「 婚約指輪 」一覧

ここまで高級で豪華な婚約指輪はなかなか作れない。。。作りました!

ここまで高級で豪華な指輪はなかなか作れない。。。作りました!

遂に作りました。先日ゴージャスな指輪を作っていきたいと考えていた時から作り始めた指輪です。

単純に「いかつい」だけと言われましたけど、そんな単純な指輪ではありませんよ。

埋め込まれたダイヤは「ダイヤモンドの石畳」のように留められていますし、「キラキラ」「ギラギラ」だけではなくて「品」がありますから(^^)

価格は100万円ですが、この指輪を作るためにどれだけの職人さんの仕事や手が込んでいるのかという価値をどれだけ感じる事が出来るかが分かれ目ですね。個人的にサンプルを作りましたが、誰が付けても格好いいです(^^)

  • ここまで高級で豪華な指輪はなかなか作れない。。。作りました!


新型エンゲージリングの登場

新型エンゲージリングの登場

新しい婚約指輪「どの指輪のデザインとも違う、6本爪ティファニーセッティングタイプの婚約指輪」

しばらく作っていた新しい婚約指輪が出来ました。→ 「どの指輪のデザインとも違う、6本爪ティファニーセッティングタイプの婚約指輪」

詳しくは商品説明を見て頂くとして、一番悩んだのは実は・・・「指輪の名前」でした。

名前って簡単にした方が良いと思うんですけど、品番だけだと味気がなさ過ぎるし余計に考えるのが難しいんです。だからいつもは見たままのデザインの名前を付けているんですけど、今回はアームデザインが違うというだけで、悪く言えば大きな特徴がなかった事が原因です。だからといってありきたりな指輪という訳じゃないんですけどね。

指輪としてはシンプルなデザインですから好きな指輪です。毎日眺めていますが定番の「6本爪ティファニーセッティングタイプの婚約指輪」より好きかも知れません。

デザインがよく分かるのは1カラット版の方だと思うんですけど、0.3カラットでも良いと思います。


新型のデザインの婚約指輪が出来ました。

新型の婚約指輪が出来ました。

これメチャクチャ格好良い。少し太くてシャープなアームデザインとティファニーセッティングの6本爪といったデザインです。

今までの定番のリングとデザインの素晴らしさは双璧を成すな(^^)

婚約指輪といえばこのデザインと言われるほど有名なティファニーセッティングの指輪です。6本爪と言えばティファニーセッティングであり、婚約指輪として初めにイメージするのがこのティファニーセッティングです。…

値付けは別として久しぶりにシンプルデザインの凄さを見せつけられたなぁ。商品アップが楽しみな指輪(^^)


プロポーズリング屋さん

1カラットのティファニーセッティングの婚約指輪

シルバーとキュービックジルコニアという組み合わせで作った婚約指輪を販売する「プロポーズリング屋さん」を作りました。

ブリリアントジュエリーで販売している「プロポーズリング」なんですが、これはシルバーにキュービックジルコニアという組み合わせでブリリアントジュエリーを見る方とは層が違うという事で店舗を独立して運営しようかと思って作りました。まだ製作中ですがシンプルになっています。

誰が見ても選びやすく見やすいページになっています。ブリリアントジュエリーは当初と比べて肥大化してしまいターゲットを絞れていないようになってきたので、こういう形でショッピングカートのみを利用しながら別店舗で展開しようと思ってます。「金のうんこ」であったり「宝石磨き布」であったりと言った感じですね。

ショッピングカートだけを使うというのはこんな感じですね。

かなり簡単な感じですけど、運営する側からすると展開はしやすいしシンプルで見やすいと思うんですよね。楽天市場やヤフーショッピングでも展開していますが、こういった展開も必要な時代になりました(^^;)

→ プロポーズリング屋さんへ


どこにもない最高の物を作るって書くのは簡単でも恐ろしく大変。。。

結婚指輪はプラチナが良いの?

うちで購入してくれる方はかなりこだわり派。なぜ分かるかといえば、やりとりするメールの中で必ず、

「色々なショップを見たけど、どこにも納得出来る指輪がなくて、やっとたどり着いた。」

とこんな感じで書いてくれる。何故か定型文のように絶対に書いてくれてる。どこにもない最高の物を作るのは凄い気力がいるしハードル上がるなぁとか思いつつ、最高の物を作ってやろうじゃないか!と思う訳だ。今までもその期待に応えてきた自負はある。

ブランドジュエリーに負けない為に自分の商品にも「極ブランド」というブランド名を付けて用意している。そして、そのブランド商品の問い合わせが少ないながらもちゃんとある。少しは実を結んで来たと思う。

楽天やヤフーショッピングのようなモールと違い、路面店という感じの独自店舗は集客が難しいだけに受注には繋がりにくく毎日開店休業状態かと胃が痛くなる時も多いけど、

「誰かが見てくれている。」

そう感じると少しは救われる気分になる(^^)
さぁ、また頑張ろうじゃないか。


選べる楽しさを提供する為、プロポーズ用婚約指輪の追加を計画しています。

プロポーズ用リングの追加

選べる楽しさを提供

楽天市場店でよく出ている「プロポーズ用婚約指輪」ですけど、種類が6種類なのです。シンプルな一粒タイプでバリエーションが少ないのです。

少ないから選びやすいのか、多いと選びにくいのかという問題は昔からあるのですが、本店と違って楽天市場店では「選べる楽しさ」が重要だと。

何も選べる楽しさは楽天市場店だけではないと思うのですが、選べるという行為は気軽に買える楽しさでもあるのだそうです。

そんな訳でもう少し種類を増やす計画を

個人的にも少ないかなと思っていたので、増やすとしても何を増やすのかという事を考えなければいけませんでした。

同じような価格帯や、同じようなデザインは今用意すべき理由もありません。となるとサイドストーンがある少し豪華な指輪が良いよなぁと自分の指輪を見ながら考えました。それが上の画像のデザインかと。出来れば3種類くらいあればと考えてます。

価格についてはさすがに同じとはいきません。単純に石代や石留め代金も増えますしね。価格に見合った内容にしないといけないので色々考えています。

選ぶ楽しみと同時に簡単に選べるという事も重視したい

他のデザインも考えたりしていますし、考える事がいっぱいなんですがボクがモットーとしているのはシンプル。選べる楽しさと同時に、「簡単に選べる」という事を考えているのです。

買う時に長く悩むのは嫌だと思いますし、悩みすぎると「やめた!」となりますからね(^^)

追記:少しづつですが全体的なリニューアルも兼ねて商品の追加を始めました

まだ1点しか始めていませんが、カテゴリー全体のリニューアルも兼ねて商品の追加を始めました。価格も少しだけ買えていきながらやっています。

こちらのページからプロポーズリングを見ることが出来ますよ(^^)


シルバーで製作した婚約指輪と結婚指輪のセット。そして、結婚指輪(ペアリング)の販売を開始しています。

シルバーの婚約指輪と結婚指輪のセット販売

この前の日記で書いた件で、しばらく悩んだんですが販売する事にしました。やっぱり欲しい人が多いみたいです。実はこのセットは本店ではほとんど見向きもされません。楽天市場店とヤフー店での問い合わせが多いんです。

