「 ハーフエタニティリング 」一覧

本当のエタニティリングとは。

本当のエタニティリングとは。

エタニティリングって色々なデザインがありますよね。うちもそうですがバリエーションが広すぎて簡単に絞れません。

最近ではあまりスタンダードなデザインは少なくなってきて、広い意味でのエタニティリングとされるデザインが多くなってきました。
でも、やっぱりスタンダードなデザインのエタニティリングは売れ続けています。

基本的にエタニティリングは全周にダイヤモンドが留まっているデザインとなるようですが、それが大きなダイヤモンドでも小さなダイヤモンドがいっぱい留まっているパヴェセッティングでも全周に留まっていればエタニティリングのようです。

ただ、全周ダイヤモンドが埋まっているとサイズ直しがとても難しかったり、普段使いが難しかったり指が痛いといった実用性に乏しいのでリングの下の部分のみ地金にしているハーフエタニティリングが主流になっています。

うちでは両方取り扱っていて売れ筋は爪がハートのエタニティリングですね。

これです。女性はこういったデザインを可愛いと思うようで結構指名買いが多いんです。これはハーフエタニティリングなので普段使いもしやすいですし価格的にもオススメしやすいです。お客さんの要望に応えて0.5カラット版1カラット版も登場しています。価格的には幅広いですしどれも細身なので雰囲気は可愛いです。この商品についてはこの日記に書いています。

しかし、ボクが良いと思っているエタニティリングは上の写真のデザインです。「一番お気に入りのハーフエタニティリング」ですね。

これが本当にお気に入り。シルバーサンプルで作って奥さんにプレゼントしたいくらい。(プラチナであげろよ・・・)

だってダイヤモンドは大粒で合計1カラットもあるし、ダイヤモンドグレードを最高級にしたりカラーストーンを入れたりカスタマイズが自由自在なんですよね。
それにハーフタイプなので指も痛くならないし存在感バチバチですから(^^)

ボクがそう言い続けているからなのか、たまにお問い合わせがあったり実際に売れたりします。お問い合わせからの方が安心するみたいでそこから購入してくれる方がほとんどなんですけどね。個人的にはこのデザインが一番エタニティリングらしいと思っています(^^)