「 メッキ 」一覧

シルバーリングを身に着けると青い型が付いてしまう。

シルバーリングを身に着けると青い型が付いてしまう。

先日楽天市場店で売れているシルバーリングなんですが、指に着けていると指に青い跡が付いてしまうというお問い合わせがありました。

シルバーリングは「メッキ」をしています。このメッキが曲者でシルバーリングにしっかりと付いてくれると良いんですが、薄く乗ってしまったりすると身につけると剥がれてしまう事があります。

そんな場合は磨き直してもう一度メッキをやり直す事になるんですが、これが問題でメッキの工程は、

地金に付いている皮脂を落とす
メッキ液に浸ける

という工程で皮脂を落とす工程が大切なんです。そうしてメッキ液に浸してメッキが出来るんです。それがメッキの工程なんですよね。
それでもメッキが剥がれる原因はもう一つあって、それはその指輪を着ける方の体質だったりします。

結構あるんですが、シルバー製品で肌のトラブルが多いのは夏なんです。なぜ夏なんでしょうか?それは汗の性質なんです。
汗は「酸性」でその酸性の汗がメッキを溶かす場合があるんです。

個人の体質の場合が多いので一概には言えませんが酸性が強い方の場合は、丸い真珠が楕円になるほどです。
そんな場合はコマ目な手入れが必要になります。

これはシルバーや金製品だと起こりやすいトラブルで、プラチナの場合は起こりにくい問題ではありますね。プラチナは低刺激というのは本当なんですよね。
個人的にはプラチナをおすすめしているんですが、シルバーの方が価格的にも良いと思うんでしょうね。。。


プラチナのジュエリーにもメッキはしているのか?

プラチナのジュエリーにもメッキはしているのか?

実はメッキをしています

よく思われるのはプラチナはメッキをしていないと思われる事があります。甲丸リングや平打ちリングのようなシンプルな物の場合はしていない場合もありますが、複雑な作りの物はメッキをしています。

その理由の1つは接続部分が多い事ですね。簡単に言えば溶接部分が増えるので、どうしても色の統一感が出ない。その為にメッキをしています。

メッキにも色々な種類があるんですが、ジュエリーの場合は基本的に「ロジウムメッキ」というメッキをしています。ジュエリーに関して言えば一番自然なメッキです。

安いシルバージュエリーにはニッケルメッキをしている場合が多いですが、ニッケルメッキはベトッとして不自然すぎるのでジュエリーには向いていません。明らかに違うのですぐに分かるくらいです。

メッキの手順

メッキって単純にしている訳ではなくて、一度綺麗に磨いて汚れを落とします。それから、指などの油分を落とす為に「脱脂液」につけるんです。これが臭い!鼻にツンとくるような感じで、メッキの時は咳き込む感じです。。。

このメッキ前の磨きと脱脂がちゃんと出来ていないと、メッキが乗らないので手を抜く訳にはいきません。

最後にメッキ液に浸けて完了です。メッキの厚みはミクロン単位なのでかなり薄いんですけど、それで十分です。

これで綺麗なジュエリーになります

メッキは金属にしか反応しないので、宝石類には付きませんし金属部分にメッキがしっかり乗るとジュエリーが余計に輝きます。

どんな工程も大事ですけど、見た目に関してはメッキが一番重要な部分にもなります。

新品仕上げサービスに関してもメッキはしっかりしていますし、違いがひと目で分かると思いますよ(^^)