「 ピアス屋さん 」一覧


梵字屋大規模リニューアル

梵字屋

大掛かりなリニューアルになってます

ピアス屋に続いて梵字屋も手直し中なんです。

思ったよりやる事多くて大規模な手直し。正確に言えばリニューアルに近い。ラインナップも整理するし、価格も改定。地金の種類も増やし新商品も登場予定。

地金の種類と言ってもシルバーが登場すします。シルバーでも宝石職人が作ると当たり前だけどジュエリー品質になって高級感が物凄い。そこそこ高いけど。。。

何故か面白いらしいです

この梵字屋はショップのラインナップの中で異色だけど、知り合いからは一番良いと言われる。理由は分からないけど面白いらしい。

最近ではチョコチョコ見る事も増えましたけど、宝石屋が手がけるという感じではないしアクセサリーとしての扱いは多いと思います。でも、さっきも書いたようにジュエリーとして作ってるので、綺麗さ豪華さでは他と比べ物にならないと思いますよ。

しっかり作っていきます

ピアス屋もそうですけど、梵字屋もかなりしっかり作っていきます(^^)


ピアス屋さんの手直し

ピアス屋さんの手直し

ピアス屋さんのサイトをレスポンシブ化

運営しているピアス屋さんなんですけど、パソコンでもスマホからでも簡単に見る事が出来るようにリニューアルをしました。レスポンシブ化とも言いますが、簡単に言えばボクが管理しやすくなったという事だけなんですけどね(^^;)

お客さんからすれば、今までパソコンとスマホでは違う画面で構成されてましたけど、これからはかなり似ていて見やすくなってるという感じですかね。

これから他のサイトもリニューアル

あくまで予定ですけど、甲丸屋平打ち屋梵字屋もリニューアルをする予定ですが甲丸屋平打ち屋はほとんど同じ構成なのでそんなに苦労しないと思いますけど、梵字屋に関しては手直しと値段改定や商品構成の一部変更など多岐に渡るので時間がかかりそうです。。。

ダイヤモンドの品質も表示しています

ダイヤモンドの品質に関しては凄い問い合わせがあって、どうしようかと思ってたんですけど、

ダイヤモンドの品質もカラーがGHカラー、クラリティがSIクラス、そして一番重要なカットは輝きが綺麗なGoodカットを基本に選んでいます。

といった感じです。実際には鑑別書も鑑定書も付けていません(希望があれば別料金ですが付けます)が、カットを重視して選んでいるので実際の見た目は綺麗ですよ(^^)

まだまだリニューアルしていきますよ

計画上はまだやりたい事ややらなければいけない事などいっぱいあるので、地道にリニューアルやアップデートを繰り返して作っていこうと思ってます(^^)


卸し売り

卸し売り

卸し売りはたまにしています

卸し売りは業者さんに商品を販売する事です。卸し売りは梵字屋が一番多いですかね。一度にまとめて商品を作ってくれるので、色々なところに販売してもらっています。

他にも甲丸屋平打ち屋にもあるんです。数は多くありませんが卸し売りは助かる事も多いです。

条件もあります

しかし、卸し売りもすぐに出来る訳ではなくて電話で話したりして「信頼」が出来るかどうかを感じます。ほとんどそれだけです。話していて気持ちの良い人は商売も大丈夫ですし、長続きします。要するに良い関係を築く事が出来るって事です。

ただね、業者さんの中には凄い上から目線の方もいます。こういう人とは話しても無駄なので、すぐにお断りです。

失礼な人には噛みつきます

業者さんの場合は、通常取引先が仕入先であったりするので、話し方を知らないのではないかと疑うくらいです。値段に関してもすぐに、

「随分高いですね。」「いくらくらいにしてもらえます?」

とか簡単に言うんです。そういう人は出来上がった物に関しても重箱の隅をつつくような発言が目立ちます。商品に対して愛がないんです。だから、

「高いなら他を当たればいいでしょう。」「他にないならなぜ高いと思うんです?」「他に頼めばもっと安く出来るでしょう?」「うちではお話できないので申し訳ありませんが・・・」

