「 ルビー 」一覧

9月の誕生石であるサファイアは青いのか?

9月の誕生石であるサファイアは青いのか?

9月の誕生石はサファイアってなっていますよね。ボクは9月生まれなので自分の誕生石でもあるのです。小さい時はあまり宝石の事は知りませんでしたがサファイアは好きでした。

なぜなら、ブルーが好きだったから。サファイアと言えばブルーサファイアというほど青い色ですよね。

しかしながら、大きくなるに連れて仕事場にいたりすると、サファイアも青色だけではなく他の色もある事を知る事になります。

ブルー以外にも、イエロー、グリーン、パープルなどかなりの色があります。また、シンハラ語で「蓮の花」を意味する色のパパラチアサファイアという色もあるんです。

そして、非常に紛らわしい色である「レッドサファイア」もあります。少し鋭い方であればこういった疑問があると思います。

「レッドサファイア?サファイアとルビーは同じ鉱石から出るはず。それなのにレッドサファイア?レッドであればルビーでは?」

と考えるでしょう。ではどうしてルビーと呼ばないのか?と思いますがそれについては、完璧な理由は分からないんです。同じコランダムから採れる石なのに・・・

でも、一説によると特に理由もなく赤い色をルビーと呼んでいたそうですが、珍しいサファイアとして「レッドサファイア」と呼ぶと希少性もあって高く売れると考えた業者があったとか。業界出身者であればありえるなぁと思います。

でも、ルビーとレッドサファイアの品質が同じであれば、ルビーの方が高く売れるのに理由としては弱いですよね。ボクも一度レッドサファイアを見た事がありますが、ルビーで良いんちゃう?といった思い出があります。

さて、話がそれましたが9月の誕生石のサファイアですが「信頼」「誠実」といった強い心の意味をもっています。それと同時に、その硬度の高さから「貞淑な愛」の象徴としてパートナーとの絆を強める石とも言われています。

基本的に9月の誕生石はブルーサファイアで考えても良いと思いますが、色々な色があると覚えておいても良いでしょうね(^^)


カラーストーンは奥が深い・・・深すぎる

カラーストーンは奥が深い・・・深すぎる

色の好みなどは個人差が大きい

カラーストーンの難しさは色の好みだと思います。エメラルドやルビーやサファイアなど、代表的なカラーストーンは一番綺麗とされる色はあるのですが、これは個人差があって本筋の綺麗な色でも好みじゃないという方もいるんです。

他のカラーストーンでも同じで個人差が大きいのですよ。これが原因でカラーストーンを扱わないところも多い。だからダイヤモンドが一番売りやすいんです。

でも、うちは基本的に宝石屋なので殆どの石は扱っています。ただ、パワーストーンと呼ばれるような石は好きじゃありません。科学的な証明がない要素は嫌いなのです。

だからパワーストーン以外の石であれば大概揃える事が可能です。それでも色の傾向や好みを含んで用意するのは大変なのです。

大変だけど楽しい

確かに色の好みなどを考えながら用意するのは大変です。

でも、それを含みながら用意し製作する過程が好きなのです。なんだかみんなで作り上げる感じでしょ?

これからも、時間をかけても綺麗なカラーストーンを扱っていきたいですね(^^)


ルビーのピジョンブラッドって何?

ルビーのピジョンブラッドって何?

ルビーでは一番良い色とされています

ピジョンブラッド。その意味は「鳩の血」という事です。このピジョンブラッドというのはルビーの一番良い色を指すのですが、個人的にこれには少し言いたい事があります。

ルビーの婚約指輪のお問い合わせで、「ピジョンブラッドのルビーを入れてください。」って言われるんです。なるほど、ピジョンブラッドですね。

確かにその色合いに関しては、卸業を含めた仕事の中で多くのルビーを見てきました。確かにピジョンブラッドと呼ばれるルビーもありました。

しかし、先ほども書いたようにピジョンブラッドは「鳩の血の色」と呼ばれる色なんです。

「鳩の血の色って見た事ある?採血の時の自分の血も恐くて見れないのに鳩の血なんて見れるかよ!」

って思ってしまいます。いや、確かに品質が良くて綺麗なルビーを使ってくれって言う意味は良く分かります。でも、これってお客さんが判断出来るのかなって思うんです。

ルビーの産地によってそれぞれ良い面と悪い面があります

ピジョンブラッドはミャンマー産のルビーに良く見られる石です。その他にタイやスリランカ、ベトナムなど色んな地域で産出され、それぞれの国によって色目の特徴があります。