そのくせ、楽天ではまだシルバーのペアリングは間に合っていないんですけどね(^^;)

実は客層が随分違うのです

ショッピングモールで展開する楽天とヤフーは、とにかく安さを求める人が多いんです。だから1万円の婚約指輪の販売が凄く多いです。対して本店はインターネット上ではあるけどショッピングモールには入っていない路面店のような形になっているので、なかなか見付けられないけどこだわる人に好かれる事が多いです。単価も段違いです。

というように、同じ店構えでも客層がかなり違うので競合する事があまりありません。

さて本題

そんな訳でシルバーで製作した婚約指輪と結婚指輪のセット。それから結婚指輪(ペアリング)の販売を開始しました。

まずは、婚約指輪と結婚指輪のセッ

そして、結婚指輪(ペアリング)の販売ページ

という感じですね。結構楽しく作れて良かったです。注文がくると面白いなぁと思いながらゆっくり待ちます。それよりもヤフーと楽天に出すようにしないといけないですね(^^;)


婚約指輪と結婚指輪のセット販売を検討

婚約指輪と結婚指輪のセット販売

セットの販売はアリなのかどうか

婚約指輪と結婚指輪の3本をセットで販売するといった試みを考えています。

これに関しては今さらどこのお店でもやっている事なんですけど、それを今販売しているシルバーのプロポーズリングでも展開したいなって思ってるんです。

シルバーのリングで展開

実はシルバーで1本1万円の指輪を作って2本で結婚指輪とかペアリングとして販売する予定があります。これもよくある事なんですけど、プロポーズリングと組み合わせて展開している所はそんな見ないような気がします。

プラチナの指輪ではお得感を出したい

もちろん、通常のプラチナの指輪の組み合わせも考えていますし、プラチナに関しては価格的にも少しお得にしたいとも思ってます。

やっぱりプラチナはどうしても高価ですからね(^^)

今年からしばらくはちゃんとしたジュエリーを

去年はちゃんとしたジュエリー以外の展開が多かったし、今年は宝石屋としてしっかりジュエリーでの展開をしていきたいと考えているんです(^^;)

やっぱりジュエリーって面白いし、ボクは指輪が好きなんで面白いデザインの指輪があればまた作りたいなぁと思ってます(^^)


エンゲージリングランキングのトップ10位内に入ってるけど全然売れてねーぞ!

エンゲージリングランキングのトップ10位内に入ってるけど全然売れてねーぞ!

いつの間にかランクイン

そうなんです、うちが運営しているヤフーショッピング店の商品が、ヤフーショッピングのエンゲージリングランキングトップ19(なぜ19なのか謎)のうちに2本もランクインしているのです。全然知らなかったしビックリ。そもそもがランキングなんてあるのかぁ・・・くらいで初めて見たのです。6位7位でした。

エンゲージリングランキングのトップ10位内に入ってるけど全然売れてねーぞ!

それはそれは喜ばしい事かも知れません。数あるヤフーショッピングのお店の中で(調べてみるとヤフーショッピング全体で34万店!もある)、うちの商品が2本もランキング入りしているんだから。

でも、嬉しい驚きではなく単純にびっくりした理由は、

3本くらいしか売れていないのにランキングしてるって事!

たった3本。。。売上としては3万円。ポイント使われるともう少し額は下がってしまいます。これでランキング入りしてるってどーゆーこと?!

これで喜ばしい訳がない

うちはヤフーショッピング店の他に本店である自社サイトと楽天市場店があったりするので、各店舗合計すると10本くらいは売れているかも知れません。でも、これでは喜べませんよね。

楽天市場店はもう少し本数は出ています。しかし手数料などを考えると実際はヤフーショッピング店と同じくらいになります。本店に関しては1万円の指輪はあまり求められておらず、10万円から上のクラスが売れ筋になっています。

実は楽天市場店もランキング入りした事が何度かありました。その時はこの指輪がランキングでトップでした。その時もそうなのかぁ・・・という気持ちだった事を覚えています。

売れている事に関して全く嫌な気持ちはなく、むしろ嬉しいんです。でも、売れているといわれる楽天でさえ、通常は1万円の指輪でもランキング入りしている事があるんです。

当たり前ですけどプラチナやダイヤモンドを使った婚約指輪は高価ですからどんな物でも嬉しいんです。ただ、ランキングに入ってるって事はもっと売れているんじゃないかって思っていたので違和感があった訳なんですよね。

しっかりした物をお届けしたい

やっぱりブライダルジュエリー専門店としては、価格に関わらずしっかりとした物をお届けしたいなぁと常に思っています。(金のうんことか売ってるクセに・・・)そんな簡単なもんじゃないって事は分かっていますけど、苦労してでも良い物を作りたいですしね。

まぁ、ランキングに入っている事すら知らなかった訳なので今回は上位に入っているモデルをしっかり研究したいと思います(^^)


久しぶりに新しいデザインの婚約指輪が出来ました。今回は製作過程など裏話も書いてます。「左右のダイヤモンドの形が違う、ちょっと珍しい婚約指輪」

左右のダイヤモンドの形が違う、ちょっと珍しい婚約指輪

久しぶりに新しい婚約指輪が出来ました。恐らく1年以上ぶり

去年の暮れから製作に着手していた婚約指輪が出来ました。そして、今回は3Dプリンターで試作をするという新しい作り方です。3Dプリンターでの製作はあったんですが積極的には使いませんでした。

ただ、凄い興味があったのでしっかりと作りたかったんですよねぇ。だから、しっかり時間をかけて作りましたよ(^^)

元々は知人の指輪のデザインから始まりました

詳しくはこの商品ページを見てもらえば分かりますが、それを元に少し変更しながら作りました。

どちらが良いという問題ではなく、良い指輪になったと思います。

左右のダイヤモンドの形が違います

見てもらえば分かりますけど、左右のダイヤモンドの形が違っていて非常に珍しいです。バランス取るのも難しいですからね。

ただ、それが1番のウリでありますし1番目立つ部分です。凄い格好良いし美しい。

価格的にも求めやすい

作って分かったんですけど、意外と価格を抑えて作れるので1番下のグレードのダイヤモンドでも¥175,000-となっています。

写真を撮り、商品ページを作ったら動画作成をしたりして手が込んでいます。ただ、面白いのが商品説明がほとんど商品について触れられる事がなく、製作工程を見せただけというところが面白いんですよね(^^)


購入して頂いた婚約指輪や結婚指輪の新品仕上げ依頼時に、実はリングケースまで新品に交換しています

購入して頂いた婚約指輪や結婚指輪の新品仕上げ依頼時に、実はケースまで新品に交換しています

もう10年以上になります

ネットショップを作って10年ほど経つけど、婚約指輪や結婚指輪を始めて購入してもらって、もうそんなに経つのかぁと思う事があります。感無量ですね。
年々お客さんが増えてきて、購入してもらった指輪の新品仕上げを頼まれる件数も増えてきたって事も実感しています。

写真は去年購入してくれたお客さんで、たった1年でもこんなに汚れてしまう。そんな訳で年に1回の新品仕上げを推奨していて、ちょうど1年経ったタイミングでの依頼。
写真を撮った時のタイミングや角度が違うので多少は違うけど、綺麗になったのは分かると思います。刻印なども消えかかっていれば当然ながら入れ直してます。

