「 新品仕上げ 」一覧

普段の指輪のメンテナンス方法

オールジュエリーリフレッシュコンプリートセット

先日知人の指輪の修理を依頼されて、新品仕上げと型直しをする事になりました。かなり綺麗になって喜んでもらったんですが、

「普段のメンテナンスはどうすれば良いか?」

という事を聞かれました。その時、

「普段のメンテ?」

と思いました。そんな難しい事じゃないのに。もしかして凄く難しく考えていないかな?と。

結論から言うと、

「ずっと着けっぱなしにせず、寝る前に磨き布で磨く。そして、たまに食器洗剤に付けて手で洗って乾燥はドライヤーで水を飛ばして片付ける。」

ってだけなんです。たったこれだけでピカピカは長続きします。簡単でしょ?

注意点といえば、歯ブラシで磨かない事。これくらい。細かい小傷をつかないようにすれば良いだけなんです。だから手で洗ってタオルは傷が付くのでドライヤーで乾かすようにすれば良いのです。

こういった事は意外と知られていないという事を知りました。もっとそういった事を書いていかなければいけないなぁと反省です(^^;)


購入して頂いた婚約指輪や結婚指輪の新品仕上げ依頼時に、実はリングケースまで新品に交換しています

購入して頂いた婚約指輪や結婚指輪の新品仕上げ依頼時に、実はケースまで新品に交換しています

もう10年以上になります

ネットショップを作って10年ほど経つけど、婚約指輪や結婚指輪を始めて購入してもらって、もうそんなに経つのかぁと思う事があります。感無量ですね。
年々お客さんが増えてきて、購入してもらった指輪の新品仕上げを頼まれる件数も増えてきたって事も実感しています。

写真は去年購入してくれたお客さんで、たった1年でもこんなに汚れてしまう。そんな訳で年に1回の新品仕上げを推奨していて、ちょうど1年経ったタイミングでの依頼。
写真を撮った時のタイミングや角度が違うので多少は違うけど、綺麗になったのは分かると思います。刻印なども消えかかっていれば当然ながら入れ直してます。

実はもう1つ変わっている物があります

そして実はもう1つ変わった事があって、それはケースも新品に交換しているんです。

これはわざわざお客さんには言ってなかったけど、ケースも年数が経つと黄ばんできたり汚れてしまったりするので、ボクにはそれが許せない(笑)
だから、新品仕上げをした後は必ず新品のケースに入れ直して届けてる。その方がお客さんも気づけば嬉しいし、ボクとしても「一仕事終えたな。」という気分にもなります(^^)

お客さんの気持ちもあるけど、ボクの精神安定にも繋がる仕事です(笑)

料金について

料金は初めの1回目はどんなに時間が経過しようが無料で、ケース交換なんてもちろん無料。2回目からは1本あたり3千円だけど結婚指輪は2本なので、それは5千円でお願いしてる。送料も貰ってないけど、この仕上げは繋がり重視って事で当たり前と言えば当たり前ですよね。指輪高いのにって思いますし。

1年に1回でも話が聞ければ嬉しいし、大事に使ってくれてるなぁってまた嬉しくなりますよ(^^)


サイズ直しの値段

指輪のサイズ直しやってます

昔から全然変わってない

サイズ直しはよく依頼されるんですが、値段に関して実は昔からあまり変わっていません。ボクが働き始めた20年ほど前から全然変わっていないと言って良い。だいたい2千円から3千円くらいなんです。

これって景気に左右される事なく一定で、地金相場が高くなっている今でも同じです。

一つのサービス

業界にとってサイズ直しというのは利益の有無ではなくサービスの一貫という感じです。宝石は高いものですし、高いものだと何百万円もする物もあります。

だからという訳ではないですが数千円なんて安いもんという考えなんでしょうね。

サイズ直しはサービスでやってます

まぁ、それが理由という訳でもないんですけど、うちで購入してくれた指輪も購入後初めの1回はサービスでやってます。しかも無期限で。

無期限という事で凄い変形した指輪もあります。正直なところ、それが数千円で出来る事がない場合もありますがそれも購入してくれた方へ責任を持ちたいという事で無期限でサービスとしてやってます。

実はこうやって久しぶりに見る指輪は、懐かしいという思いと共に、再び新品同様に戻したいという気になります。やはりジュエリーは綺麗な物なんです。だからメチャクチャ綺麗にして戻したいと思ってしまうんです。

勝手な事かも知れませんけど、これはお客さんへの思いではなくボク自身がそういった綺麗な物が好きなので無条件にそう思ってしまいます。

他社製品でもなんでもござれ

そんな訳で、うちはどんなメーカーの物でもサイズ直しや新品仕上げを取り扱ってます。他の指輪の作りやデザインを見るのは勉強になるし、今後の経験に繋がります

いつでも受け付けているので、下のお問い合わせから連絡くださいね(^^)


メンテナンスは大事です

メンテナンスは大事です。

ジュエリーのメンテナンスやってますか

ネットショップをやって10年が過ぎ、1000件以上のお客さんにお届けをしてきました。特に結婚指輪とか婚約指輪、甲丸リング、平打ちリングなどが多いんですが、意外とメンテナンス依頼が思ったより多くないこと。

これはもっとアピールしなければいけないなぁと思ってます。ただ、ここ最近多くなってきてるんで少し安心しているところです(^^)

めちゃくちゃ綺麗になります!