どれも色目が違うってだけで綺麗なんです。タイは少し黒っぽく、スリランカやベトナムはピンクっぽいとかあります。特に色目は好みで分かれる事が多くって、ピジョンブラッドの色は好きじゃないって方もいるんですよね。個人的にボクはタイ産の少し黒っぽいルビーの色が好きなんです。

指輪やペンダントといった枠に留めると色目が変わります

それは、プラチナに留めた時にとても綺麗に見えるからなんです。ピジョンブラッドのルビーはプラチナに留めると少しピンクっぽく感じるんですよね。

だから、世間一般で言われるピジョンブラッドの多くは確かに綺麗なんです。ただ、枠に留めたり着ける人の肌の色でルビー本体の見え方が変わってくるという事なんですよ。

ここを何も考えず、「ピジョンブラッドですね。かしこまりました。」なんて言っちゃうと、出来上がった時に「あれ?色目が・・・」という事になります。これってお客さんの為になりませんよね。ましてや、ダイヤモンドの鑑定書のように「ピジョンブラッド」です。なんて書いてはくれませんしね。

鑑別書には「天然コランダム(ルビー)と認む」ってだけしか書いてくれません。

カラーストーンを購入する時は信頼出来る、または信頼出来そうな所で買って欲しい

知り合いには、お客さんもピジョンブラッドなら喜ぶし分からないんじゃないかって言われる事もあります。確かに分かります。

ただ、ボクは指輪なり、ペンダントなりジュエリーとして宝石と枠をセットして販売している以上、出来上がりを重視したい。と思ってます。ボクの場合はピジョンブラッドと言われたら、今書いたような事を話しています。

百貨店や路面店では入りにくいし買いにくい。だから、ネットショップで良さそうな物を選ぶ時代になったと思いますけど、だからこそ今まで以上に信頼出来そうな所に問い合わせをしてみるとかして、しっかりと答えてくれるところの方が良いと思いますよ。


ダイヤモンドに4Cはあるけど、カラーストーンはどうなんだ?

ダイヤモンドに4Cはあるけど、カラーストーンはどうなんだ?

ダイヤモンドは4Cがあります

指輪を購入する時って品質はとても気になりますよね。同じような価格でも品質を吟味しながら選びます。結婚指輪にしてもメレダイヤモンドの品質を聞いたりしますよね。しかし・・・

正直に言おう、結婚指輪に入っている小さなメレダイヤの品質なんてあてにならない。

お店で聞いたりすると「綺麗なダイヤモンドが入っていますよ。」なんて言うけど、ルーペで見ないとハッキリ分かりませんよ。ボクのようなプロでも分かりにくいです。
こういった物はルーペで色んな品質のダイヤモンドを見まくった経験がないと見分けがつかないんです。

その点、婚約指輪に使われるダイヤモンドは4Cを目安に選べるので比較的安心出来ますよね。そうではない場合もありますが、それはまた別の機会に。

ではカラーストーンは?

ダイヤモンドと違い、エメラルド・ルビー・サファイアなどの貴石やその他のカラーストーン(半貴石と呼ばれます)は、もちろん価格によって品質は変りますが良い色なのか悪い色なのか品質はどうなのかって凄い曖昧です。たまにお店の評価で「ABC」に分けたりしているところがありますが、誰がどうやって分けているのか個人的に疑問です。多少は大人の事情があるんじゃないかと思ってます(^^;)

ボクは卸業で働いていた時にはかなりの宝石を見ました。もちろんルーペで。その中でカラーストーンの品質を見分ける時は石屋さん(宝石の石だけを売る人)が来た時に、良い色から見ていきました。石屋さんもエメラルド専門であったりルビー・サファイア専門であったりいたので、本当に品質の良い石、色の良い石の事を知っています。だから、石屋さんから買う時も高い石から色々見せてもらって勉強させてもらいました。