実はもう1つ変わっている物があります

そして実はもう1つ変わった事があって、それはケースも新品に交換しているんです。

これはわざわざお客さんには言ってなかったけど、ケースも年数が経つと黄ばんできたり汚れてしまったりするので、ボクにはそれが許せない(笑)
だから、新品仕上げをした後は必ず新品のケースに入れ直して届けてる。その方がお客さんも気づけば嬉しいし、ボクとしても「一仕事終えたな。」という気分にもなります(^^)

お客さんの気持ちもあるけど、ボクの精神安定にも繋がる仕事です(笑)

料金について

料金は初めの1回目はどんなに時間が経過しようが無料で、ケース交換なんてもちろん無料。2回目からは1本あたり3千円だけど結婚指輪は2本なので、それは5千円でお願いしてる。送料も貰ってないけど、この仕上げは繋がり重視って事で当たり前と言えば当たり前ですよね。指輪高いのにって思いますし。

1年に1回でも話が聞ければ嬉しいし、大事に使ってくれてるなぁってまた嬉しくなりますよ(^^)


ペンダント作りより指輪作りの方が楽しい理由

ペンダント作りより指輪作りの方が楽しい理由

アレキサンドライトの人気のデザイン

このアレキサンドライトの指輪のデザインはいつまでも人気が高いんです。おまけに大きくはないけど、このカットはアレキサンドライトがかなり綺麗に見えます。

と言うのも、大きくて楕円の石を四角にカットする訳なので、当然ながら歩留まりが悪く、キズも内包物もない高品質な石しかカットできないからなんです。

そんな訳でこんな感じのシンプルなデザインに落とし込みます。左右のダイヤモンドがないと寂しいし、センターの石が活きてこないですからね。

このデザインでのバリエーションがあります

このデザインとこのカットの指輪は他に、エメラルド、ルビー、ブルーサファイアがあるので、そのうち作ろうかなぁ・・・

指輪ってデザインが同じでも石が違うだけで全然違うので、多分ビックリすると思います。

指輪の方が楽しい

ペンダント作りより指輪作りの方が楽しい理由

それから、新しくイニシャルリングを作ろうと思って昔作った指輪の仕上げなどリニューアルしてみたけど、正直な所なんだかイマイチ。

やっぱり新規に作って納得出来る指輪を作った方が良いなぁ・・・デザインに拘る事が出来るし、ペンダントより指輪の方が作っていて楽しい(^^)


新商品のお話

新商品のお話

新しい商品を作っています

以前の日記で新しい商品の事を書きましたが、なかなか進んでいませんでした。。。すんません。。。

やっと取り組み始めたんですけど、今回は3DCADを使って作る事にしました。新しいもの好きなので(^^)

実は3DCADを使う事は前からやっていたんですけど、今回は全面的に導入します。やっぱり新しい物を使って作るのってワクワクしますからね。

ワックスで出来上がってきます

今回は金属から作るんではなくて、ワックスと言ってロウソクのロウで形作られた指輪が出来上がってきます。それを鋳造して最終的にはプラチナで作り、ダイヤモンドなどを石留めするんです。

一応サンプルとして作るのでシルバーで作るんですけど、重量感以外はプラチナとほとんど同じなんです。もちろん、偽物のダイヤモンドを留めるので輝き方は違いますけどね。

出来上がりが楽しみです

まだ今からデータを流して作るので、まだまだかかるんですけど新しい商品は常に楽しみなんです。売れる売れないは別として新しい商品が出来上がってくる事自体が楽しみ(^^)

それが出来上がってくれば次の指輪という感じで定期的に作りたいと思ってます。ここ数年は少ししか作れませんでしたから再び新しい指輪を作る時だと思うんです。

待っている人がいると思うし、まず自分が一番楽しみにしているんですからね(^^)


婚約指輪や結婚指輪などブライダルジュエリーの急ぎの製作について

婚約指輪や結婚指輪などブライダルジュエリーの急ぎの製作について

年末になると必ずある大急ぎ要件

毎年クリスマスと年末になると必ずある出来事でボクが非常に頭を悩ます事があります。それが急ぎの製作。

「納期について」のページで、ブリリアントジュエリーでは急ぎ対応も行っていると書きましたが、補足も書いておきたいと思います。

宝飾品って宝石職人さんが毎日魂を込めて作っているイメージがあるでしょ?確かにそうなんですが、毎日毎日ガチガチに集中して作りまくっているかというと必ずしもそうではなくて、数時間に一度休憩したりしながら作ってます。

人間ですから

それは集中力の持続時間の問題と目の問題があります。普通の人でも集中力が続く時間は限られているので宝石職人さんも同じなんですね。凄まじい集中力がずっと続いている訳はない。人間ですから。

もう1つの目の問題というのは、凄く細かい物を見続けながら仕事をしているので、目の体力も休ませながら作ってます。ボクの父親は数時間に一度目を休める為に休憩していたにも関わらず充血だらけでした。

だから、一気に集中して作っているんですけどそれでも限界があります。だから、ゆっくり確実に商品を作っています。だから製作も一度に1つ作る訳ではなく少しづつ少しづつ作っているんですね。

出来るだけ余裕を持ってください

だから、出来るだけ余裕を持って依頼して頂きたいのです。プロであっても急ぎの場合は間違いもしますし、思わぬ自体に陥る事だってあるんです。それでも急ぎの約束をしている訳ですから遅れる訳にもいかないので、必死な訳です。

そんな訳で出来ればゆっくりと落ち着いて作る環境を整えたいという事があります。だからといって急ぎに対応しないという訳ではないんですよ。

まぁ、「納期について」のページではあんな事を書いていたのにどっちやねん!と思われるとは思いますけど、そんな状況はお客さんにとってもボク達にとっても良くないのでなるべく改善しておきたいなぁと思って書きました(^^)

それでも対応しますよ

しかし、結納やプロポーズの日程をずらす訳にはいかないので、最悪の場合はサイズ直しや刻印変更は後日に対応したりしています。
ボクとしては喜んで貰えば、たとえ大忙しになったとしても嬉しいので気軽にお問い合わせをいただければと思います(^^)


指輪のデザインってどうやって考えるか?

指輪のデザインってどうやって考えるか?

指輪のデザインってどうやって考えるか?