というしかありません。元々うちは安くないと言っています。それでも安くさせたいという理由で小言を言うんです。少しでも儲けたいんでしょう。それに比べてボクが営んでいるネットショップのお客さんはそんな事言いません。凄く綺麗だとか感動したとか、一生大事にします。とか言ってくれます。

そんな訳で、卸し売りをするにしてもお互いにとって気持ちのいい相手にしか販売しません。

もしご希望であれば卸し売りをします

卸し売りとしても人の繋がりなので値段じゃないと考えています。だからいつでも問い合わせを頂ければ良いですよ(^^)


メルカリに出品してみました。

メルカリに出品してみました

メルカリへの出品は簡単

近頃のニュースを見ていてメルカリの事も書いてありました。面白そうとは以前から思っていたんですが、どんな商品が合うのか想像がつかなかったので手を付けていなかったんですが、前にピアス屋さんで販売していたピアスの在庫があったのでちょっと出してみようかなと思い出品してみる事にしました。

出品はパソコンで出来るようになっていたのでとても簡単。すぐに出来ました。

見れるかどうか分かりませんが、商品は2つでとてもシンプルで簡単に出来ました。

売れるかどうかは分かりませんが様子を見てみます

とりあえず出品してみて同じカテゴリの商品を見回してみると全然価格帯が違いますねぇ。。。

売れないかも。。。

まぁ、それはそれでも仕方ないですが、出品に対する一通りの作業内容は分かりましたし勉強になりました。

受注生産に対応して欲しいなぁ

ボクが運営しているネットショップは全て注文依頼を受けてから製作をするという「受注生産品」なので、メルカリでもそういった対応をしてもらえればなぁと思ってます。

そうすると価格に関係なく販路を広げる事が可能になりそうな気もしますし、面白い展開になると思いますね(^^)


6本爪のスタッドピアスより良いピアスはこれだ!

3本爪のピアス

本当にオススメのピアスの爪の数

ピアス屋さんではスタッドピアスを扱っていて、基本的には6本の爪のピアスを中心にしています。

確かに6本爪のティファニー爪はとても綺麗で全体的なバランスもとても良いんです。誰が見ても綺麗と思うでしょう。

しかし、少し前から実際に耳に着けている人を観察すると、実は3本の爪のスタッドピアスの方がキレイなんじゃないかと思うようになりました。

3本爪ピアス最強説

ずっと6本爪のピアスを中心にしていても、実際には3本爪が1番キレイなんじゃないかと。その理由は3つあります。

  • とにかくシンプル
  • ダイヤモンドが大きく見える
  • 耳に着けてクルクル回っても常にデザインが出てる

まず、「とにかくシンプル」ですけど、6本爪もシンプルなんだけど爪が少ないほうが余計にシンプルなんです。出来れば爪は失くしたいくらいです。

次に「ダイヤモンドが大きく見える」って事ですが、爪が少ないようがダイヤモンドを覆う物が少なくなるので大きく見えるんです。一つ目の理由とかぶりますが爪がなければ余計に大きく見えるはずです。

最後に「耳に着けてクルクル回っても常にデザインが出てる」です。あまり意味が分からないと思いますが、ピアスって耳に着けていると回転しますよね。爪がなければ常にダイヤモンドそのものが見えます。2本とか4本だと縦横に回転した時に爪の位置が変わるのでデザインが変わったように見えます。それが利点でもあるんですが、3本の場合だと常に爪が三角形になるので、違うデザインに見える事がないんです。実際には正三角形や逆三角形に見える時がありますけど、基本3本だとダイヤモンド中心のデザインなんです。

2本だと何だか不安、4本以上になると爪が自分を出し始める。。。

3本だと自分を主張せずダイヤモンドが主役になるデザインって事。

個人差があるのはもちろんですが、ボクは3本がピアスとしてベストなんじゃないかと思います。

本当のスタッドピアスは3本爪がオススメ

ピアスをいっぱい作ってきて誰よりもスタッドピアスを目にしてきたボクとしては3本爪のスタッドピアスが1番シンプルでダイヤモンドを活かすんじゃないかと思うんですよね。

ピアス屋さんではまだ3本爪を主役にしていませんが、知る人ぞ知る3本爪のスタッドピアス。こちらのページでその3本爪のピアスを紹介してますよ(^^)