その中でも、一番の頼りは自分の目です。良い色の中でも自分の一番好きな色目というのがあって、それを選んでから品質をルーペで見ていました。最終的には品質より色の好みで決まるんですけど、必ず石を自分の手の甲や指と指の間に乗せて見るようにしていました。

なぜかというと、指輪に加工すると指の上で宝石を見る事になります。だから、その上での見え方が指輪での見え方になります。それが一番良さそうな石を選びます。

恐らく大多数の方はオーダーメイドでもない限り宝石を石だけの状態で見る事は少ないでしょう。だから選ぶ時は指輪であれネックレスであれ必ず指に付けたり、身に着けたりして選ぶようにしてください。その方が色目は元より一番自分にあった物が選べるはずです。

必ず信頼出来るところで

カラーストーンはダイヤモンドと同じくらい高額な物もありますし、それ以上の場合もあります。だから、色々な知識を持っている信頼出来るところで買うようにして欲しいです。

ボクもエメラルド・ルビー・サファイア、そしてアレキサンドライトの婚約指輪のオーダーを受け付けていますが、ダイヤモンド以上に緊張して選んでます。
色目の好みというのは人それぞれですし、写真は加工が簡単に出来てしまうし、見ているパソコンやスマホで見え方は違うんです。ネットで見たらメチャメチャ綺麗なのに実際に届いたら・・・・・という事はよく聞きます。

そんな訳で、よっぽど信頼して任せてくれるお客さん以外は、実際に選んだ宝石を写真に撮って無加工でお客さんに見てもらってます。結局お客さんはプロに任すしかない訳ですが、任されると嬉しい半面、責任感がハンパない訳です。

ダイヤモンドと違い、カラーストーンは気を使いますね(^^;)

一目惚れは仕方ない

今までのお客さんには満足してもらっているので嬉しいですが、全く気を抜けません。もし、うちじゃなくても他で購入する方も絶対に信頼出来るところでの購入をオススメします。

しかし、一目惚れで購入した商品に関してはそれが運命なので、品質や色など気にせず購入すべきです(^^)


結婚指輪の新品仕上げ

結婚指輪の新品仕上げ

毎年綺麗にしています

そろそろ結婚記念日も近づいてきたので、毎年恒例の新品仕上げをしようかと思ってます。

実は結婚指輪も含めて装飾品の類は全く身に着けないので、指輪は綺麗なまま。

それでも、毎年新品仕上げをやっているのは、少しでも綺麗な状態で保ちたいという職権乱用というやつ。

もう15年以上経つので、奥さんにはもうそんな事しないで良いと言われながらも、そうしないと気持ち悪いので今年もやります(^^)

で、今週末は結婚記念日

大阪の今週末は結婚記念日なのにあいにくの雨らしいのです。そう言えば、結婚式当日も晴れてはいたが降りそうな微妙な天気だった。写真を見返してみると写真では快晴のように見えました。

いつもは結婚式を挙げたホテルでご飯を食べるけど、ここ数年はユニバーサル・スタジオに隣接するホテルのバイキングで食べる事になってるんです。

結婚式を挙げたホテルも近いと言えば近いので、まぁ良しとしてます(^^)

週末は雨という予報なので、バイキングも含めユニバーサル・スタジオに行くのをどうしようか検討中なのです。

晴れる事を祈ろう(^^)

ちなみにボクたちの結婚指輪はなかなか好評で販売してるんです

結婚指輪は実はものすごく簡単に考えたのに、作って欲しいという方が多いので製品化してます。

ダイヤモンドを留めてるんですが、他の宝石でも作っていて、ルビー・サファイア・アクアマリン・アレキサンドライト・エメラルドといった有名な宝石をオーダーで留めてるので、気軽に聞いてください(^^)

結婚指輪の新品仕上げ


ツタンカーメンリング、売っちゃいます

ツタンカーメンの指輪を作ってみたら凄かった!