あまり深くは考えていないんです

ボクはデザイナーでもないので、過去に見た指輪のデザインの部分部分を繋げて作ったりしているだけなんです。

話している時にあんなのが良いなぁとかこんな感じはどう?とか言いながら簡単に絵を書いて作っているだけで深くもないんです。

と言うのも、あまり深く考えて作っても良い物が出来る訳ではないですしね。

しかし、こだわりはありますよ

簡単に考えて作った物でも、ボクが力を入れるのは細部の部分です。磨きの質だったり石留めだったり、全体的なプロポーションだったり結構細かいんです。

どの指輪も素材は良いと思うんですけど、仕上げ次第で酷い物が出来たりしているんですが、それをしっかりと磨き上げていく事がボクの仕事だと思ってます。

次のデザインです

上の画像が次に作ろうかなぁと思っているデザインです。以前、お客さんとの話で提案していたデザインで納品したんですけど、左右非対称なデザインで格好いいです。

実際に作った物もとても良かったですし、新しい指輪としても良いんじゃないかと思ってます。

新しいデザインという訳ではないと思うんですけど、自分なりの指輪のデザインにしたいと思ってます。

来年初めくらいには登場させたいです

あまりハイペースで作る事は出来ないので、しっかりと綺麗に作ろうと思ってます。

予定は未明って感じですね(^^;)

また出来上がったら発表します(^^)


2017年クリスマスに向けて

2017年クリスマスに向けて

まだ11月中盤ですが

もうすぐクリスマスです。と言いながら11月半ばなんですけど近くのショッピングモールに行くともうクリスマス一色です。

そう、クリスマスはどこのお店にとってもかき入れ時なのです。まぁ、バタバタする時がうちも多いです。

バタバタする理由

うちがバタバタする理由なんて決まってます。それは在庫を極力置かずに受注生産だからなんです。

受注生産という事は注文が入ってから作るって事です。しかも、1日や2日で出来るもんじゃないんです。だいたい20日から30日ほどかかるんです。。。

だから、クリスマスに向けて今からやっとかないと間に合わないんですよ!相当忙しくバタバタします。

婚約指輪は問題ない

ブリリアントジュエリーの婚約指輪に関しては、デザインやダイヤのグレードなどバラバラなので、ややこしくなる事もほとんどないのです。

問題は甲丸屋平打ち屋なんです。

リング幅やリングサイズが何故か近くて何が何だか分からなくなってきます。3ミリや、2ミリやリングサイズが12号、13号など。しかも、ペアリングになると同じように見えるし、最終的には甲丸と平打ちがどちらがどちらか分からなくなってくる・・・

おまけにギリギリで注文が来て、納期が数日後なんて・・・出来るかー!って思いながら、「大丈夫です。問題アリません。」なんて涼しい顔でメールを返信し、職人さんに電話で最高に急ぎの仕事をねじ込む心苦しさったらないですよ。。。

余裕を持ってご依頼ください

メールじゃ伝わらないかも知れませんけど、実は電話が飛び交いピリピリしてるんです。。。納期がクリスマス前日なんてザラだし、お客さんもボクも間違えたら一環の終わりです。

だから、受注伝票と商品をにらめっこしながら絶対に間違えないように家族総出でチェックしたり、発送した後も間違えたんじゃないかって嫌な汗かいたり、大間違えする夢見たり・・・

ギリギリになって思いたちプロポーズしようとする方の気持ちはよく分かります。でも、でも、少しだけで良いんで余裕を持って依頼してください。お願いします。お互い身体に悪いです。。。

本当の事を言えば、こんな事を毎年書いてるんですけど、あまり変わらないんです。それは分かってるんですけど、この日記は一種の心の声を吐き出す場所でもあるんです(^^;)

どんな依頼でも何でもござれと思いながらやってるんで、急ぎでも何でも待ってます(笑)


婚約指輪にはダイヤモンドじゃないとアカンの?

婚約指輪にはダイヤモンドじゃないとアカンの?

ダイヤモンドだけとは決まってませんよ

「婚約指輪 = ダイヤモンド」というのはいつ頃からなんでしょうね。ボクもあまり知りませんけど、婚約指輪自体が昭和からくらいなので、そう古くからではないと思います。

多分ですけど、ダイヤモンド屋さんとかの宣伝なんだと思います。でも、ただの宣伝だけならここまで定着しなかったと思いますし、ダイヤモンドの意味とか婚約指輪を贈る意味、そして高度成長期の時代とマッチしたんじゃないかと思ってます。

海外だと色とりどりです

日本だとさっき書いた通りですけど、婚約指輪の本場である海外ではダイヤモンドだけではなく、もっと色とりどりの宝石が婚約指輪に使われています。

代表的なのがブルーサファイアですね。これも理由があると思います。昔はダイヤモンドは研磨技術がまだまだ低くて今のようなブリリアントカットがなかったと思います。ローズカットくらいが限界でしょう。

カラーストーンは採掘量も多いですし、研磨技術もあったので、その中でもサファイアは硬度も高いし、同じ硬度のルビーより採掘量も多かったのでサファイアが多かったのだと思います。それにサファイアは綺麗ですからね。ボクもサファイア1石持ってます。安いけど(^^;)

ダイヤモンドの理由もあります

先ほどの硬度で考えるのであれば、ダイヤモンドは硬度が一番高いので結婚にあたっては「離れる事がない」という花言葉のような宝石言葉が結婚にピッタリだったんでしょうね。

それにブリリアントカットが確立されてからは、輝きという意味でもダイヤモンドは綺麗ですし、女性好みだったんでしょう。カラーストーンは色の好みもありますし、お店が勧めるのもなかなか難しい面もあったりしますからね。

ダイヤモンドのこだわらず色々見て欲しい

個人的な意見でいえば、ダイヤモンドは間違いない選択肢です。対してカラーストーンはその人のこだわりであったりとか、思い入れで選ぶものかも知れません。

まぁ、あまりこだわらず色々と見ながら選ぶのが一番良いと思いますね(^^)


婚約指輪の購入価格は二分化してるって本当?

婚約指輪の購入価格は二分化してるって本当?

婚約指輪の購入価格は二分化していると思う

ブリリアントジュエリーでは1カラットダイヤモンドの婚約指輪を取り扱っていますが、その1カラットの婚約指輪のお問合わせはとても多くなってきました。

なぜなのかはハッキリ分かりませんが、最近は1カラットで豪華に作るか、出来る限り安く済ませるか。という事が多くなったような気がします。

気持ちは分かりますが、予算の限り良い物を作って欲しいです。0.3カラットも悪くないと思いますが、結婚する人の年齢層が上がった事も多少関係あるんでしょうね。

1カラットは憧れのダイヤモンド

確かに1カラットは豪華という言葉がピッタリですからね。大きいし輝きも段違い。それがたとえ品質の良くない1カラットだとしても。

品質が多少落ちても、輝きだけはやっぱり他と全然ちがうんですよねぇ。。。

どれも高いんですよね。ボクが買うとしても高い。

でも、それが1カラットダイヤ

そう、それが1カラットなんですよ。それくらいじゃないと憧れになりませんからね。

結婚する時に1カラットを贈るためにお金を貯める方もいらっしゃいますし、結婚するなら1カラットと考えている方など色々です。

夢ある石

何だか夢がありますよね。ボクはプロでダイヤモンドをいっぱい見る機会がありますが、グレードだ、カットだ、なんて言っても結局は1カラットという響きやステータスに憧れを持つんですよね。

夢ある石。それが1カラットダイヤモンド

そんな事を書きながらいつかボクも奥さんに1カラットダイヤモンドをプレゼントしたいなぁと思いましたね。いつになるかなぁ(^^;)


安い婚約指輪と高い婚約指輪の違いは何が違うの?

安い婚約指輪と高い婚約指輪の違いは何が違うの?

同じように見える物でも随分違います

同じようなデザインなのに、何でこんなに値段が違うの?って思う事ありませんか?

