「 ブランド 」一覧

カルティエの婚約指輪も良いと思うな。

カルティエの婚約指輪も良いと思うな。

いつも色んなブランドジュエリーを実際に見てきたり、インターネットで見るようにしているんですが、ボクはティファニーよりはカルティエの方が好みなのです。というのは、ティファニーは男が見る分にはアッサリとしすぎていて、その点ではカルティエの方がボリューミーなデザインが多く見ていて楽しいからです(^^)

今日はその中でもプロが見て良いなと思われる指輪を紹介したいので書きました。

基本的にはシンプルなんですけど、ホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドの3色の地金にダイヤモンドを留めている比較的ゴージャスなモデルです。
デザイン的にも太い4本の爪がしっかりとダイヤモンドを留めているので視覚的にも安心できますよね。

それとリング裏側を見てみると3色それぞれの地金が1本化されていて地金同士がしっかりくっついていますよね。これは色は違えど基本は18金なので同じ温度で溶けるからくっつくんです。仮にプラチナとそれぞれの色のゴールドをくっつけようと思うとプラチナの溶ける温度は18金より高いので先に18金が溶けてしまうんですよね。

表側に目を向けると3色の地金それぞれが別々に処理されていて、その処理も綺麗にしてあります。
横から見るとダイヤモンドの部分も取って付けたように見えますがしっかりと爪を立ててあるので非常に安心できますね。

同じような物が出来るのかと職人さんに聞いてみると、

「出来る。昔からそういうのあったもん。でも、地金をプラチナと18金やったけどな。」

と言ってました。プラチナと18金の処理は出来るのか聞いたところ、

「そりゃ当たり前やん。企業秘密やけどな。まぁ、職人やったらほとんど知ってるんちゃうか。」

と。確かに記憶を思い返すとそういった指輪もネックレスもあったように思います。母が着けていたような。。。もう地金として溶かして使ったとか言ってましたけどね(笑)

でもまぁ、カルティエのトリニティシリーズはデザイン性や造り的にも凄い。プロが見ても良いなぁと思います。もちろん、ダイヤモンドの品質は教えてくれないと思いますけど、良い物を使っている事は間違いありません。ボクがルーペ持っていって見たら確実に怪しいし、お店から放り出されると思うのであくまで目視ですけどね(^^;)

プロが見て良い物だけど、素人さんが見て良い物とは限らないんですが、それだとプロの出る幕がありませんからそういった物をたまに紹介したいですね(^^)


婚約指輪のブランドで安い所は?

婚約指輪のブランドで安い所は?

最近では今までと違ってプラチナや18金以外の地金でも婚約指輪を作っていますよね。特に地金がメインの結婚指輪も他の地金が増えています。
そうすると、価格も下がったりしていて凄い安いなぁと感じる事も多くなりました。ボクは貴金属屋なのでプラチナやゴールドがメインでチタンなどの他の地金の事はあまり分かりませんけど、メンテナンスはどうしてるんやろう・・・

さて、話を戻してブランドで安い所ってどこなんでしょう。安いって部類がどれくらいなのか分からないんですが、日本で最も有名な結婚雑誌「ゼクシィ」で紹介されていたので見てみましょう。

~10万円未満の婚約指輪一覧ページです。~10万円未満の婚約指輪をブランド横断で検索できます。エンゲージリングをお探しの方へ、ゼクシィなら婚約指輪(エンゲージリング)の取り扱い店の情報が満載です。

一応、婚約指輪だと安めと思われる10万円以下の婚約指輪としました。それによるとガラOKACHIMACHIさんをはじめ、ガーデンさんなどが掲載されていました。

価格的にはだいたい¥99,800-くらいが多い感じですね。もっと安い値段になると6万円から7万円という感じでした。どれもプラチナやゴールドとダイヤモンドを使った商品ですから、うちもそうですがそれくらいが限界価格なんじゃないかと思うんですよねぇ。

まぁ、ダイヤモンドの大きさこそあれ限界はどこも同じだと思います。うちも10万円の婚約指輪はありますし、

浪速で働く宝石屋が運営する婚約指輪(エンゲージリング)、結婚指輪(マリッジリング)のインターネットで製造販売をしているお店「ブリリアントジュエリー」

5万円のものと、6万8千円の物があるくらいですね。

そう、これが限界くらいなんですが、それはあくまでプラチナやゴールドとダイヤモンドの組み合わせです。他のブランドだとどうなんだろうと思いますが他のページを見ても同じようなものでした。他の素材だとどうかと次は楽天市場を見る事にしましょう。

あまりなかったりするんですけど、5万円以下もチラホラありますね。ただ、デザインが婚約指輪とは違うような気がします。
次はプロポーズリングとして検索すると一気に安くなりますよ。

これだと1万円程度であったりしますし、実際にうちもプロポーズリングを出品しています。ただ、プラチナやゴールドにダイヤモンドという組み合わせではない事が多いですね。

そう考えると安さも限界があると思いますし、他の地金や石の組み合わせも考えないといけませんよねぇ。


ブランドの指輪

極ブランドの指輪

オリジナルブランド

ブリリアントジュエリーに新しくカテゴリーを作りました。「極(きわみ)ブランド」です。

ボクが1番こだわって作った指輪です。それは品質はもちろん、仕上げや着け心地など0.1ミリ単位でしていして作ってもらいました。

その中でも1番のこだわりは着け心地です。指輪はダイヤモンドが当然重要ですけど、長く着けるにあたってもう一つ最も重要な部分「着け心地」なんです。着け心地が悪いと安っぽく感じるし、せっかくの高額な指輪が台無しに感じます。
だから着け心地を1番大事にする為に地金をしっかり使ったりしています。

何度も着けたり外したりしたくなる

良い指輪の条件って着け心地だとボクは思っていて、その中でも何度も着けたり外したりしたくなる指輪です。

地金をしっかり使って指あたりを滑らかにした指輪って、「しっとり」という言葉がピッタリなくらいの感触です。

普段の指輪でそう感じる指輪は凄く少ないはずですし、どこのブランドに行ってもなかなかないんです。

1番こだわった指輪をブランドに

ブリリアントジュエリーの指輪はどれもこだわってますけど、値段に関係なく着け心地やその他の品質に1番こだわって作った商品に「極(きわみ)」というブランド名を付けて展開する事にしました。

宝石業界を20年経験し、ネットショップをユーザーに届け始めてから10年が経ちました。そんな宝石屋が作ったブランドの指輪です。

最高の着け心地に最高の品質、そして最高の指輪体験が出来る指輪が「極(きわみ)ブランドの指輪」なんですよ(^^)

極(きわみ)ブランドリング