「 梵字 」一覧

梵字屋のネックレスの元々のLサイズが再登場

梵字屋のネックレスの元々のLサイズが再登場

最近リニューアルをしている梵字屋ですが、以前あったLサイズのネックレスを先日復活させました。

元々は生産体制の問題があったりデザインの問題があったりして引き上げていたんですが、結局デザインはそのままの方が良かったし生産体制も解決したので復活させる事にしました。

梵字をモチーフとしたネックレス・ペンダントの販売。

いつもの文字7種類です。商品のページを見てもらうと分かりますが地金の種類を選べるようにしました。

シルバー
シルバー(ゴールドメッキ)
プラチナ
K18ゴールド
K18ホワイトゴールド

の5種類を選べるようにしています。特にシルバーやシルバーにゴールドメッキを施した仕様は価格的にもコスパが高い商品になっていますね。
これだと男性でも似合う大きさになってます。ちょっとイカツイけど(^^;)

今後はドッグタグペンダントのLサイズも準備中なので登場させる予定です。

大きいペンダントは敬遠されるかと思っていたんですが、オーダーメイドでの場合は大きな物を作る傾向が強いので意外と人気があるのかも知れませんね(^^)


梵字のキリークはなぜ人気なのか?

梵字のキリークはなぜ人気なのか?

この文字がキリークなんですけど、どういう訳だか人気がある文字なんです。理由を知りたいと思いつつ調べてみたんですが、まず梵字の守護者は千手観世音菩薩といって、

「病気から金運、子宝、厄除けなど、あらゆる願いを叶えてくれる」

といったご利益があるとされています。なるほど、病気や金運、子宝、厄除けといった願いを叶えてくれるんであれば人気が高いのもうなずけます。で、キリークの干支が、

「ネズミ」「イヌ」「イノシシ」

の3つの干支なんです。干支に対する梵字は全部で7種類ですがそのうち3つがキリークなんですよね。だから比率的に多いという理屈も分かります。ただ、比率的にこの3つの干支で、病気や金運などの願いを叶えたいというだけで人気なのかどうかは個人的に怪しいなぁと思っているんです。

じゃあ何なのかというと、文字が格好いいからではないか?とか考えたんですが、他の文字に比べて特に格好いいという訳でもないんですよね。

千手観世音菩薩や阿弥陀如来の人気が高いかというと別にそうでもないし・・・

う〜ん・・・ちょっと考えただけでは分かりません。ただ、事実として人気があるのは確かで注文数もダントツで多かったりするんですよ。もう少し調べてみたいと思います(^^;)


シルバーの梵字ネックレスも追加しています

梵字屋

梵字屋の新しいファミリー

現在、梵字屋の新しい商品を製作中ですけど、従来の梵字ネックレスも新しくシルバー製品も追加しています。

これはシルバーでドッグタグのSサイズのネックレスです。価格的にはそれなりですが、メッキもしっかりしていて見た目は通常のプラチナと何にも変わりません。チェーンも付いているので届いたらすぐに着ける事が出来ますよ。

そして、シルバーを追加した本当の目的はこの「金メッキ」をした物を出した事ですね。正確には24金メッキといって、色目は純金と同じメッキになるので、18金の色目とは違って見えますよ。格好良いのです(^^)

価格も通常のシルバーと同じなので、個人的には金メッキの方が良いなぁと思ってます。チェーンも金のチェーンが付いてきます。

指輪などもシルバー製品登場予定

まだまだ時間がかかりますけど、他の製品もシルバー製品が登場します。指輪も追加します。価格も今までより低くなります。あとはオーダーメイドでもシルバーを扱いたいなあと思うんですけど、シルバーでも結局いい価格になるんでそれを許容できるかどうかって事なんですよね。

まだ時間がかかりますけど、じっくり育てたいです(^^)


梵字屋大規模リニューアル

梵字屋

大掛かりなリニューアルになってます

ピアス屋に続いて梵字屋も手直し中なんです。

思ったよりやる事多くて大規模な手直し。正確に言えばリニューアルに近い。ラインナップも整理するし、価格も改定。地金の種類も増やし新商品も登場予定。

地金の種類と言ってもシルバーが登場すします。シルバーでも宝石職人が作ると当たり前だけどジュエリー品質になって高級感が物凄い。そこそこ高いけど。。。

何故か面白いらしいです

この梵字屋はショップのラインナップの中で異色だけど、知り合いからは一番良いと言われる。理由は分からないけど面白いらしい。

最近ではチョコチョコ見る事も増えましたけど、宝石屋が手がけるという感じではないしアクセサリーとしての扱いは多いと思います。でも、さっきも書いたようにジュエリーとして作ってるので、綺麗さ豪華さでは他と比べ物にならないと思いますよ。

しっかり作っていきます

ピアス屋もそうですけど、梵字屋もかなりしっかり作っていきます(^^)


オーダーメイドの価格設定

オーダーメイドの価格設定

オーダーメイドのお問い合わせ

ブリリアントジュエリーでもピアス屋でも甲丸屋でも平打ち屋でも梵字屋でもオーダーメイドは受け付けています。

オーダーメイドはこの世界でたった一つしかない物を作る為のサービスです。思い出の物や記念のジュエリーを作る事が出来るサービスでメールも何回もしたり、時には実際にお会いして数時間打ち合わせをしてから製作に入ります。

色々な職人さんを通す為にデザイン画や写真を渡し、製作途中はしっかり打ち合わせ通りに進んでいるかをチェックし、納品時には心臓の鼓動が分かるくらいドキドキしてお届けしています。

そこで登場するのがオーダーメイドの価格

その時の打ち合わせの時には当然価格に関してもお話しています。ある程度の希望に基づき出来る限りの対応をするのですがこれが大変なのです。

今回はピアス屋さんのオーダーメイドについてです。

オーダーメイドは高額

ピアス屋に関してはオーダーメイドのお問合わせがとても多いんです。これに関してはとても嬉しい事です。多くの宝石屋から選んでもらう立場ですからね。それに問い合わせをするという行為はかなり勇気が必要だと思いますし。

ただ内容としては、

  • 「海外で買った大切なピアスが片方なくなったので作って欲しい。そのピアスは1万円くらいだったので、5千円で。」
  • 「恋人から貰ったピアスが片方なくなったので作って欲しい。そのピアスは・・・以下同文・・・」
  • 「どこどこのシルバーブランドのピアスが廃盤になってしまったので作って欲しい。そのピアスは・・・以下同文・・・」

といった感じなんです・・・

服とかスーツとか指輪のオーダーメイドだと高額な印象があると思うのに、なぜかピアスのオーダーメイドはすっごく安く感じられるようで、最低3万円から5万円以上しますよ。というと凄くビックリされます。。。もちろんそこから音沙汰はなし。。。それでも製作してくれる人は10人に1人といった感じです。

これは時間の無駄になっているかも知れないと思い、ページの注意書きに「オーダーメイドは最低3万円から5万円以上します」としっかりと書いておきました。

お客さんは切実な願いかも知れないし、ボクも出来れば作りたいと思うんですけどこればっかりは難しい。人の技術は高いしオーダーメイドとはそういった物なんです。簡単に適当に作ろうと思ってもそういう事で出来る商品でもないですからね。

しっかりとした商品で喜ばれたい

製作には多くの過程があって、職人さんとの打ち合わせや電話など1つの商品には信じられない物語があります。オーダーメイドはそれを分かってくれる人のためにしっかり製作したいと考えています。