「 メタルケース 」一覧

NuAns NEO [Reloaded]のメタルケースを作ってみました

約700通りのカスタマイズが個性を演出する、NuAnsのAndroid搭載スマートフォン「NuAns NEO (ニュアンス・ネオ・リローデッド)。

メタルケースが出来ました

実は去年このスマホが登場した時から欲しいと思っていたけど、Androidが登場するのを待っていたら今年登場したのでケースを作りたいと以前日記で書きました。

勢いそのままに作ってみたら、メチャクチャ苦労した。。。それでもかなり難しい。。。

艶消し加工の理由

艶消し加工にした理由は、シルバーで平らな地金を作ると「うねり」が出て波々な仕上がりにどうしてもなってしまうので、それを誤魔化す為に艶消し加工にした。それでもうねる。
上の方に着けるケースはその艶消し加工を違う加工にしてみた。「高級な和紙」をイメージした加工で分かりにくいけど凄い綺麗。

しかし・・・両方共重量はシルバーで80グラム前後と相当重い。加工賃も高いしスマホ本体より高くなる。昨日の日記にも書いたけどプラチナやゴールドで作ったらどうなるのか想像付かない(^^;)

欲しい人がいるのかどうか分かりません

欲しくなる人いるのかどうか。まぁ、そこは考えないでおこう。作りたかったという理由がメインだったし。手直しが必要とはいえここまで形に出来たし悪くなかったと思います。

作るのおもろいなぁ(^^)

オススメの仕上げ加工

この高級和紙のような仕上げで触り心地も気持ちいいです。意味なく触って使いそうです(^^)

NuAns NEO [Reloaded]のメタルケース

※続報その3


NuAns NEO [Reloaded]のメタルケース製作

NuAns NEO [Reloaded]のメタルケース製作

3Dデータを使用

この前書いたiPhone7より欲しいスマホなんですけど、ケースを製作しようと取り組んでます。まだ製作開始前の段階なんですけどね。。。

NuAns NEO [Reloaded]のページの下に3Dデータが配布されているので、それをダウンロードしてから、3Dプリンターで形にするんですけど見積もりを出したらメチャクチャ高かったので、ちょっとビックリしてしまって他の素材で作ろうかと思ってます。

結構面白い

調子に乗って他のも試してみたら結構面白くて全然進みませんでした(笑)で、データを出したのが下の画像。

NuAns NEO [Reloaded]のメタルケース製作

意外と安く作る事が出来るかも

実際に作らないと分かりませんけど、原型自体はそんなに費用はかからない感じです。
それをプラチナやゴールドで作るとなると高いですけど、シルバーで作れば悪くなさそうです。

シルバーは地金としてはそう高くないので、数万円レベルですけど作れそうな気もします。

ただ、メタルケースはキズが付いたりするんですが、それは味と考えて使用する方が愛着が湧きますよね。

もちろん、表面仕上げや宝石を埋め込んだりするのでその分は考えないといけませんけど、考えるだけでも楽しいです。

iPhoneケースは後回し

iPhoneケースは遅れているので、次に回しています。しかし、そのうちにiPhone7の後継機種が登場しそうなので、しばらく様子を見ないといけないですね。。。

NuAns NEO [Reloaded]のケースは早いうちに形にしたいですね(^^;)

※続報その1

※続報その2