なかなか出せなかった理由

この前作ったツタンカーメンの指輪ですけど、作った物は凄く良かったんですけど、値段設定が難しかったんです。目の部分に入れる事が出来る宝石の設定とかですね。他にも考える事があったのでそういった諸々の事情もありました。

特に地金相場の問題が大きかった

指輪を作る上での1番の問題は「地金相場」なんです。相場だけにいきなり上がったり下がったりするし、世界情勢が変わると一気に変わっちゃいます。

例えば、金相場で言うとボクが宝石の仕事を始めた20年前は約1,000円前後でした。プラチナで1,800円くらいです。

それが911のテロを境に急に上がり始め、イラク戦争で再び上がり今では、20年前の4倍以上になってしまいました。プラチナも同じように高騰し、3,500円前後をウロウロしています。

話がちょっと逸れましたが、そういった地金価格の先を考えながら値段の設定をしたりしています。

目に入れる宝石はどれでも同じ価格です。

簡単なのは目に留める宝石なのです。基本的に全然大きくないのでどの石を使っても同じ価格に出来ます。指輪の価格における宝石の比率は実は大粒のダイヤモンド以外は大きくありません。

現在のところ、宝石の選択肢は「ダイヤモンド・エメラルド・ルビー・ブルーサファイア」くらいが適当なんじゃないかと思ってます。

個人的にはエメラルドが1番ですけど、ルビーも良いんじゃないかって思ってます。

ツタンカーメンの指輪はもうすぐ登場予定です

現在ページ作成中なので1週間くらいで公開予定です。クリスマスまでに納品する受注もある程度落ち着いてきたので、次に向けて頑張りますよ。

うちのような小さな宝石屋は、チョコマカ動いてなんぼですし、誰もが手がけていないような商品を作る事が仕事だと思ってます(^^)


ツタンカーメンの指輪を作ってみたら凄かった!

ツタンカーメンの指輪を作ってみたら凄かった!

趣味とは言え凄い指輪を作ってしまいました(^^;)

以前、「次に作る指輪はこれだ!」という日記を書きました。その時の指輪が出来ました!

ツタンカーメンの指輪を作ってみたら凄かった!

これがゴム型から取り出したワックスというもの。商品を作るのは仕事なんですけど、趣味も兼ねているんです。何かを作るのが大好きなので儲け度返しで作っちゃうんですよね(^^;)

そんな訳で出来上がってきた指輪がツタンカーメンリング!

ツタンカーメンの指輪を作ってみたら凄かった!

出来上がった指輪がこれ!神秘的な雰囲気のツタンカーメンリング。ワックスの時点ではイメージが沸かなかったけど出来上がってきたら良い感じに出来ました。

それを黒背景で撮ったところ、物凄くミステリアスな指輪に撮れてしまいました(^^;) 正直真正面から撮る時はエメラルドが留まったツタンカーメンの目と目が合うんですけど、これが何というか不思議な感覚になってしまいました。

1人で撮ってたし、ちょっと恐かったかも知れない。。。

撮った写真を見ながら黒背景は雰囲気が出過ぎたので、いつもの木目背景で撮ってみたら、これも良い感じにとれました。

ツタンカーメンの指輪を作ってみたら凄かった!

まぁ、いつもの感じです。カメラの写り込み以外は良く撮れてる(^^) 全然恐さは感じず至って普通に撮れました。こっちの気持ち次第なんですね(^^)

30年前に作った指輪が現代に蘇りました(^^)

実は30年前に作った指輪で、久しぶりにゴム型を見た時に思い出して面白そうやなぁと思って作ったんですが、すっごい良い指輪になりました。

ゴム型があればこういった事も可能なので、良い使い方ですよね。まだまだ実家にはこういったゴム型が多いのでまた作りたいと思ってます(^^)

価格はまだ未定だけど・・・

まだ値段は決めてないんですよね。目に留める宝石はどれでも大差ないのでエメラルドでもルビーでもダイヤモンドでも同じになると思うんですけど、18金で20万円は超えちゃうかなぁと。詳しい事は後から考えます(^^)

今のところ興味があれば問い合わせ下さい(^^)