新品仕上げって磨くだけって思ってませんか?もちろんそれはそうなんですけど、それと共に洗浄機に入れたり洗ったりするんですよね。

もうメチャクチャ綺麗で完璧に新品!と言われても分からないくらい綺麗ですよ(^^)

いつでも下の問い合わせフォームから依頼して頂ければ対応しますから、どんどんお問い合わせください(^^)


結婚指輪の新品仕上げ

結婚指輪の新品仕上げ

毎年綺麗にしています

そろそろ結婚記念日も近づいてきたので、毎年恒例の新品仕上げをしようかと思ってます。

実は結婚指輪も含めて装飾品の類は全く身に着けないので、指輪は綺麗なまま。

それでも、毎年新品仕上げをやっているのは、少しでも綺麗な状態で保ちたいという職権乱用というやつ。

もう15年以上経つので、奥さんにはもうそんな事しないで良いと言われながらも、そうしないと気持ち悪いので今年もやります(^^)

で、今週末は結婚記念日

大阪の今週末は結婚記念日なのにあいにくの雨らしいのです。そう言えば、結婚式当日も晴れてはいたが降りそうな微妙な天気だった。写真を見返してみると写真では快晴のように見えました。

いつもは結婚式を挙げたホテルでご飯を食べるけど、ここ数年はユニバーサル・スタジオに隣接するホテルのバイキングで食べる事になってるんです。

結婚式を挙げたホテルも近いと言えば近いので、まぁ良しとしてます(^^)

週末は雨という予報なので、バイキングも含めユニバーサル・スタジオに行くのをどうしようか検討中なのです。

晴れる事を祈ろう(^^)

ちなみにボクたちの結婚指輪はなかなか好評で販売してるんです

結婚指輪は実はものすごく簡単に考えたのに、作って欲しいという方が多いので製品化してます。

ダイヤモンドを留めてるんですが、他の宝石でも作っていて、ルビー・サファイア・アクアマリン・アレキサンドライト・エメラルドといった有名な宝石をオーダーで留めてるので、気軽に聞いてください(^^)

結婚指輪の新品仕上げ


古く汚れたジュエリーを新品同然に。

古く汚れたジュエリーを新品同然に。

まだ構想中。

まだ何ですがコンセプトとして、

「全てのジュエリーを新品に。 オールジュエリー リフレッシュ コンプリートセット」

として、新品仕上げとか石留めチェックや修理などを含めて1万円の定額で提供。って感じにしようかと。

どんなジュエリーでも対応

指輪、ペンダント、ブレスレットからどんなデザインでも対応し、入金してもらったら発送キットをお客さんに送って、返してもらって、出来上がり後に発送。

その全ての過程の送料は無料!

送料って何だか損した気分になるんですよね。。。

単純に赤字になる場合もあると思うけどそれより何より、

「明瞭会計」

がジュエリー業界には必要。

信用してもらう事が一番

綺麗にしたいけど信用出来る所が分からんし、料金が分からんってのが一番恐い。という意見が多いから定額にして送料をこっち負担にするように。

色んなアイディアと施策をやってるとどれか成功する時がくるかもって思いながら日々考えてるんですよね(^^)

興味があれば連絡ください

ショッピングカートはまだ用意していませんけど、もし興味があれば下のお問い合わせより連絡下さい。上の写真の指輪のように完璧に新品同然にキレイになりますよ(^^)

[contact-form-7 404 "Not Found"]

指輪の新品仕上げ時に地金は目減りするのか?

指輪の新品仕上げ時に地金は目減りするのか?

新品仕上げや仕上げ直し、リフレッシュとも呼ばれてます

指輪って使っているうちに小さなキズが付いたり、ピカピカだったのが仕立ての良くないツヤ消し仕上げをしたかのように曇ってしまいます。

こればっかりは仕方ないと思います。ずっと指に着けて当たり前になっている指輪の事に気を付けようなんて意識は少なくなりますからね。

使っていて変形や小キズを消して綺麗にする為には新品仕上げしかありません。となるとうちの出番ですね(^^)

ちなみに新品仕上げは、別の呼ばれ方として「仕上げ直し」「リフレッシュ」といった呼ばれ方がありますが、プロはただ単に「仕上げ」と言います。

どの呼び方でも意味は同じですが、新品であろうとなかろうと作業としては「仕上げ」をするという事で「仕上げ」です。

ここで問題ですが、仕上げはどうやって行っているのかという事

意外と知らない人が多いのですが、仕上げというのは写真のようなバフという機械を使って磨き上げます。一分間の回転が凄いのでちょっとするだけで綺麗になります。ちなみにこの緑色の粉は「青粉(あおこ)」といって、小キズなどを取り去った後の最後の仕上げという事で、指輪にツヤを出すために使います。

簡単そうですけど、使い方を誤ると指が飛ばされ指輪も飛んでいきます。それに高速回転なので熱くて素手で触ると危険なんです。

そうやって綺麗になった指輪は目減りするのか?

この質問、良く聞かれます。これ、ボクも気になっていたんで一度作業前と作業後に寸法とグラムを図った事があるんです。あれだけ綺麗になったんだから相当目減りしているんじゃないかって。

結果、1グラムも変わらない

写真は撮るのを忘れたんですが、実際には1グラムも目減りせず0.1から0.2グラムとかで、深いキズを取る場合で0.5グラム以内でした。全てがそうなのかと言われれば例外はありますが、平均でそんなところでした。

実際には「削る」というより「磨く」という作業なので、表面もミクロン単位で磨いているだけでした。意外に少なく感じますよね。

ただ、物によっては地金がガリッと削れてしまっている物などは地金で埋めて磨き直したりする事もありますよ。

最終的には18金以外はロジウムメッキをするので、これで作業は終了となりピカピカの新品のように戻るんですが、そう心配いらないんじゃないでしょうか(^^)

メチャクチャ綺麗になるし、うちの仕上げは日本最高だと自負してます。これは本当。だから、仕上げを希望の方は指輪の新品仕上げサービスのページからでも受け付けていますし、下記からでも申し込めます。絶対に感動するぞ!