これって仕事しているボクでも思う事があります。ほとんど同じなのに結構値段違うなぁとか何が違うねんとか・・・

ちゃんと説明を聞けば納得出来そうな時もあるんですけど、何だか腑に落ちません。ましてや一般の消費者が説明を求めてもちゃんと理解する事も難しいような気がします。

鍵は製作工程

この説明も半分は正しく半分は違いますが、指輪が作られる構成は大きく3つに分けられます。

  • 地金
  • 宝石
  • 加工

ですね。まず計画ですがほとんどの所ではまず、「販売価格」を決めます。その為には地金重量・宝石代・加工賃の3つですね。

まず地金重量です。地金が重いと価格が高くなり、軽いと安くなります。ここで一つ目の鍵。

次に宝石代です。品質の良い物を使うと見た目の輝きや見え方が違ってきます。これが二つ目。

そして、最後は加工賃です。加工賃をちゃんと出すと細部までしっかりと作り込まれたり、磨きがしっかりされて地金の輝きも違います。逆に安いと細部の磨きが雑だったり、作り込みが甘かったりします。

最終的にその違いが商品の魅力に反映されます。これは素人さんには区別がつかないと思います。今ではプロであってもそれが分かる人は少なくなっています。

そういった製造コストが違ってくるので、販売価格に大きく影響されます

地金重量については同じデザインでも1.2から1.5倍ほど違いますから、数万円の指輪を作る場合は地金代だけで大部分を占めてしまいます。腕の太さが微妙に違ったり全体的に細かったりと言った違いに繋がります。

宝石代もダイヤモンドを使う場合はどんなに小さくてもカットなどが違うと輝きや見え方が全然違いますが、それでもかなりのコストの差になります。

加工賃も石留めを数をこなす職人さんと、しっかりと綺麗に留めてくれる職人さんだとかなり違います。安いところは海外から出稼ぎで来たような職人さんもいるので、数をこなして稼ぐので、そのような人に高いお金を出してキッチリ留めてくれと言っても、技術力に問題があり結局は綺麗に留まりません。

留めた爪の方向がメチャクチャだったり、爪も磨かないような物も多くあります。しかし、良い職人さんを使いたくてもコストの問題もあるので現実的にはそういった数をこなすような職人さんに頼らざるを得ない事があります。

最終的には、販売価格をはじめに設定してから作るのでそういった価格のものしか出来上がってきません。手を抜こうと思うとプロは素人には分からないように手を抜く事が出来ます。

同じデザインの指輪の価格がどう違うのかといえば、こんな感じ

価格をはじめに設定した安い指輪の場合、

  • 地金代:1万円
  • 宝石代:1万円
  • 加工賃:1万円

かなり大雑把な計算例ですけど、これだと3万円で販売出来ますよね。次に価格を設定せず良い物を作ろうと考えた高い指輪の場合、

  • 地金代:1万5千円
  • 宝石代:1万5千円
  • 加工賃:1万8千円

これもかなり大雑把ですけど、これだと4万8千円になります。販売価格の差は1万8千円です。かなり違いますよね。普通に見た目にはほとんど違いが分かりません。

本当の事を言えば、比べれば分かるけど、比べなければ分からない

この一言に尽きるんです。これでどちらかを選択するのはお客さんだから、どちらも正解なんです。比べなければ分からないといった意見で安いのを選ぶのも正解。やはり良いものが良いという意見も正解です。

この比べなければ分からないと言った事がキモですよね。ボクの好きな車で考えると、品質や耐久性の評価が高い日本車か、それぞれが劣るけど価格がかなり安いアジアなどの新興メーカーの同じようなデザインの車を選ぶのか。といった具合です。

指輪の場合は海外で作られている事もそうは多くないのですが、あくまでイメージですけどね。それでも車に興味がない人に言わせると比べなければ分からないものです。

しかし、やはり安いものには安い理由、高いものにも理由があります

プロから言わせるとコストの計算もするので、どちらも理由はよく分かりますけど、安い物には安いなりの理由と出来上がり、高い物には同じ理由と出来上がりの差が出てきます。実際に見た目も違うし、満足感も違います。

プロはルーペで見るので、細かい部分が気になるんですよ。作りのしっかり感(指輪の下の部分の細さや全体の厚みなど)や、使われている宝石の品質(クリア感、色目、ダイヤモンドならカットや輝き)、それから細部の仕上げ(爪の内側まで磨かれているか、指輪全体のメッキの乗り方、宝石の留まり方)、などパッと見ているようでかなり細かく見ています。

最終的には全体的な見え方で判断していくんですが、そうなると安い物は扱いたくありません。ボクの場合は安い物が売れ残るといらなくなるのです。多少高くても良い物であれば、自分が納得している分いつか良い人に巡り会えると思えるんですよ。

少しでも比べて欲しいです

色々なお店を回るのは結構疲れると思うんですけど、出来る限り自分の目で見る事は重要です。ネットショップの場合は比べる事が難しいとしても、お店のポリシーや店主の考えなどどんどん問い合わせで聞いて欲しい。しかも突っ込んだ所を聞くだけでお店の反応は違ってきますよ。

どんな物でもそうなんですけど、何かを買う時は衝動的な買い方は別として、よっぽど信頼出来るお店がない時は数店ほどお店を見たり調べたりすると思うんですよね。

その中で自分の納得出来る所を選ぶ方が良いですよね。

せっかく選ぶなら納得して選ぶ方が絶対良い

指輪なんて数万円から数十万円、数百万円と色々あります。せっかくの買い物ですし高い安いに関係なく納得して買ったほうが絶対良いと思いますよ。正解は自分の中にあるんですし、その方が絶対ですよ。

ちなみにボクもそう選んでますし、作る時も納得して良い物を妥協も含みながら作ってます。「うわっ!失敗したぁぁぁ。。。」とか「思ってたんと違うやん、何でこんな事になったんやろ・・・」とか思う事もあったりボツだったりします。

結局自分が体験するしかない場合もあるので、経験するしかないと思いますけど、やはり納得という事が大事ですねぇ。

ちょっと、話が逸れましたが高いものと安いものは結構違うんだと分かってもらえたかなぁ(^^;)


ルビーのピジョンブラッドって何?

ルビーのピジョンブラッドって何?

