデザインは格好良い

何かの問題を解決するデザインの場合、良いデザインになる事が多いんですがこれはシルエットだけでも意味が分かるし格好いい。それに実際に着けてもそのデザイン通りなんです。

もちろん、厚みも含め本当に良いと思うので、早く写真を撮って登場させますね(^^)


リングデザインの不思議

リングデザインの不思議

指輪だけで見ると良いデザインなのに・・・

指輪ってケースに入れられてる場合で見る時が多いですよね。ガラスケースに綺麗に入れられているイメージがあります。

で、指輪をケースから出してもらって手に取って見るんですが、この時は指輪の大きさのギャップにビックリしますね。

普通ガラスケースに入っている状態だと大きく見えるんですけど、実際に手に取ると手のひらの中に収まる大きさで「意外と」ビックリするんです。

そして、指に着けると・・・

次に指に入るかどうかを確かめますよね。そして指に着けます。そうすると、

あれ、思った感じと違う!?

ってなる時があるんです。指輪が意外と幅広だったり細かったり、着け心地が悪かったりと色々な事が一気に分かるんです。ボクも指輪を作っていて自分の指に着けた時に違和感を感じる時があります。凄い不思議なんですよね。

デザインは不思議の連続

頭の中で考えるデザインは指に着けた状態ではなく指輪だけを思い浮かべるんです。でも、実際に作ってみると何かが違う。思ったデザインじゃない。。。と感じる時が多いんです。

指輪を20年以上見てきたんですけど同じ失敗をしてしまいます。その度にやり直すんですがこれが物を作る工程の一つでやり直す度に新たな問題が出たり解決したり。

そのプロセスの中で指輪が作られていきます。本当に不思議の連続です。

本当は指に着けた場合のデザインを思い浮かべれば良いのに・・・

それが出来ればもっといいデザインが出来そうなもんなんですけどねぇ(^^;)

そういった事を防ぐ為に、実際に指に着けて試す事をオススメしています

指輪って名前なのでやっぱり指に着けてなんぼなんです。出来る限り指に着けて全体的な印象を感じて欲しいです。ブリリアントジュエリーでも婚約指輪のサンプルレンタル結婚指輪のサンプルレンタルも実施しているので、色々と試してみてくださいね(^^)