ルビーでは一番良い色とされています

ピジョンブラッド。その意味は「鳩の血」という事です。このピジョンブラッドというのはルビーの一番良い色を指すのですが、個人的にこれには少し言いたい事があります。

ルビーの婚約指輪のお問い合わせで、「ピジョンブラッドのルビーを入れてください。」って言われるんです。なるほど、ピジョンブラッドですね。

確かにその色合いに関しては、卸業を含めた仕事の中で多くのルビーを見てきました。確かにピジョンブラッドと呼ばれるルビーもありました。

しかし、先ほども書いたようにピジョンブラッドは「鳩の血の色」と呼ばれる色なんです。

「鳩の血の色って見た事ある?採血の時の自分の血も恐くて見れないのに鳩の血なんて見れるかよ!」

って思ってしまいます。いや、確かに品質が良くて綺麗なルビーを使ってくれって言う意味は良く分かります。でも、これってお客さんが判断出来るのかなって思うんです。

ルビーの産地によってそれぞれ良い面と悪い面があります

ピジョンブラッドはミャンマー産のルビーに良く見られる石です。その他にタイやスリランカ、ベトナムなど色んな地域で産出され、それぞれの国によって色目の特徴があります。

どれも色目が違うってだけで綺麗なんです。タイは少し黒っぽく、スリランカやベトナムはピンクっぽいとかあります。特に色目は好みで分かれる事が多くって、ピジョンブラッドの色は好きじゃないって方もいるんですよね。個人的にボクはタイ産の少し黒っぽいルビーの色が好きなんです。

指輪やペンダントといった枠に留めると色目が変わります

それは、プラチナに留めた時にとても綺麗に見えるからなんです。ピジョンブラッドのルビーはプラチナに留めると少しピンクっぽく感じるんですよね。

だから、世間一般で言われるピジョンブラッドの多くは確かに綺麗なんです。ただ、枠に留めたり着ける人の肌の色でルビー本体の見え方が変わってくるという事なんですよ。

ここを何も考えず、「ピジョンブラッドですね。かしこまりました。」なんて言っちゃうと、出来上がった時に「あれ?色目が・・・」という事になります。これってお客さんの為になりませんよね。ましてや、ダイヤモンドの鑑定書のように「ピジョンブラッド」です。なんて書いてはくれませんしね。

鑑別書には「天然コランダム(ルビー)と認む」ってだけしか書いてくれません。

カラーストーンを購入する時は信頼出来る、または信頼出来そうな所で買って欲しい

知り合いには、お客さんもピジョンブラッドなら喜ぶし分からないんじゃないかって言われる事もあります。確かに分かります。

ただ、ボクは指輪なり、ペンダントなりジュエリーとして宝石と枠をセットして販売している以上、出来上がりを重視したい。と思ってます。ボクの場合はピジョンブラッドと言われたら、今書いたような事を話しています。

百貨店や路面店では入りにくいし買いにくい。だから、ネットショップで良さそうな物を選ぶ時代になったと思いますけど、だからこそ今まで以上に信頼出来そうな所に問い合わせをしてみるとかして、しっかりと答えてくれるところの方が良いと思いますよ。


どうして婚約指輪のデザインは6本爪のティファニーセッティングタイプなのか?

どうして婚約指輪のデザインは6本爪のティファニーセッティングタイプなのか?

理由は不明だけど偉大なデザイン

ここ数ヶ月の製作依頼の傾向なんですが、ティファニーセッティングデザインの指輪ばかりなんです。いったい何があったのか分かりませんけど本当なんです。

この指輪のバリエーションは、1カラット版などありますが製作依頼がとても多いんです。

理由として考えたのは、デザインは当然として価格なのかも知れないし、良い意味で無難な選択でもあるのかなと考えています。

ティファニーセッティングデザインの良いところは、

  • ダイヤモンドが輝く
  • シンプルで飽きの来ないデザイン
  • 価格も手頃

の3点かと。ダイヤモンドが輝くというのは爪が大きく開いているので横からも光を取り入れやすく、輝きも増すという事ですね。埋め込んだダイヤモンドより輝く傾向にあります。

個人的にはiPhoneより偉大なデザインと思ってます。

シンプルで飽きの来ないデザインというのは、左右対称のデザインでずっと持っていても飽きる事がないのです。これ、左右で違うデザインの場合は持っているとあれやこれやと考えてしまう事が多いようです。実際たまに相談を受けたりします。

そして、最後の手頃な価格ですが本当のティファニーではそうでもありませんが、ブリリアントジュエリーの場合は比較的安価で用意できます。これはシンプルを極めたデザインなので、地金を多く使う必要がなく軽く仕上がるからですね。ダイヤモンドが重視できるデザインという事です。

そんな事もあってティファニーセッティングデザインは人気があるのかと思います。

実は他にもデザイン違いがあります。

どうして婚約指輪のデザインは6本爪のティファニーセッティングタイプなのか?

製作依頼があるという事は嬉しいんですが、実は他にもティファニーセッティングデザインのバージョンというのはあるんです。

上の3本の写真の指輪も爪が大きく開いた6本爪のティファニーセッティングデザインです。

どのデザインも綺麗なんですが、こういった違うデザインがあるという事をもしかして知らないのではないかと思ったりしています。個人的には、アーム部分をひねったこのデザイン指が長く見えるV字デザインのこの指輪なども人気は高いのでとても良いと思うんですけどねぇ。

まだ他にもデザイン違いがあります

上記の2点の指輪もティファニーセッティングのデザイン違いです。こう見ると意外と違うでしょ?ティファニーセッティングデザインというのは、基本的に大きく開いた6本爪なので、実は色々な指輪でも再現できるんです。

個人的にはどれも良いと思うんですが、アドバイスを求められた時にオススメするのはやっぱり通常のティファニーセッティングデザインの指輪かなぁと思いますね。

シンプルが大好きという事もありますが、ずっと持つ事が出来る永遠のデザインというのはこの指輪なんですよね。指輪のケースを開いた時に想像する指輪ってこの指輪だけですよね?

最終的にはこういった人を惹きつけるシンプルさが良いと思う

このデザインには人を惹きつける何かがあると思うんです。理由は色々な要素が集まってそう感じるんだと思うんですが、そういった指輪がなかなかないんでオススメしてしまうんですよね(^^;)

このデザインを超えるような定番デザインをいつか作りたいなぁと思ってますけど、高すぎるハードルなのかも(^^;)


婚約指輪はいつ着けたら良いの?

婚約指輪はいつ着けたら良いの?

本来ならずっと着けていて欲しい

婚約指輪っていつつければ良いんですか?この質問ってよく聞かれるんですよ(^^;)

確かに日本では婚約指輪は冠婚葬祭以外はタンスにしまわれている事が多いそうです。我が家でもそんな感じです。。。

周りの友達や親戚などの話をまとめると、いわゆる「タンスの肥やし」ですね。。。ちょっと寂しい気もします。

婚約指輪離れもそういった所からかと思います。

海外では重ね着け

でも、国際結婚した友人が何組かいるので話していると、海外では婚約指輪と結婚指輪を一緒に着ける事が普通だそうです。

へぇ〜って思ってしまいました。本当はそれが正当だと思うんです。

日本では重ね着けがまだまだ馴染みがないのですが、ぜひ普及して欲しいです。

会社員時代だった頃、朝の通勤電車で一緒だった女性(知り合いではありません)が、ある日ダイヤモンドのしっかりした指輪を着けているのを目撃したのですが、婚約したのかなぁとか思いました。

そしてしばらくしたら結婚式を挙げたのか、結婚指輪も一緒に重ね着けをしていて素敵やないかと思いましたね。

まだまだ一般的ではありません

それは15年ほど前の話ですが、今でもまだ普及していません。。。なので、婚約指輪は出来るだけ結婚指輪と重ね着けして欲しいです。

せめて、もう少し指輪を着ける頻度を挙げて欲しいとは思ってますが、お子さんがいたりすると難しいのかも知れません。

現実的には冠婚葬祭なのかも

確かに難しいとは思うのですが、出来る限りタンスの肥やしは避けて頂きたい。。。でも、現実的には冠婚葬祭で着けるのが一般的なんですよね。

まぁ、婚約指輪はただの指輪ではなく良いダイヤモンドを使っていると、多少なりとも財産価値もあるものなので、それなりのダイヤモンドを使って欲しいとは思いますね(^^)

婚約指輪に限らず、指輪はいつでもどこでも着けて欲しいです。その方が指輪にとっても良いですよ(^^)


婚約指輪のお返しってどうすれば良いのか?

婚約指輪のお返しって?

関東と関西では結構違う

ボクは大阪に住んでいて比較的都会に住んでいますが、結納の時の婚約指輪のお返しの相談とかされます。結納返しってやつですね。

よくあるのが、関東では半額を返す事が多く、関西では一割程度を返すというのが一般的だそうです。ちなみにボクは結納をしていないのですが、頂いた結婚祝いの一割を返したりしていしました。

こういった物は今の時代では意味があるのかないのかサッパリ分かりませんが、儀式としてはまだまだあります。結婚は2人だけのものではないという感じなんでしょうか。

その他のお返し

よくある婚約指輪のお返しは腕時計が多いですね。最近では腕時計が婚約指輪の代わりといった事もあるのですが、腕時計がお返しという事例はまだまだ多いです。

あとは、スーツであったりネクタイやカフスボタンなどがあるようです。

驚きのパターンも

びっくりしたのは海外旅行のお返しというもの。これこそ新婚旅行とどう違うのか分かりません(笑)

ちゃんとした結納であればしっかりとしたお返しは必要だと思いますが、最近では略式結納が多くなっているようなのである程度は融通が効くようです。

お返しなしという場合も

お返しはナシという事もあります。これは助かる!実質的にナシという事はないかと思うので、両親などと相談しても大丈夫だと思いますね(^^)


婚約指輪を贈るタイミングっていつ?

婚約指輪を贈るタイミングっていつ?

少し間が空きましたね。珍しくバタバタなのです・・・金曜日は朝から夜遅くまでずっと出かけて、バイクや車で移動して仕事の段取りばっかりでした。。。でも、忙しいって最高ですよね(^^)

皆さんはどうですか?

さて、婚約指輪を贈るタイミング・・・う〜ん・・・婚約指輪を贈るタイミングっていつなんでしょうね。これは人によってバラバラなんでしょうか。。。

人によって違うから、「分かる訳ないやないか!」というのが本音ですけど、結婚情報誌などを見てみると、エピソードは感動的ではあるんですけど、なかなか難しいんじゃないでしょうか。

まぁ、一生に一度の事ですし、ここで決めなければ!という気持ちはよく分かります

ボクの場合はグダグダ過ぎて参考になりません・・・

ちなみにボクの場合はクリスマスくらいに食事に行く途中の車の中でしたんですが、今でも「あれはない。」と言われます・・・

その後、年明けに実家に挨拶に行くと言いながら年明けにインフルエンザになるというグダグダっぷりで、本当に見本にもならないくらいです(-.-;)

いやいや、それでも結婚15年目にディズニー旅行に行った時に、ちゃんと渡しましたよ!遅すぎるくらいやけど・・・

だからこれに関してはボクがアドバイス出来る事はありません!

相手を感動させて欲しい

ボクはそんな事を言える立場にありませんが、そんな訳で色々リサーチを重ねた結果(知り合いに聞いた)、ちゃんと場所を用意してプロポーズしたという事が多かったです。みんなちゃんとやっててるなぁ。

ボクの場合、この仕事をやっていたのであまり有り難みを感じる事がなかったので(言い訳・・・)

まぁ、ボクのは見本になりませんがこんな事にならないように自分で考えて、漢(おとこ)ならプロポーズで彼女を泣かせるくらい感動させちゃってください!

ちなみにプロポーズ用の指輪も用意してますよ(^^)

どんなプロポーズをしたか教えてくださいね(^^)


婚約指輪はどこで買うべきなの?

婚約指輪はどこで買うべきなの?

結構悩むと思います

代々購入しているようなお店があれば一番なんでしょうが、最近ではそういった繋がりも少なくなっているようです。

じゃあ、どこで買うのが良いのかって事なんですが、一番の候補はブランドです。誰もが喜びますよね。分かります。

しかし、ブランドだけで購入されるのであれば、うちのような小さな所は潰れてしまいます。まぁ、デザイン的に個人的な好みはブルガリです。持ってないけど(^^;)

では、ブランド以外ではどうでしょう?ショッピングモールのような所に出店しているお店。しかもチェーン店などだと信用もありそうですし価格も手頃です。

イオンモールとかに出店している、お店などはボクも結構見たりしていますが、安くてビックリするほどです。あれは真似出来ない。。。

そして、結婚するとなったらまず買うのが、ゼクシィとかのブライダル情報誌ですよね。ボクもゼクシィとか見て指輪とか結婚についての事とか色々勉強しています。

特集とかも結構面白かったりするので、良く買って読んでます(^^)

インターンネットでの購入が最後の手段?

これで決め手がない場合はインターネットという事になるんでしょうか。

インターネットで探すとなると楽天やヤフーショッピングなどのネットモールで探しますよね。最近ではこれも一般的な買い方になりました。

ボクも最近ですがこの二つのモールに出店し始めました。

ただ、ここ数年は物凄く出店スピードも上がっていて、ライバルというかジュエリーを扱うネットショップも多くなりました。

では、お店としての信頼感は?

確かにモールに出店していると信頼感もアップする時代になりましたがお店としての信頼感はどこで判断するんでしょう。これが一番難しい。

だから、ボクは宝石職人の仕事をアピールして自分自身もアピールして信用してもらう事を選んでいます。しかも、子供たちとの事も書いたりして小さいけど頑張ってるイメージです。

実際に頑張っているし、それに好感を持ってもらってお問い合わせを貰っています。

やはりこんな高額な物を買う時に重要なのは価格より信頼なんです。

ここ数ヶ月はうちもこのブログを読んでもらってからのお問い合わせが増えました。新しい流れですねぇ(^^)

少し長くなっても、色々なお店やネットショップなどを結婚する前からチェックしてお店の信用度を計ってみればどうでしょうかね。

結婚を決めてから探し出すとどうしても忙しくなります。そういった方を何人も見てきましたし、実際1週間で納品した事もあります。

唐突に結婚を決める事もあるので、気持ちはわかりますけど、もう少し余裕があれば良いですよねぇ。。。

うちで購入してもらうのはもちろん嬉しいですが、出来るだけいっぱい見て信頼できるお店を探して欲しいですね(^^)


1カラットダイヤの選び方ってあるの?

1カラットダイヤの選び方ってあるの?

輝いていると思うでしょ?

ダイヤモンドって輝いているのが普通と思いますよね。

しかし、ダイヤモンドはグレードがあるので実際に見るとそうではない場合もあります。まぁ、大概はキレイなんですけど、この前の日記のように異様に安かったりすると綺麗とは言えません。

ダイヤモンドグレードで1番輝きに関係するのがカットになるんですけど、グレードを決定する理由が単なる見た目ではなく消去法なんです。

だから、良いグッドもあればそうでもないグッドもあったりします。

他のクラリティでも綺麗なI1とそうでもないI1があったりします。決してグレード表で判断してはいけないという事ですが、輝きというのはカットだけを見てもいけないので、実際の見た目をしっかりと見ないといけません。

輝きを見るのも部屋で見た輝きと外の太陽の光で見た時もかなり違います。

これが一番騙されるんです。

照明にダマされるな!

お店の照明は綺麗に見えるんです(笑)

だから、許されるならお店の中と外の両方で見せてもらえる事が出来れば1番良いと思います。
本当に本当であれば、暗い所で見るのも良いと思います。やっすい蛍光灯とかで見るだけでもよく分かります。

それが出来なければ信頼できるお店の方に任せるのが1番です。

結局は日頃のお付き合いが重要という事もあります。ボクもずっと情報として個人的に長くメールを続けている方がいて、最終的にはお任せで構わないとおっしゃてくれた事があります。

その方とは最終的にお会いしてお届けしましたし、結婚式には電報を送ったり、今でも良いお付き合いをしています。

プロに任せるのも一つの手

話が逸れてしまいましたが、ダイヤモンドの輝きは比べれば一目瞭然とはいえ、やはりプロに任せるのも一つの手ですね(^^)

ただ、プロじゃなくても見れば結構分かります

そうは言っても、ダイヤモンドは比べれば結構分かるもんです。ルーペでなくても虫眼鏡でも良いです。それで見るだけでも勉強になりますよ(^^)

以前、ルーペを虫眼鏡のように使っている人がいてそれでも分かるくらいですからね

あとは、留める枠によって変わってきます。それによっても予算が大きく変わる場合もあるので、それはまた別の機会に(^^;)


婚約指輪が1カラットの60万円って安すぎませんか?

婚約指輪が1カラットの60万円って安すぎませんか?

なかなか大胆なタイトル

なかなか衝撃的なタイトル「婚約指輪が1カラットの60万円って安すぎませんか?」

ですが、このタイトル、ヤフー知恵袋であるんです。

質問を見ていると、旦那さんが年収1200万円というお金持ちなのに、婚約指輪が1カラットで60万円なのだとか。

個人的には堅実な旦那さんであり、良い感覚を持っているなぁと感心してしまいます。その人が選んだ指輪が1カラットで60万円。

決して軽く見ている訳ではないと思います。むしろ大事にしている気がしますし将来安泰じゃないですか。

価格だけではないと思うものの

ブリリアントジュエリーでは、1カラットではありませんが10万円の婚約指輪から用意しており、とても喜んでもらっています。

婚約指輪というのはあくまで物質的なものですが、本当は気持ちであり精神的な物だと思うのです。値段ではないと思うし、そう思われるのを覚悟で1カラットで60万円の指輪を送ったのであればある意味凄い。

思うに旦那さんは、お金持ちになりたくて医師になったのではなく結果的に年収が1200万円という額になっただけじゃないかなぁと思います。

それにしても・・・年収1200万円の医師が夜食にコンビニ弁当で良いと言うのは随分庶民的で、もし近くにいれば何かあった時にお世話になりたいですね(^^)


ハート&キューピッドの指輪

ハート&キューピッドの指輪

ハート&キューピッドってなに?

いきなりハート&キューピッドの指輪と言われても分からない方も多いと思います。詳しくはこちらのページを見てもらうとして、一般的に最高級の品質をもったダイヤモンド。というイメージなんですが、実はカットが最高であれば(つまりExcellent)ハート&キューピッドが出るという事で、クラリティが多少良くなくても出る事は出るんです。

カラーが多少良くなくてもです。例えばG,HカラーでクラリティがSIクラスでもカットがExcellentの場合があるし、そのグレードでもハート&キューピッドのダイヤモンドがあります。

ダイヤモンドは奥が深い

普通に考えればDカラー、クラリティVVS1でExcellentカットじゃないとハート&キューピッドは出ないと思いそうですが、実際はそうでもないんですよね。研磨状態が良ければカットがVeryGoodでもハート&キューピッドは出ますし。

でも、ここでそれを扱えば良いじゃないかと思われそうですが、イメージという物は強いもので、求められるのは最高級のグレードでハート&キューピッドのダイヤモンドなんです。

ボクが過去に相談を受けた時にも、「ハート&キューピッドはクラリティとカラーが落ちても出ますよ。その方が値段も下がります。」と言っても最終的には最高級の品質のダイヤモンドを選びました。婚約指輪だから当たり前といえば当たり前かも知れませんけどね。

そんな訳でハート&キューピッド特集のページを作る予定です。

現在のところ、楽天市場店には用意しているんですが、やはり本店にも用意をしておかないといけないので、早急にハート&キューピッド特集の商品を出すつもりです。

ボク自身はグレード主義ではありませんが、求められているのを用意しないのは意地悪な気もしますし、お客さんの要望であり用意が出来るのであればしないといけませんよね(^^)

追記:ハート&キューピッドの婚約指輪のページを作りました

まだ商品をアップ中ですけど、作り始めています。ざっと見ていくと0.3カラットでスタンダードなデザインの場合、30万円前後ですね。何だかもうスタンダードなデザインに限り30万円でも良いような気がしてきましたけど、全部アップしてから考えましょうか(^^)

下の画像より一覧が見えますよ↓

ハート&キューピッドの婚約指輪


アレキサンドライトの婚約指輪

アレキサンドライトの婚約指輪

四角いアレキサンドライトを使って婚約指輪の製作

ブリリアントジュエリーにはアレキサンドライトを使った指輪の紹介もあったのですが、やっと正式にアレキサンドライトの婚約指輪の販売を始めました。

詳しい事はアレキサンドライトの指輪の商品ページにありますが、何故四角いアレキサンドライトは色変わりも良く品質も良いのでしょうか?そして、低品質の石を見ないのでしょう?そんな事も書いています。

何と言ってもカラーチェンジ効果が良い

アレキサンドライトの良いところは太陽の光の下と蛍光灯の下とでは輝く色が違うという事ですね。これがアレキサンドライトの希少価値を上げ、地味な見た目から「大人の宝石」と呼ばれる理由です。

カラーチェンジ効果があまりないアレキサンドライトは価値が半減してしまいますからね。しかし、四角いアレキサンドライトでは低品質なものをあまり見ません。それにも理由はありますが、商品ページを一度見てもらえば分かります。

待ちきれない方はこのページでも購入できます

商品価格が30万円しますが、実際に手に取りアレキサンドライトの品質とカラーチェンジ効果を見ると安いと思うんじゃないでしょうかね(^^)


ガラスの靴を購入

ガラスの靴

シンデレラを見て即決断

この間やってたシンデレラの映画を見て、その場でガラスの靴を買いました。見ながら調べて買いました(^^)

正確にはアクリル

正確にはガラスではなくアクリルだし、12センチくらいと大きくないけど、指輪入れて写真に撮ったら良い感じになるかも知れませんし、指輪を入れてプロポーズなんかも良いんじゃないかな。希望する方はお問い合わせ下さい(^^)

本当はプリザーブドフラワーを入れるらしい・・・

本当はプリザーブドフラワーを入れたりするらしいんですが、さっき知ったのでAmazonで物色中です。

写真撮りは苦労ばかり

しかし、スタジオが小さすぎて写真が撮りにくい・・・